2008/12/12 13:23
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

Photo




もうそろそろ起こさないと・・・。

着替えをし、化粧を済ませて、私は、まだ眠っているインスを起こすために寝室に入った。

気持ちよさそうに寝息を立てているインスを起こすのは、気の毒なような気がしたが、そんなことは言っていられない。


「起きて・・・」

私は遠慮がちに声をかけた。

素肌の肩にそっと手を伸ばして揺すりながら、もう一度、声をかけた。

インスがゆっくりと目を開けた。


「起きて・・・飛行機に乗り遅れたら大変よ・・・」

毛布から伸びた手が私の手首を掴んだ。

私は静かにその手を振り解くと、「したくをしてください」と言った。


誘われるままにインスの横に滑り込んだら、きっと韓国に帰したくなくなる。

インスも同じ気持ちでいるだろうと私は思った。

「時が止まればいいのに・・・」

ゆうべ、私を抱きしめながら言ったインスの言葉が甦った。


インスが着替えを終えるのを待って、私たちはレストランに行き朝食を済ませ、宿泊代の清算をした。

別れの時間が近づくにつれて、無口になっていくインス。

私は、ソウルの天気のことや、今、食べた朝食のメニューのことなど、どうでもいいことをひとりで話し続けた。


                                     

忘れ物がないか確認し、私たちは4日間を過ごした部屋を出た。

インスは、空港までは来なくていいと言ったが、私はどうしても見送りたかった。


空港行きのバスが来るまで、私たちはラウンジでコーヒーを飲んで待つことにした。

私は、ふと思い立って名刺を取り出すと、裏面に自宅の電話番号を書いてインスに差し出した。

「表に印刷してあるのが、私のオフィスの電話番号・・・。裏に、書いたのが、自宅の電話番号です」

インスは、差し出した名刺を手に取ると、声に出して私の名前を読んだ。

インスは、日本語は読めないが、ローマ字で振り仮名がふってあるので、私の名前が読めたのだった。


「ユキの苗字を初めて知った・・・」

自己紹介の時、名乗ったはずだが、インスの記憶には残っていなかったようだ。

「神の門と書いてミカド・・・。ミカドユキ・・・。ちゃんと憶えておいてね」と、私は言った。


インスも、持っていた自分の名刺に自宅の電話番号を書いてくれた。

バスの到着を知らせる館内アナウンスが聞こえた。

バスに乗る時も、乗ってからも、私たちはずっと手を繋いでいた。


                                        

話すことは何もなかった。

ただ、車窓を流れ行く会津の景色を、それぞれの思いを抱いて見つめていた。


降りしきる雪のせいでバスが遅れ、別れを惜しむ間もなく、出発の時刻が迫っていた。

「自宅に着いたら、さっきの電話番号に必ず電話してね」

搭乗ゲートに向かうインスに私は言った。


「ユキ・・・いろいろありがとう」

「気をつけてね・・・」と、言って差し出した私の右手をインスの大きな手が包んだ。

「ユキ・・・」

何か言いたげなインスの顔・・・。

「愛してる」

私の手を握るインスの右手に、より一層力が入った。


「私も・・・愛しています・・・」

私は、心からそう言えた。

「ありがとう。その言葉が、心の支えになるよ」

そう言うと、インスは足早に搭乗ゲートに向かって歩いて行った。


一度も振り返らないインスの後姿が、ゲートの向こうに消えても、しばらく私はそこに立ち尽くしていた。


                                      

東京行きの新幹線に乗ってからも、今、別れたインスのことと、二人で過ごした会津のことばかり考えていた。


インスは、韓国に帰って、正式に離婚したら、必ず、ユキに会いに行くと約束してくれた。

私はその言葉を素直に喜んだが、日々の状況はどう変化するか誰にもわからない。

そのような約束が、どんなに不確かで、儚いものであるか、私は充分解っていた。


当分は、インスのことを考えて過ごす日々が続くのだろうか・・・と、思っていたら、携帯が鳴った。

仕事の電話だった。

コンサートツアーが終わってから、一度も事務所に顔を出していなかったので、どうなっているんだ、と言う社長からの電話だった。


新幹線の車内なので詳しい説明ができない、と私は言葉を濁し、月曜日には必ず出社すると約束をした。

こうなることは予想していたので、私はJRの駅で、いくつかのみやげ物を買っていた。


しかし、会津みやげなどを持っていったら、「のんきに旅行か・・・?」から始まり、「誰と行った」だのと詮索されるに決まっている。

月曜日に出社する時は、社長の好きなあの店のケーキにしようと決め、同時にいくつかの言い訳も準備しておかなければ・・・と私は思った。


                                    

自宅に着くなり私は、まず、部屋中の窓を開け放ち、空気の入れ替えをした。

冷蔵庫の中の古いものを処分し、留守番電話の確認をした。


携帯電話を持つようになってから、家の電話にかけてくる人はほとんどいないが、父だけは別だった。

「用があったら、携帯に電話して。その方が確実だから」と何度言っても、家の電話にかけてくる。


そして、思ったとおり、父から3度電話が入っていた。

メッセージの内容は、「たまには帰って来い」とか、「風邪をひいていないか」などの他愛もないことであったが、久しぶりに聞く父の声は、とても暖かいものだった。

インスと会津で過ごした日々のことを父に言ったら、父はなんと言うだろうか・・・。

Kを失った時、言葉少なに私を慰めてくれた父の顔が浮かんだ。


父に電話してみようか・・・そう思った時、突然、電話が鳴った。

「たった今、着いたよ」

電話の声はインスだった。


数時間前まで、隣にいたインスが、今は海の向こうにいる。

私の胸に熱いものがこみ上げてきた。

「ユキ・・・聞いてる?」

「ええ・・・無事に着いてよかったわ」

今にも涙がこぼれそうになるのをインスに悟られたくなくて、手短に言葉を返した。


「会いたい・・・ユキに会いたい。」

これ以上話していたら、電話口で泣き出してしまいそうだった。

「疲れたでしょう。今夜はゆっくり休んでね」

そう言うと、私から電話を切った。


数日間を過ごしたホテルの部屋を出る時も、空港でインスを見送る時も、不思議と涙は出なかった。

なのに・・・受話器を置いたとたん、溢れる涙を止めることはできなかった。



[コメント]

1.ゆあさんへ^^

2008/12/12 14:08 take77

はじめてのコメントです^^創作文を読んでると^^会津の文字が^^;

実は私、会津在住なんですよ(^^;)つい嬉しくなって^^ひと言ご挨拶しな

きゃ^^; これが本当だったら???びっくりもんですよね(@@;)

素敵な小説で関心しきりです^^ 又の連載を楽しみにしています^^

コメント削除

2.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/12 14:43 marymory

?なぜに 冬ソナ?そうか暫しのお別れだから・・・・?

あの公園での別れが脳裏によみがえって来ました。

私は、仕事の関係でいつもPCの前にいるんです。だから暇さえあれば

いつでもPCを覗くことが出来ます^^。

実を言うとレス一番に書けたのだけれど・・・・。

何故か一番レスが恥ずかしい?私でした^^;;

ごめんなさい 急用が出来てしまいました!!

また夜に来ますね?


3.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/12 15:12 joonyaya

こんにちは^^
とうとう二人は、会津に別れを告げて、それぞれの岐路についたんです
ね。
二人の想いがやっと確認できた会津での出来事
それぞれ離れて、寂しさが寒さがみにしみるんでしょうね^^

後ろを振り返らずに分かれる、インスとユキ
冬ソナでのシーンが思い出されました。

続きが楽しみ~^-^

ゆあさんの心は、離れていても・・・でしょうか?
インスとユキも離れていても・・・になったんでしょうか?


4.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/12 16:04 雪と水

また新しい展開になって来ましたね。別れって本当につらいですね。今まで楽しくしてい
た分つらい。今日の創作を読んでいる間中、せつないと言う言葉が頭の中を回っていまし
た。

別れにはおたがいに恋人は手をかわし
泣きぬれてためいきはいつまでもつきぬもの

別れにはぼくたちは泣きもせずためいきもでなかった
そのあとで泣きぬれたせつなくて      ハイネ

久しぶりに昔、彼(今の主人です)が帰省するのを駅で見送った時を思い出しました。素
敵な創作に水をさしてごめんなさい。インスがユキに誠実なことを祈るのみです。


5.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/12 16:32 alice12

ゆあさん、こんにちは♪

告白します。 私 この物語 今日はじめて読んだの。


実は、初めて この物語に出会ったとき・・


=  ☆  =  ☆  =  ☆  =  ☆  =  ☆  =  ☆  =
 
今回は、「R」的描写も含まれていますので、「四雪」のインスのイメージ
を壊したくない方・・・または、その手のお話しは苦手だわ・・・と言う方
は、
ここで引き返してください。

=  ☆  =  ☆  =  ☆  =  ☆  =  ☆  =  ☆  =

↑の書き出しを見て 
お顔を存じ上げてる ゆあさんと 私の心の中のインスの
イメージが 変わってしまうんじゃないかとの思いで 封印して
しまったの。


でも、最近 ゆあさんが ブログを休まれているのと 私に時間が
出来たことで あらためて ゆあさんの文章を 読んでみたいな・・
って思い ここに来ました。


今日、午後から 1話からここまで 一気に読んで とっても素敵な
小説だと思ったわ。  設定にも 展開にも全く無理がなく 読んで
いるこちらが どんどん引き込まれていったわ。 

ユキとインスの心の動き・・ 自然だし、 切ないし・・

特に、インスは 【四月の雪】の時のインスの 心の動きと 連動して
考えることが出来るので イメージしやすいので どんどん入り込ん
でいけるよ・・。   

さあ、これから先・・ どうなっていくんだろうか。 楽しみにしてるよ。

横浜では、すれ違ったら 声をかけてね~~。 \(^▽^)/  

コメント削除

6.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/12 17:58 anohitohaima

もう随分前に、「マディソン群の橋」を観た

出会いから3日間の濃密な愛の時間を描き

当然別れのときが来て

お互いに以前と変わらない日常にもどり、2度と逢うことはなく

ヒロインは、終生心に秘めたまま家族を大事にして

生涯を終える・・

ユキは独身で、若いから、それじゃ可哀そうね

インスは携帯でなく自宅の電話番号を教えたんだね

覚悟を決めていたのかしら?・・・・



それにしても、職場にお土産用意したり、帰ったとき

お部屋の空気入れ替えたり、なんとも健気なユキさん

どこか凛としていていいなぁ~・・・だからか・・・

インスの電話で泣いたユキさんの切なさが迫ってくるよ

コメント削除

7.take77さん、こんばんは。

2008/12/12 22:25 ゆあ

過去に一度しか訪れたことのないところを書くのは、骨の折れる作業で
すね。

土地勘がないものだから、A地点からB地点までの所要時間が、解らな
い。
土地の人の様子が解らない。
季節感が解らない・・・。
ネットで検索しても、限度がありますね。

本当にヨンジュンが日本のどこかで、つかの間でも恋をしていたら・・・。
二人で並んで歩いているのを見つけても、気付かないふり・・・できるか
な?

コメント削除

8.marymory さん、この曲と言うと・・・

2008/12/12 22:28 ゆあ

やはりあの公園のシーン?ですよね。

最後の海でも、この曲が流れませんでしたっけ?
最近「冬ソナ」とごぶさたしちゃって、「タムドク」ばかり、観ているものだか
ら・・・。

コメント削除

9.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/12 22:29 カナリーグラス

お昼ごろからPCの前にいたのに、私が見たときは、まだupされる
前だった・・・。  今、新着を見てやってきました。

あさってに迫ったイベントに、なんだか少し心が落ち着かなくて・・・(^^)

前回のお話で、私はふたりに違和感を感じてる・・と書きました。
でも、今日は、とても自然に受け入れられます^^

インスの様子にヨンジュンを重ねて読んでしまったから・・かもしれない。
それと、ユキの様子も、私の嫌いなタイプの女性ではないからだわ・・・
                                       きっと!

最近、いろんな創作を読みながら、ついつい感情移入して
泣くことが多いんです。
「朝月夜」では、まだ泣いていない、私。。  何故だろう・・・?

コメント削除

10.joonyaya さん、空港では・・・

2008/12/12 22:37 ゆあ

様々な男女の別れが描かれますよね。

韓国ドラマにも、空港のシーンがとても多いです。

その中でも、ジニョンの姿を捜し求めて、後ろ髪を引かれる思いで、飛行
機に乗るドンヒョク。

そして、「冬ソナ」の「チュンサン・・・」で始まるあのシーン。
「気付かなくてごめんね」のユジンの言葉は、名台詞だと思います。

ユジンは、最初から気づいていたのよね。
でも、確信に触れようとすると、それを阻む人物が現れたり、思いがけな
い出来事が起こったりした。

インスのお話を書きながら、久しぶりに、あのシーンを思い出して、「チュ
ンサン」と「ユジン」に会いたくなりました。

コメント削除

11.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/12 23:13 kaoru922

こんばんは^^2日間パソ
コンに触れられずに居る内に!!!もう24話が☆韓ドラは
24話結が多い?ですよね〜冬ソナタ
は違ったけど^^2人はさら−っと別れを迎えたんで
すね〜、しかし奥にはふか〜い何かが燻っている別れ
ヒ〜><;尾をひかれる思いで
すよ。健気に普通に別れたユキの建前の心情、それだけに
[い女心は彼の声を聞いた途端に溢れる泉のごとく
心の奥深くを泪でいっぱいにしたんで
しょうね〜。今の2人は逢っても逢っても逢いたい思いで
いる事に切なさ
と2人の此れからを応援したい気持ちにかられてま〜す
凾「つだったか福島空港にお忍びで
到着した頃の様子や・・・読み終えて自然に冬ソ
ナのオープニングやマイメモリー、モーメントのメロディーが
bゥんで
きましたよ♪又3日前からチュンサンに逢ってますっ^^。
ゆあさ
ん・・・お出かけ前の忙しい時にケンチャナ^^?想い
出深い記念に残る時を過ご
せます様に東北の空から祈ってますね♡

コメント削除

12.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/12 23:49 パルちゃん

ゆあさん  こんばんは^^   

インスは四月の雪のイメージで(24話は冬ソナのイメージでしょうか) 

ゆきさんは…
ゆあさんにお会いしていない私はすっかりゆあさんイメージ(想像ですが)

で読まさせていただいています^^*

なのでゆあさん ここではインス(Joon)にいっぱい抱きしめてもらちゃっ
てくださいね。

ゆきさんを自分に置き換えたいのですがだいぶ無理( >Д<;)だから…

続き楽しみにしています。

2日後の横浜… スクリーンのJoonにお会いできますね。

どんな登場でしょうか?楽しみです^^*

コメント削除

13.雪と水さん、おはよう。

2008/12/13 05:52 ゆあ

息子を起こすまでまだ、間があるので、ここに来ました。

「水をさす」なんてことは全然なく、ご主人との恋人時代のお話をもっと聞
きたくなりました。
当時は、携帯電話なんてものもありませんでしたからね。

遠距離恋愛をする恋人同士が、駅のホームで別れを惜しむ・・・「シンデ
レラエキスプレス」なんて言葉も、流行りましたね。
ずっと後のことですが・・・(笑)

中学校時代、友人との交換日記には、「ハイネ」や「ゲーテ」の詩の一節
がよく登場しました。

今の中学生には、考えられないことですね。

コメント削除

14.aliceさん、貴重な時間を・・・

2008/12/13 05:58 ゆあ

拙い「創作」に付き合わせて、申し訳ない気持ちです。
本当に、コレは私の自己満足の何ものでもないお話です。
それに毎回お付き合いくださる方々には、感謝の気持ちでいっぱいなん
です。

ヨンジュンの演じた役柄には、それぞれ思い入れがありますから、その
イメージを壊さないように・・・それをいつも念頭においていますが、前
回、前々回はちょっと暴走しすぎたかな・・・と思っています。

明日はあいにく雨のようですね。

ヨンジュンも今頃、明日のことを思って、ワクワクしているかしら?
どんなサプライズを計画してくれているか、とても楽しみです。

コメント削除

15.anohitohaimaさん、携帯の番号は・・・

2008/12/13 06:06 ゆあ

すでに、入院中に教え合っていた。
今度は一歩進んで、自宅の電話番号になった・・・と言うことで。

恋人・・・と、はっきり宣言できる段階でない「インス」と言う男の存在。
心の中は、うきうき感だけではなく、先の見えない不安の方が大きい。

元々、多くを望むつもりはなかったんだけど、心の中でだんだん膨らん
でいく期待感。

四六時中相手のことばかり考えていては、身が持たない?

ユキにとって、仕事は、いい気分転換になるはず。

コメント削除

16.カナリーグラスさん、ブログの表題にもあるとおり・・・。

2008/12/13 06:14 ゆあ

コレは「戯言(たわごと)創作」だから、「泣かせる」のはかなりの至難の
業。

前編「二枚目路線」で行こうと思っても、そこは「私のインス」ですから、
つい、いじりたくなっちゃって・・・。

「四月の雪」のインスは、物静かで、相手に多くのものを求めない男性だ
ったでしょ?
でも、世の中の多くの男性はそうじゃないよね?

彼女(妻)に甘えたい男性が多い。

インスも、新婚時代はそうだったのかもしれない・・・。
それとも、妻に甘えられなかったから、ソヨンにそれを求めたのか
な・・・。
とか、いまだにいろいろ考えます。

ヨンジュンは、自分がリードしていく恋愛には、少々疲れ気味?

癒してくれる人と、甘えも受け止めてくれる人を探しているのでは?

コメント削除

17.kaoruさん、そう、いよいよ明日に迫りました。

2008/12/13 06:20 ゆあ

そちらには、中継場所はないのでしょうか?

来年には、アリーナの様子をテレビ放映するという話もありますね。
楽しみは後に残しておくのもいいかも・・・。

今日立ち寄ったスーパーの書籍売り場で、韓国系の雑誌を見たら、「ヨ
ン様ゆかりの地」と言うことで、鎌倉が紹介されていました。

何年か後に、「会津」もヨン様ゆかりの地・・・として紹介されたら、本当に
笑っちゃうね。

実は、ここで、お忍びでデートしてました・・・なんて。

コメント削除

18. パルちゃん 、お久しぶり・・・。

2008/12/13 06:28 ゆあ

体型も年齢も「ユキ」とはかけ離れている私ですが。

実態を知らない(お会いしたことがない)と言うのは、時にはいいこともあ
りますね(笑)

明日のイベント、ヨンジュンが「家族のために僕ができること」を数日間か
けて、考えてくれている姿が目に浮かびます。

そういうことに、すごく、楽しみや喜びを見出してくれるヨンジュンだから。

京セラの時も、ステージカーで後ろの方に行かれたことを誰よりもヨンジ
ュンが、喜んでいたでしょう?

「映像なんかじゃなく、行こうか?」って、きっとスタッフに言ったと思うわ。

だけど、「スケジュールやその他もろもろの問題がありますよ・・・」って、
言われていそう。

コメント削除

19.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/13 06:45 ゆき☆

おはよう(^O^)/

カメでごめんなさい。

インスとユキが国境はさんでしまったのが辛いわ。

次はいつ会える?

ゆあさんの読んでるとユキになって妄想まっしぐらよん。

明日、楽しみだね。(^^ゞ

コメント削除

20.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/13 08:26 alice12

ゆあさん、再び~。  おはよう^^。

拙いだなんて・・。 とっても素敵な 物語だったわ (*⌒ー⌒)o
ありがとう~って お礼を言いたかったの^^。

だってね、今朝 このお話のインスが 夢に出てきたんだよ。
(それだけ、夢中で 読んだってことよね)
四月の雪のときのように 苦悩が先立つよりも もう少し インス
の心が軽やかな前向きな関係のようで 純粋な恋愛に感じる。

私も文章を書いてみたい と思って 何度か 創作を作りかけては
みたんだけど、とっても 読めた代物にはならないので ここまで
じっくりと書けるゆあさんを 素敵だなって思うわ。

これから先、インスとユキが進展するのか・・ それとも・・ 
とっても、楽しみにしてます。

明日は、ヨンジュンにとっても 私たちにとっても 素敵な一日に
なりますように・・**:..。o○☆*゚¨  

コメント削除

21.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/13 12:45 marymory

再びのお邪魔ですが・・・兎に角忙しくて@@

いつもまともなレス出来ずごめんなさねm m

ヨンジュンに逢うため仕事を休み 家事万端をしようと思うと

体が幾つあっても足りません(頭がパニック!!)

。。。。なんて言って書いてますけれど(笑)

二人の愛の結末楽しみにしてます^^

兎に角このような激しい!!愛の経験がない私^^?

とても刺激的です。。。。。

明日は、それぞれ思いっ切りたのしみましょう~*

          またよろしくです。

コメント削除

22.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/13 15:40 ハリーママ

ゆあさん こんにちは*^^*
今日やっと ゆっくり読むことができました。この曲が またそれぞれの
シーンを際立たせてくれますね。
インスと別れた 空港・・・ヨンジュンを見送ったときのゆあさんの気持ち
でしょ・・。そして お家についてからの電話 留守電には いつもお父さ
ん・・・。うちには 私の父からの留守電の録音が 残してあります。帰省
したとき 車で帰ったのですが 無事に着いたか?とか まだ 何時間も
かかるんだろうなぁとか・・・。長崎の言葉で^^ 何故か消せないんです。
ゆあさんのお父さんも  よく留守電に声が入っていたんでしょうね。ご
めんなさいね。お話からそれて・・そして 悲しいことを思い出させたら本
当にごめんね。
それぞれの国で インスとユキが 会津の思い出を・・思い出だけにしち
ゃうのか それとも これから先へと進んでいくのか 益々楽しみです。
ミカド ユキ いい名前ですね(^_-)-☆

コメント削除

23.Re:「朝月夜」(アサヅクヨ)№24・・・こちらは戯言創作の部屋

2008/12/13 20:22 nontaron

ゆあさん、こんばんわ^^
とうとう別れの朝を迎えてしまったんですね。
この曲といい、行間に二人の心情があふれていて
読んでいて切ないです;;
チュンサンもユジンに
「空港には来ないで、君をおいていくのはつらいから・・・」
と言っていたけど、インスもきっと同じ気持ちだったんでしょうね。

インスはいつユキを迎えに来てくれるのかしら・・・?
ユキには何の障害もはずだから、
妻との関係を精算して、早く迎えに来て欲しいなあ~
ユジンみたいに待てる人はそんなにいませんから・・・

明日はいよいよイベントですね。今頃はうきうきでしょうね^^
私の住む地方ではないのでとても羨ましいです。
ヨンジュンがどんな形で登場するのか教えて下さいね
ではよい休日を~^^

コメント削除

24.ゆき☆さん、お返事が遅くなりすみません。

2008/12/16 19:45 ゆあ

横浜イベントが終了しても、何かとあわただしく、久しぶりにPCに向かっ
ています。

14日の夜は、久しぶりにヨンジュンの笑顔に出会えて、ステキな夜にな
りましたね。

離れていても・・・インスとユキも同じです。

コメント削除

25.aliceさん、雨の中・・・。

2008/12/16 19:49 ゆあ

ベンチ、見に行きました。
行動範囲が狭い割には、かすりもしませんでしたね(笑)

また、いろいろと「不手際」も目だったイベントですが、ヨンジュンの笑顔
で帳消し・・・ということで。

横浜では会うことは叶いませんでしたが、お近くですから、そのうちにま
た・・・。

aliceさんの「創作」・・・興味あるなあ・・・。

コメント削除

26. marymory さん、おはよう。

2008/12/18 08:03 ゆあ

いまさらのお返事で、すみません。

身辺あわただしく・・・。

落ち着いたら、また、続き書きます。

メールもします。

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 404
TOTAL 3202188
カレンダー

2021年10月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブロコリblog