2012/09/07 09:21
テーマ:旅行記 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

感動しました!≪岩手旅行・平泉編 その①≫

Photo







ホテルでの食事は、夕食も朝食もバイキング。



私が子供の頃、

高級旅館として名の知れた施設でも、

朝ごはんと言えば、

魚の干物に焼き海苔と生卵が定番。

民宿に多少の「色」を付けた程度の朝食が

出されることが多かったと思います。



それが今では多くの旅館で、

「バイキング形式」の朝ごはんが出されています。

和・洋・中それに加えて郷土料理の数々。

夜も朝も食べたいものをおなかいっぱい食べて、

摂った分だけ減らさなくちゃ・・・と、思いつつも。



平泉観光の移動はほとんど歩くことなく、

「るんるん号」と呼ばれる

何回乗っても400円と言うバスを利用しました。



まずはホテル前のバス停から路線バスで花巻駅へ。

そこから東北本線で平泉まで。

乗った電車は2両編成の何ともかわいい電車。



車窓に流れる風景は、のどかな田園風景。

大型スーパーやマクドナルド、スタバはなくても、

ここにもインターネットは普及しています。



≪冬のソナタ≫で生まれた「ヨンジュン愛」は、

きっとこの辺りにも存在するんだろうな・・・と、

走り去る景色を眺めていました。




「るんるん号」に乗った平泉観光のスタートは【毛越寺】

極楽浄土をイメージした池が【毛越寺】のメインです。







以前はこのように満々と水を湛えた【大泉ヶ池】ですが、

東北地方を襲った大震災の影響で、

礎石調査(?)のため、今は渇水状態でした。

(写真を撮ったのですが、娘のスマホの中で・・・今日はUPできません)



多くの建造物は焼失してしまっていますが、

巨大な庭園に佇むだけで、

この地が栄えた頃の平安時代を偲ぶことができました。



「るんるん号」は、

【平泉文化遺跡センター】を経由して【中尊寺】へ。


門前のお店でまずは腹ごしらえ(笑)

メニューは「おもち四種膳」と「いちごミルクのかき氷」





お店の若旦那(?)の

「今日は、ウチのおばあちゃんが作った餅だから、いつもより大きいよ」

が、ウケました。


朝ごはんでおなかいっぱいと言いながら、

昼食もしっかり食べて。

さあ、いよいよ憧れの【中尊寺・金色堂】を目指します。




「ハイヒールはNG」

と、書いてあったガイドブックの「教え」を守ってよかった!

写真だと緩やかに見える表参道の【月見坂】

実は、かなり急な勾配で上るのに息が切れました。




表参道・・・と言うからには、裏参道もあるのかしら?

(車で一気に上れるルートがあるとか・・・)


ヨンジュンは、

この坂を漆の先生とともに上ったのでしょうか?



膝が痛い、腰が痛いという方には、

特に難所の坂道です。



今は、舗装された部分と砂利の部分とがある坂ですが、

義経が兄頼朝の追っ手を逃れて、

藤原氏を頼ってここまで来た頃は、

辺り一面草むらであったはず。



山伏に身をやつし、

命からがらたどり着いた中尊寺。

険しい坂道を登りながら、

義経の胸に去来した思いは、

どのようなものだったのでしょうか?



多くの俳優が演じた「義経」

「判官贔屓」と言う言葉がありますが。

兄・頼朝は、この際非情な人物で、

弟・義経は、非業の最期を遂げる悲運の人。


しかし、

骨肉の争いは、歴史の大きな転換期となり、

日本人特有の「判官贔屓」は、

「義経生き残り説」をも生み出します。



歴史はロマン・・・。

そんな言葉を思い出しながら、

本堂への道をひたすら歩きました。



途中、思わぬ人物と遭遇しました。

往年の名投手村田兆治さん。

お年を重ねても立派な体躯は変わりません。


すれ違いざまに気づいたので、

握手を求めることもできませんでした。

ご家族か・・・お仲間と思われる方々と談笑しながら、

にこやかに坂を下って行かれました。



こうした思わぬ遭遇って、やはりあるんですね。

だって・・・ほら、

やがて到着する【金色堂】の石段で・・・。

「まさかのペ・ヨンジュンとの遭遇」を

体験した方がいるんですもの!



                              




[1]

TODAY 127
TOTAL 3377693
カレンダー

2012年9月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブロコリblog