2008/02/28 20:26
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

Photo

昨夜、電話で聞いた彼の声は、かつての恋人Kにそっくりだった。

そのせいか、ここ数年、忘れようとしていたKのことが思い出されて、ゆうべは眠れなかった。

洗面所の鏡の前に立つと顔色のよくない私が映った。

トイレで用を足し再びベッドに潜り込んだ。

7:30・・・彼はもう起きているだろうか。

なんとなく体がだるい・・・。

熱いコーヒーが飲みたい・・・。

そう思いながら、またうとうとと眠ってしまった。

                                  

目覚めた時には、昼に近くになっていた。

病院の面会時間は、原則として15:00~20:00と決まっていた。

諸事情を考慮して、病院側もうるさくは言わなかったが、特に介護を必要としない患者の家族は面会時間を守るようにと入院の際に、一応の注意は受けていた。

それは患者の静養を第一に考える病院の方針でもあった。

どこかで、昼食を済ませて、それから病院に行こう。

彼は私がついていなくても何でも自分でできるんだし・・・と、言い訳染みたことを思った。

ホテル内のカフェで、熱いコーヒーを飲んでやっと目覚めた気がした。

サラリーマンらしき男性と、若い女性が入ってきて、私の斜め向かい側に席を取った。

昼休みのランチタイムなんだろうか。

女性は、コートの下に若草色のセーターを着ていた。

その鮮やかな色を見て、セーターとブラウスを買おうと思っていたことを思い出した。

彼にも何か買っていこうか・・・昨日はケーキだったから、今日は果物でも・・・。

そう思いながら、カフェを出ると、外は冷たい北風が吹いていた。

               

婦人服売り場には、気に入ったものが見つからず、私は、東側の専門店街に行ってみることにした。

昨日の洋菓子店と同様、どの店も、もうすぐ訪れるバレンタインデーの雰囲気に包まれていた。

おそろいのジーンズと色違いのセーターを着たカップルが、ポスターの中で、いかにも幸せそうに笑っていた。

店内には色とりどりのセーターがディスプレイされていて、私は、薄黄色のセーターを買うことに決めた。

デザイン的には胸にワンポイントがあるだけの地味なものであったが、黄色いバラ・・・レモンシャーベットを連想させてとても気に入った。

胸のマークは、このお店のブランドを表しているものなのだろうか。隣の紳士コーナーにも、同じマークのセーターが並んでいた。

彼は、どんな色が好きなんだろう・・・。

雪まじりの冷たい風が吹いている福島空港の様子が浮かんだ。

              

病室の前まで来ると、賑やかな笑い声が聞こえてきた。

ノックをして中に入ると、あの中年のナースと、若いナースが、笑顔で彼のベッドの脇に立っていた。

私の姿を見た中年のナースが「お待ちかねの人がやっと来たわね」と、彼の肩をたたいた。

中年のナースは、「今日のお土産はなに?」と、私が右手に下げていた紙袋を見て言った。

紙袋をとっさに後に隠した私に、「秘密なの?」と言って明るく笑うと、「さあ、仕事!仕事!」と、若いナースを促して出て行った。

急に静かになった病室で、間が持てなくなった私は、「お風呂に入りましたか?」とつまらないことを聞いた。

彼は、「はい」と返事をしただけで、また沈黙が続いてしまった。

話す言葉も見つからず、彼のために買ったセーターを差し出すきっかけも逸してしまった。

私は、窓辺に寄ると、「冷たい風が吹いています」と言った。

彼が、ベッドから降りる気配がした。

彼は私の傍らに立つと、やはり外を眺めながら、「空港周辺は雪が降っているでしょうか?」と聞いた。

「多分・・・」と私は答えただけで、窓ガラスに映った背の高い彼を見ていた。

カフェで見かけた女性のセーターの色が鮮やかだったこと。

街は、バレンタイン一色になっていること。

セーターを2枚買ったこと。

話すことはたくさんあるはずなのに、今は何も言わず、このまま眼下を行きかう人たちを黙って見ていたいと思った。

               

「今日は、ここに来るのが遅かったけど、何かありましたか?」

彼は、窓辺から離れて、ベッドに腰掛けながら言った。

寝坊しました・・・とも言えず、「買い物をしていました」と私は答えた。

そして、彼のセーターが入った紙袋を差し出した。

彼は一瞬、えっ・・・?と言う表情を見せたが、「開けてもいいですか?」と私に聞いた。

私は、「ええ・・・」と答えながら、彼が紙袋から出した箱を見て、「あっ・・・!」と思わず声をあげてしまった。

「いえ・・・なんでもありません」と言いながら、私は顔が赤くなるのを感じていた。

セーターの入った箱を包んでいた包装紙は、いかにもバレンタインのプレゼント、といった感じの派手な模様のものだった。

おまけに、「Love you。。。」なんて文字がハート型のシールの中で光っていた。

あの時・・・会計の際、レジの女性は、私にプレゼントですか?と聞いた。

確かに私は「はい」と答えたが・・・。

手渡された紙袋の中身がこんなことになっているなんて・・・。

             

彼は、ワンポイントがついただけのシンプルな紺色のセーターを手に取って、「ありがとう。気に入りました」と言った。

気に入ってもらえたんだ・・・という安堵感よりも私の頭の中には、さっきの「Love you。。」の文字がひたすら揺れていた。

彼が妙な誤解をしたらどうしよう。

「福島空港の辺りは、寒いと思って・・・」

言い訳が口を突いて出た。

「奥さんには、私からもらったこと・・・内緒にして下さい」

言った直後にものすごく後悔した。

そういう台詞こそが、もっとも誤解を招く台詞なのだと気がついたからだ。

 



[コメント]

1.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/02/28 21:12 空

こんばんは^^。静かに流れてゆく恋のゆくヘ・・しっとり、しなやかに・・・とてもいいムード・・ゾクゾクします。福島はまだまだ寒いので・・プレゼントして貰った紺色のセーターを着て来てね。。それを目印にして空港で待ってるわぁぁ・・・インスssi~~・・・なんて囁いていました^^。誤解が誤解を招いて、大恋愛に発展する可能性、大かな?。。リコーダの練習、即諦めた・・チビにバカにされて悔しくて。。トホホホ^^;


2.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/02/28 22:36 カナリーグラス

ユキのなかで、インスssiの存在はどういう位置にあるんだろう・・・  まだ、自分の気持ちに気付いてない感じかしら・・?  インスにしても、まだ特別な感情ではないみたいね。  なにかきっかけがあれば、一気に進む・・・!?  彼が退院して、帰るときがそのとき・・・・?


3.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/02/28 23:20 ゆき☆

こんばんは。二人の会話が少ないね。仕方がないか。。どちらも様子見てるような感じで。。退院はいつ?


4.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/02/28 23:27 anohitohaima

いい展開で、わくわくします。ユキさんはすでに「お待ちかね」の存在なのね。いいなぁ~・・・・インスには紺が似合いそう、襟元はどんなデザインかしら。Vに開いた襟元がセクシーなんだけど、雪が舞うかもしれない福島空港では寒いかな?ユキさんの薄黄色ともよく合うよ。ツーショットが目に浮かびます。


5.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/02/29 00:04 rizu

あぁ~何だかユキさんがソヨンに見えてきた。セーターは鉢植え、奥様に内緒はフグ店での逆不倫話。まだインスサイドはベールに包まれているので、よく判りませんが、ユキさんが気になる存在になってきていますよね^^!?


6.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/02/29 01:18 歌姫ちゃこちゃん

ゆさん♪こんばんは~☆ 明日のしようと思ったけど、やっぱり覗いたら感想を書きたくて・・・(^_-)-☆ ゆきさんは 物凄く Kを引き摺ってる女なのよね。だけど、インスは なぜだか、いつからなのか すでに ゆきさんを意識してる。「Love you」から 一気にゆきさんは 恋を意識しはじめるんだろうか?うふふ・・・またまた楽しみになってきました♪


7.追伸♪

2008/02/29 01:21 歌姫ちゃこちゃん

あれっ?ゆあさんが「ゆさん」になってしまった!ごめんごめん(>_<)


8.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/02/29 08:29 kaoru922

ワイフの存在が微妙にハッキリしない?ところが何とも切ない〜・・・。沈黙の間合いが何とも言えなく貴重な会話の様な気がして☆ハートをグイッとわしづかみされる感じがします。彼へのプレゼント“For you”喜んでもらって私も嬉しい〜〜〜^^☆自分があげた様な錯覚><;まだまだ東北はさぶいよぉ@@;もうチョと暖かく成ったらの帰国に・・・。暫く振りの創作、チョアヨ♪


9.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/02/29 09:09 聖なる彼とmie

ゆあさん、おはよう(^0^)もう出勤していると思うけど・・・ゆあさんに知らせたくて「朝月夜」の感想は後にして、公式にジュンからのコメントが出たと・・・「ご遠慮したい」とやはり、ジュンの気持ちが一番だから、とりあえず、発行しない事になったね~(^0^) 私はジュンが日本に進出するのであれば、当然こういうことにも関わるべきで、本人の意思を伝える事の重要性を感じたので ジュンに聴いてみれば^^と、ゆあさんのお部屋にコメントを入れました。今後ジュンが日本のカジョクと事業を交えて活動するには、日本のカジョクとコミニケーシヨンを取る必要はありますよね。ジュンがご遠慮したいと言った言葉に深みを知ります。 ジュン自身も考えた事でしょう 。そして、私達の真剣に応援している、姿を知っていただけて 嬉しかった。これからもっと、日本人の心意気を知ってもらえるでしょうね~(^0^)朝月夜・・・もう一度読んでコメントを入れますね~今回はこんな事があって、まだ、かしらなんて焦がれて待っていました・・・はまっているmie読者ですよ~^^今日は春のような天気だそうです。ジュンの心の思いに嬉しい日です。


10.空さん、息子が帰って来るまで・・・

2008/03/01 00:19 ゆあ

ソファで一眠り・・・なんて思っていたら、別の人が先に帰宅。前触れもなく帰ってこられても、夕ご飯の用意もしてない。なにしろ今夜の我家のメニューは、子供のリクエストで「たこ焼き」だったんだから~~「たこ焼き」「焼きビーフン」「レンコンの煮物(ゆうべの残り)」「牛肉いため」となんとも寄せ集めメニューで、何とかクリア。とんでもない献立でしょ?夫が単身赴任してるとこんな食生活です。目印は、「紺色のセーター」・・・なんか、いっぱいいそうだなあ、そんな人。リコーダー、諦めずに頑張ってよ~


11.カナリーグラスさん、すっかりペースダウンして・・・

2008/03/01 00:24 ゆあ

「創作」の中は、まだバレンタインも来ていません。早くしないと春になっちゃう~って、少々焦ってます。雪の中での二人のロマンスを描く・・・これが当初の狙いだったのに・・・。いっそのこと、北海道へでも、逃避行させようかしら・・・。今日は、「ヨソク」が最終回でしたね。カナリーグラスさんは、行ってきたのかな?来週、水曜日、テサギ行くつもりですが・・・どうでしょう?ねぇ・・・もしかして、13話って、極めつけのあのヘアスタイルだっけ?


12. ゆき☆ さん、「ユキ・・・」と囁くシーンが・・・

2008/03/01 00:27 ゆあ

なくてごめん。インスは無口なもんで・・。退院は、明日です。その明日にたどり着くまでが・・・いつになることやら。以前は、頭を使わなくても、手先だけでこなす仕事をしていたので、仕事中によく、話しの方向を考えていたんだけど、今・・・それができない。仕事中は、「創作」を考える絶好のチャンスだったのに・・・。


13. anohitohaima さん、インスに何色のセーターを・・・

2008/03/01 00:31 ゆあ

着せようか迷いましたが、「四雪」の中でも、インスはモノトーンの服ばかり着ていたでしょう。それが余計にインスの切ない表情と混ざり合って、いい味を出していたので、私も真似て、染み目の色にしてみました。ミニョンは、明るいパステルカラーの洋服が似合っていたけど、インスにはどうも不釣合いな気がして・・・。でも、ソヨンと暮らし始めて、着る物の好みも変わったかもね。


14.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/03/01 00:44 JIN

こんばんは^^ 二人の会話が少ない分。。一言・・一言が意味深いものに・・ゆきさんの『奥さんに・・』なんて・・インスの向こうに見える「奥さん」を意識していること事態・・気持ちがもう・・動いてる感じがするね・・。「For you」インスはどう解釈するのかな・・?ますます興味深々^^*・・二人の間の空気感が伝わってきてドキドキ。。^^*私の頭の中に・・あの笑わない・・切ない瞳のインスが・・少しはにかみながらの・・紺色のセーター姿出来上がっていますぅ・・^^*このまま・・帰っちゃうの~?気になる~!^^


15.rizu さん、おはよう。

2008/03/01 05:48 ゆあ

今日も早起きでしょ?今、息子のお弁当を作り終えたところ。まだ、外は暗いです。朝なのにうす暗い・・・この時間がなんとなく好きで。インスとユキが二人一緒にこんな時間を迎える日が早く来るといいなあ・・・。(まるで他人事)チャヌのお話しを書いていた頃もそうだったけど、登場人物が、ますます好きになる私。


16.歌姫ちゃこちゃん 、過去をいつまでも引きずっていては・・・

2008/03/01 05:51 ゆあ

ダメだよね・・・。ヨンジュンはそんな恋をしていないかしら?自分の恋愛についても語ってくれないから、その辺がどうも・・。さっと諦めて(ふられた時)引くタイプか、追っかけちゃうタイプか・・・、一途に思うタイプか、気が多いタイプか・・・、ヨンジュンはいろんな面で謎の多い男だな・・・。


17.kaoruさん、インスの奥さんって・・・

2008/03/01 06:30 ゆあ

何してる人だったっけ?なんて、昨日ふと考えてました。「四雪」の中では、写真関係の仕事?確か「僕の仕事場に写真を撮りに来て・・・」なんて、インスが、祖四に説明していたような・・・。どうも、「四雪」の中のスジンのイメージが強くて、どう描いていいのかしマンのしどころでアリマス。


18.聖なる彼とmie さん、ようやく結果が出た・・・

2008/03/01 06:38 ゆあ

そんな感じですね。○でも×でも、もう少し早く、対応してほしかったと・・・思いました。努力を重ねてきた人たちのためにも。「ヨンジュンの気持ちを最優先」これが理想ではありますが、すべてにおいて・・・というのはやはり無理な話しだと思います。それが私たちの本意ではありますが。


19.JIN さん、このまま帰してなるものか・・・って?

2008/03/01 06:49 ゆあ

ミニョンみたいな人は、側にいて、ただ見つめているだけでいい人。インスの場合は、つい、手を出したくなる。それは触りたいんじゃなくて、世話を焼きたくなる。しっかりした大人なのにどこか頼りなげな、インス。ヨンジュンはそういう人物を想定して、インスを演じたのかなあ?それとも感じた雰囲気は、ヨンジュンの「地」と言うことかしら。


20.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/03/01 22:29 mirimu

ゆあさん今晩は、またお邪魔します。 ゆあさんの創作大好きです~(m^^m) 本当のところ四月の雪のストーリーには今一つ嵌れなかった私ですが、それでもインスのヨンジュンに逢いたくて5回スクリーンで観ました。 その当時はインスが素のヨンジュンそのもののように思えましたが今は本当の彼は皆目わからなくなりました。 朝月夜は設定がとてもチョアです。四雪と違って先が読めないから文字を読む面白さを感じます。 やはりインスはナイーブそうですが><既にこの世にいない 元彼Kをまだ無意識に引きずっているゆきとどう絡んでいくのか凄く楽しみです。


21.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑦・・・こちらは戯言創作の部屋。

2008/03/01 23:08 聖なる彼とmie

ゆきは=ゆあさんに思えて仕方ないの@@@@気使いや、色々な面で、、mieはこんな女性ではないな~><残念。巡り合いの定め男と女の関係?自分の思いを相手に伝えるのも相手の思いを知るのも・・・期待と不安がこめられ、また決して恋してはいけない人を恋してしまう業そのもの、状況や環境が違っても不倫にも愛は真剣・・・許されないから余計にお互いを求め情は深いのかしらね~??どんな恋でも祝福されないもの=ゴールインできないものは喜びと共に傷は深く残ってしまう。ゆきの元彼の死は インスと出あって、傷が癒されるのでしょうか?どうなんでしょうね~???恋愛の感情も人それぞれですが。つかのま、だから 濃い、恋?落ちがツイチャッタ・・・mieは不倫の恋も、恋誰しもが 陥る巡り合いと思うんですよ~><怖いな~(^0^)


22.mirimu さん、こちらに戻ってくるのが・・・

2008/03/02 07:12 ゆあ

遅くなって、大変失礼しました。私も「四雪」は荒れれ・・・の作品でしたよ・・・最初は。ところが、回数を重ねるごとに大好きな作品となりました。特にインスが。この間どこかのサイトで「四雪」は極上の子牛肉で味噌汁を作ったようなもの・・・と、評しておられる方がいましたが、思わず笑ってしまいました。さぞやおいしいしそしるが出来上がったことでしょう。この先、どうしよう・・・と、ゆうべお風呂に入りながら考えるも、妙案は出ませんでした。


23. 聖なる彼とmie さん、私も「ユキ」とは・・

2008/03/02 07:21 ゆあ

タイプの異なる女かもしれない。大事な人を失って、ずっと思いが心に残ることは・・・どうだろう。ありえないような気もする。チュンサンを忘れられなかったユジンを思い浮かべてしまうね・・・。私は、直情型のようなところもあるので、思ったら一直線。迷わないタイプ。たとえ、ヨソのだんなさまでも・・・。しかし、もう、そんなエネルギーも下火になってきました。


 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 408
TOTAL 3202192
カレンダー

2021年10月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブロコリblog