2009/02/20 10:00
テーマ:今日のひと言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

青春への惜別としての・・・。

Photo



朝から冷たい雨が降っています。

こうして、ゆっくりとPCに向かうのは、5日ぶりくらいかもしれません。

(BGMが、重なって聞こえる方は、ブロコリブログの「表玄関」から、お入りください。)

ヨンジュンに会いたくても、現地に飛ぶことは不可能なので、せめて、ネットの中でヨンジュンを追いかけようと思っても、なかなか思うようには行きません。


週4日の勤労主婦としては、1日をPCの前で過ごすことはできず、「最新情報」はすでに過ぎ去った情報として、得ることが多いです。


それでも、同じ条件にいながら、「最新情報」を文字通り、最新のものとして捉えている主婦家族は、よほど手際よく家事をこなしているのだなあ・・・と、感心するばかり。


年明け早々にグァムに行って、紳士服の撮影をして来たと思ったら、今度は、オーストラリア?な~んて、思っていたら、いつの間にか、もう帰国。


予定の仕事をこなしたら、少しゆっくりとバカンスを楽しんで来たらいいのに・・・。


それさえも許されないほど多忙なスケジュールの中に、ヨンジュンはいるのでしょうか?


あわただしく過ぎ去っていく日々の中で、今週の18日はチュンサンのお誕生日でした。


1973年生まれのチュンサンは、36歳になったんですね。


ドラマの主人公の誕生日をちゃんと憶えていて、お祝いのメッセージが寄せられる・・・。


チュンサンがどれほど愛されているかの証だと思います。


ぺ・ヨンジュンのチュンサンが

こんなにも人々の心に染み入るのは、

若さゆえの輝きと痛みを知り尽くした

卓越した表現力を持つ大人の俳優が、

「青春への惜別」の思いを込めて、

大切に作り上げた人物だったからではなかったか。

高校時代のチュンサンを、

年相応の若い俳優が演じていたら、

こんなにも深い味わいは醸し出せなかった。

その寂しさも、心の葛藤も、恥じらいも、

強がりも、

そして精一杯の愛も。




これは、2007年に「n829さん」が、ヨンジュンの公式HPに書い

てくださったスレッドの一部です。(2007/7/13 NO75648)

もう、何回読み返したか・・・。

思うがままのことが、言葉になって表現される文才がうらやま

しくなります。

お誕生日から、すでに2日間が経過してしまいましたが、お時

間がありましたら、ぜひ「公式」を遡って、読んでみてください。


                               


[1]

TODAY 73
TOTAL 3172964
カレンダー

2009年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ブロコリblog