2011/02/16 09:02
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

雪に慣れていない者の・・・≪雪の日≫

Photo







一昨日、こちらも大雪が降った。

雪が降るとまず、うろたえる。

あわてる。

明日どうしよう、と思う。

なんで雪なんて降るのよ~と、ひとり言が出る。



一昨日、仕事から帰宅する時は雨だった。

間もなく、娘(長女)から「まだ渋谷にいる」と電話が入った。

あ・・・そう、と言う感じだった。


7時頃、実家の母にチョコレートのお礼の電話を入れた。

途中で代わった息子が「雪は降っていない?」

と、聞かれて「降っていない」と答えていた。


雨戸を閉めてしまうと、外の様子がまるで解らない。

テレビのNEWSで、雪が降る八王子駅が映し出されていた。

あら・・・東京で雪?くらいに思っていた。



11時を過ぎた頃、娘から電話。

「駅まで迎えに来れる?」

こたつでうとうとしていた私は、面倒臭いなあと思いながらも

迎えに行くと答えた。


すぐに2度目の電話。

「雪、降ってるけど大丈夫?」

「大丈夫もなにも行くしかないでしょ」

「携帯の充電が切れて、今、N(一緒にいた友人)の携帯から電話してるの」


「取りあえず行くから」

外はみぞれ混じりの雪でも降っているんだろうか・・・。

ところが、玄関のドアを開けてびっくり!

積もってる・・・!それもかなり。


2軒隣のご主人は、すでにスコップを持ち出し、

雪かきをしていた。

・・・・が、無謀にも車を出した私。

これが、雪に慣れていない者の浅はかさ。



日中ならいざ知らず、深夜だから轍(わだち)がない。

ちょっと厳しいかも・・・と、思った。

それでもGO~。


ひとつ目のカーブを曲がろうとしたら、車が止まらない。

まるで、カーリングの・・・あれになったような気持ち。


前方に2台の車が止まっていた。

お、とっとと・・・って、感じで止まった時、

2台の車は進めなくなっているんだと解った。


車外に携帯電話を握った女性の姿。

きっと、ダンナに「迎えに来い」と言われて、

渋々車を出したものの、立ち往生しているのだと思った。


それでも私はGO~。

・・・って言うか、引き返すに引き返せなくなっていた。

空き地に車を突っ込んでUターンしようにも、

空き地はさらに雪が深くて、埋もれてしまいそうだった。



我が家の最寄駅はKとM。

娘が待っているのはM駅。

M駅の手前には急斜面の長い坂がある。

その坂を思い描いた時、初めて、「これは無理」と思った。


Y君の家に向かう路地に車を突っ込んで、Uターン。

深夜にも関わらず、Nちゃんの家に電話。

電話口に出た妹さんに事情を話し、

迎えに行かれないと伝えてもらった。


折り返しすぐに娘から電話。

「歩いて帰る」とのこと。

M駅から、我が家までは普通に歩いて、20分くらい。

しかし、1時間経っても帰ってこない。


雪道だから・・・と考えても・・・遅い。

心配しつつ待っていると、ようやく帰宅。


「パトカーで送って」

と、駅前の交番でねばったことが遅くなった理由。


娘たちのためにパトカー出動はあり得ず、

傘を借りて帰ってきた。


どんなに交渉したって、

夜遊び娘たちをお巡りさんが送ってくれるはずないのに・・・・・。

娘たちに詰め寄られて。

困り果てた交番のお巡りさんの顔が目に浮かんだ。



とにかく、娘は無事帰宅したものの、

明日の出勤&買い物はどうしよう・・・と思った。


まずは食糧。

米びつをのぞき、お米があることを確認し、

床下収納庫のカップめんの数を数えた。


仕事よりも食糧。

仕事は欠勤の電話をすればいいことだし(徒歩通勤なのに)・・・と、

思い、就寝。



翌日の昨日は快晴。

出勤には何の支障もなく、

退社時には雪は解けていた。

雪に慣れていない者の、雪の日の顛末。



                         






[1]

TODAY 49
TOTAL 3377615
カレンダー

2011年2月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
ブロコリblog