2008/07/14 11:56
テーマ:韓国ドラマ カテゴリ:韓国TV(全般)

私が「魔王」にはまった理由~ブロマガ記者レビュー~


私はよほどの理由がない限り、あまりドラマを見ません。ドラマに対する評価も厳しく、信頼している脚本家も偏愛する俳優もいません。多額の制作費が投じられ、豪華なキャストが登場しても、題材に魅力がなければ見ないので、最終回まで見続けたドラマは数えるほどです。

魔王」はサイコメトラーという独特の素材と、サスペンスという珍しいジャンルであることに興味を持ち、第1話を見たのですが、めまいがするほどの感覚的な画面と、破片のように散らばった事件の手がかりが、ドラマの緊張感を高めていました。つまり、第1話を見たら、次の回を見逃すことはできないほどの吸引力があったのです。それは、韓国が誇るメロドラマや時代劇からは感じられない、久しぶりの新鮮な感覚でした。

すでに演技派として評価されているオム・テウンの安定した演技と、恐るべき新人、チュ・ジフンの熱演がドラマに厚みを持たせ、ドラマの鍵を握る脇役陣のいぶし銀の演技も秀逸でした。毎回最後に新たな事件を予告する構成力も見事でした。「あれ、この人も死ぬの?」といった予想もつかない展開に戸惑いながらも、ありきたりでない発想に、思わず快哉を叫ぶこともありました。

「魔王」には善が無条件で正しいという強迫観念もなく、人間なら誰にでも共存する善と悪をリアルに描き出しています。悪を行わざるを得ない理由、善を装った悪。一度は深く考えなければならない問題を、私に投げかけてきました。

一瞬でも見逃せばドラマの流れについて行けなくなるほど、パズルをはめ込んでいくかのように展開する「魔王」は、ありきたりのラストに飽きた視聴者に、これまでにない面白さを味わわせてくれるはずです。歯車がかみ合い、回りだすような最終回に向けての展開は、娯楽性はもちろん、切ないラブストーリーやメッセージも絡み、いろんな面で満足感を与えてくれます。

「魔王」の一ファンとして、日本でリメイクされたドラマが好評だという嬉しいニュースを聞きました。日本版「魔王」を楽しんでいる方なら、韓国版「魔王」をより楽しめるはずです。もちろん、まだ見たことのない方々にも、韓国ドラマの新たな魅力を見せてくれる「魔王」をぜひおススメしたいです!


日本リメーク記念!衝撃の話題作「魔王」特集はこちら!

パク・ウィリョン(ブロコリマガジン from seoul)


2008/06/24 17:45
テーマ:韓国ドラマ カテゴリ:韓国TV(全般)

コーヒープリンス1号店~☆韓国最新カフェ事情☆~


お久しぶりです★トチ子です。現在日本でも話題沸騰中のドラマ「コーヒープリンス1号店」は、皆さんご覧になったでしょうか?


トチ子は久々にドラマにどっぷりハマって見ていました。あんな素敵な男性に囲まれたカフェ、いいですね。あこがれます(笑)!

イケメン揃いのコーヒープリンス1号店ですが、トチ子が何よりハマったのはユン・ウネ扮するウンチャンです。あまりにもハマり役でキュンとなってしまったのです。男のフリをして働きだすウンチャンですが、実は超乙女だったりして、そこがまたとても可愛いです。

コン・ユ扮するハンギョルの奮闘ぶりも見どころです。このドラマは登場人物がみんな魅力的で、見ていても飽きないドラマだなと感じました。小中学生の頃に少女マンガを読んでいた頃のトキメキみたいなものを呼び覚ましてくれます。

あーこんなカフェがあったらいいな♪行ってみたいな♪なんて思っていたら、このドラマの撮影セットがそっくりそのまま開放されているらしいですね。弘大(ホンデ)にあるらしいとのこと。弘大エリアは若者の集うクラブやおしゃれなカフェがたくさんあって、トチ子もよく遊んでいました(懐かしい・・・涙)。

日本でもカフェにはよく行くほうですが、韓国のカフェ文化ってちょっと独特なところもあったりして面白いです。トチ子の仲良しのお友達もソウルの江南(カンナム)という場所でカフェレストランを経営しています。ちょっと考えてみたら、お友達のお店も美男美女揃いなので、コーヒープリンスたちに負けてないかな…と、思います(笑)。

なぜかいつもトチ子はここに一人で現れる寂しい女なのですが、店内ではパーティーやライブ演奏や演劇などの特別公演もたまーにあったり、愛の告白をするカップルのお手伝いをしたり(プロポーズ大作戦!)いろいろと面白いイベントがあったりします。毎回お店の雰囲気が違ったりして、とても楽しいな、日本にもこんなカフェないかなと、いつも思っているのです。

現在はワインビンス(ワインのかき氷)が大変好評だとお友達から連絡があって、今すぐ飛んで行って食べたい!!なんて思ったりしています。日本広報担当に選ばれたので、いつか日本支店が出来た暁には、皆さんに真っ先に宣伝しますね(笑)!!

トチ子プロデュースのカフェができたら、コーヒープリンスならぬブロコリカフェのプリンス候補は孫社長コッキ-蒲田のケンちゃん31歳中村さんそしてやっぱりの似合うイケメン部長に決定ですね☆

皆さん、どなたにプリンスになってほしいですか?  トチ子


2008/02/19 14:30
テーマ:韓国ドラマ カテゴリ:韓国TV(全般)

「秋の童話」で泣いて「銭の戦争」で泣き笑いする


皆様、ご無沙汰しておりました。コモエスタチャンです。
昨年、初めてのレビューを書いて以来となります。

あの頃は、秋の童話銭の戦争の制作期間中で毎日毎日、作品を見ていた気がします。

早いもので、あれからあっという間に秋の童話DVD-BOX1は発売し、銭の戦争も発売間近となっておりますが・・・皆様、銭です!!「銭の戦争」がいよいよ発売されます(笑)。結局これかい!!という感じですが、ウォンビン、ソン・スンホンの出演している「秋の童話」は既に韓国ドラマの代表的な作品なのでご存知の方が多いかと思いますが、とりあえず、個人的にも「銭の戦争」が一押しです!!

韓国ドラマのお家芸ともいえる泣ける良作ドラマも良いですが、パク・シニャンが銭に人生を翻弄されながらも、知略策略を駆使してマネーゲームを生き抜いていく姿に、社内スタッフの中でも男女問わずハマる人が続出しております。3月1日(土)よりアジア新星流が開幕するシネマート六本木にて、2月17日より劇場上映中なので、ぜひスクリーンでもご覧下さい!!

突然ですが、2月16日が誕生日でした。
敢えて年齢は伏せさせていただきますが(笑)、社内の某氏に誘われ初めて演劇(『ウラノス』出演:酒井美紀)を見ましたが、日頃、仕事でも触れている映画やドラマにない臨場感(月並みですが)が感じられ、ブラウン管を通さない生の演技に驚愕しました。

以上、毎年このくらいの時期に突然来る“あれ、今日はコートいらないかも”という日が一年で一番好きなコモエスタチャンでした。


2007/10/30 19:40
テーマ:気ままに カテゴリ:韓国TV(全般)

「太王四神記」の劇場上映発表記者会見に行く


今日からブログを始めることになりました。IMXのコモエスタチャンと申します。
入社して約半年になります。IMXでは主に、映画の宣伝業務、DVD製作作業などに携わっております。皆様これからどうぞ宜しくお願いします。

10月30日、「ホテリアー」、「冬のソナタ」に次いで劇場での公開が決定した話題のドラマ「太王四神記」の上映発表記者会見に出席するため新宿のバルト9に行ってきました。現在、映画館では映画以外に韓国ドラマを上映することが密かなブームとなっています。そんな中で、満を持してまさに劇場型ドラマともいえるBYJの最新作ドラマ「太王四神記」が、劇場上映することがこの度決定したわけです。

肝心な作品の中身ですが驚愕しました。これまで、数々のファンタジー映画「~リング」、「~カリビアン」など見てきましたが、全然見劣りしない作品になっております(くどいですが、「太王四神記」はドラマ作品です)。
10分程の、ダイジェスト映像を見ただけでしたが、ハリウッド大作の予告編でも見ているようでした。これは間違いなく話題になるのではないでしょうか。ちなみに、新宿ではIMX配給作品の『レター 僕を忘れないで』も絶賛公開中です・・・宣伝でした。
その後、同社の某氏行きつけのパスタ屋に行き、カルボナーラを食べる。正直、パスタに美味い、不味いってないだろと思ってましたが、なかなか美味くて驚く。某氏ありがとうございました。その後、会社に戻り、IMXよりリニューアルして発売する予定の某超有名韓国ドラマの場面写真を選ぶため、1話からチェックしながら鑑賞する。そして泣きそうになる(本当に)。
まだ情報解禁することができないので作品名を出せないのが残念ですが、上記のドラマ作品の内容にも今後少しずつ触れていくのでご期待下さい。今日はこんな感じです。


[1]

カレンダー

2022年8月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブロコリblog