2016/02/08 08:43
テーマ:旅行記 カテゴリ:日記(良かったこと)

伊豆旅行。

Photo








娘たちと、1泊2日の伊豆旅行に行って来ました。

幸いお天気も良くお出かけ日和の2日間でした。



今回の旅行の大きな目的は、

☆熱海の梅園での梅見物。

☆グランパる公園のイルミネーション。

☆天城隧道

・・・でした。



千葉から高速道路に乗り、

小田原からは景色抜群の海沿いの道を熱海まで。

熱海梅園の梅は今が見頃と満開でした。

私は桜より梅が好きなので、大満足。



「韓国庭園があるのよ」と、

ヨンジュン家族の方から聞いていたので、

そちらも楽しみにしていました。

本当にそこだけ「韓国」の雰囲気十分でした。



梅を存分に楽しんだ後は、

近くの来宮神社に寄ってお参り。

そして、網代まで走ってちょっと遅めの海鮮ランチ。




季節外れの海の町は、

渋滞に巻き込まれることもなく、

実にスムーズに次の目的地の城ケ崎に到着。



夕暮れまで少し時間があるので、

お土産屋さんでたくさんのお土産を買いこみました。


日が暮れるのを待って、グランパる公園に入場。

この公園、全国的な知名度は低いですが(笑)

イルミネーションはとっても素晴らしく、感動しました。




宿泊は城ケ崎のホテル。

オーシャンビューの抜群のロケーション。

夏だったらおそらく予約できなかったでしょうね。

そこは、季節外れのいいところ。

宿泊客も4組で、温泉も貸し切り状態でした。



2日目は、河津経由で天城峠を越えて修善寺までの道程。

すでに河津の桜は、ちらほらと咲き始めていました。



「河津七滝」(かわづななだると読みます・・・

小さな7つの滝があります)を見て、



名物(?)のわさびソフトを食べて、



ループ橋を渡って、目指すは天城峠。



メイン道路を走っていると、「天城隧道」の矢印。

『無料の駐車場があるのでそこに車を止めて、

徒歩で行くのがおすすめ』

・・・と、ガイドブックに書いてあったので、

そうするつもりでしたが・・・。



何台もの車が次々と行く~!

「車で行けるんだ~」

・・・と、私たちも車で。



ですが!隧道までの道程は難所だらけ。

冷汗モノでした。

実は、旅行の1週間前、

タイヤをすべて交換しておいたのです。

交換しておいて良かった~!



天城隧道に到着してみればこの様子。




真っ暗で、心霊スポットと言われるのも納得の雰囲気。

とても歩く気にはなれず・・・。

かと言って、車2台がすれ違いもできない狭いトンネル。

さて、どうする?



たまたま居合わせた奈良県ナンバーの男性が、

「一緒に行きましょう」と先導してくれて、

無事にトンネルを抜けました。



その後は、修善寺へ。

土曜日の午後だというのに、

閑散とした温泉町。

かつての賑わいはどこへやら・・・って、感じでした。



ガイドブックで調べておいたお店は準備中。

別のお蕎麦屋さんで天ぷらそばを食べて、

帰宅の途に。



帰りの高速も空いていて、

予定時刻には我が家へ着きました。

娘との旅行は気楽でいいです。

行きも帰りも長女が運転だったし。


今回の旅行でも、

女性同士のグループをたくさん見かけました。

いいですよね~女同士の旅。

ヨンジュン家族の方々と行けたらいいなあ・・・

なんて、思いました。



以上、娘たちとの伊豆旅行記でした。









[コメント]

1.Re:伊豆旅行。

2016/02/08 16:30 雪と水

熱海梅園はなかなかよかったでしょう。最初は私も馬鹿にしていた
んです。でも熱海の観光地は結構行っているし、この季節でお花も
限られているので、ネットでやっと見つけた場所でした。

主人は「今頃梅なんか咲いてないよ」と私の情報を全く信用せず、で
も着いたらそこそこ咲いていたのでお花の写真をたくさん撮ってい
ました。右上の梅の写真、私もあの下で撮りましたよ。1週間遅かっ
たのと、お天気が良かったのとで、綺麗だったでしょうね。

韓国庭園も、あの建物の園側に座って見たかったのに、主人はどん
どん行ってしまうし、韓国はヨンジュン家族に限るわ。

あとからパンフレットを見たら、澤田美術館?結構私好みのものが
会ったみたいで、入れば良かったと思いました。ここはもみじも綺
麗みたいなので、また秋に行きたいと思います。箱根美術館の庭の
紅葉、熱海梅園、修善寺紅葉林(ここもまだ行ってない)良さそうで
す。

天城トンネルは道が凍っていた? 河津の方から行くと、山道に迷い
込んだような感じでしょ?すいていたのであのトンネルは歩いて通
り抜けました。なんてことはないんですけど、通りながら松本清張
だったか、天城峠殺人事件の舞台はここだったのかななんて思いを
はせていました。

娘さんとの旅は気楽で楽しいでしょうね。友達とはもっと楽しいで
すよ。いつか必ず旅行に行きましょうね。土、日、のいいプラン探し
ておきます。


2.Re:伊豆旅行。

2016/02/08 19:01 ゆき☆

こんばんは(^_^)/

娘さんと旅行できるゆあさんが羨ましいよぉ~
修善寺、2年前だったかな?
天城峠も行きました。
確かに暗い(^_^)
私はトンネルの中は怖くて見られなかったわ

コメント削除

3.Re:伊豆旅行。

2016/02/08 22:19 HASHIKO

こんばんは^^

目的の満開の梅が見られて良かったですね。
お嬢さんと3人のドライブ旅行、、さながら女子会???
何ともうらやましい限りです。

行程も盛りだくさんで、これも車だから・・・
お天気にも恵まれて大満足では(笑)
それに沢山のお土産。少しお相伴にあずかりたいわね。

私も昔仕事柄もあって随分といろいろなところを歩いて、どこも
みんな馴染みのあるところ。
あぁなつかしいな~~と写真を見せていただいています。
何年か前にサボテン公園に行ったときに大室山の入口位かな、、
ぐらんばる公園があったような。
このイルミネーションは素晴らしいわね。まだ新しいからいつか
見てみたいわね。
熱海の梅園は何度も行っているので随分前からスルーしていたので
韓国庭園があるのは知りませんでした。
お得意のネット検索(爆)平成14年にできたそうですね。
↑雪と水さんが言うように我が家の主人は韓国嫌いだから一緒は
ダメですね。やっぱりヨン友か?・・ってまたどこかで顰蹙買うか^_^;

踊り子さんと写真を撮ったしわさびソフトも食べたし、、でも
やっぱり私はこの隧道は松本清張の「天城越え」あの映画
大好きでした(笑)

コメント削除

4.雪と水 さん、おはよう。

2016/02/09 09:05 ゆあ44

熱海は、子供の頃、家族旅行で数回。
社員旅行で一度。
高校時代の友人の会社の保養施設が熱海にあるので、一度。
いずれもはるか昔のことです。

高校の友人の元勤務先はかつて日本鋼管と呼ばれた会社。
今は社名が変わっていますね。
大企業だから、保養施設も立派。
あの時は、MOA美術館に行った記憶があります。

娘たちと一緒だと、美術館への興味がないのでそこはパス。
グルメ中心の旅行です。
それでも、梅園の梅は「きれい~」と感激してました。

韓国庭園は元首相、森さんの尽力(?)に寄るものだったんです
ね。
「友好」の碑がありました。

グランパる公園のイルミネーション、想像以上に良かったです。
すぐ近くの大室山の「リフト」は4時終了で間に合いませんでし
た。

天城の道は、凍結してはいませんでしたが、砂利道で・・・。
パンクしないかと心配でした。
凍結の際のスリップ止めの意味もあるのかと・・・。

一日くらいなら休みも取れますので、「ヨン家族御一行様」の旅
行、ぜひ実現させたいですね。

コメント削除

5. ゆき☆さん、おはよう。

2016/02/09 09:13 ゆあ44

ゆきさんも以前は娘さんと出かけていたよね?
今も・・・時々は行ってるでしょ?
お仕事が忙しくて、我が家ほど「母娘」の時間が取れずに淋しい思
いをしている・・・のは、「母」だけ?(笑)

天城隧道、私たちが行った日も歩いてトンネル内を散策?の人、い
ました。
真っ暗だから私たちは「無理~」と判断して車でGO~でした。
でも、歩く価値はあると思いますけどね。

先日、みんなでランチした時、ディズニーランドツアーの話しが出
たけど、また入場料値上げですね。
7400円だって!

コメント削除

6. HASHIKOさん、おはよう。

2016/02/09 09:23 ゆあ44

一か所に集中型の観光だったら、車より電車。
今回は、それぞれの観光地への距離があったので車にしました。
でも、駐車場が有料のところばかりで、駐車場代がかかるのが難
点。
熱海梅園も、シーズン中は600円。
貴重な収入源になるから仕方ないですね。
梅がなかったら、人も来ないと思うので・・・。

大昔の話しだけれど、新珠三千代主演で大ヒットしたドラマ「細腕
繁盛記」
熱川の温泉宿が舞台のドラマだったので、熱川も脚光を浴びて大賑
わいだったのを記憶してます。
車で通り抜けただけですが、とっても静かでした。
2月と言う寒い時期だったからかしらね?

河津の観光案内所には、「伊豆の踊子」の歴代主演女優さんの写真
(ロケ中の)がありました。
古くは田中絹代。
私も知ってる吉永小百合。
百恵ちゃんはいませんでした(笑)

コメント削除

 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 582
TOTAL 3350142
カレンダー

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブロコリblog