2014/11/30 14:44
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

まだ終わっていない。

Photo











演技終了直後、

リンクの上でゆづがつぶやいた一言。

「おわった」





フリーの演技が終わった・・・。

NHK杯はこれで終わり・・・。

ファイナル出場への可能性は終わったな・・・。

中国杯で負傷しながらの演技続行について

賛否両論があったから、

それについての論議は終わりにして・・・。



つぶやいた4文字の言葉には、

どんな思いが込められていたんでしょうか。




『悔しくて眠れなかった。

疲れてポテっといったけど、

悔しくて寝たり起きたりしたし、

夢でうなされていた』

(一夜明けてのインタビューで)



私も昨夜は、

明け方近くまでフリーの演技を繰り返し見たり。

2年前のNHK杯の映像を見たりしていました。




中国杯の時とは全く違った衣装で登場したゆづ。

わォ~かっこいい!と、単純に思っちゃいましたが・・・。



『中国杯で着た衣装の血は、洗っても落ちなかった。

この日、何とか新調の衣装を間に合わせたが、

体は新しくできるはずもない。

全治2、3週間と診断された全身5カ所のケガは癒えず、

両足首、太もも、腹部まで、
 
テープで補強しなければ滑れない状態だった』



華麗な衣装の下はテーピングだらけだったのね。






ぎりぎりのところで、

ファイナルの出場権を得たゆづ。

それを「強運」という人もいます。

そう!「運も実力」



『これで尻に火が付かないようでは話にならない。

ギリギリで(切符を)つかんだチャレンジャーですから。

日本人最下位として、思い切って1番上を狙いたい』



終わった・・・。

そして次は新たな出発へ。

シーズンはまだまだ終わっていません。



ファイナルまでは2週間足らず。

その間に何ができるか・・・。

今、必死に考えているでしょうね。



昨日のフリーは本当によく頑張ったと思います。

スペインで行われるGPファイナル。

そのあとは全日本。



私の関心は当分の間、

羽生結弦に集中しそうです。

ペ・ヨンジュンssi、ミアネ~。



                            




2014/11/29 08:29
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

今日も声援おくります。

Photo









自分の右手をマイクにして。

熱唱してた・・・。

出番を待つ間のワンシーン。

リラックスすることこころがけてるな。

・・・って、思いました。



羽生結弦だって緊張するよね。

人間だもの。



だけど、

それをコントロールできちゃうところがすごいんだ~

そして、全然緊張なんかしてないよ、ボク。

・・・って、見せちゃうトコも。



ドキドキ、ハラハラ・・・これは私。

・・・の、うちに始まった昨日のショートプログラム。

着氷の失敗が2回。






・・・でも。

そんなことより、

ゆづが試合の現場に帰ってきてくれたことを

多くのファンが喜んだと思います。



「死と隣り合わせ」

背筋がぞっとするような言葉を

みんな心に刻んだから。



そして・・・誰もが希望をなくしていない。

逆転も大いにあり得るぞ!

・・・って、みんな思ってる。



それがファンなのよね。

ファンの心意気ってヤツ?



今日もまたドキドキハラハラ・・・これも私。

・・・の、時間がやってきます。



期待?

もちろん!

でもそれ以上に、無事に演技が終わりますように。

ミスの数より、無傷が何より。



ゆづ、ファイティン!





                            


2014/11/26 21:08
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

出ると決まったからには。












ゆづがNHK杯に出場することが決定しました。



今日は仕事中も、

どっちになるのか(出場か欠場か)

気になって、気になって。


昨夜のうちにオーサーコーチが大阪入りしていたので、

出場の可能性が一気に高まっていました。

(私の中でね)



もう今は余計なことは考えずに、

精一杯テレビの前で応援しようと思っています。



ゆづは優勝する気でいますよね。

私も出ると決まったからには、

優勝する気で応援します。



現地に行かれる方は、

しっかりとゆづの「オペラ座」見てきてください。



練習中は笑顔も見えて。

なんだかホッとしました。

がんばれ!ゆづ!


                         







2014/11/25 09:10
テーマ:韓国ドラマ カテゴリ:日記(ひとりごと)

韓ドラ三昧で。













連休明けの火曜日。

雨になりました。

お天気に関係なく、洗濯物は今日も大量。

部屋干しして仕事に行きます。


家のこと・・・あちこちの掃除やらなにやら。

しなくちゃいけないことはたくさんあるのに。

録りためた「韓ドラ」視聴もやらなくちゃいけないことのひとつ。

・・・なんて、言い訳にもならない言い訳をして。

この3連休は「韓ドラ」三昧でした。



娘とともにはまった【メイクイーン】





タイトルから連想して、

メイクイーン・・・ジャガイモを作る農家の話し?

・・・と、思ったら、船の名前。

造船に夢を賭ける若者たちのドラマです。



子役が大活躍で。

それに惹かれて見始めたドラマでした。

先週最終回を見終わって。

久しぶりにいいドラマを見たなって感じです。



現在視聴中のドラマ【インス大妃】




【ドリームハイ】に出演したあの子・・・誰だっけ?

(名前忘れた)

あの子が主役。

インス大妃の若かりし頃を演じています。



間もなく交代だろうと思いますが、

なかなかの演技力を見せています。


父親という大きな後ろ盾を失って、

幼くして王位に就くことになった王様は不幸ですね。

自分がそれを欲したわけではないのに・・・。

何の罪もないのに・・・。

行く末は哀れです。


ほかにもいくつか視聴中の韓ドラがあって。

時代物を重複して見ると、

ごちゃごちゃになってわからなくなっちゃいます(笑)




【メイクイーン】の後ドラマとして始まった、

イ・ジュンギ主演の【Two Weeks】

こちらは私の苦手とする血生臭いヤクザもの?

しかもさらに苦手な「病気」や「死」が絡んでくるとなると・・・。

視聴続行は困難かな。



ドラマは心ときめく恋愛ものか、

サクセスストーリー・・・【キム・タック】みたいな。

そういうのがいちんばんです。



【メイクイーン】で、キム・ジェウォンに好印象を持った娘。

「来日するんだって」・・・と。

クリスマスの頃に、

都内のホテルでディナーショーがあるみたいです。


おひとり様42000円。

「ふたりで行ったら84000円だよ!」

・・・と、悩む余地もなくスルー。

ペ・ヨンジュンなら迷わず、

42000円出しちゃうだろけど(笑)



ディナーショーでナニする?ペ・ヨンジュン。

もちろん、「歌」でしょ!




                                            





2014/11/23 18:55
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

静かな3連休。

Photo







長女は日光に旅行。

次女は会社のマラソン大会。

息子も遊びに出かけて。

静かな3連休の今日は中日(なかび)。



朝から韓ドラ三昧で・・・。

これじゃいけないな・・・と。

少し押入れの片付けもしました。




不運なアクシデントから2週間。

ゆづは、今頃どうしているかな・・・と。

今日も、先日の中国杯のスケーティングを見ながら

考えていました。



依然として公式発表はないまま。

大阪で開催されるNHK杯は今週末に迫っています。



出場取り消しのお知らせも出ていないから、

直前まで様子を見て決める

・・・と、いうことなんでしょうか。



たくさんのファンが、

NHK杯のゆづを楽しみしている。

・・・そのこと、いちばんよく解っているのはゆづ本人。



しかし、同時に、

ゆづの体のことを多くのファンが心配しています。

それもちゃんと解っているよね。



これからまだまだ

ゆづのスケート人生は続くわけですから、

無理は禁物。

治療に専念することを

何より最優先するべきだと思います。



・・・なんて、偉そうに言ってますが、

最終的な決断を下すのはゆづ・・・羽生結弦自身。



仮に欠場が決まったとしても、

「え~っ、出ないの~」なんて、

プレッシャーかけることも言わないし。



出場できることになったとしたら、

テレビの前から全力で声援送ります。



焦らず、慌てず。

ファンはいつも、

「あなた」を温かく見守っているからね。



                                                        


※冒頭に「昨日、カナダトロント」と出ますが、

リアルな「昨日」ではありませんので。

誤解されませんように、念のため。


[1] [2]

TODAY 166
TOTAL 3173057
カレンダー

2014年11月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブロコリblog