2011/06/07 18:45
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<61話>

Photo


☆BGM「四月の雪OSTより~呼吸」













☆。。。インスはタケルとの会話の中で、タケルが静岡出身
だと言うことを知ります。

消えかけていたユキへの思いが、「静岡」と言う地名によってよみがえります。

タケルを伴って、静岡空港に降り立ったインス。

バスに乗って、ユキがいるはずの「星降」を目指します。。。。☆








緩やかな稜線を描いて連なる山々。

山間の茶畑。

点在する民家。

バスの窓から見える風景は、遠い昔の僕の記憶を呼び覚ました。


まだ学生だった頃、父親の車を持ち出した友人とポソンを目指した。

行先はどこでもよかったような気がする。

おぼつかない友人のハンドルさばきに不安を感じながらも、仲間とのドライブは楽しかった。

将来の目標も定まらず、誰かを愛すると言うことの意味も解らず、友人たちと楽しく過ごしていた日々。


あの頃、一緒に笑い転げ、同じ時を共有した仲間たちは、穏やかな日々を過ごしているだろうか。

家庭を持ち、父親となっているだろうか・・・。
 

                 

               
「本当になんにもなくて、驚いてます?」

外の景色を無言で眺めていた僕に、タケルが話しかけた。

「昔見た景色を思い出してた」

「韓国の茶畑ですか?」

「ああ・・・ポソンの茶畑とよく似てる」

「デートの記憶ですか?」

タケルは興味津々と言った様子で、僕の顔を覗き込んだ。


「いや、学生時代・・・男4人で・・・」

「男4人で茶畑見物?味気ないなあ」

「期待に沿えなくて悪かったな」

「別に・・・悪くはないですけど。なんか、スカッとするような恋の話しないんですか?」


「僕の恋愛に興味があるってこと・・・?」

「そりゃあ、ありますよ。世界に名の知れた照明監督の恋・・・誰だって、興味あるでしょ!」

「タケルが期待してるような恋愛話はできそうにないな」

そう言いながら、僕は再び視線を窓の外に移した。


                


「監督、≪幸せの黄色いリボン≫って曲、知ってますか?」

タケルに尋ねられたが、思い当たる曲が浮かばなかった。

「70年代にアメリカでヒットした曲なんですけどね」

「70年代?タケルはまだ生まれてないだろう?」

「ええ、もちろん生まれてません」

タケルがメロディーを口ずさんだが、やはり、僕の記憶にはない曲だった。


「日本で、その曲をヒントに映画ができたんですよ。≪幸せの黄色いハンカチ≫って言うタイトルで・・・それも、ずいぶん昔のことですけどね」

僕は、映画は好きだが日本の映画はほとんど観たことがなかった。


刑期を終えて、故郷に帰る男がいた。

男は、出所が決まった時、妻に手紙を書いていた。

『もしも、お前が今でも独りで暮らしているなら、庭先の鯉のぼりの竿の先に、黄色いハンカチをつけておいてくれ。

ハンカチがあったら、俺は家に帰る。

でも、ハンカチがなかったら、俺はそのまま去り、二度と戻らない』と。


                  


「ハンカチがあったか、なかったか・・・どっちだったと思います?」

「あった」

「ずいぶんあっさり答えますね」

「当たり・・・?」

「当たりです。」

「だろうな・・・」


「小さな家の狭い庭先に、不釣り合いなほど高い鯉のぼりの竿があって。そこに何10枚もの黄色いハンカチが並んでいたんです」

「1枚だと、見落とす可能性がある」

「監督~!もっとロマンチックに考えられませんか?ハンカチの数は夫を思う妻の気持ちの表れですよ」

感動的な場面なのになあ・・・と、タケルが残念そうにつぶやいた。


ゆっくりとバスが停車して、前方の座席に座っていた乗客が下車すると、バスの中は運転手と僕たちだけになった。


                   


「あっさり答えた理由は何です?」

「映画の結末としては、その方がいい」

「現実的すぎませんか?本当にそれだけの理由で?」

「ああ、そうだよ」


「かすかな期待と、淡い願望の表れとか・・・?」

「それで、映画の話しをしたのか?かすかな願望も、淡い期待もないさ」

僕はわざと無愛想な言い方をした。


「例えばですよ・・・。監督のことを思って、愛しているけど別れた。
でも、別れるからにはそれなりの理由が必要です。そこで・・・結婚していると言った。つまり嘘を言った・・・いつか必ず、訪ねて来てくれると待っているかもしれない・・・」

「たいした想像力だな、小説家になったら?」

僕は、嫌味を言った。

「ええ、小説家志望でした」

「ホントか?」

「嘘です」

タケルは笑いながら、星降まで、あとどのくらいかかるのか聞いてきますと、揺れる車内を運転席の方に向かって歩いて行った。


                  

「3つ目のバス停で降りるように言われました」

あと3つ・・・。

バスは急斜面の山道を登り始めた。


車窓から見える規則正しく並んだ段々畑。

垂直に立つ白い風車。

丹精込めた緑の茶畑は地平線の彼方まで続き、空の青さとの境界線が鮮やかだった。


「≪黄色いハンカチ≫ありませんかねえ・・・」

タケルが小さな声で言った。


タケルの旺盛な想像力と推理力を借りても、僕の脳裏には、風にたなびく≪黄色いハンカチ≫が浮かぶことはなかった。

≪黄色いハンカチ≫の男は、時を経ても変わらず、愛されている自信があったのだ。

だからこそ、手紙を送ることができたのだと思った。


それに比べて自信のかけらもなく、ただ未練だけを引きずってここまで来た自分が、実に情けない男に思えた。

「このまま降りずに、引き返そうか・・・」

つい、そんな言葉が口をついて出た。


「はぁ?いまさら何を言ってるんですか」

タケルの呆れた顔がそこにあった。








[コメント]

1.Re:創作の部屋~朝月夜~<61話>

2011/06/07 19:08 joonyaya

こんばんは^^

この時間、めずらしくパソコンの前に座ったら・・・
インスをみつけた^^

どんな風に終わっていたっけ・・・って、戻って読み直してしまい
ました(笑)

静岡に降り立って、向かうは、ユキのいる 星降・・・
そろそろ、劇的な再会かしら?
希望の意味もこめて・・・先が気になる~^^

ヨンジュンの動きが少ないうちに・・・
ゆあさん、暇を見つけてお願いしますね^^v


2.Re:創作の部屋~朝月夜~<61話>

2011/06/07 20:56 徒然草

ゆあさん今晩は~

インスをユキを連れてきてくれて

ありがとうございます(。´▽`。)

本当にこんな時に二人との再会めちゃめちゃうれしいです!
今はこんな梅雨だけど、インスとユキには沢山沢山
綺麗な景色と一緒がお似合いです~
静岡のお茶が美味しいのは、朝の霧の精だといわれます
ほどよい霧がいい具合にお茶を美味しくするらしい~
そんな幻想的に美しい景色もきっといいシチュエーション^^
これから一気に行ってほしいですヤン^^❤

キューピット的なタケルくんになんとなくいちるの望みを・・・
タケル頑張れ~

コメント削除

3.Re:創作の部屋~朝月夜~<61話>

2011/06/07 22:03 かぼ

おばんです^^

インス登場に興奮していま~す^^;
タケル君、今が最高に幸せの絶頂の環境の中だからとはいえ、先輩の
心を正に面白可笑しく色々まさぐっている光景が手に取るように見える感
じがします。

でも、タケルの竹を割ったような今風な生き方♪ちょっとインスも見習って
ーーー❤年齢がそうさせないという事もアリーノ?

これからユキに逢いに行って~~~はてさて?
星降に到着してユキの家の周りを自分に似た子どもが無邪気に走って
いたりして^^;オモオモっ先走っちゃった><?

コメント削除

4.Re:創作の部屋~朝月夜~<61話>

2011/06/07 22:06 anohitohaima

何回か行き来した静岡

と言っても新幹線で通過しただけ・・

急に茶畑がたくさん見えてくると、静岡か~半分来たなって


インスは、ソウルから静岡へだったのかしら?

「黄色いハンカチ」に匹敵するような

インスとユキの幸せのアイテムが気になるなぁ~


ヨンジュンの声が話題になっている今夜

インス登場にもワクワク・・・「朝月夜」ありがとう

コメント削除

5. joonyaya さん、こんばんは。

2011/06/07 22:20 ゆあ44

60話をUPしたのが2月20日。
4か月近い日々が過ぎちゃった。
まさに産みの苦しみ・・・って、感じ。

その間にイ・ナヨンさんとの結婚の噂が出たり、あの大きな地震が
あったり・・・ジアちゃんの驚くべき結婚歴・離婚歴・・・。
すっかり創作意欲を失くしてました。

でも、書きかけたものを途中で放棄するわけにもいかず・・・。
なんとか61話完成。
昨夜は、ホンモノの「インス」が見たくなって、久しぶりに≪四
月の雪・DC版≫を観ていました。

インスは、やはり素敵だわ・・・と思うと同時に「四雪」のよう
に、実際に起こりそうな現実的なドラマ、やってほしいなあって思
いました。

コメント削除

6. 徒然草さん、こんばんは。

2011/06/07 22:32 ゆあ44

静岡のパンフレット、送っていただいたのはいつだったかしらね?
何度も見ながら、創作意欲を駆り立ててはみたものの結婚の噂など
が突如出たりして、架空の「インス」に感情移入ができずにいまし
た。

だけど、静岡空港に置き去りにしておくわけにもいかず・・・。
やっと続きが出来上がりました。

【静岡のお茶が美味しいのは、朝の霧の精だといわれます】・・・
ネットで「静岡・茶畑」を検索したら、茶畑の中に風車のようなも
のがいくつも立っていて。
何だろう?って、思ったら「霜(しも)を吹き飛ばす風車」でし
た。

茶畑の緑に、風車の「白」が映えて、とってもいい感じのフォトで
した。

なかなか煮え切らないインス。
最近の若者であるタケルから見たら、非常にじれったい上司です。
諦めるために最後にひと目会いたい・・・不倫は賛成できないけ
ど、新たな一歩を踏み出すために協力することを決めたタケル。

インスの背中を押す役を無事に果たすことができるかしら?


コメント削除

7. かぼ さん、こんばんは。

2011/06/07 22:41 ゆあ44

早く続きを書かなくちゃ・・・と、思いながら日にちばかりが過ぎ
ちゃって。
かなり焦ってました(笑)

週4で仕事をしていた時は、平日に休みがあったので、「今日は創
作の続きを書こう!」と、思った日は、朝からずっとPCの
前・・・なんてこともありました。
「公式」に≪カオル&ヨンジュン≫や≪チャヌ≫を書いていた頃
はそんな感じでしたからね・・・。

忘れずにこうしてレスをくださる方もいるので、「完結」まで投げ
出さずに頑張りま~す。
が・・・時間はかかってしまうかも。

その間に、「新作」の発表があったり、イベント開催のお知らせが
来たら・・・それはそれで、また創作意欲に火がつくかもしれませ
ん。

コメント削除

8. anohitohaima さん、こんばんは。

2011/06/07 22:47 ゆあ44

それで・・・今夜、ヨンジュンの声を聞けた人はいるのかな?
いずれブログに書いてくれると思うけど、声だけの出演でも大いに
興味津々の私たち。

主演作が決まった日には「公式」も一気に盛り上がるでしょうね。

忘れずに「創作」に来てくださってありがとう。
取りあえず、今回はここまでが精一杯。
もっとたくさんの量の文章を書こうと思うと、ますますUPする日
が遅くなりそうなので、ここまででUPしました。

タムドクがまだ子供の頃、キハと茶畑の茶葉に埋もれて短い会話を
交わしますよね。
あの時の鮮やかな緑・・・このお話を書くきっかけでした。
たまには「タムドク」を楽しみのもいいかも・・・。

コメント削除

9.Re:創作の部屋~朝月夜~<61話>

2011/06/07 23:28 雪と水

きょうはおもいがけずインスに会えてうれしい!

そう、前回静岡空港で終わってそのあとどうなったのかなあと心配
していました。

茶畑というと、このごろは「夏の香り」や「太王四神記」が浮かぶ
ほど、韓国ドラマの影響が大きいけど、新幹線で通るときにみる茶
畑は降りて、あの辺りを歩いてみたいなと思わせる魅力がありま
す。そして、インスはいよいよ星降に向かっているのね。あと停留
所で3つ。どんな再会?それとも会わずに帰る?そんなの私はゆる
しません。絶対ユキに会わせてね。ついでに誤解もといてね。っ
て、勝手に決めている。

それにしてもインスは優柔不断、この場に及んでも「引き返そう
か」だなんて。ここまで書いて、ふと、「若者の日向」の自分に子
供がいるのを想像しなかったインボムとインスを重ねてしまいまし
た。ユキに子供がいるなんて、この創作のなかでは一言も言ってな
いのにね。


10.Re:創作の部屋~朝月夜~<61話>

2011/06/07 23:32 pmisa

こんばんハミョン^^

予告編の「ヨボセヨ」しか聞いてないので、どなたかPCにUPして
くれないかと~。(他力本願)

愛しのインス、お待ちしておりました~。♥

インスの気持ちを想うと、こっちまでドキドキしてきます。
ユキさんとの再会はどのようになるんでしょう…。
今度こそ、後悔しないように本心を打ち明けて~!!

お茶畑で想い浮かべるのは、「夏の香り」ですね。
第2の彼氏が出演したあのドラマ、好きで何回も見ました。
ホタルが舞い飛ぶ映像も綺麗でしたね~。♫


11.Re:創作の部屋~朝月夜~<61話>

2011/06/07 23:58 ハリーママ

こんばんは ^^

壊れかけのPC 今日は調子がいいです (^^:)

インスにやっと会えた~♪
バスの中のタケルとインスの会話は なんとなく
頭の中に佐藤 健とヨンジュンが・・(このツーショットは ありえないけど
見てみたい! 佐藤 健は いいなって思ってるので^^)

黄色いハンカチに繋がる何か思い出の物ってなかったっけ?と
考えたけど 思い浮かばない・・。
次回は きっとハンカチの代わりの何かが インスの目に留まる!?
また 次回のこと先走ってる私 ミアネ^^;

ユキに会えるかな?次回が楽しみです(^^*)

コメント削除

12. 雪と水さん、おはよう。

2011/06/08 08:56 ゆあ44

昨夜は息子にPCを奪われて、お返事を書くことができずすみませ
ん。
YOU TUBEで、お笑い系の動画を見て笑ってる息子・・・なんと
も気楽です。

早く静岡空港を脱出させてあげなくちゃ・・・と、思いながらこん
あに遅くなっちゃいました。
長いブランクがあるにも関わらず、来てくださってありがとう。

【茶畑というと、このごろは「夏の香り」や「太王四神記」が浮か
ぶ】・・・昨夜、anohitohaima さんへのお返事の中でも書きま
したが、「太王~」の茶畑は、段々畑の風景が実にきれいで、あの
シーンがこのお話を書くきっかけにもなりました。

「夏の~」のに出てくる茶畑もスンホンの美しさとソン・イェジン
の清楚さとよくマッチしてました。
あのへウォンが「四雪」では人妻・・・だものね。

「若者のひなた」のインボムね・・・。
以前「公式」でインボムの生き方も批判できないと批評し合ったこ
とがあります。
「若者~」の中では、結局故郷の彼女の元にインボムは帰ることに
なるけど、インスはどうしよう。

韓国と日本・・・国際結婚は様々な壁を乗り越えなくちゃいけない
から、難しいです。

コメント削除

13. pmisa さん、おはよう。

2011/06/08 09:06 ゆあ44

私も凛さんのお部屋で、「ヨボセヨ」だけは聴きました。
あとは、同じく他力本願。
「公式」は「画(え)」も「音」個人的なスレッドにすることはで
きないので、ここだけが頼り。
「公式」もこういう時にサービスしたら、もう少し来場数(?)も
UPするのに・・・。
相変わらず、「掲示板」の表紙のフォトもタムドク。
会費を徴収してもいいから、もっと「公式HP」らしい玄関にして
もらいたいです。

・・・と、話がそれましたが、久々の「創作」UP。
一体ここまで来るのに、何年?って、自分でも記憶をたどっていか
ないと解らなくなってます。
結婚が具体的に決まって、発表されたら、それこそ創作意欲はゼロ
になりそうなので、早いうちに完結へと・・・急ぎたいと思ってい
ます。(もう、何回もこのセリフ言ってる)

「夏の~」のスンホンは「きれい・きれい」の絶頂よね。
今は、それに年齢と渋さが加わってまたこちらも「良い」です。
明日、イベントがあるはずなんだけど・・・。
ヨンジュンほど熱が入らず、ネット上で追っかけることもしていな
いので、確かな情報どこかにないかなあ。

だからと言って、会いに行くことはできないけど。

コメント削除

14. ハリーママ さん、おはよう。

2011/06/08 09:15 ゆあ44

やっぱり今日は雨になっちゃって、部屋の中、洗濯物だらけです。
こういう時、乾燥機がほしいな・・・って、思うわね。

PCのことですが、画面が真っ暗になって、「もうだめか~」って
思うと、翌日は通常どうりに動いたりするのよね。
PCに限らず、どの電化製品も古くても使えるうちは使いたい。
我が家は今のところ、洗濯機と電気釜が危うい状態。

息子のユニフォーム洗濯がなくなったので、8キロの洗濯機よりも
う少し小型の洗濯機の方が水の節約になるかな・・・と考えたり、
近頃の炊飯器の方が、ご飯がおいしく炊けるのかな・・・とか。
いろいろ考えます。

なんだか、世間話のようなコメントばかりで・・・。
肝心の「創作」の話し、忘れてました。
【頭の中に佐藤 健とヨンジュンが・・】・・・ネタバレ(?)す
ると、「タケル」と言う名前の命名の由来は、大正解!「佐藤健」
彼のイメージが頭に浮かんで「タケル」と言う名前にしました。

【黄色いハンカチに繋がる何か思い出の物ってなかったっ
け?】・・・長いブランクのせいで、書いてる私も何かあったっ
け?(笑)

コメント削除

15.Re:創作の部屋~朝月夜~<61話>

2011/06/08 21:16 marymory

オモ! こちらに来てみると 「朝月夜」が・・・。

ゆあさん こんばんは。

やっとペンを持つ気になりましたね^^

2月20日以来ですか・・・。

凄い長編でしたよね^^残すとこあと数話かしら・・・?

☆降るでハッピーエンド?

私は・・・・・じゃないと思んだけど(自分的に)^^;;;

私は、茶畑で思い出すのはヨンハの一話物のお茶を
絡めた悲恋が心に残っています。

佐藤 健 って?ひょっとして野球ドラマの変てこ頭の子?
知っているような 知らないような??

最後まで ガンバって!下さい。

コメント削除

16. marymoryさん、おはよう。

2011/06/12 08:07 ゆあ44

4日ぶりにここに戻ってきました。
今更・・・のお返事になってしまって、本当に申し訳ないです。
突然のイベント発表に驚いて(笑)

頭の中ではこうして、こうなって・・・と、構想はできているもの
のそれをいかに文章で書き表すか・・・。
書いては消しの繰り返しで、日にちばかりが過ぎていく「創作活
動」です。

パク・ヨンハ氏・・・懐かしい名前が出てますね。
すでに1年。
ファンの心の中には、今も変わらぬ笑顔が住んでいるんでしょう
ね。
我が家も8月は夫の三回忌。
来月に入ったら具体的に決めなければいけない(会食の場所と
か・・)と、思っています。

佐藤健は、 marymory さんが思い描いてる「子」で正解です。
彼の「お導き」によって、無事にユキに会えるように期待していて
ください。

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 28
TOTAL 3473513
カレンダー

2022年12月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロコリblog