2014/03/31 22:42
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

エキシのゆづ~知ることの楽しさ~
















昨日のエキシビションを観て、

なんだかとんでもないアスリートを知ってしまった、

そんな感じ。


いつもそうなんだけど。

ヨンジュンを初めて知った時も。

シユンに初めて出会った時も・・・。

徐々に少しずつ好きになる・・・じゃなくて。

一発、ドッキュ~ン!って感じで、

好きになってる。



それでも、

スポーツ選手にこれほど心惹かれるのは。

はるか昔の森田淳悟さん以来。

(どんだけ古いんだか・・・って、話し)



29日さいアリ会場の外で行われた

スモールセレモニーで、

ファンの

「エキシビションにはぜひ、ニースのロミオ・・・を」

と、請われて。

「う~ん」と笑って誤魔化したゆづ。



「あれはあれで、あの時だけのものなので・・・」

ちょっと否定的なコメだったので、

ないかな・・・と思ってました。



エキシの内容は、トップシークレットですので。

・・・と言う、関係者の助けを借りて、この場は終了。

しかし、

長年ゆづを応援し続けている人たちの間には、

「予感」もあったみたいで。



私は、

開始前のジャージ姿の衿元から見える衣装で、

あ・・・今日は、あの時のロミオになるんだと,

解りました。



YOU TUBEで、何度も観た「ニースのロミオ」

今のゆづが演じたら、

どんなふうになるんだろうと・・・。


でも、それは、

私の想像の中でだけ実現するものだと、

思ってました。

それが、実際に観ることができるなんて。






素敵でした。

思いっきり感動させてもらいました。

新米ファンの私にも、

2年間でのゆづの急成長ぶりが解りました。

素晴らしい「ロミオ」でした。


これからも進化を続けて行くんでしょうね。

タイムリーでそれを見られたら・・・と思います。



ヨンジュンを知って、≪公式≫に飛び込んだ時。

シユンを知って、ファンクラブに入会した時。

いずれも、

「知ること」への楽しみに満ちていました。



今また、その時。




                          






2014/03/29 08:44
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

世界選手権優勝おめでとう~信じると言うこと~















ゆづ、世界選手権優勝おめでとう!

「三冠」獲得おめでとう!

偉業達成は、同じ日本人として誇りに思います。






そして、

素晴らしい競い合いを見せてくれた

すべての選手にありがとう。


 


お気に入りに入れているブログのブログ主さんたちは、

みんなさいアリに行っちゃって、留守。


とりあえず録画して。

結果を知ってから観よう。

・・・なんて、言ってる場合じゃないぞ・・・と、

テレビの前に。


「信じられないことを信じることが大切」

誰かさんもそう言ってたし。





町田選手の演技。

素晴らしい!

これでは持って行かれてもしょうがないかな・・・と。

いや・・・、

反対にこれでゆづの闘争心にいよいよ火がついたかも。

そう思いました。



「弱気になった時のゆづは負ける。

強気になった時のゆづは勝てる。」

某ブログで書かれていた言葉を思い出したからです。



ゆづ登場。

26日、さいアリで私が見たゆづとはどこか違う。

これはイケる・・・かも。

水を打ったように静まり返った会場。

発進!



跳んだ!サルコウ・・・。

降りた!

よかった!・・・(ため息)

≪パリ散≫と並んで、≪ロミジュリ≫も何度も観たのに。

まだ、跳ぶ?

まだ、跳ぶ?

そのたびに、心臓ドキドキ!



「信じること・・・」

そうだね、ゆづを信じて見守ろう。






フリー演技の長いコト、長いコト・・・(笑)

最後の瞬間まで、画面にくぎ付けの観戦でした。



キス&クライでひとりで待つゆづ。

傍らにはいつものプーさん。

頼むよ~プーさん。



「191.02」以上の点を得られないと勝利はない。

アナウンサーの言葉に数字をメモする私。



190・・・えッ?なんだって?

やった?

ゆづの表情で勝利したことが解りました。

画面には「1」の数字。

やった~~!




飛び上がって喜ぶ様子は、19歳そのもの(笑)でした。





ふたつの日の丸。

素晴らしい光景。

4年後もそうでありますように。

おめでとう!ゆづ。

おめでとう!町田選手。





☆観客席からお借りした「日の丸」を持って。


 


満身創痍・・・そんな文字もネット上には出ていました。

でも、言わない。

だって、自分だけじゃないから。

スポーツマンとしてのド根性を見たような気がしました。



自分を信じて戦ったゆづ。

まだ19歳。

まだまだ19歳。

成長を見続けることがますます楽しみになりました。



シーズンオフと言っても、アイスショーは続きます。

ゆっくり体を休める暇はあるんでしょうか?

明日のエキシビションを終えたら、

ひと時の休息・・・あったらいいね。


 
「お疲れ様」は、また明日。





☆今朝の「日刊スポーツ」

「羽生3冠」の文字が躍っています。



        



                                



2014/03/28 00:22
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

あの日もそうでした。









比べる対象ではないと思いながらも。

あの時のひと声を昨日は思い出していました。



東京ドーム。

ペ・ヨンジュンの「韓・美・旅」イベント。



イベントも終盤の頃だったでしょうか。

奈落から上がってくるヨンジュンをみんなで驚かそう・・・

と、言う計画。



ヨンジュンだけにライトが当たって、

会場は真っ暗闇。

「あれ、どうしたの?」

・・・って、主役が不思議に思ったところで、点灯。



全員でポシャギを振って、

「ヨンジュンssi~!」と叫びましょう・・・でした。



期待通りのリアクションをしてくれたヨンジュン。

こんなヨン様見たことない・・・と。

会場にいた誰もが、

しばし、ヨンジュンの当惑ぶりを楽しんだはずです。



もう少しこのまま・・・と思ったところにはるか後方から、

「ヨンジュンssi~!」のひと声。



直後に明かりが点いて、

今度は全員で「ヨンジュンssi~!」でした。



おひとりで先に「ヨンジュンssi~!」と叫んでしまった方は、

きっとヨンジュンの驚いた表情に、

居たたまれない気持ちになったんでしょうね。



それでも、先走りの感は拭えず・・・。

もうちょっとヨンジュンの困った顔を楽しみたかったのに・・・と。

あの日のDVDを見るたびに残念な思いがします。



巨大な広さの会場でも、

一瞬の静寂の中での人間の声は、

はるか遠くにまで響くものです。

26日のさいアリもそうでした。



俗にいう「にわかファン」の私には、

フィギュアスケート観戦のマナーなどは、

まだ認識できていませんが。

それでも、

ひどく異様な「ひと言」として耳に届きました。



おかしくない?

そこまで言っちゃう?

許されるの?

いや、あれはマズイよ。

・・・と、帰宅途中の電車の中で思っていました。



それでも、何分初心者。

私独自の感覚・・・であると、

昨日のブログには書かずにいました。



ところが、

やはり同じことを感じた方がたくさんいらしゃいました。



そのことが、

選手の演技にどの程度の影響をもたらすのか・・・。

そこまで語る知識を持ち合わせていないので、

ここに書くことはできませんが。



「演じるためのbestな環境作りを心がける」は、

私にも解ります。



「声援は励みになります」と言うようなコメントを、

よく目にしますが。

時と場所を選んでのことです。

つまり、節度を守って・・・と言うことですよね。



「当たり前のこと」と思っても、

その当たり前の基準って、千差万別。

事前に注意を促すアナウンスも効果があると思います。



・・・と、今日は偉そうなことばかり書いていますが、

私自身も肝に命じておかなければ・・・と思いました。



ついでに余談ですが。

さいアリ会場にて、見かけた派手なファッション。

ここはライブ会場かと一瞬勘違いしそうな装い。

「プーさん」の着ぐるみ姿の女性とすれ違った時は、

思わず、足を止めて振り向いちゃいました。



「別に迷惑かけてないし~」と言われればそれまでですが。

なんかちょっと「?」な感じがしました。

時代遅れのオバサン的意見かな。


さて、今夜はフリーの演技。

正直言って、観るのが怖い・・・。

なんて、言ってる場合じゃないですよね。



                          


2014/03/27 01:55
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

「生ゆづ」初体験~さいたまスーパーアリーナ~













寝なくちゃいけない時間だけれど。

余韻冷めやらぬままブログを書いてます。



日付が変わる頃、帰宅しました。

やはり「さいアリ」は遠いです

でも、ゆづに会えたから、全然疲れてません。



ヨンジュン家族のS様のご厚意で、

初のフィギュアスケート観戦をすることができました。

しかもゆづ登場の日!

幸せなひと時を過ごすことができました。





☆バッチリ決まったポーズで、

私たちを出迎えてくれたゆづ。



S席での観戦。

臨場感もたっぷりと味わえました。

しかし・・・しかし・・・。

心臓に悪い!(笑)

ゆづとともに私の緊張感も極み・・・でした。



帰宅後録画しておいたインタビュー映像を見ました。

「思い(意気込み)はいつもとはやはり違っていたか?」

と、言う問いかけに、

「同じでした」と、答えたゆづ。

いつもより緊張しているように見えたのは私だけ?



何度も観て、何度も聴いた≪パリの散歩道≫

それが目の前で展開されてる。

なんだか信じがたく。



京セラドームで初めてヨンジュンを見て、

「ペ・ヨンジュンってホントに実在してたんだ」と、

ワケの分からないひとり言が、

頭に浮かんだことを思い出しました。



6分間練習でリンクに登場したゆづを見た時は、

「何事もなく、ここに・・・この場所に来てくれてありがとう」

それが率直な私の感想でした。



いざ演技が始まったら、

祈るような気持ちで見てました。

ジャンプの失敗はあったけれど、

一生懸命演技するって気持ちは、

十分伝わってきました。



「悔しい」

まさにそう言う思いでしょうね。

町田君の演技が素晴らしいものだったから、

余計にそう思ったのかもしれません。



まだ、フリーがある!

逆転のチャンスはまだまだあるからね!

カッコいい≪ロミジュリ≫見せてください。



明後日、テレビ観戦の時も祈るような気持ち・・・に、

なるんだろうな。



テレビの前で応援するからね!

頑張れ!ゆづ!





☆会場内に展示してあった直筆メッセージ。

文字のひとつひとつさえ、

カワイク見えるから不思議(笑)




 




感動のひと時を過ごす機会を与えてくださった

ヨンジュン家族のS様。

ブログを通して心より、お礼申し上げます。



また、ヨンジュン家族の友人おふたり。

同行してくださってありがとう。

そこまでフィギュア通とは知りませんでした。



ふたりの名解説のおかげで、

現場で観るフィギュアスケート、

病み付きになりそうです。

また行こうね~!




                             

















2014/02/25 09:08
テーマ:羽生結弦 カテゴリ:日記(ひとりごと)

ゆづ、帰国。













成田は近いから、行ってるんじゃないの~?

・・・と、思われてる方、きっといますよね(笑)



迷いました。

大いに迷いました。



長女を駅まで送る時、

空港方面行の電車に乗っちゃおうかな?って。



それでも、今日は(今日も!)仕事だし、

洗濯物も干さなきゃ・・・なんて思ったら、

結局、電車には乗らず駅からUターン帰宅。



今、

テレビで帰国する様子が映し出されるのを

待っています。



『成田空港騒然!』

なんて言うテレビの予告テロップも

早朝から見ていたので、

はるか後ろの方から見てもなぁ~

なんて思っちゃって。

それも行くのをやめた理由です。



実際、お出迎えスタンバイ中の映像が映し出されると、

それほどの人数じゃないですね。



行けばよかった・・・。

でも、

人数が少ないだけにテレビに映っちゃいそうで。

やっぱり留まって良かったかな(笑)

ゆづは若いし、

これからお目にかかれるチャンスはきっとありますよね。



さて、どんな笑顔で成田に到着、登場してくれるのか!

楽しみ~~!



でも、たぶん私は出勤時刻になってしまって、

タイムリーでは観られそうにありません。

しっかり録画して、帰宅後の楽しみにして、

今日も1日お仕事頑張ってきます。



                                                                


<前 [1] ... [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]

TODAY 115
TOTAL 2893065
カレンダー

2020年9月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ブロコリblog