2011/02/20 10:57
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<60話>

Photo


☆BGM「抱きしめたい」~K~







軽い衝撃とともに、機体が快晴の静岡空港に着陸した。

「着きましたね」

タケルが窓の外を見ながら言った。

久しぶりの恋人との再会に心躍らせているのか、その声は明るかった。


タケルも僕も、荷物は機内に持ち込んだ小型のスーツケースひとつだった。

流れてくる荷物を受け取る必要もなく、入国手続きを済ませるとそのままバスターミナルに向かった。


空港内は全てが新しく、開港間もない雰囲気が漂っていた。

シャッターが下りたままのテナントもいくつかあった。

富士山の絵が多く飾られているのも静岡空港らしいと思った。


その中の1枚の絵の前で僕は足を止めた。

夕日に照らされ、赤く染まった富士山の絵だった。



                


                
富士の裾野に住む人々は、1日の仕事を終えた後、夕日に染まった山を見て、心を癒すのだろうか。

『父の側で畑を守って暮らしたい』と、言っていたユキ。

農作業を終えて、山を見上げながら家路に着くユキの姿が浮かんだ。


その傍らには、ユキの父親とユキにふさわしい素朴な男の姿。

そして、父と母に走り寄る幼い子供・・・。

夕日の富士山を背景にした暖かい≪家族写真≫。


その中に僕の居場所はない。

無理に写り込もうとしたら、ささやかな幸せを壊してしまうことになるのだと、思った。


「監督・・・バスの時間です」

絵の前で立ち尽くしている僕に、タケルが声をかけた。

「タケル、どこかでコーヒーを飲もう」

振り向きざまに、僕は言った。


「コーヒーなんか飲んでたら、バスに乗り遅れちゃいますよ」

「次のバスに乗ればいい。コーヒーが飲める店を探そう」

「缶コーヒーを買ってきますから、予定通りのバスに乗りましょう」

「嫌なら先に行け」

「僕が行ってどうするんですか」


僕は、それらしき店がありそうな方に向かった。

「星降行きのバスは、1時間に1本しかないんですよ~!」

うしろで、タケルの叫ぶ声が聞こえた。


                


カフェの座席からは、滑走路が見下ろせた。

僕は、煙草を吸いながらぼんやりとその景色を見ていた。


「監督、コーヒーが冷めますよ」

コーヒーが飲みたいと言いながら、半分も減っていないカップをのぞき込みながらタケルが言った。


「次のバスには必ず乗りますからね」

「なにをそんなにあわててるんだ?」

「これから僕たちが行く星降と言う町には、泊まるところなんてありませんから」

「解ってる」

「監督を送ったら、僕はすぐに帰ります」


「そんなに早く、彼女に会いたい?」

「そうじゃなくて!監督の恋人の家でしょ。僕が一緒に泊まれるはずがないじゃないですか」

「泊るつもりはないけど・・・」

「久しぶりに会うのに・・・?」


「姿を見ることができたら、黙って帰る」

「黙ってって・・・。恋人じゃないんですか?」

「結婚してる」

その言葉を言ったとたん、タケルの表情から一気に力が失せたような気がした。



                



「失礼なことを言うようですが・・・」

少しの沈黙のあと、タケルが言った。

「恋愛の対象が人妻であるとか・・・、不倫であるとか・・・そう言った恋愛は、僕には理解できないし・・・応援する気もありません。すみません」

「謝る必要なんてないさ。それが普通の感覚だと、僕も思う」


「ならば、なぜ・・・って、監督の恋愛を事細かに聞くつもりはないです。結婚して星降にいることだけは、確かなんですね?」

「多分・・・」

「多分?大事なことなのにそんな風に曖昧でどうするんですか!」


仕事における立場も、年齢も逆転してしまったような気がした。

タケルも同じように感じたのか、「すみません」と、また謝った。


「何月何日に結婚したと、知らせを受けたわけではないが・・・。最後に会った時、大切な人と田舎で暮らしていると言っていた」

漢江の畔のレストランまでユキを送った時、車内で交わした会話だった。


                

                 

「大切な人・・・と言うと、やはりそう言うことになるのかなあ・・・」

ひとり言のようにタケルが呟いた。

「それで・・・どうします?間もなくバスの時間ですけど」

「行く」

「じゃあ、行きましょう」

タケルは、あっさりと立ち上がった。


僕はすでに先程の会話で、タケルの道案内は期待できないと思っていた。

「応援はできない・・・って」

「幸せな家庭を築いてる人をそこから引っ張り出す応援はしません。
でも・・・会うことによって、監督の気持ちにけじめがついて、新たな一歩が踏み出せる・・・って、言うのなら、応援します」

「諦めきれなかったら・・・?」

僕は兄に甘える弟のような言葉を口に出した。


「・・・それは、その時に考えましょう!」

「頼もしい部下を持って幸せだよ」

「ホントにそう思ってます?」

「ああ・・・思ってる」

「ならば・・・給料アップ、お願いします」

タケルの顔に笑顔が戻った。


「ついでにコンビニで弁当を買ってください」

「飛行機の中で食べただろう?」

「あれは朝飯。星降に着く頃には昼を過ぎます。向こうに行ったら、コンビニなんてないですよ」

言いながら、タケルの足は空港内のコンビニへと向かっていた。







[コメント]

1.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/20 15:16 anohitohaima

うふっ、60話で「完」でなくてよかった

「静岡空港に降り立つ」って言うのがいいね

そこの土地の匂いが急に感じられる

確かでなくても、インスはユキを五感で感じたのではないかな

愛する人のゆかりの地に行けば、あたかも会っているような・・

ユキを育てた町の匂いにインスの心は揺れてるね





コメント削除

2.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/20 15:48 かぼ

温かい東海地方というシチュエーションが良いよね☆

張りつめている緊張感いっぱいの心にミカンの様なあま~い気候の静岡
♪(だと思うけど^^;行ったことないし・・・)

ユキが大切な人と暮らしているその大切な人がビックリするような人物
だったりしてね^^;

ぐふふ^^楽しみだにぁ~❤

コメント削除

3.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/20 15:56 pmisa

こんにちは^^

インス、ついに静岡に来たのね~。
会いたいけど、会いに行ったもいいのか と躊躇して、すぐには行けな
い…。
インスの鼓動が聞こえてくるようで、ドキドキします。
ユキさんとの再会、どうなるの?。

大切な人って? インス思い違いしているんじゃないの…。

ああ~、続きが早く見たい~~~~!!



4.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/20 16:43 BABAR

ソウルでの再会した時の二人と、インスとマリの姿を見た彼女・・・
大切な人が誰なのか・・・
二人の微妙なすれ違いから生まれた小さな誤解!
きっとこの旅の終わりには暖かい春の日差しが射す日向に二人は居る
んだろう、優しく微笑みのある時間が二人に戻ってるんだろうと思いなが
ら毎回楽しみにしています。^^

コメント削除

5. anohitohaima さん、こんばんは。

2011/02/20 20:08 ゆあ44

ハリーママさんのお部屋で、「ドリ・ハイ」が当初16話で完結の
はずだったのに、20話まで伸びた・・・と言う話をして。
誰かの「創作」のようだわ・・・と、コメントしました。

本当に、当初はショートストーリーの話しのつもりだったのに。
前話の59話をUPしたのはいつだったかしら?と、ブログを遡った
り、さらにもっと前に遡って読み返したり・・・。

集中して書いてしまえば、そういうこともないんでしょうけどね。

セントレアには行ったことがありますが・・・あいにく静岡空港へ
は行ったことがない。
果たして「富士山」の絵があるかどうか・・・。

あるわよね、きっと。

コメント削除

6. かぼ さん、こんばんは。

2011/02/20 20:18 ゆあ44

やっと続きが書けました(笑)
週4で仕事をしていた時は、平日に1日休みがあって、誰もいない
家で、静かにPCにう向かう時間が持てたんだけど・・・。
週5になってからは、なかなかね・・・。
まあ、これも言い訳以外のなにものでもないんですが。

そうね、静岡はみかんの産地。
1位は愛媛でしょうけど(笑)
みかんに並んで有名なのはお茶。

ユキの実家も茶畑を所有しています。
「太王四神記」の中で、タムドクがまだ幼少の頃、茶畑が出てきま
したよね。
そして、スンホンの「夏の香り」でも、茶畑は素敵な舞台となって
ました。

私もそこがねらい目なんだけどね・・・。

コメント削除

7. pmisa さん、こんばんは。

2011/02/20 20:28 ゆあ44

富士山の絵を見て、インスの脳裏に浮かんだユキの家族の姿。
家族の姿はやがて、インスの入れない≪家族写真≫に変わっ
て・・・。

こんな時、誰でも躊躇すると思うのよ。
タケルに言われるまでもなく、かっさらってこようなんて気持ちは
インスにはないんだから・・・。

理由なんてなくただ会いたい・・・。
そう言う時もあるよね。
人間のそっちの気持ちを尊重して、続きを書こうと思っています。

コメント削除

8. BABAR さん、こんばんは。

2011/02/20 21:37 ゆあ44

読んでくださっていたなんて、思ってもいませんでした。
おまけにコメントまでいただいて・・・どうしましょう。
ダラダラと長く続き、一刻も早く幸せな結末にたどり着きたい
と・・・書いている本人が一番思っています。

本物のインスは、今頃ソウルのどこかでソヨンと幸せに暮らしてい
ますよね?
最初は嫉妬もしたソヨンですが、今ではインスを支えて幸せな家庭
を築いてくれていることを願っています。
虚構と現実がごちゃ混ぜになってますが、それだけ本物のインスを
愛してるってことです。

コメント削除

9.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/20 22:21 雪と水

静岡空港ときいて、今日行った羽田空港の国際線ターミナルの道路
でヨンジュンとお連れの方が家族に挨拶している光景が目に浮かび
ました。
静岡空港はもっとこじんまりしていて静かなんだろうな。今まで
行った空港の中でローカルだったのは帯広か釧路。静岡もそんな感
じかなと想像してます。ゆあさんの描写が上手だから、静岡空港に
は本当に富士山の写真があるんだと思っちゃうわ。

静岡の牧之原の茶畑は畝がとてもきれいで、いつか途中下車してみ
たいと思っているけど、太王四神記や夏の香の茶畑の方がインパク
トが強くなってしまいました。ドラマの中で、あのシーンがとても
好きだからです。

タケルの考えは常識的でそれでいてはっきりしていて気持いです。
インスも彼のように割り切れて考えられたら、思い悩まなかったの
にね。まず、真実を知る事。それでなくてはこの恋を成就させるに
も諦めるにしても、モヤモヤが残ります。インス、早くはっきりさ
せてよね。
ユキは「大切な人」と言ったのよね。「人たち」と複数形じゃない
のね。と言う事はやはり子供かな。どうしてもインスと結ばれてほ
しいので、重箱の隅をつつくようなことをしてしまいます。


10.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/20 22:59 徒然草

いやぁ~とうとう来てくれたんですね~><。

私静岡空港現地人としては空港に到着したとこから
すでに、ほかの皆さんとは違うところでもう興奮!
↑の雪と水さんがおっしゃるとおり、こじんまり
どころじゃないんです。。。空港内にはコーヒーショップ
なんってないんです。。変わりにお茶の無料でいただける
カウンターはありますがね。でもはいきっとユキのいる
ところはきっとコンビにもないと思います~

タケル君と立場が逆転しちゃうほど、インスには
ユキに対しての自信がないんだろうな・・・って思います。
でもインスがきっと≪今、隣に主人といえる人と、
その子供とで幸せにしているんだろう≫と思いつつも
ここ静岡までそれを確かめにきたインス偉いぞ!って褒めたい。
そう、もう自分を偽ったり南下しちゃ絶対だめだから!
自分の気持ちに正直に・・・きっと大丈夫・・ですよね~

ストリー再開までにゆあさんになんか、ストーリーの
題材になるようなものでも送ろうと思っていたのに・・・
すみません決断が鈍いのは私だわ・・・

今後の展開に幸あれ ♫(´▽`)♫

コメント削除

11.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/20 23:40 ハリーママ

こんばんは ^^

インス 待ってたよ~!
KのこのBGM ぴったりだね♪
「すぐ会いたい すぐ会いたい・・・」

静岡空港に到着したけれど ちょっとだけ弱虫なところが
出ちゃったかな・・インス。
現実が もし想像通りだったらっていう不安と 
ユキの姿を早く見たい 会いたいっていう気持ちが交差している姿が
目の前に浮かぶよ (^^*)

早く 会いに行って そして・・・そして 
抱きしめてあげてほしいなぁ・・・・・・・・・・

コメント削除

12.雪と水さん、おはよう。

2011/02/21 09:12 ゆあ44

今日、2度目の朝の挨拶です。
会津を描いた時もそうでしたが、行ったことのない場所を描くの
は、インターネットの≪検索≫だけが頼り。
たとえ行ったことのある場所でも、もう十数年も前・・・なんて言
うとかなり変わっていますからね。

会津は、子供が小さい時に一度行ったきりだったので、出かけたつ
いでに駅の旅行会社のパンフレットをもらって、おすすめコースを
≪研究≫しました。

そして、今回の静岡空港ですが・・・。
前にテレビのNEWSだったか・・・それともネット上でだったか
しらね。
開港間もない空港に地元の人が見学に大勢訪れていると・・・。
その際、富士山の絵がちらりと見えた様な気がして・・・それで、
です。

茶畑も実際に見たことのないしね。
そちらは、「太王四神記」と「夏の香り」の映像だけが≪頼り≫
です。

コメント削除

13. 徒然草さん、おはよう。

2011/02/21 09:20 ゆあ44

インスがこれから行く町にはコンビニはない?
やっぱりね・・・。
見渡す限り田んぼが続いて、時折のんびりと歩くお年寄りの姿が見
えて。
その横を自転車で駆け抜ける制服姿の学生。
そして、ポツンと立っているバス停の標識。

そんな風に想像しています。

・・・で、空港にカフェはない?!
それは予想が大ハズレ。
実は、ここの場面は羽田空港を思い出して書きました。

成田はいつも混雑していて、外が見えるような店には入ったことは
ないし。
セントレアに行った時も空港内のお店には入っていないし・・・。

60話を書いてホッとしちゃって、また続きが3か月先・・・なんて
ことにならないようにしようと思ってます。


コメント削除

14. ハリーママ さん、今日2度目のおはよう。

2011/02/21 09:26 ゆあ44

「K」の歌声ってなんだか・・・いいんですよね。
日本語の歌ばかりで、韓国語の歌は聞いたことないんだけど。
聞いても意味が解らないから、これからも日本語の歌をたくさん歌
ってほしいなあ。

歌声がいいと言えば、特別大ファンではないけど、玉置浩二の声も
好き・・・なんだけど、彼は異性に対してちょっと変だわね。
異性に対してと言うより、まともに結婚生活を送れないのかしら?
と思う。

創作とはちょっと違う話になりましたが、恋愛の形はそれこそ、
「星の数ほど」だろうけれど、やはり人としての道に沿った恋愛が
結果的に幸せを招くことになるのかな・・・と思います。

「不倫は文化」的な考えは、芸能人だけよね。

コメント削除

15.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/21 10:06 joonyaya

すっかり、こちらにも出遅れてしまいました^^

インス・・・ユキとどんな再会を~・・・とドキドキしながら・・
読みすすめていきました。

あ~、続きが楽しみ~

静岡空港・・・行ったことがないけれど・・・
昨年、ヨンジュンが降り立った地。

ユキが静岡・・・というのも、運命~?^^

いつ、再会できるのかしら~?^^v


16. joonyaya さん、おはよう。

2011/02/21 10:24 ゆあ44

忙しいのにコメントをありがとう。

本当に長く続いちゃってるから、皆さんにも申し訳ない気がして。
お付き合いくださるだけでも申し訳ない気がしてるのに、コメント
までいただいて。
毎回、コメント欄を無くそうか・・・って、思いながら、そうする
とほかのブログ記事にも書き込みができなくなっちゃうから
ね・・・。

このお話を書きはじめた頃から、ラストは静岡で・・・と思ってい
たんです。
それがヨンジュンが実際に降り立つことになるなんて、まったくの
想定外。

確か、静岡ではの蕎麦屋さんに立ち寄ったのよね。
ってことは、インスも行かないとダメかなあ(笑)



コメント削除

17.Re:創作の部屋~朝月夜~<60話>

2011/02/21 20:08 徒然草

ゆあさん私の朝に続いて今晩は~ ^^V

そう静岡空港は開港してすぐ、飛行機に乗る客よか見物人
のほうが多かった!日に数便の離着陸を1日見ている
見物人・・・屋台まで出る始末~
管制塔もこんなに低くていいの@@って思うくらい・・・
ヨンジュンがここ静岡空港に降りたときの映像に
国際線出口横のところに農協帽子のおじさんが写っていたような
まだ、土日ともなればぶらっと遊びがてら行く見物人いますよ!
でも地元の地から飛行機が大音響とともに飛び立つ様は
≪感動≫もの、しかし食堂も昔の新幹線のビュッフェのような
”食堂”が1つ、そしてゆあさんも驚きのコーヒーショップも
ないんです・・・(〃ーー)モジモジ

でもゆあさんユキの家は富士の裾野あたりの設定?
私はてっきり自分で(川根を設定してました>▽<)
お茶畑の・・・

いまこの静岡空港利用で、韓国の方が東京方面で遊んで
帰りの御前崎の唯一1つあるホテルに宿泊して静岡空港から
帰国ってツアーがあるそうです~で最後のこの空港まで来る
間のお茶畑にとっても感動されるようです^^

富士の裾野の方でもお茶畑はあるのかな~(同じ県人でも
知らない・・・です)


18. 徒然草さん、こんばんは。

2011/02/21 23:16 ゆあ44

指摘されて初めて気が付いたわ。
富士の裾野に茶畑はない?
これは≪要検索≫ですね。
静岡と言えば、ミカンとお茶。
どこにでも、茶畑はあるものだと・・・。
勉強不足でした。

空港と言えば、ヨンジュン関係でしか行くことがないから、のんび
り見て歩いたことなんてないけど、羽田も成田もいろんなお店があ
って、1日いても飽きないんじゃないかしら?

次回の来日もやはり羽田かなあ?

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 575
TOTAL 3381261
カレンダー

2022年7月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブロコリblog