2014/12/24 08:49
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:日記(良かったこと)

六本木のイルミネーションと・・・。

Photo








めっちゃ混みでしたけど。

六本木のイルミネーション綺麗でした。



ヨンジュン作品が六本木で上映されていた頃は、

通い詰めた街ですが、

夜・・・しかもイルミネーションを見たのは初めて。

大勢の人が集まるのもわかる気がしました。






肌は冷たい空気にさらされても。

輝くイルミネーションは心を温かく、

優雅な気分にさせてくれますね。



ヨンジュンもこのイルミネーション見たのかな?

・・・と、思いながら行く手にスタバ。






この店、いつも混んでて。

昨夜も満員。

諦めて麻布十番のスタバでお茶して帰ってきました。







さて、話しはゆづにチェンジ。

昨日、乗換駅で見つけた「ゆづ」






Twitterで、話題になっていたので、

東京のどこかにあるだろうとは思ってましたが、

日比谷でめぐり合えてラッキーでした。

職場に、ゆづファンがいるので、

1部あげようと思っています。



そして、今朝いちばんでゲットした今日発売の【Number】




発売前から予約が殺到して、

品切れ・・・なんて声もありましたが。

コンビニで買えました。



ゆづプラスフィギュアスケートの話題満載。

お好きな方は必見の1冊です。



お土産は、定番の?難波屋のたい焼きと。





麻布かりんとうのかりんとう






・・・でした。


                     







2014/12/21 21:08
テーマ:韓国ドラマ カテゴリ:日記(良かったこと)

昨日、羽田で。

Photo













羽田空港。

クリスマス真っ盛り。



ここもあそこも・・・。

クリスマスらしい飾り付けがあちこちに。






六本木のイルミネーションを

見に行こうと思っていたのですが、

あいにくの雨で、ダメだね。

・・・と、なったけれど。

羽田でクリスマスを味わえました。



そんな中で実に日本的な雰囲気漂う一角を発見。

「はねだ日本橋」



橋を渡ると突き当りにはモスバーガー。

お茶しながら撮った写真がこれ。



あの時、羽田にいた方ならお分かりになりますよね。

眼下に見える舗道。

長~い列を作って、ヨンジュンssiを待った…場所。



当時は、高いフェンスで囲まれていたところ、

今は、ホテルになってます。



『国際線』の大きな文字。

すごく懐かしい感じがしました。



・・・で、本来の目的のお話。

韓国ドラマ【メイクイーン】で、

娘がファンになったキム・ジェウォンssiのお出迎え。



「明日(今日)、ディナーショーだから、

前日には来るでしょう」

・・・と、情報なにもなしの行き当たりばったり。

頼りは「大韓」か「アシアナ」。

それだけ。



誰かさんのように物々しい警備もなく。

至ってシンプル。

一般のお客さんと同じ出口から出てきて。

エレベーターまで歩いて・・・。



その間、プレゼントOK。

写真もOKでした。



・・・が、想像をはるかに超えたカッコよさに舞い上がり、

撮った写真はこれ1枚。

しかもブレブレで。

娘にひどく叱られました。

何のために付き添ったのか・・・。





いや~しかし!

キム・ジェウォンssiの

オーラ半端じゃないです。

さすが、元祖韓流スター!



一般のお客さんに混じって出てきても、

ひと目ですぐにわかりました。


背が高くて、

気品が感じられて。

大人の魅力に溢れてました。



いいでしょう?この距離感。

皆さん、10年来のファンらしく。

慌てず騒がず。

静かで和やかなお出迎えでした。



ジェウォンssiが見せてくれた

やさしい笑顔は、

娘にとって、

ひと足早いクリスマスプレゼントに

なったようです。



                  









2014/12/17 08:16
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(良かったこと)

ゆづ凱旋帰国。

Photo












おかげさまで、忙しい毎日です。


日本人の気質なのかしらね。

新しい年を迎えるにあたって、

身の回りもきれいにしておきたい・・・っていう?

気分一新で新年を迎えたいって。



ならばこの際、

トイレもお風呂もリフォームしちゃいましょうよ!

・・・って、ありがたいコトです。



おかげで些少ではありますが、

ボーナスもいただきました。

韓国くらいなら行けそうです。




そんなわけで。

すぐ近くの空港にゆづが到着するというのに。

後ろ髪引かれる思いで出勤。



行ったのかと・・・って、

思ってた方、いらっしゃるでしょう?

いえいえ、トイレに行くのも我慢するほど、

ハードに仕事してました。






笑顔の帰国。

ジャージ姿でっていうのがいかにもゆづらしい。

(高級ジャージですけどね)



車いすでの帰国から一転。

胸には、きらきらの金メダル!ですから。

よかったです!ホントに!



「オリンピックで金メダルを取った時みたいだ~」

って、ゆづのコメント。

こういう一般人的な発言、

さらに好感度アップします。





成田からスカイライナーに乗って上野駅まで。

そこから新幹線で仙台に帰ったのかな。

なんて帰宅ルートを想像して、

今夜は自宅でゆっくり休んでね・・・と。

そんなことを考えた凱旋帰国の日でした。



GPF優勝のことをもう一度考えると。

やっぱり神様っているんだよ・・・と。

信仰心薄い私も思います。



もちろん勝利の理由は、

ゆづの懸命な努力と、

立ち向かう強い精神が根本にあるわけですが。

それだけではないなにか・・・。

見えざるモノが、そこに存在する・・・って言うか。



たゆまぬ努力と、

ひるむことのない向上心。

それをちゃんと見てるモノがいるんだよ・・・と。



ファンの熱い応援が、

大きな力になったことも確かですよね。



ひとりでは成し遂げられないことも、

支えられること、

支え合うことにより可能になる。



そのことを切実に感じたのなら、

これからのスケート人生に大いに生かされますね。





全日本開幕までの数日間。

地元仙台で練習を積んで、

大会に挑むことになるゆづ。



仙台ルールを心得た地元の方々に見守られて、

自分のペースを崩すことなく、

調整に励んでほしいです。



全日本の「オペラ座」

期待してます!




                   








2014/12/14 11:06
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(良かったこと)

真ん中が似合う。

Photo









昨年のGPシリーズファイナルが行われた時、

私はまだ羽生結弦を知りませんでした。

知ったのはそのあと。

全日本フィギュアです。



100点越えを出したゆづを見て、

この子すごい!って。

オリンピックで金メダル取っちゃうんじゃない?って。



そうしたらホントに金メダル。

その後の、世界選手権でも金メダル。



つまり私の知ってるゆづは、

いつも表彰台にいるゆづでした。



ところが・・・。

ご存知のように中国杯では、

2位という立派な結果を出すも表彰式にその姿はなく。

先日のNHK杯でも台上にゆづはいませんでした。



今朝、配信された表彰台の真ん中、

金メダルのゆづを見て、

やっぱりその場所、

表彰台の真ん中が似合うよ!って、

そう思いました。



ペ・ヨンジュンに出会って、

同じ時代に生きていることの幸せ・・・っていうものを

知りました。


今また同じ。

ひとりのスケーターに出会えて、

感動を与えてもらえることが、

とてもラッキーなことに思えます。



よくやってくれました。

よく頑張りました。



焦りも不安も、

戸惑いも・・・たぶんあったと思います。

それをはねのけての金メダル。






心から祝福の言葉を贈りたいです。

ゆづ、優勝おめでとう!

金メダルおめでとう!


                                                      





2014/12/13 08:36
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(良かったこと)

1位発進!

Photo








明け方4時近くまで起きてて。

間もなくだわ・・・と、思いつつうとうと。

6時過ぎに目が覚めて、

枕元のiPhoneに手を伸ばしました。






『1位 羽生結弦』

飛び起きました!

GPシリーズファイナル

ショートプログラム1位おめでとう!






ゆづはやってくれました。

正直、怪我しないように・・・。

無事に滑りきれますように・・・。

そのことを最優先で願ってました。



公式練習で「手ごたえありと見た」

・・・そうなのかなって、

思えるような表情を見せていたので、

これはイケるか?

・・・と、期待感が膨らんできていたんですが。



いやいや、欲張っちゃいけない。

ゆづが納得がいくような演技ができたら、

順位なんて関係ないよ・・・みたいな。

いつになく消極的な「陰ながら応援」でした。



オーサーコーチから与えられた練習メニュー。

「勇気」と「自信」のエッセンス、

たっぷり盛り込んであったのかな・・・と。

冗談も言いたくなるような、うれしい気分です。




笑顔あふれるキスクラ。

これだけでもう・・・感激です。



よくぞここまで立て直したと。

本当にゆづの努力に敬服。



さて、次はフリーの演技。

ドキドキハラハラしながらの

テレビ前観戦になりますが(笑)



ゆづらしく。

ゆづしか表現できない「ファントム」

精一杯演じてください。

日本から心を込めてエールを送ります。



                           


[1] ... [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

TODAY 310
TOTAL 3446922
カレンダー

2022年10月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブロコリblog