2008/02/15 23:51
テーマ:取材後記 カテゴリ:韓国アーティスト(ソン・シギョン)

ソン・シギョンさん東京公演こぼれ話


11日のソン・シギョンさんの「CONCERT 2008 IN JAPAN “Grand Final”」東京公演のレポートと合同取材、何とかブロコリ通信バレンタイン特別号に間に合わせてアップすることができました(涙)。“イケメニスト”高橋さんの協力で写真も追加しましたので、どうぞご賞味ください^^。

 

シギョンさんとはなぜか縁があって、昨年4月と11月のプレミアム・パーティーも取材させていただいたのですが、今回はフルコンサートということで、個人的にもすごく楽しみにしてたんです。
一応メモを取りつつ見ていたのですが、ついつい聴き入ってしまい、手も止まりがちに・・・。シギョンさんの歌声は、CDで聴いてももちろん素晴らしいのですが、やはりライブが最高ですね!
ただうまいだけではない、聴き心地が良いだけではない、プラスアルファの魅力があるのですが、私の表現力ではお伝えできません!!

 

記者席は3階後方だったので、シギョンさんのコメントがちょっと聞き取りづらかったり、状況がわかりにくい部分もあったりしたのですが、歌ありダンスあり(笑)、そして楽しいトークもありと、本当に贅沢なコンサートでした。

 

レポートには書けなかったのですが、「She」を歌った後、ロマンチックコメディが好きだという話になり、「恋とはサンタクロースのようなもの。あると信じることが重要だと思う。あるかどうかではなく」とさらりと語ったり、歌声に酔いしれている会場に向かって「ずいぶんおとなしいですね。寝てるのかと心配しました。韓国でも大体こんな感じですけど」と言って笑わせたり、そのコメントを聞いていると、頭の回転が速い人だなーといつも感じます。

 

そうそう、コンサートの後半、1階席のファンの方たちが、男性の掛け声とともに一斉に白いタオルを掲げて揺らしていたのですが、遠くてよく見えず、詳しくお伝えできなかったのが残念です。でも、ファンの皆さんの温かい心が伝わってきて、なおさら一体感のあるコンサートになったのではないかと思います。

 

合同取材の方は、もともとコンサート前に予定されていたのですが、急きょコンサート後に変更になりました。でも、むしろコンサートの感想をどこよりも早く聞くことができて(韓国メディアよりも!)、良かったと思います。

 

初めて間近で見たシギョンさん。背が高くて色白で、ファインダー越しにそのキメ細やかなお肌を見ながら「うらやましい~」と思ってしまいました。質問はもちろん日本語で行われたのですが、結構理解できていたようですね。「待っていてほしいとは言いたくない」という言葉には、誠実な人柄が伝わってきました。

 

主催側が「次が最後の質問です」と言って2人の記者が手を上げたとき、「両方答えますよ」とさりげない気遣いを見せたシギョンさん。最後のフォトセッションでは「まだ写真撮るんですか?」とちょっと嫌そう(笑)だったシギョンさん。取材が終わり、エレベーターを待ちながら記者からもらったチョコレートを早速食べていたシギョンさん・・・。
きっと2年後にも、そのありのままの姿で日本のファンの前に姿を見せてくれるのでしょうね^^。

 

最後に一言・・・

シギョンさん、そしてファンの皆さん、素晴らしいコンサートをありがとうございました。

 

あなたたちは感動でした!!

 

ブロコリスタッフ 関島


[1]

カレンダー

2020年10月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロコリblog