2008/01/09 12:42
テーマ:取材後記 カテゴリ:日記(ひとりごと)

「音楽は言葉」


昨日、神話のドンワンのインタビュー記事をアップしました。

ブロコリマガジンNo.15未掲載部分なので、未見の方はぜひご一読を~

 

【インタビュー】神話は僕の血です ずっと歌い続けていたかったです―― キム・ドンワン ~WEB編
http://news.brokore.com/content_UTF/Read.jsp?num=5758

 

前日に1時間しか眠れなかったというドンワン。本当にお疲れの状態でインタビューをしましたが、もンのすごく“気のいいお兄さん”って感じで、酒でも酌み交わしながら話したいな~なんて思っちゃいました。
人間をいくつかのタイプに分類したら、おそらく同じところにカテゴライズされること間違いナシ。
何故かってのは、詳しく書いてしまうと、私の心の奥底にある“開けちゃいけない記憶の扉”をガッツリオ~プンってことになっちゃいそうな
ので止めますが(笑)あ、泣けてきた!

 

「アコースティックな音源を大事にしたい」「音楽は言葉」って音楽の話は首がもげるくらいに肯(うなず)けるものがありました。
もちろん私は音楽評論家でもミュージシャンでもないし、音楽にめちゃくちゃ精通しているわけではありませんが、物心ついたときから音楽は
ものすごく身近にあって、なくてはならないものだったってだけです。大好きなミュージシャンがいて、その人たちが奏でる音がとても好きだったんですね。(いやいや、今でも好きだわ)
「音」にこだわるアーティストなので、追求したらアコースティックだったっていう彼らの影響もあって、味わいや深みのあるアコースティッ
クな音がとても好きです。音楽によっては、シンセの軽い音でももちろんいいんですけどんね^^
また、CDを買うと、聴く前に歌詞カードを読むこともしばしば。これも好きなアーティストの影響かもしれませんが、その人の書く言葉(歌詞
)が絶妙で、いつも身につまされたり、感嘆したりと、考えさせられることが多く、かなり影響を受けたモンです。伝えられない言葉を音にのせたら伝えられることもあるしね。

もしかすると、私の人生は小説より音楽の方が影響受けてるのかなぁ。

 

 

そうそう、以前ソン・シギョンが「音楽は結局3~4分の‘お芝居’」って言ってたのにも妙に納得しました。というか、シギョンの喩が素晴らしいですよね。(http://news.brokore.com/content_UTF/Read.jsp?num=3076

 

…あー、音楽のことを話し出すとキリがないや(笑)


ドンワンの「音楽は言葉」に共感したってことだけを書こうと思ったんだけど、だらだらとな~んのオチもない!
インタビューのこぼれ話はまた別でできたら~ってことで。

 

終わってみる(笑)

 


ブロコリスタッフ 高橋


[1]

カレンダー

2008年1月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブロコリblog