2008/11/07 10:17
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

Photo


かすかな物音にはっとして、目を覚ました。

隣にいるはずのユキがいないことに気付いて、僕は、傍らに置かれたシャツを掴み、ベッドから降りて隣室に通じる扉を開けた。

かすかな物音は、化粧室から聞こえてくるヘアドライヤーの風の音だったのだと解った。


窓から、外を見ると、辺りはすでに夕方の気配が漂っていた。

ソファに腰掛けて、タバコに火をつけた。

ユキとひとつになれた喜びに浸っていたくて、ベッドから離れようとするユキを引き戻して、背後から抱きしめた。

ずっと、このまま・・・と願い、ユキのうなじの香りを楽しみながら、目を閉じた・・・。

記憶はそこで途絶えていた。


やがて、ドライヤーの音が止んで、化粧室から出てきたユキは、化粧をし、身支度もすっかり整えていた。

ユキが僕の腕をすり抜けたことさえ気付かず、眠ってしまったことが、ひどくはずかしく思えた。

「ごめん・・・。眠ってしまった・・・」と僕は、言った。

「夕べは私のせいで、ほとんど寝ていないでしょう?」

だから気にしないで・・・と、ユキが言った。


かすかに漂う石鹸の香りに、欲望が再び目覚めるのを感じた。

それを振り払うように、僕は、シャワー室に入った。

熱い湯を全身に浴びながら、ユキと交わした時間を思った。


少しばかりの後ろめたさは、ユキの吐息と肌のぬくもりが忘れさせた。

ひたすら責め続ける僕と・・・それに応えてくれたユキ。

ユキの中で、果てた時の快感と、背中に感じたユキの手の力強さ・・・。

様々な情景が甦って、僕の心は、喜びに満ちていた。


              


用意されたバスローブに袖を通して、浴室を出た。

ユキは、ソファに座ってコーヒーを飲みながら、テレビ画面を見つめていた。

「見て!見て!昨日見た、会津のお城が映っているの」

ソファ越しにユキの背後から、テレビ画面を覗いた。

無数のろうそくの炎が揺らめいて、ユキと訪れた鶴ヶ城を照らしていた。


昨日のことなのに、ユキとあの場所にいたことが、ずいぶん昔のことのように感じられた。

それは、短時間で接近した僕とユキの関係のせいかもしれないと思った。

ユキの肩に手を置いて、耳元で「愛してる・・・」と、囁いた。


お返しの愛の言葉の代わりにユキは「おなかすいたでしょう?」と、現実的なことを言った。

昼食に、サンドイッチを一切れしか食べていない僕を気遣ってのことだった。

「夕食を早めにと、お願いしておきます」と言って、部屋の電話の受話器を取った。


空腹感よりも僕の心はユキのことでいっぱいだった。

湯上りの気だるい気分のまま、受話器を置いたユキを僕は抱きしめた。

バスローブ一枚を羽織っただけで、胸元が露出している僕を見て、「早く着替えをして下さい。目のやり場に困ります」と言った。

そんな他愛のない言葉さえも、今の僕には愛しく感じるのだった。


               


最上階のレストランで、少し早めの夕食を済ませて、僕たちは部屋に戻ってきた。

「こんなに早く夕ご飯を食べたら、夜中におなかがすきそうだ。そうなったら、また、コンビニまで走らないといけない」

僕は、そう言ってユキを笑わせた。

「こんなに雪が降っているのに?」

「1時間たっても僕が戻らなかったら、探しに来てくれる?」

「その時は、救助隊を呼ぶわ」


レストランで食事をしている時は、冗談も出たのに、二人きりの空間に戻ると、張り詰めた空気が漂う。

僕は、「少し飲もうか・・・?」と言って、冷蔵庫から、ワインのボトルを取り出した。

ユキとベッドルームに入る前に交わした言葉・・・。

「話しがある・・・」「私も・・・」

そのことが、ずっと気になっていた。


「結婚してるんだ・・・」その一言で、片付くはずのないことだった。

ワインのボトルを開けながら、話しを始めるきっかけを僕は、探していた。

「私のせいで、今日はどこにも出かけられなかったわね。明日は、晴れるかしら?」

「晴れたら、どこかに行く?」

「そうね・・・せっかく、会津に来たんだから。どこか景色のきれいな場所に・・・」

二人でいられるなら、どこにいたっていいんだ・・・僕は思った。


ユキのグラスにワインを注いで、グラスを寄せ合った。

「誰かとこうなることをずっと避けていました。きっと比べてしまうから・・・。生涯愛する人は、この人だけ・・・そう思えるほど、深く愛していました」

ユキは、かつての恋人のことを僕に話し始めた。


病院の庭で、タバコを吸う横顔がかつての恋人に似ていたこと。

好きなケーキが同じで驚いたこと。

そして、オーロラの撮影に行って、事故死したこと・・・。

彼の死とともに、恋する気持ちを封印してきたこと。


僕は、ユキの話しを黙って聞いていた。

言うべき言葉が見つからなかった。


ユキの清らかな思い出に比べたら・・・。

他に男がいると知っても尚、世間体の為、妻との結婚生活を継続しようと努力していた自分。

愛情のない性行為を妻との修復手段として繰り返していた自分。

妻との事に決着がつかないまま、ユキを抱いてしまった自分が、愚かに思えた。


この中途半端な立場にいる時に、ユキに対してどんなに愛の言葉を並べても、到底伝わるものではないと思った。

「でも・・・恋する心は、私の中にちゃんと残っていました。あなたに出会って、それに気付きました・・・」

僕は、言葉に詰まって、ユキの顔を見つめるのが精一杯だった。


               


「だけど・・・こうなったことで、責任を取って下さいなんてことは、言いませんから・・・。あなたが結婚していることは、解っていました。私は私の意志で、こうなったと思っています」

ユキは・・・。

僕と妻の関係が破綻しているなどとは、微塵も気付いていなかった。




[コメント]

1.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 11:03 カナリーグラス

久しぶりに、創作のお部屋にお邪魔しました・・。

前のお話を読み返すことなく此処にきたので、ちょっとどういう流れに
なっていたかな~と思いながら読みました。

二人の気持ちがひとつになって結ばれたあと・・・なのね。
ユキは、封印していた”恋する気持ち”に気付くことができて、
よかった・・・と思ってる。
インスは、妻との関係に決着のついてない状態で、こうなったことを
少し後悔してる・・?

ユキとインスの距離が縮まって、二人の関係はいい感じなんだけど、
やっぱり、このまま突っ走るというわけにもいかないわね。。
まだ、ひと波乱もふた波乱もあるのかしら・・・?

素敵なお話でした。。  ありがとう・・・。

コメント削除

2.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 12:57 ein

ゆあさん・・い、いつの間に・・・

と慌てて逃していた前回をヨンで来ました・・。

トップの色っぽいインスのフォトとヨンジュンがクロスして

想像と妄想がMAXです・・・(照)

ユキって可愛いひとですね・・インスはこれからどういう風に・・・

四雪のインスみたいに優しいけど・・ちょっと優柔不断・・

とはならないのかな・・。

つづき・・・楽しみにしています*


3.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 13:49 なな

おおー、急がなくてもよくなったのに書いてくれたのね?
もう19話にもなるんだね・・。やっとここまで来て思いを遂げる事
ができたのね。ユキの過去が・・イイ感じ。
『恋する心は、私の中にちゃんと残っていました。あなたに出会っ
て、それに気付きました・・・』ってまさに私たち?僕と妻の破綻
に気付いたらうまくいくんだろうか?私にはとうてい書けないリア
ルな雰囲気だわ・・。いつも「コミック系」なもので・・。

5371で存続おめでとうございます。最近はベスト10にいつもいるみ
たい。これが商売だったらもっといいんだけど・・。

コメント削除

4.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 13:56 anohitohaima

ヨンジュンのファッションに???してるかと思えば

しっかり創作活動も続け、いよいよ冬物語が再開・・・

ソフトR路線健在で、想像、妄想へのお誘いありがとう

見せるようで見せない・・・シャツボタン3つ以上はあけないセクシーさが

いいわ。ことのあとのユキさんは、細やかな気配り・・・ゆあさんが、見え

隠れして、興味津々(笑)余計な詮索ごめんなさい・・・

ユキさんが微塵も気がついてない?・・・そんなことないんじゃないかな

あのぉ~インスは、少なくとも1,2,3・・・で記憶が途絶えたようでなくて

嬉しかったわ(笑)


コメント削除

5.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 14:58 joonyaya

こんにちは^^

とうとう、行き着くところに行っちゃった二人。

でも、その後の二人の気恥ずかしいような、満足感のような・・・^^

想像を掻き立てるような表現・・素敵。

先日、行った会津旅行・・・私は、インスを思い出してしまいました^^

今後の二人がますます気になります。




6.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 20:18 kaoru922

ゆあさん、創作サンQ☆大人の恋?にちっちゃく
拍手〜〜。ユキさんも辛い恋愛を経験
していたんだね、何となく
言葉尻や行動から思い切りじゃないとこ
ろが垣間見えて???!!!都感じてきていました。2人の
会話もなかなか興味をそそるところで
☆女性が告白したんだもの、インスがどこで
どのように切り出すかが今後ぞくぞくするところで
す。ユキさ
んにまたまた辛い結末が待っている様な事が・・・・で
もユキさ
んはきっと分かっているかもしれないね。色々思える大
人だから^^答えは一つじゃないかも・・・。どのよう
な選択肢でしょうね〜。。。。寒く
成りました。インスもユキさんもゆあさんもご
自愛を♡会津は寒いと聞きます。

コメント削除

7.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 20:34 marymory

ゆあさん、こんばんは。
久しぶりの創作読ませて頂きました。

雪が降っていると言う情景がこの創作を引き立てていますね
この創作がドラマじゃなく 文字なので二人の恋模様を想像
しながら読んでいるのでと 凄くインパクトがあり、ドキドキして
しまいますよ^^
久しぶりに心を熱くさせて頂きました^^
あ~体に悪いわ~~うふ・・・いい年してパボです~。
ゆあさん 恋の経験豊富??

深深と雪の降る恋か~思い出すな~(爆))


8.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 21:47 空

はぁ~~ん(=´▽`)ゞ イヤァ~ ポッ(。~^~)(~^~。)ポッ ~~
なんと・・・まぁ~言葉が出ないほど、うっとり、しっとりと読ませていただ
きました。
ユキを自分自身に重ねて・・もうー身も心もフラフラ~~となり・・(笑)^^;

これは創作の枠を超えて小説にしたいくらいですよ・・。

また・・先ほど、ヨンジュンの新CMを某サイトで聴いて・・
あの声にあの囁くような歌というか呟きと言うか、、、

あああああ~~ため息。。。

ユキにも囁いてあげて・・ヨンジュンなーんてね^^。

やっぱりユキじゃぁ~なくて・・わ・た・し・に・・・。ガハハハ♪

これから雪が降る季節到来・・

雪景色の情景と合い重なりあって、大人の恋の葛藤とそのゆくえに目が
離せなくなりますね。

恋水にならないように・・しっかりと・・

ユキの心を掴んで欲しい・・インス君・・。頑張れよ~と心の中で叫ぶ・・。

コメント削除

9.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 22:13 fukuyong

こんばんは。【創作物語】読ませて頂きました。            
二人の会話をゾクゾクしながら想像と妄想で楽しませて、        
                                  
頂いています。                           
描写が綺麗なのでなお更切なく久振りに胸を熱くしています。      
                                  
まだまだすんなりとはいかないでしょうね。。過去に辛い        
恋愛経験をしているユキさんだから幸せになるように・・        
                                  
ゆあさんお願いしますね。ね^^                   
                             


10.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/07 23:52 tomoyonn

こんばんは。また来てしまいました。着まわしのウンチクにコメントを・・・
と、思っていたのですが・・・

『朝月夜』の創作物語を読ませて頂いたらあまりに切なくなり・・また涙が
ポロリ><この二人はどうなるの~?あ~気になる~う。

それにしても・・耳元「愛してる」何て囁かれ、後ろからギュ~と
抱きしめられたら・・・もうどうなってもいいって思っちゃう。

こんな大人の恋に憧れる私です。あ~ため息。

ではまた・・良い週末を・・・おやすみなさい☆

ps・・遅くなりましたが・・・存続の件、おめでとうございました。また、お
邪魔させて頂きます^^v






コメント削除

11.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/08 16:02 JIN

窓辺の雪を溶かしそうなくらい・・熱くなって行く二人・・。

人を好きになってしまう、瞬間って・・時間でも理屈でもない・・何かが、
理性より先に心と・・体が求めるのでしょうね~。

もう^^気分はユキさんの私~♪

耳元でインスに「愛してる・・」なんて囁かれたら・・(気絶^^;)

ゆあさんの優しいRな表現が・・余計に想像・・妄想・・(期待?)が掻き

てられて・・ドキドキしてしまう。

インスと妻との関係に気づいてない・・(?)けれど・・インスの寂しげな

子に・・心のほころびを包み込んであげたい・・何か・・女の勘みたいな

のが働いたのかしら?

ユキさんの可愛らしい・・女らしさに、ゆあさんを重ねています・・ウフフ。

「・・恋する心は私の中にちゃんと残っていました。。。」

あぁ~ん!ゆあさん!私たちがインス(joonに^^)言いたいこと・・ユキ
さんに、いっぱい言ってもらって~! インスからも・・私たちが言って欲
しい言葉いっぱい・・聞きたい・・。その言葉だけで・・幸せになれる・・。

冬の小さな足音聞きながら・・ますます目が離せなくなった二人・・。

「♪わたしたちは本当に愛してしまったのだろうか?♪」
ピアノの調べが・・切なく心に沁みるわ~


12.カナリーグラスさん、こんばんは。

2008/11/08 21:41 ゆあ

ひと波乱・・・ふた波乱の材料になるようなネタ・・・ヒント下さい(笑)
インスの奥さんの名前もまだ考えてない。
スジン・・・なんて、「四雪」の名前そのままいただいちゃっていいのかし
ら?
さて、予定では、今夜と明日の晩、まだ二人は会津のホテルに2泊しま
す。
こんなに長くなるなら、1泊にしておけば良かった・・・。

コメント削除

13.einさん、人間誰しも・・・

2008/11/08 21:44 ゆあ

時には優柔不断になるのよね。
ただ、インスは、それがちょっと目立つタイプなんだわ(笑)
そう考えると、いつもの悪い癖で、じゃあ、ヨンジュンはどうなのよ?っ
て・・・。
恋人との別れは、決めたらきっぱりなのか・・・。
未練残して、「もう1回電話してみようかな・・・?」なのか・・・。
自分の彼氏なら、後者がうれしいかも・・・。

コメント削除

14. ななさん、コミック系・・・ねえ・・・。

2008/11/08 21:50 ゆあ

「創作」のタイプにもいろいろあるもんだ・・・(笑)
創作のお部屋を彷徨ってると、「R系」を得意としてる人もいる。
ああいうのは、自身の体験談なんだろうか・・・と、詮索したくなる。
ヨンジュン家族が書くと、名前が違ったくらいでは、到底ヨンジュンから引
き離して、考えるのは、無理で・・・。
ヨンジュンも私生活ではこうなんだろうか・・・なんて、淫らな想像に走っ
ちゃう私なのでした。

コメント削除

15.anohitohaimaさん、シャツのボタン3つで止まってないで・・。

2008/11/08 21:54 ゆあ

一気にパンツ脱いじゃうくらいのR創作が書けたら、スッキリするだろう
な・・・(笑)
ところが一応・・・ヨンジュン家族が見てるわけだし・・・。
なんて、かっこつけちゃうと、所詮、この程度のセクシーさでストップで
す。
濃密な濡れ場を欠けるような文才がほしいわね。

コメント削除

16. joonyaya さん、会津にお泊りした経験がないもので・・・。

2008/11/08 21:57 ゆあ

「検索」にも限度があって・・・。
二人だけで、入れる露天風呂はあるんだろうか・・。
行きが降り続いていたら、どこに行ったらいいのかしら?
なんて、考え始めるときりがなくて。
混浴は、ありましたか?

コメント削除

17.kaoruさん、寒いところは苦手~の私が・・・。

2008/11/08 22:00 ゆあ

寒いところを舞台に「創作」を書き始めたのが、そもそもの間違いで・・・。
スキーも苦手だから、そんなシーンはまったく想定外だし。
北海道では、もう、雪が降っているのね。
寒い時期に書き始めたこのお話し・・・。
春になり、夏になり・・・秋を越えて、また冬になっちゃった。


18. marymory さん、残念ながら・・・

2008/11/08 22:03 ゆあ

想像力は旺盛なんだけど、恋愛経験は豊富じゃないです。
今になって思うと、もっと、もっとたくさんお男性とお付き合いすればよか
った・・・って、思います。
でも、私たちの時代は、そう言う人はめずらしかったよね?
恋愛をゲームのように捕らえるなんてことは、それこそドラマの世界の話
しで・・・。
現実は、結構、みんな真面目でした。

コメント削除

19.空さん、この創作を読んでくれている・・・。

2008/11/08 22:07 ゆあ

人の中には、私のことを実際に知っている人が多いので・・・。
実は、どこまで熱々描写を書いていいのか・・・。
変なことで悩みます(笑)
ネットの中のお付き合いは、ネットの中で・・・。
と、割り切ってるひとは、顔が見えない分、過激なこともかけるのかな?
って。
夕べも、思わず、赤面しちゃうような、「創作」に出会って、「おぅ~」と奇声
を上げそうになったのでした。

コメント削除

20.fukuyongさん、すんなり行っては、面白くない・・。

2008/11/08 22:11 ゆあ

などと、欲張り心が、出てしまったせいで、こんなに長くなっちゃいまし
た。
だから・・・先日来のブロコリ存続の件。
継続が決まってホッとしてます。
純愛路線を行ってるつもりでも、これを「公式」に持っていくのは、勇気が
要りますから・・・。

コメント削除

21.tomoyonnさん、「インス」は私の№2の男性なんです。

2008/11/08 22:17 ゆあ

そのインスにしてほしいこと、言ってほしいこと。
それを集めて、ひとつのお話ができたらなあ・・・って。
思い続けて、ここまで来ました。
なんとか、年内には、カタをつけようかと・・・。
皆さんの大事な「インス」ですから、そのイメージを壊さないように最後ま
で、いけたらな・・と思ってます。
「お楽しみに・・・」といえないところが、情けない(苦笑)

コメント削除

22.JINさん、「恋する気持ちは・・・」のところ・・・

2008/11/08 22:25 ゆあ

ななさんにも指摘されて、気付いたんだけど。
まるで、私たちのヨンジュンに対する気持ちのようね。
気持ちのようね・・・って、第三者的な書き方してますが、書いてるとき
は、そのようなこと思わずに、ただなんとなく、そういう表現をしました。
やはり無意識にインスは・・・ヨンジュンなんだわ
って、と~ぜんか・・・・(笑)


23.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/08 23:51 joonyaya

ゆあさん、こんばんは!
会津から・・・猪苗代の方に行くと、温泉が・・それも、完全に
客室にお風呂と露天風呂^^閑静なお忍び旅館が・・・。
ガラス館があって、こっそりプレゼントにも・・・。
猪苗代には、白鳥も飛来して・・・なんて、都会にはないよさが・・・。
今後の二人が楽しみです^^


24.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/09 00:23 歌姫ちゃこちゃん

ゆあさん♪ カメでごめんなさい(>_<)

インスの奥さんの名前は そのままスジンでいいと思うよ~♫

でも・・・奥さんとの破綻した関係を知らないで・・・ユキという女性はそん
な関係を持つタイプ?? 少し違うと思ったけど・・・。

彼女は インスの心の影を見抜いてた気がしたけど・・・。だからそれも含
めて受け入れたのではなっかったの?

ごめん・・・歌姫の勝手な思い込みだったかも・・・(-_-;)

コメント削除

25.joonyaya さん、「お忍び旅館」・・・?

2008/11/09 06:54 ゆあ

いい!いい!そういうの・・・。
「旅館」って言うのがいいよね。
「ホテル」・・・じゃない。
前に書いた創作の中で、「ヨンジュン」は、彼女に鎌倉彫の小さな丸盆を
プレゼントする・・・と言う場面を書きました。
「妹におみやげにしたいから選んで・・・」と言って、実は彼女に・・・という
シチュエーションでした。
硝子細工か・・・。
インスとユキに合いそうだわ。

コメント削除

26.歌姫ちゃこちゃん、遅い時間にも関わらず・・・

2008/11/09 06:59 ゆあ

来てくださってありがとう。
うん・・・歌姫ちゃこちゃんの予想・・・正解。
そっちの方向に展開させようと思ってます。
「このお話しは、本編~四月の雪~とは、関係ありません」と注釈をつけ
たって、読んでくださる方の頭の中には、確実に「あのインス」が思い浮
かぶはず。
だから、できるだけ、皆さんの望む方向に話しを進めて行きたいと・・・そ
れが私の考えです。
歌姫ちゃこちゃんのような意見は、参考になってありがたいです。

コメント削除

27.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)⑲・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/11/09 09:23 ゆき☆

おはよう。

ごめんなさい~ここにコメント書いたつもりだったのに・・・(T_T)

先週東北地方の旅行にいって会津も行ったから情景が重なるの。

ただ雪景色じゃなかったけど(^_^;)

この先、どんな展開になるのかとても楽しみです。


コメント削除

28.ゆき☆さん、いいですね・・・

2008/11/09 10:35 ゆあ

この時期に東北旅行なんて。
私は、福島より向こうには行ったことがない。
新潟にはスキーで行ったけど。
寒い野苦手だから・・・。
今日は、歯医者に行くんでしょ?
忙しいのに、レスをありがとう。

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 533
TOTAL 3381219
カレンダー

2022年7月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブロコリblog