2010/11/22 19:18
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<58話>

Photo


☆BGM「幸せだった」~チョ・ソンモ~








朝から始まった会議が終わったのは、午後の1時を過ぎた頃だった。

長時間の禁煙に耐えかねて、僕は信号が変わるのを待ちながら、煙草に火をつけた。


「キム監督!」

聞き覚えのある声に振り向くと、ソン先輩が歩いて来るのが見えた。

「元気そうだな、キム監督」

「監督だなんて・・・インスって言ってください」

「いやいや、今や世界的に有名な照明監督をインスだなんて・・・そうだろう?インス」

僕たちは顔を見合わせて笑った。


「昼メシは?」

「会議が長引いて、これからです」

「ちょうどよかった。俺もまだなんだ。久しぶりに話もしたいし、一緒にどうだ?」

「ええ、行きましょう」


                                     


僕は、馴染みの焼肉屋に先輩を案内した。

グラスビールで再会を祝し、互いの近況報告と仕事の話しに花が咲いた。


「ところで、まだひとりか?」

「ええ」

「いくつになった?」

「もうすぐ、40になります」

「40か・・・出会ったころはハタチそこそこだったのになあ」

先輩との付き合いも20年近くになるのだと思った。


「奥さんが亡くなってどれくらいになる?」

「6年・・・7年になります」

「再婚する気はないのか?」

僕は、あるともないとも答えず、グラスに残ったビールを飲んだ。


「再婚話をするには酒が足りないな」

先輩は、店員を手招きするとビールを注文した。

「僕は、これからまだ仕事がありますので」

先輩の誘いを断わって、「水をください」と店員に言った。


「向こうにいる間、まさかひとりでいたわけじゃないだろう?」

「ひとりでした」

「即答するなよ。それにそんなこと、俺が信じると思うか?」

「本当です」

「金髪美人がたくさんいただろうに・・・。真面目の上にクソが付くってヤツか?」

僕が真顔で答えたので、先輩はあきれ果てたという表情で言った。


                                      


確かに、酒の勢いを借りて、フランス人の女と情事に耽ったこともあった。

だがそれは、ほんの一時の戯れで、心が満たされることはなく、反対に虚しさだけが残った。


「年下の彼女はどうした?一緒に暮らしてると噂で聞いたが・・・逃げられたのか?」

「まあ、そんなところです」

先輩は、冗談交じりに言ったつもりだったのだろう。

あっさりと肯定した僕の顔を見て、「情けないヤツだなあ」と呟いた。


「亡くなった奥さんのことが、忘れられないってわけでもないんだろう」

先輩にスジョンのことを言われて、むしろ僕の脳裏にはユキの顔が浮かんだ。


ソウルのコンサート会場でユキと再会して、ユキの幸せを祈りつつ別れてからすでに1年。

元気でいるだろうか・・・と、僕は久しぶりにユキのことを思った。


「来てくれる人がいたら、再婚しますよ。そういう先輩はどうなんです?」

僕は、話しの矛先を先輩に向けた。

ソン先輩も数年前に離婚して、今はひとりだと聞いていた。


「実は、再婚することに決めた」

「えっ、本当ですか?」

「再婚と言うか・・・元の鞘に納まることになった」

「つまり・・・復縁と言うこと・・・ですか?」

先輩は黙って頷いた。


               


復縁と言う言葉に、僕が驚いたのには理由があった。

妻子がありながら、他の女性に心を移した。

平たく言えば、先輩の浮気が離婚の原因だったからだ。


「この間、娘に会ったんだ」

「別れてから、初めて会ったんですか?」

「いや、時々母親同伴で会っていたよ」


先輩の娘は、今年小学校に入学したそうだ。

「娘に言われたんだ・・・。パパ・・・ママと一緒に運動会に来て・・・って」

先輩は、言葉に詰まりながら言った。


「子供なりに、淋しいのを我慢してたんだよな。胸に熱いものがこみあげて・・・。気づいたら、残りの人生をお前たちに捧げるって、女房と娘に宣言してたよ」

別れた元妻を「女房」と言ったことで、僕は先輩の気持ちが解ったような気がした。


「よかったですね」

「そう思うか?」

「ええ」

「だったら、お前も早く再婚しろ」

僕は、先輩を満足させるべく、「解りました」と答えた。


もう少しひとりで飲みたいと言う先輩を残して、僕は仕事に戻ることにした。

「次回は僕が奢ります」

「ああ、楽しみにしてるよ」

礼を言って立ち上がろうとした僕に、先輩が身を乗り出すようにして、囁いた。


「インス・・・結局は、慣れ親しんだものがいい・・・って、ことだよ」

僕は、もう一度礼を言って、店を出た。


              


仕事に戻る道すがら、先輩の言葉が甦った。

「結局は、慣れ親しんだものがいい」

それは心と体、両面のことを言っているのだと思った。


スジョンはもう、この世にいない。

マリは、アメリカで。

ユキは、日本で。

それぞれの幸せを見つけて暮らしている。


僕が慣れ親しみ、愛した者たちは、いずれも手の届かない遠いところにいる。

先輩の言葉とは裏腹に、多くの人間はそこに戻ることを諦め、新しい愛を手に入れるために、努力しているような気がした。


               


「キム監督・・・」

会社に戻ると、唯一の日本人スタッフのタケルが遠慮がちに僕を呼び止めた。


「早く言えよ」

タケルの近くにいたスタッフが、意味ありげにタケルの脇腹を突いた。

下を向いて笑いをこらえている者もいた。


「僕に何か話しでもあるのか?」

「はい・・・」

タケルはなんと言い出したらいいものかと、思案している様子だった。


僕は、自分の席に座るとタケルを見上げて尋ねた。

「用件は?」

「実は・・・先ほどの会議で言えずにいたんですが・・・。来月の・・・龍平リゾートでのコンサート・・・」

タケルはそこまでは言い淀んでいたが、「僕、行かれません!」と、はっきり言った。


「大事な仕事だってこと、解ってるよな?」

「はい。・・・でも、行かれません」

「理由は?」

「実家で・・・用事があるんです」

「どんな用事か、聞いてもいいだろうか?」

「はい・・・」

きっぱりと「行かれない」と言いながら、タケルはまた下を向いた。


「監督!僕が代わりに龍平に行きますから。タケルを実家に帰してやってください」

別のスタッフが横から口をはさんだ。

「コイツ・・・結婚するんですよ。その日がちょうど結納の日らしくて」


「なんだ、そう言うことだったのか。はっきり言えばいいのに」

「はい、すいません。でも・・・キム監督がまだなのに、先に僕が結婚するなんて・・・言いづらくて」

入社間もないタケルは、スジョンが死んだことも、僕に離婚歴があることも知らないのだ・・・と、思った。


タケルの言葉を聞いて、そこに居合わせた全員が笑った。

「わかった。いいよ、その代り、事前の準備だけはしっかりやってくれよ」

「もちろんです!ありがとうございます!」

タケルは、僕に向かって深々と頭を下げた。


                


「ところで、実家はどこなんだ?」

「静岡です」

「シズオカ・・・?」

「富士山で有名な・・・ご存知ですか?」


シズオカ・・・静岡。

「私の実家は、静岡県の・・・星降町。その名の通り、星のきれいな所よ」

遠い日・・・ユキが言った言葉。


「シズオカ・・・」

呟く僕をタケルが不思議そうな顔で見ていた。





[コメント]

1.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 20:49 joonyaya

こんばんは~^^

今日は、旦那の帰宅が遅いので、みんなに早々にご飯を食べさせ
て・・パソコンに座ったら・・

あの再会から、すでに一年もたってしまったんですね。
「シズオカ・・・」

う~ん、またなんとも意味深な終わり方ですね~。
気になるじゃないですか(笑)

そろそろ、シズオカ


2.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 20:52 IZU

ゆあさん今晩は~

おお~なんだかこんな日にお話の続きが読まれるなんて~
ユアさん、これから忙しくなれば・・・って思ってたし

あの再会から、もう1年もたったんですか@@びっくりインス四十路に近
くなってすっかり落ち着いちゃった><でもこんないい男が言い寄る女も
いず1人でいる何ってありえな~い!もう世話焼きおばさんでもおじさん
でも誰でもいいです早くなんとか結ばれたユキとの赤い糸をたぐってや
ってください~~故郷が、日本のユキのいるところと同じタケル君がキュ
ーピット?勝手に想像してます・・・ほんのちょっとのきっかけさえあれば
いいのに・・・もうじれったい・・・欲求不満になりそうです・・・

ちなみに私も静岡ですうえ・・・^^静岡空港も出来た事だし・・・私の町で
も町の町おこしの産業祭りetcなどに韓国の人たちも特別参加します
よ!韓国、静岡便、静岡にも立ち寄ってもらう為に、ホテルに泊まっても
らって朝、お茶畑を見ながら帰途に着くコースが今凄い人気らしいで
す・・ホテルの人が韓国のお客さんを送っていった時に、静岡空港に降り
立ったヨンジュンさんを見かけたらしいですよ~【私達1週間空港に通い
つめたのに・・・】

コメント削除

3.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 20:53 joonyaya

きゃ~、ごめんなさい・・m(_)m

そろそろ、シズオカで運命の再会かしら?
ユキは、どんな風に暮らしているんでしょう~?
大切な人って?・・と、気になること満載です(笑)

途中で、コメントが送信されちゃって・・

本当に見苦しくなりました。ごめんなさい・・m(_)m


4.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 21:00 歌姫ちゃこちゃん

ゆあさん♫ こんばんは~☆

待ってました!!(笑) それにしても またまた時間が流れた設定なん
だね(笑) で・・・仕事の先輩との会話で・・・インスは自分の中に 未だ
にずっと潜んでいる ユキへの想いに 改めて気づかされるんだね♫

そして・・・日本人スタッフから 運命のように導かれる場所・・・静岡♫

「シズオカ」・・・ああ・・・インス!! もうすぐゆあさんが ハッピーにして
くれるぞ!!楽しみだね~❤ (*´艸`*)

コメント削除

5.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 21:08 marymory

星降町 静岡・・・。

どんな展開になるんでしょうか。。。。。

龍平スキー場・・・私の大好きな場所

続き楽しみにしてます。

コメント削除

6.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 21:39 kaoru922

ん~~~いぃ~感じに色々な人物が登場してきてくれてる♪

相乗効果的の登場になるのかしら^^?

何気なく皆がインスの背中を押してくれそうな気がするのは・・・私だけ?

でも~ゆあさんの創作の文章~~何処から会話とか出てくるの?
きっと沢山本を読んだゆあさんなんでしょうね~。

絶対にあり得る会話だもん、全て。うんうんそう来るよね、きっと男同士
の話ならって想像しながら堪能させてもらいました❤

ますますインスの人生設計が楽しみ♪

コメント削除

7.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 22:12 雪と水

わあ、うれしい。きょう続きを読めるなんて。

実は昨日、公式の物語創作の過去スレの外出のところを読んでいた
んです。そうしたら偶然にインスがゆあさんの部屋にも現れて。

そうか、あれから1年経っちゃったのね。インスって詰めが甘くて
白黒はっきりさせたい私の性格だとなんともまどろっこしいわ。そ
れでも周りの人からヒントが与えられて、静岡に話が移るのかな。
丁度タイミングよくタケルが現れてくれて、物語の核心に近づく気
配。ハラハラ、ドキドキ、イライラももう少しの辛抱かしら?

「結局は慣れ親しんだものがいい」すごくうんちくのある言葉だ
わ。


8.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 23:10 anohitohaima

「結局は慣れ親しんだものがいい」

58話のメッセージかしら

ゆあさんの想いでもあるんでしようね

身体(皮膚感覚)で覚えてる事は消しゴムで消えない

静岡へ赤い糸はインスを導いていってくれるのか

ますます楽しみ・・インスの心の旅路は何処へ

ユキが自分の実家は「静岡」って創作した頃

ヨンジュンが静岡を訪れる事なんて想像してなかったから

ゆあさんのひらめき凄い!

コメント削除

9.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/22 23:58 ハリーママ

今度は インスがユキがいる場所へ・・・向かう? ^^

スタッフの彼の結婚式に出席・・その場所に ユキが・・・
あぁ 勝手な妄想に走ってしまいました<(_ _)> 

あの再会から1年も経ってしまったのね・・・。
お互い 誤解したまま・・・。
もうそろそろ もつれた赤い糸が ほどけてくるころかな (^^*)

コメント削除

10.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/23 00:22 jooncoco

ゆあさん、こんばんは。。

インスに逢えて嬉しいです。ありがとうございます。


逢いたいと想う人には、どれだけ季節が過ぎようとも

逢えると信じたい。そして「運命の人」だと。。


インスとユキに「幸せな時間」が訪れますように…

コメント削除

11.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/23 00:35 pmisa

こんばんは^^

今日はお知らせ、ありがとうございました。

そして、インスとも逢えて、感激です。

あれから、一年立ってしまったけど、想いはまだ…。
シズオカでユキさんと再会して、その想いを早く伝えて~。
もうすぐですね~。終盤、どんな展開になるのか、楽しみです。
自分がユキさんになってみているから、ドキドキしてしまいます。
妄想癖がついてしまっているから…。


12.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/23 00:37 カナリーグラス

こんばんは^^

前回がupされたときには出遅れてしまいました・・
今回は、オンタイムで読むことができた~(笑)


日本人スタッフのタケル・・実家・・と読んだとき、もう頭の中で
  『静岡だ! ユキと繋がった!!』って、勝手に安堵してました(爆)

長い時間がかかって、月日が流れたけど、
インスとユキのHappy End 楽しみにしてます^^

コメント削除

13.Re:創作の部屋~朝月夜~<58話>

2010/11/23 08:24 ゆき☆

おはよう(^^ゞ

あれからまた1年が過ぎちゃったのね。

早く再会させて欲しいなぁ~と。

二人とも早く素直に一緒になって欲しい。

コメント削除

14. joonyaya さんへ・・・。

2010/11/23 15:48 ゆあ44

【インスはどこにインス?】
な~んて、ダジャレを言う人もいるから。
【そろそろ、シズオカ】っていう最後の1行も、その一種かと思い
ました(笑)

この間、鎌倉に行った時も、「イベントまでに完結」を宣言しちゃ
ったし、先日の「新居報道」
結婚しちゃったら、こんな「創作」書けなくなると思う。

だから、月日を飛び越えて・・・「1年後」

コメント削除

15. IZU さんへ・・・。

2010/11/23 15:58 ゆあ44

ペ・ヨンジュンのおかげで(?)静岡空港は一気にスポットライト
を浴びた・・・そんな感じだったけど。
12月のイベントは、はたしてどこの空港からの入国になるんでし
ょう?

私は、近い・・・ということもあって、ぜひ成田で・・・と、お願
いしたいところだけれど。
最有力は新しくなった羽田・・・かしらね。

【私達1週間空港に通いつめたのに・・・】・・・その≪熱意≫
に感心!
でも、空港へのお出迎えも「追っかけ行為」と言われちゃうから
ね・・・。
私はそうは思ってないけど(←内緒)

「インスイコールヨンジュン」と思うと「素敵な40歳」だけど。
一般人で40・・・独身となると、やはり「何かあるの?」と思っ
てしまうのは、偏見?
モテ過ぎて選べないっていうのもあるしね。



コメント削除

16. 歌姫ちゃこちゃん へ・・・。

2010/11/23 16:05 ゆあ44

コンサート会場でユキと再会して、「人妻」と思いながらも、追っ
かけて行ってハグしちゃう・・・って、設定の方がよかったかし
ら?
そういう「ドロドロ不倫劇・創作」もいいかもね。

話しは横道に逸れますが、登場人物の「名づけ」って、結構悩むの
よ。
先輩の名前は何にしよう・・・。
今、「ゴースト」が話題になってるからソン・スンホンの「ソン」
にしようか・・・って、具合に。
孫社長の「ソン」とも言えるわね。

タケルは、今、一押しなんでしょ?【佐藤健】
ケンかと思ったら、タケルなんだね(笑)

コメント削除

17. marymory さんへ・・・。

2010/11/23 16:15 ゆあ44

ヨンジュンファンになって、6年。
今年は、初の韓国旅行も果たしたと言うのに、いまだに「韓国」の
コト知らないことばかりで。

地名や名所のこともまったくわかってません。
つい先日、新大久保でランチする機会があって。
店の(韓国人の)男の子に「おうちはどこ?」って、聞いたら
「ソウルの下の方の・・・」どことやら・・・。
まったくわからない。

って、ことで、コンサートの場所と言ったら、「冬ソナ」の龍平と
「夏の香り」の茂朱しか知らない。
もっと、韓国ドラマ見なくちゃね。

龍平・・・と言えば、3月の撮影ツアーの時に、バスの車窓から、
ガイドさんに教わってはるか遠くに見たような・・・。
今更?って言われそうだけど、「冬ソナ」の撮影地、いつか行って
みたいです。

コメント削除

18. kaoruさんへ・・・。

2010/11/23 16:25 ゆあ44

昼過ぎくらいから、行動し始める我が家の子供たち。
もっと早くから、出かける段取りをしたらいいのに・・・。
遅く出かけるってことは、帰宅も当然遅くなるでしょ?
・・・こんな愚痴ばっかり。

読書ね・・・高校時代は「小説ジュニア」なんて言うのがあって。
(「婦人公論」の女学生版みたいな)
学校でも、感想で盛り上がったこともありました。

何しろ当時は、「百恵&友和」ブームで。
今のように露骨な性的描写もなく、カワイイものでした。

この「創作」を終えて、暇ができたら(?)読書に励もうかなあ。
本を読むって、大事なことなのよね。

コメント削除

19.雪と水さんへ・・・。

2010/11/23 20:41 ゆあ44

こんばんは。
夕食を終えてのひと時です。

「創作」って書くものの性格が出るかもね。
私はどちらかと言うと「白黒」はっきりさせたい~っていう、性格
じゃないのかも。

今のヨンジュンの状況に関してもそう。
みんなほど、「新作を早く~」とも思わないし。
グッズ販売の事業の方も「どっちが本業?」なんてこともあまり考
えません。

なるようになるしかないかな・・・って、気持ちが大きいの。
いずれ、私たちが喜ぶような作品を見せてくれるって、のんびり構
えてます。

先日鎌倉でお話した通り、来月のイベントまでには、決着をつけら
れるように努力しますね。
ドームで結婚宣言でもされたら、「創作」は、完結まで至らず、放
りだしそうだから。

コメント削除

20. anohitohaimaさんへ・・・。

2010/11/23 20:55 ゆあ44

私も、ヨンジュンが春に日本に来た時、「静岡から入国」を知って
驚いた!

静岡に韓国からの便が到着することも知らなかったから(恥)

前にも書いたと思いますが・・・。
この「創作」・・・書こうかなって思ったきっかけは、いくつかあ
るんだけど。
そのうちのひとつが、「太王四神記」の3話あたりだったかし
ら・・・に、登場した「茶畑」あれがきれいでね・・・。
茶畑→静岡・・・を舞台にした「創作」いいなあ~だったの。

そこにやっと手が届きそうかな・・・。

コメント削除

21. ハリーママ さんへ・・・。

2010/11/23 21:00 ゆあ44

いろんな展開を想像してくれてありがとう。
想像力豊かですね~~(笑)

「公式」に創作を書いてる友人が、「終わらせたくなくなってき
た」って。
その気持ちよ~く解るの。

だから、こんなに長引いちゃって。
完結は同時に大好きなインスを手放すことになりそうで・・・。
作者としてはちょっとさびしい気持ちよ。

続きをどうしようって思いながら、実際の年月も始めた時からずい
ぶんと経過しました。
書き終えたら、大掃除・・・かな?

コメント削除

22. jooncoco さんへ・・・。

2010/11/23 23:07 ゆあ44

こんばんは。

【逢いたいと想う人には~逢えると信じたい】・・・まるで、ヨン
ジュンに対する私たちの気持ちのようですね。

もう何度もブログにも書きましたが、ファンになりたての頃、ペ・
ヨンジュンは「会いたいと思えば、会える」人・・・と、思ってい
ました。
それほど、「韓流」っていうブームもペ・ヨンジュン人気も認識し
ていなかったんです。

埼玉(アリーナ)へは行けず、会いたいと言う念願がかなったの
は、一昨年の京セラドームでした。

同じ空気を吸って、同じ時間を共有できれば・・・と、思った気持
ちもだんだんとわがままになって。
少しでも近くで・・・と願うようになりました。

今もその思いは変わっていませんが、同時にヨンジュンがいつも元
気で幸せでいてくれたらそれでいいかな・・・って気持ちも変わっ
ていません。

ひとりの俳優にこの年になってここまで入れ込むとは思ってもいま
せんでした(笑)
おかげでたくさんのお友達にも恵まれました。

ひとりの俳優は、夢と希望と一緒に友人にもめぐり合わせてくれた
ってことですね。

コメント削除

23.pmisaさんへ・・・。

2010/11/23 23:24 ゆあ44

時節柄(?)少々気持ちが焦ってオリマス(笑)
それに、このところ新居購入のお知らせなんて聞いちゃったものだ
から。
いよいよ【3年】の約束を果たす日が来たのかな~なんて。

妻帯者に想像力を張り巡らせても、限度があるから・・・。
今のうちにうんと想像の輪を広げて、「創作」を完成させたいと思
っています。

これが終わったら、次はだれを題材に書こうかな・・・なんて、数
年前は思ったものですが。
今は、とりあえず「インス」のことだけを考えています。

コメント削除

24. カナリーグラス さんへ・・・。

2010/11/23 23:30 ゆあ44

焦りと同時に「60話で完結っていうのも区切りがよくてちょうど
いいかもね」な~んて、「余裕」も少し?感じてます。

チュンサンの次に好きなインス。
そのインスを私なりに作り上げてここまで来たので。
ラストでは、思いっきりかっこいいインスをお目にかけたいんです
が・・・。

そこは、文章力がモノをいうってことで。
頭の中ではかっこいいインスが出来上がっても、それをいかに文章
で表すか・・・。

気負いすぎるとまた続きが書けなくなりそう。

コメント削除

25. ゆき☆さんへ・・・。

2010/11/23 23:34 ゆあ44

♪会えない時間が 愛、育てるのさ 目をつぶれば君がいる♪

って、感じでいつの間にか1年が過ぎました。

その間も仕事に没頭する真面目インス。
言い寄る女性にも心を許さず・・・。
インスってやっぱり純情で一途。

ヨンジュン本人につながるなあ~~(笑)

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 251
TOTAL 3268619
カレンダー

2022年1月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブロコリblog