2009/03/24 09:19
テーマ:創作の部屋 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作の部屋~朝月夜~<26話>

Photo

☆BGMが重なって聞こえる方は、ブロコリブログの最初のページから、お入りください。


                


ソウルから車で3時間ほどの所にあるリゾート地は、スキー客で賑わっていた。

ゲレンデに特設されたステージが、コンサート会場となる。


照明担当のスタッフは、僕の他に2名いたが、いずれも経験が浅く、社長のO氏は不安を感じていたのだろう。

予定より1日早く到着した僕の姿を見て、社長は「明日でよかったのに・・・」と言ったが、内心安堵したような表情を浮かべた。


思えば、ユキと出会えたことも、社長のおかげと言ってもよかった。

体調を崩した僕の世話を、ユキに頼んだのは社長だったのだから。


毎日違うアーチストが出演して、1週間、コンサートは続く。

スキーだけでなく、コンサートを楽しみに訪れる人も多く、照明効果も綿密な計画を立てる必要があった。


ユキに会いたい・・・などと、甘いことは言っていられない、僕は自分自身に言い聞かせた。

それでも、コンサートが終わった後の凍てつく夜空を見上げては、「愛しています」と言ってくれたユキの顔を夜毎、思い出していた。


                 


すべての日程を終えて、ソウルに帰る日、僕の心は、納得のいく仕事を成し遂げた満足感に満ちていた。

自宅に戻った時は、深夜になっていた。


テーブルの上に、「あとのものは、自由に処分してください」と書かれたスジョンからのメモがあった。

室内から、大きな道具類が運び出された気配はなく、スジョンはわずかな身の回りの品だけを持って行ったのだ、と言うことが解った。


今は、残された物をどう処分するか、そこまで思いを回らせる気にはなれなかった。

僕は、着替えることよりも、シャワーを浴びることよりも先に、ユキの声が聞きたかった。


「はい・・・神門です」と言うユキの声が、とても懐かしく思えて、僕は名乗ることも忘れてしまった。

「ユキ・・・?」

僕の問いかけに「あ・・・っ」と小さくつぶやくユキの驚きの声が聞こえた。


「今、帰った・・・」

「地方でコンサートがあって・・・」

「どうしても今夜のうちに・・・」

「ユキの声が聞きたくて・・・」

「ずっと、連絡せずにいたこと・・・」

「離婚・・・決まった」

脈絡のない言葉が次々と口をついて出た。


ユキは「そう・・・」とひと言、言った。

互いの様子を気遣う言葉を交わしたあと、「ユキに会いたい・・・」と僕は言った。

「私も同じ気持ちです」

と、言ってくれたユキの言葉に心が揺れた。


「でも・・・しばらく行かれそうにない」

「今度の仕事・・・長くかかりそうなんだ・・・」

仕事なんか放り出して、本当は今すぐ、ユキに会いに行きたいんだ・・・と言う、本心を隠して、僕は言った。


いっそのこと、ユキが「待てない。今すぐ来て」と、言ってくれたら・・・との思いが、一瞬、僕の脳裏をよぎった。

「私のことは気にしないで・・・。私は大丈夫だから・・・」

ユキらしい言葉が返ってきたことで、さらにユキへの思いが募った。


僕は、「仕事が片付いたら、必ず会いに行く」と約束して電話を切った。


                 


リゾート地でのコンサートが終了した日、僕は社長に呼ばれて、次の仕事の指示を受けていたのだ。

海外からのアーチストを迎えての大仕事だった。


先輩の照明監督が受けるはずの仕事だったが、足を骨折して入院してしまったと言う。

「まったく・・・この大事な時に、あいつは何をしているんだ」

社長が、吐き捨てるように言い、「お前は大丈夫だよな」とでも言いたげな顔で僕を見た。


数日後、ソウル市内の病院に入院している先輩を訪ねると、「迷惑かけて、すまない」と、先輩は僕に向かって頭を下げた。

想像以上に元気な先輩を見て、僕は「何とかなりませんか?」と聞いてみた。


「腕だったらなあ・・・こうして肩から吊って、動くこともできるが、足だからなあ」と、先輩は、自分の右腕を肘から折り、同時に大腿部から装着されたギブスの上から、足を摩った。

「自信がないのか・・・?」と、先輩に聞かれた。

確かに社長から依頼された今度の仕事は、リゾート地のコンサートとは比べものにならないほどの技術と緊張を要する仕事だった。

韓国でも有名な劇場に、アメリカの大物歌手Mを招いてのコンサートだ。

失敗は絶対に許されない。

しかし、僕が躊躇している理由は別のところにあった。


                 

「まずは、NYに行って、Mのステージを見て来い。作戦はそれからだ」と、意気込んだ様子で社長は言った。

つまり、直ちに渡米して、現地に数日間滞在し、Mのステージをじっくり観察して来いということだ。

「帰国したら、すぐに企画会議を始めよう。忙しくなるぞ」社長はそう言って、「よろしく!」と、僕の肩を叩いた。


日本に行けない・・・。

ユキに会えない・・・。

迷っている理由はそこにあった。


ベッドの脇に立ち尽くしている僕を見上げて、先輩は、「チャンスを生かせ!」と言った。

「この仕事が成功したら、大きく評価される」

「照明監督として、世の中に名前を知ってもらえるチャンスなんだぞ」と、言われた。


病院を出るとすっかり日が暮れていた。

「お前なら、できるよ。俺の分まで頑張ってくれ」

先輩の言葉が耳元で聞こえた。


社長はまだ、会社にいるだろうか・・・。

僕は、渡米の意思を伝えるために、会社に向かって車を走らせた。



[コメント]

1.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/24 11:50 カナリーグラス

このところ、精力的に創作を仕上げてるわね・・。^^

前回のお話も読ませてもらってたけど、バタバタしてる時で
コメントできなくて・・・ごめんなさいね。。


インスは、すでに心が離れてしまってたスジョンと
正式に離婚することになったのね・・
もう、彼の中にはユキしかいないし、やり直すことは無理だったね。

すぐにも逢いに行きたいのに、こんなときに限って
仕事が立て込んで、身動きできない状態。。。

インスもユキも、お互いにあまり感情を表に出さないタイプのようで
見ていて、歯がゆくなってくる~~^^;

インスがNYに行くとき、ユキも呼んで一緒に行けばいいのに・・・
せっかく近づいた心・・・距離がはなれると、相手の考えてることが
わからなくて、不安にならないかしら・・・?

勝手に、ストーリー作っちゃってるね(笑)

ゆあさんの、このあとの展開を楽しみにしてるね^^

コメント削除

2.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/24 12:27 雪と水

ゆあさん、こんにちは。このところ天気予報当たりませんね。なんだか寒いし、はっきりし
ないし。

26話、うれしいです。離婚が決まってあとは一直線というときに次から次に仕事が入りま
すね。今度はニューヨークですか。韓国からそのままアメリカに行かないで成田経由で行か
せてよね。そして乗り継ぎのわずかな時間でもいいからユキに会って.もしダメなら電話で
もいから『今、成田だけど声がききたくて」の一言でもいいから伝えて。そんな気遣いで女
は待てるものです。まさかこのあと一波乱も二波乱もあるんじゃないでしょうね。


3.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/24 14:00 anohitohaima

タムドクに、何度目かのお見送りをして、ぼんやりしていたら

「朝月夜」のUP,ヨンジュンモード復活ありがとう


仕事が、スジョンとの別れをスムーズにさせる一方

ユキとの再会はままならず、恋との、両立は難しいね

男が大きく飛躍するとき、仕事と恋はどんな比重になるんだろう


ヨンジュンは、今、100対0かな?




コメント削除

4.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/24 16:36 joonyaya

離婚の話も済んで・・・

すぐに会いたい!と思っても・・・
なかなかすぐには・・・

でも、ユキもインスの離婚の話を聞いて、会いたさが募るのではないでし
ょうか^^
ユキの強がりも・・かわいい。

さあ、このあとの展開は?
アメリカに一緒に?


このあとの、展開・・・やはり気になります^^


5.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/24 16:45 marymory

こんにちは。
 
 絶好調ですね!!

 創作が書けるということは、今のゆあさんは幸せなんですね

 スキー場・・・冬ソナに出てきた龍平スキー場は素敵なところです。

 またまたヤキモキする展開になりそうね^^

 これからも楽しみです。

コメント削除

6.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/24 18:16 ゆき☆

こんにちは。

帰宅したらアップしてて…嬉しいです。

いつになったら会えるのかなぁ~?

インスはユキに会いたいけれど仕事も…と板挟み。。

う~ん、やっぱり続きが気になります。(^_^;)

コメント削除

7.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/24 18:19 fukuyong

ゆあさん、「創作」が書ける時間が出来ましたか。           
                                  
インスも仕事と恋の両立の難しさを感じたかしら?。          
                                  
せっかく二人の想いが縮まったのに・・・               
                                  
インスは何故ユキにNYに一緒に行かないかと言わなかったのかしら?   
ユキも素直に連れて行ってと言えばいいのに・・・ 少し距離が離れ   
てしまったような気がしまいます。                  
                            
これからの展開に紆余曲折が有りそうですね^^。


8.Re:創作の部屋〜朝月夜〜<26話>

2009/03/24 21:42 kaoru922

インスへ
〜〜^^そうそう男は【愛】も責任を持って考えないとい
ッないけど・・・【仕事】の方もやっぱり大事☆で
きる男はやっぱり女性にとっては身を預けるには信頼出
来るというもの♪インス〜〜アメリカに!!そうよ、こ
の大仕事をしっかり責任を持って成し遂げる迄、私は・
・?アニォ〜@@;ユキは必ず待っているし、またそうし
て欲しいと心底願っている人^^Vユキさ
んはきっとそういう人だと思いますっ。(私と同じヨン♪
)ねっ^^ゆあさ
ん^^☆そうして成し遂げた後にはインスゥ〜〜♪ユキ

んに100万本の薔薇を持って逢いに行って欲しいなぁ〜
サう成る事を!!ムフフ〜〜^^;ですぅ〜。

コメント削除

9.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/24 22:44 歌姫ちゃこちゃん

ゆあさん♪ こんばんは~☆

7時半~9時40分まで・・・歌のレッスンで絞られて帰っていました('_')

インスは 韓国に帰って どんどんユキとの未来へ向けて歩きだしてる
ね・・・体は離れていても・・・心は確実に ユキのもとへ一直線に向かっ
てる・・・そんな気がします(*^_^*)

明るい未来・・・その前に立ちはだかる時間と距離・・・でも、固く結ばれた
二人には 関係ないような気がしてる♫ これからの展開楽しみにしてる
ね・・・。頑張って~(^O^)/

コメント削除

10.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/25 00:24 ハリーママ

なんだか ヨンジュンの新しい作品を見ているような気分で
読んでいました。
インスは 仕事を放棄しないで しっかり仕事をやり遂げて 
そして その大役を終ったら きっと ユキともうまくいく・・・。
なぁんて 想いをめぐらしながら。。。
ヨンジュンに こんな恋愛の作品を 切なくて美しい作品をやって
ほしいですね。きれいな ヨンジュン 是非見たい!!

コメント削除

11.カナリーグラスさん、おはよう。

2009/03/25 08:40 ゆあ

今日は、これから出かける予定があるんですが。

その前に、皆さんにお返事を・・・と思い、PCの前に座りました。

自由に先を想像してくれると、書く意欲が湧いてきます(笑)

想像通りのストーリーにするか・・・裏を行くか・・・。

いつものことですが、1話書くたびに、さて、続きはどうしよう・・・と、考え
ています。

だから、なかなか進まない。

コメント削除

12.雪と水さん、成田経由のNY行き・・。

2009/03/25 08:45 ゆあ

そのような便が・・・ありそうですね。

ヨンジュンは、確か、京セラでのイベントを終えて、数日間の日本滞在が
あって。

成田から、韓国(仁川)を経由して、NYへ行ったんですよね?

ロマンチックなシーンが描けそうな気がしますが、そうなると・・・。

何時にそんな便があるのかしら・・・?と、また、フライト検索しなければ
ならない。

検索が頼りの「創作」でもあるんです。

会津のことはほとんどがそうでした・・。

ネタバレ。

コメント削除

13.anohitohaima さん、せめて、8対2に・・・。

2009/03/25 08:50 ゆあ

してあげようか・・・?

こんなこと、「公式」には絶対書けないけど、anohitohaima さんへの
お返事だから書いちゃう。

内緒・・・。

ヨンジュンも、時には、グラビアアイドル満載の雑誌や、アダ〇トビデオな
んかもご鑑賞するのかしら?

いや・・・やっぱり、こういう話題はここでもNGね・・・。
失礼しました。

コメント削除

14.joonyayaさん、今も、「雪と水さん」のところで・・・。

2009/03/25 08:53 ゆあ

書いたんですが。
「検索」が頼りの私としては・・・。

NYでのふたり・・・を描くには、知らないことだらけで・・・。
行ったことがない場所のことを書くのは、本当にひと苦労なんです。

作り話は得意なんだけど(笑)さすがに嘘は書けない。

・・・ということで、「同行」はありません。

先に言っておきます。

コメント削除

15.marymoryさん、リゾート地は・・・。

2009/03/25 09:01 ゆあ

「冬のソナタ」の竜平リゾートと「夏の香り」の茂朱リゾートを思い浮かべ
て書きました。

おかげで、また、ちょっこっと浮気して、ソン・スンホン演じる「ミヌssi」の
フラッシュを見ちゃったりして・・・。

彼の美しさは、ヨンジュンとは違う意味で、また格別です。

思いついた時に書かないと、すぐに忘れてしまうので、時間に余裕があ
るとか・・・ましてや幸せだとか・・・それはまた、別問題。

コメント削除

16. ゆき☆ さん、女よりも仕事を取った・・・。

2009/03/25 09:06 ゆあ

インス・・・では、ありますが。
心にはいつもユキがいるんです。

さてさて、ヨンジュンssiはどんなタイプ?

日本に来て、日本の家族に手を振っても、心には確固たる存在の人が
いるんでしょうか?

その点においてはポーカーフェイスを貫きそうだね。

「常に心は家族と一緒」

そう言ったのは、ヨンジュンだもんね(笑)

コメント削除

17.fukuyongさん、とんでもなく、スローペースですから・・・。

2009/03/25 09:10 ゆあ

書き始めて1年。

内心焦っているのですが、このお話しに私のインスへの思いを目いっぱ
い込めたいと・・・そう思っているので、長編になっても許していただこうか
な・・・って。

「初恋」だって、60話もあるし・・・。

マイペースで、書いていきますので、お時間があるときには、これからも
お付き合いください。

コメント削除

18.kaoruさん、ユキに会いに行く時は・・・。

2009/03/25 09:15 ゆあ

インスが一瞬、ドンヒョクになるのね・・・。

黄色いバラ・・・いいなあ・・・。

そう言えば私・・・夫から、花なんてもらったことがない。

「花は食えないだろう」って、言ったのはヨソクだけど。

夫もそう思っているのかも・・・。

実際、私も、最近では鉢植えの花を買うより、食料だわ・・・と思っている
んですが。

コメント削除

19.歌姫ちゃこちゃん、「創作」の中では・・・。

2009/03/25 09:20 ゆあ

NYまで、同行させるのもいいかも・・・なんて思いますが。

ヨンジュンが離日して、NYで恋人と待ち合わせ・・・なんて図を想像する
と・・・また、嫉妬。

実際に、去年日本を発つ時(京セラの後)、なぜ、ソウルに戻らず、
NY・・・って、多くの人が思ったはず。

恋人作りなさい、結婚しなさいって言ったって。

見張られてたらそれもできないよね~

コメント削除

20.ハリーママさん、「朝月夜」が、【R】状態だった時・・・。

2009/03/25 09:26 ゆあ

私が、ぜひ読んでください・・・と、お願いしたんですよね。

その後、ご期待に添えなくて?・・・すみません(笑)

それでも、お付き合いくださってありがとう。

完結までたどり着くのはいつのこと・・・状態ですが、最後まで、頑張りた
いと思ってます。

ハリーママさん・・・・「創作」書くこと・・・興味ない?

私は、読むのも書くのも好きだから、書いてほしいなあ~~


21.おはよう*^^*お返事↑

2009/03/25 10:11 ハリーママ

とんでもない! あの 衝撃的な出会いをありがとう^^

「創作」 妄想は 大好きだけど 文章力がない私は 読ませてもらうだ
けで 十分です(^_-)-☆
ゆあさんの 文章力と創作の力には いつも驚きです!

コメント削除

22.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/25 11:13 空

ユキはいいなぁ~と・・・。。

だって・・・インスの心の中には・・・「ユキ」がいつも居るんだもん。

ほんの少しでもお裾分けしてもらいたい心境~~(笑)。。

仕事と恋愛・・・さてどちらを取るか?と言われたら・・ヨンジュンはどっちか
な?

前に・・好きな人が出来たら一途になる!と聞いた覚えがあるからなぁ
~。。
以外にも・・・何もかも捨てて・・・?なんてなことに(><)。。

まぁ~それは無いと思いますが?

さて・・・インスはどうするんだろう~

ますます目が離せなくなります^^。

コメント削除

23.Re:創作の部屋~朝月夜~<26話>

2009/03/26 06:09 JIN

おはヨン~^^)/

離婚も成立して・・ユキの元へまっしぐら~と思ったのに・・。

深まる愛に立ちはだかる、会えない時間。。

「私は大丈夫・・。」ユキの言葉がけなげだわ・・。

そんなユキの愛が今はインスの「仕事」に対しての原動力になり

ニューヨークへ向かう決意となったのかしら・・?

仕事と恋愛の両立。。難しいね。

ヨンジュンが初来日の時・・「好きな人は・・います。」・・なんて

サラ~っと答えていたけれど^^;・・そこから・・ドンドン・・ビックになって

自然消滅(・・?と勝手に思ってる・・私^_^;)

ゆあさんのインスには仕事の出来る男!になってもらって

会えない時間の、ますます深まる愛を描いて欲しいなぁ・・。

心の芯まで、くくぅ~っと来るような・・そんなインスを^^*

俳優ヨンジュンへの渇望をゆあさんに求めています^^

これからの展開がとっても楽しみです♪

コメント削除

24.ハリーママさん、お返事PART2

2009/03/27 22:46 ゆあ

創作・・・書く気ないんだ・・・。残念。

創作サイトを覗くと、本当に素人とは思えない秀作に出会う時がありま
す。

ヨンジュンを思い浮かべて書いていると思うんだけど、ヨンジュンへの愛
情の深さだと、感心します。

創作に限らず、画像加工とか、フラッシュとか・・・。
ヨンジュン家族って、凄いよね。

コメント削除

25.空さん、こちらにもレスを書いてくれていたのね・・・。

2009/03/27 22:51 ゆあ

ヨンジュンが仕事と恋人・・・どっちにより多くの心を寄せるか・・・。

仕事・・・と言ってほしいような。
恋人・・・と言ってほしいような。

現実的に考えると、仕事を放り出して自分に全神経を傾けられても「重
さ」を感じて、押しつぶされそうだし・・・。

それほど、深く愛されたい・・・との気持ちもあるし・・・。

ヨンジュンは、今なら、一緒に「漆塗り」をしてくれる人なら、最高!と思っ
ていたりして。

コメント削除

26.JINさん、「四雪」の中で・・・。

2009/03/27 23:09 ゆあ

仕事のできる「インス」は充分、描かれていて、私の出る幕はありませ
ん。

仕事ができて、優しくて・・・それでいて二枚目で。
それなのに、スジンは、ヨングク・・・じゃないギョンホと浮気した。
「あんなにステキな夫がいるのに~」って、別のブログの内容とダブりま
す。

スジンは、本当はインスとギョンホ、どちらを愛していた・・・?
まだ、確固たる理由が見つけ出せずにいます。

「公式」では、相変わらず「テサギ廃人」を自認してる人がいるけど、私は
「インス廃人」かも・・・。

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 571
TOTAL 3350131
カレンダー

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブロコリblog