2014/11/10 23:05
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:日記(ひとりごと)

彼らのお母さんたち。














元巨人軍の松井秀喜が、大リーグに入団した頃。

彼のお母さんが、

「息子であって、息子でないような」

「偉大な人」

「尊敬しているし、誇りに思う」

・・・と、語ったことは今でも印象深く憶えています。



フィギュアスケーター羽生結弦のお母さんも、

それに近い気持ちでいるんじゃないかと、

ふと思いました。



同時にどんなにビックになっても。

偉くなっても、

我が子に違いないから。

いついかなる時も、心配で気がかり。

それも母の気持ちだろうと思います。





ソチオリンピックの男子フィギュアスケート。

アメリカ代表ジェレミー・アボット選手の

ショートプログラムの演技を憶えていますか?



ジャンプした際、着氷に失敗して転倒。

腰を強打して、しばらく立ち上がれませんでした。

演技続行は不可能かと思われた時、

立ち上がって再び滑り始めました。

観客席からは大きな拍手が送られました。





今回のゆづとハンヤンのアクシデントを知って、

アボット選手のお母さんが出したコメント。

それをTwitterで読みました。

一部ですが、ここに載せます。



『(彼らのお母さんの気持ちを思ってとても心が痛んだ)

命の危険にさらされているかもしれない我が子がそこにいるのに

何もできない無力さと恐怖』


『アスリートの親は、大切な我が子を他者に託している。

それは成功に向けて導いてもらいたいからというだけではなく、

自分たちができない時には代わりに守ってくれると

信じているから』



あの時もリンクに飛び出していきたい気持ちだったでしょうね。

でもそれはできることではないとわかってる。

ただただ見守るしかない母・・・ですよね。




選手団専任の医師の同行だとか、

直前の6分間練習のあり方だとか・・・。

スケ連には即刻検討の「義務」があるように思います。




夕方の発表で、

ゆづは脳には異常が認められなかったとのこと。

ひとまずほっとしましたが、油断大敵。

しばらくは仙台の実家で

心身両面の治療を行ってほしいと思います。

NHK杯出場の件は、焦らなくていいよ。



たとえ無念の欠場と決まったとしても、

≪ゆづ愛≫あふれるファンたちは、

すべてを許して見守ってくれるから。

いちばん大事なのは何かって、

みんなわかっているからね。



                                                     









[1]

TODAY 1237
TOTAL 3499616
カレンダー

2014年11月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブロコリblog