2010/10/19 11:50
テーマ:本音・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

どうしてなんだろう・・

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)























今朝早く・・


ヨン友さんからのメールに驚いた・・






12月のイベント時に・・

家族を招待して、彼が「フォトセッション」・・


マスコミの皆さんのように、彼の写真を撮り放題・・?!





これまた凄いことを考えたもんだ~~

・・と感心したその瞬間

私の目に飛び込んできたもの・・



それは、またしても・・

「DATV加入者」・・

そして、「アニソナDVD購入者」・・








はぁ・・・


また・・・ごく一部の家族の皆さん対象なんだね・・










私が彼に出逢った頃・・


どうして、私がこんなに彼のことを好きになったのか・・




私が彼に出逢った頃・・


彼が話してくれた言葉、ひとつひとつ・・


今でも全部覚えているのに・・








彼がなぜ・・


有料のファンクラブをつくらないのか・・







彼がなぜ・・


無料で自分の着ていた衣装などを展示していたのか・・








彼がなぜ・・









































Photo







私達、ファンのことを・・




「家族」と・・









そう呼んでくれるのか・・















































どうしちゃったの?






あなたのすることには、ちゃんと「理由」があると・・



いつでも、家族のことを想っていてくれるのだと・・



今でも信じているけれど・・







でも・・







でも・・















ヨンジュンさん・・






あなたの姿が見えなくなりそうで




何だか怖いよ・・













・・・・・・凄く・・こわい・・


























「素顔のペ・ヨンジュン」の頃のあなたや・・



家族に挨拶もできないと・・寂しそうにうつむくあなたや・・



満面の笑顔で私達全員に手を振ろうと・・



一人残らず、家族みんなの目を見たいと・・



優しく微笑むあなたを・・











そんなあなたを見てると・・





無性に泣けてくるよ・・
















どうしてなんだろう・・





















                                   

BGM♪~「Love」




2010/10/17 13:02
テーマ:ミニョンさん・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「ミニョンさん・・」・・

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)























なぜか私は・・


「イ・ミニョン」のことを語るとき・・

彼のことを




























Photo







「ミニョンさん」・・








そう呼んだことしかない・・






























カン・ジュンサンは・・「チュンサン・・」

シン・ドンヒョクも・・「ドンヒョク・・」


「ジェホ・・」「インス・・」「タムドク・・」「ヨソク・・」


みんな呼び捨て・・

「・・・さん」をつけたことはないのに・・。












どうして、いきなり・・こんなことを話しているのかと言えば・・

昨夜、私は・・娘と一緒に・・

東方神起のジェジュンが主演した映画

「天国への郵便配達人」を観たからです・・。





DVDを貸してくれたお友達の予言通り(?)・・

後半は、涙、なみだ・・の私でしたが(^^;)・・

この作品を観ながら、ふと・・

思い出したのは、3話のユジンの「走り書き」・・

いえ、天国にいるチュンサンへの「手紙」のことでした・・。































私があなたを見たのは夢だったのかしら・・































Photo










私は今でもたくさんのことを覚えているわ・・







































Photo











あなたが弾いてくれたピアノの音・・








































Photo











あなたと一緒に歩いた湖のほとりの夕焼け・・






































Photo









あなたが私の手を握ってくれたとき・・







口元に浮かんだ微笑も・・








































私はまだ・・覚えてる・・






































Photo












いつも祈ってた・・








































Photo











私の記憶の中で生きているあなたの笑顔を・・











































Photo











もう一度見せてほしいって・・












































Photo












初雪が私の願いを叶えてくれたのかしら・・










































あの日・・テハンノで降った初雪の中で


私だけが夢を見ていたんじゃないわよね・・?









































Photo









チュンサン・・









































あなたは今・・どこにいるの・・?


































Photo











どこにいるのか教えて・・








































この手紙が、もし・・・

ジェジュンの手によって、天国へと配達されたなら・・

どうなったかな・・?なんて想ったんです・・。




「ここには、カン・ジュンサンなんて人はいないよ」

そう言って、地上へと返送されてしまうのかな・・?とか・・。





そしたら、ユジンは、もっと早くに

ミニョンさんをチュンサンだと気づいてあげられたのかな?・・とか・・。













思えば、4話のミニョンさんは・・


































Photo











他のどの回にもないくらいに・・






















Photo







屈託なく明るい笑顔で笑ってる・・










何も知らずに・・


































私は、冬ソナに初めて出逢って・・

高校生のカン・ジュンサンに心惹かれ・・

彼の寂しそうな横顔や・・

抱きしめてあげたくなるような儚げな背中に・・

ストンと恋におちました。。

































Photo





ミニョンさんに出逢う前に、








私は、



18才のカン・ジュンサンに恋をしたんです・・




































でも、皆さんの中には・・

カン・ジュンサンではなく・・イ・ミニョンに「おちた」という方も

たくさん、いらっしゃいますよね^^






忘れもしない4話・・冒頭のマルシアンでの撮影で・・

ヨンジュンさんが、「うまく笑えない・・」と

あの「笑顔」に苦労していた姿を思い出します・・






























Photo






高校生チュンサンと・・



10年後のミニョンさんとの違いは・・






この「笑顔」だから・・と・・






























Photo








ミニョンさんの「笑顔」・・



























私も監督同様、とっても素敵だと思うのに・・

ヨンジュンさんは、なかなか納得できませんでしたよね・・





彼が、あそこまでこだわった「イ・ミニョンの笑顔」だったからこそ

冬ソナは、私の胸の中で永遠の物語になったのかもしれません。。






笑えないチュンサン・・

自然な笑顔のミニョンさん・・




この二人をこうも対称的に演じきれたのは・・

ヨンジュンさんしかいなかったんじゃないかとさえ今でも想います。。























今更ながら・・ですが・・^^;





















Photo













ミニョンさんって・・凄いっ!!^^


































4話のミニョンさんの表情を切り取ってみただけで

ここに載せきれないほどの、た~くさんの素敵なミニョンさんがいます。。



1話分なのに・・気がつくと何十枚ものフォトの中・・

「どれも素敵なのに~数枚だけなんて選べないよ~~~」

・・と叫んでいる私がいました^^;


































Photo












ミニョンさん大好きな皆さん・・







































Photo







ミニョンさんに「おちた」皆さん・・










ミニョンさんのことを、どうぞ話してください・・^^

















































普段、チュンサンのことばかり語っている私ですが(^^;)・・


「明るくて、よく笑い、いつも堂々と歩く」ミニョンさんがいたからこそ・・

私の目には・・

「いつも肩をすくめ、どこか危うい孤独な」チュンサンの姿が、

より愛しく映ったのかもなぁ・・と、やっぱり想いました。。












あの日・・


ユジンがテハンノでミニョンさんを見かけていなかったら・・


チェリンが放送室にミニョンさんを連れてこなかったら・・


二人は出逢うことはなかった・・?




何に対しても自信満々で・・


笑顔溢れるミニョンさんのまま・・


チュリンと結ばれていたのかな・・?





そして、ユジンは、そのまま・・


サンヒョクと幸せな結婚をしていたのかな・・?





「天国への郵便配達人」を観ながら


またまた私の心には「冬ソナワールド」が広がっていました・・^^;



































Photo








ミニョンさん・・







































あなたはまだ・・



ユジンの隣りで微笑むチュンサンの中に









































Photo







ちゃんと生きてるんだよね・・?


























                  

 BGM♪~「r.~Wedding Special Version」



2010/09/29 12:44
テーマ:イベント カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

どんな僕も愛してくれる君へ・・(追記)

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・^^;)





























ちょうど一年前の今日・・

私は、ヨン友さんたちと新幹線の中にいた・・。






大好きな彼に逢いにいくために・・

気分はハイテンション・・



あの時の「ドキドキ」した気持ちは・・

一年が過ぎた今でも、全く色褪せることはない・・。










東京駅のホームで待っていてくれた関東家族のお友達・・



彼女のガイドで・・

彼が二度も食べに行ったという「ラーメン屋」さんで

「ヨンジュンセット」を食べて・・

彼が出かけたおしゃれなコーヒーショップにも寄り・・

彼の縁の場所・・目黒「雅叙園」にも行った・・。





その後、やっと・・

東京ドームへと向かい・・

ドームホテルにチェックインしようと思ったけど

物凄い長蛇の列!!(驚っ)



そこでも何人かのヨン友さんに偶然ばったり!

だけど、のんびりお話する時間もないほどのハードスケジュールで~(^^;









急いで駆けつけた

ドーム近くのイタリアンのお店で一度目の「オフ会」・・^^




イベント終了後には・・

憧れの柿沼さんにお逢いして・・

ヨンジュンさんのいろんなお話を聞きながら

二度目の「オフ会」・・^^




夜遅く帰宅したホテルでも・・

残念ながら「オフ会」でご一緒できなかったヨン友さんたちに逢い

またまた「ヨンジュン談義」に大輪の花が咲いた・・






そして翌日、

白金「高矢禮」では・・

ランチをいただきながら三度目の「オフ会」・・^^






ああ・・・

あの二日間・・

私は、いったい何人の家族の皆さんにお逢いして・・

何度、「熱いハグ」を交わし・・

何回、感激の涙を流したことだろう・・。




たった二日間だったけど・・

私は、「彼に逢う」ということ以外にも、

たくさんの大切な人たちに再会できて、出逢えて・・

とっても密度の濃い時間を過ごすことができた・・。







あの時、お逢いできた皆様・・

お元気ですか・・?



幸せな貴重な時間をくださって・・

本当に・・本当にありがとうございました・・♪

































Photo



ヨンジュンさん・・




今頃、あなたは・・何をしてるのかな・・


































私と同じように・・

空を見上げて・・想ってくれてるかな・・



「ああ~、あの日から一年だな・・」


・・・って。。


































Photo





≪男は・・



自分を信じる者になら・・




命を捧げることができる・・≫





































去年の冬・・


あなたが私に教えてくれた「韓国の言葉」・・だったね・・



































Photo




「その言葉通り、



私は信じてくれる人のために



最善を尽くしたいと思うし、



それが当然だと思います」






























あなたの言葉を聞いて、胸がいっぱいになったのを

今でもはっきりと覚えています・・




「それが当然・・」

そう言い切るあなたは・・

その柔らかな微笑の先に・・

誰にも負けないほどの凛とした「強さ」、「優しさ」を

腕に抱えきれないくらい、たくさん持ってるんだね・・





あんなにつらかったあなたを最後まで奮い立たせたもの・・

それが、私たち「家族」だったのだとしたら・・

これからも私は・・






























Photo





時に、



しゃがみこむあなたの背中を、



優しくさすってあげられる・・



「小さな掌」になりたい・・




































何もかも、うまくいく時じゃなく・・


何もかも、うまくいかない時にこそ・・


あなたを包む「ぬくもり」になりたい・・































Photo





目には見えないあなたの傷跡を



そっとさすってあげられる・・



「優しい掌」になりたい・・






































忙しく暮らす日々に・・あなたが迷い込まないように・・

「思いやり」が無意味に思えないように・・

二度と・・なくしてから気づくことのないように・・

こんな私を愛してくれるあなたに「ありがとう」・・そう言い続けたい・・



どんな「ペ・ヨンジュン」も・・私は愛しているから・・ね・・^^



































Photo






「信じてもらうということは・・



私にとって常に正しく、



最善を尽くすための根源なのだと考えています」










































「私が、どんな仕事をしていても・・
  

  いつも信じてくださる家族の皆さんの愛があります・・


































Photo





  それは今日、



皆さんがポジャギを包んでくださったように・・
 


  私を包み込んでくれる愛です・・。




































  これからも、皆さんの家族として恥じないように・・
  

  BESTを尽くして、正しい道を生きていこうと思います・・


































Photo



  私は、今日から


新しい夢に向かって歩き出します・・


  その夢が・・


私を導いてくれるところまで・・


  また家族の皆さまと


お逢いできる日を楽しみにしています・・








































  いつも・・ありがとうございます・・。


  そして・・・  


































Photo







  ・・・・・あいしています。












































どんな僕も愛してくれる君へ・・



君に逢える日まで・・


あと・・76日・・





もう少し・・


もう少し・・待っていてほしい・・




必ず、君の元へ・・




大好きな君に逢いに行くから・・
















・・・・なんて、空を見上げて呟いてる?ヨンジュンさん・・

















































≪追記・・(10/3)≫




Photo



トップのフォト・・貼りかえてみました



モバイル会員の皆さんからの


「バースデー本」を読む


静かな横顔のヨンジュンさん・・



数日前のあなたに逢えて凄く嬉しい~















                        

BGM♪~「小さな掌」&「ハナヨBYJ」



2010/09/17 08:35
テーマ:想い カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

本当の気持ち・・

Photo

(BGMが重なる方は、タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)


























ペ・ヨンジュン・・



彼に出逢った瞬間から・・

私は今まで・・

どんなに多くの苦しみ、悲しみの暗闇から

この光の中へと・・

彼に救い出してもらっただろう・・







彼の微笑みを見つめていると・・

彼は神様からの贈り物・・

そう・・天使なんじゃないかと真剣に思うときがある・・































Photo



大好きな彼の背中には・・


実は真っ白な二枚の羽が隠されていて・・




彼自身も、その羽の存在に


気がついていないんじゃないかって・・
































そんなことをマジで話したら・・

子供たちにまた笑われそうだけど・・(^^;)


でも、そんなことを心から想わせてくれるペ・ヨンジュンは・・

本当に凄い男だと・・

かけがえのない人なんだと・・今更ながら・・強く、おもう・・。

































Photo








私は・・





彼に救われた・・













































そして、ふと想う・・











































Photo



じゃあ・・彼は・・






誰に・・


何に救われるんだろう・・?













































この二週間・・


実は私にも、いろんなことがありました・・





久しぶりにこの場所に来て・・


「あんなことを書こうかな・・」


「こんなことを書いてもいいかな・・」


「あんな話をしようかな・・」


「こんな話も・・」


ずっと、そう思っていたけれど・・


なんか・・それも全て吹っ飛んでしまったんです・・











昨日・・「日本公式」の「公知」を見つめ・・

一瞬、心が固まるのを感じました・・



「脱力感」・・







そして・・


昨夜は・・


いつもより長く、夜空を見上げる自分がいました・・






彼は今・・どんな気持ちでいるのかな・・


いつも通り・・「ポラリス」・・探してくれてるかな・・









彼の「本当の気持ち」・・



それは誰にもわからないけど・・


せめて彼が・・


自分の気持ちを正直に話すことができたら・・


それが叶うなら、どんなにいいだろうか・・








・・・なんて・・

自分勝手な独り言を、心で呟く夜でした。




この夜空の星の向こう側に・・


今夜も眠る・・大切な・・愛しい人を想いながら・・

































































Photo






ヨンジュンさん・・






ごめんね・・



















































なんだか・・無性に、あなたに言いたくなったよ・・


























































Photo





ミアネ・・





ヨンジュン・・































チョンマル・・































                                  

BGM♪~「雪の華」


2010/09/04 14:20
テーマ:アジアツアー カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

逢いたかった・・

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)

























私が彼のことを好きになってから・・


彼に関して・・「ヨンジュン家族」ではない人たちから

今まで、いろんな言葉を投げかけられてきました・・。




最初のうちは、

そのたびに、傷ついたり・・嫌な気持ちになったりしていましたが

今では、

「スルーする」ということも覚え(^^;)・・

ヨンジュンさんと家族の皆さんが理解していてくれるから、

それで十分だと思えるようにもなりました^^





それでも・・

やっぱり今でも嫌なこと・・

それは、彼の名前を呼び捨て(一文字)にされること・・。



そして・・

「彼と私たちとの関係をバカにされること」・・です・・。












昨日も、ちょっとした言い合いになってしまって・・^^;





ある話の流れで・・私が・・


「私は、やっぱり・・外見よりも中身が重要・・

中身がからっぽな人は好きになれない・・」



・・と言ったら




「中身なんて、わからないじゃん・・

ただの俳優とファンというだけなのに

相手が本当はどんな人間なのかなんて、わかるはずない・・


ただ、自分で、その人を美化して見ているだけだ・・」




・・・と反論されて。






たしかに言っていることは、正論で・・

「ただの俳優とファン」・・

普通の人が、そう捉えることも理解はできます・。。








だけど・・


「それは違う・・」

私の心が叫んでいました・・





その人に、再び言い返したかったけど・・

でも・・やめた・・




「言えなかった」のではなく・・

「言わなかった」のです・・












たしかに・・


ヨンジュンさんの本当の気持ちなんて・・

彼本人にしかわからないこと・・

彼が「何を本当は想っているのか」なんて・・

誰にもわからない・・

彼の心を覗ける人は、どこにもいないんだから・・。。








でも、私は想います・・

































自分を応援してくれる「ただのファン」を

「僕の家族」と呼び・・



その家族に・・思うように挨拶ができないからといって・・


















































Photo





「窓も開けられないし・・


挨拶もできない・・




・・・胸が痛みますね・・」















































「声もかけられない・・」












































Photo




「家族が家族らしくできないなんて・・」






苦笑いしながらも、


どこか寂しそうな青年。



そんな純粋な男性(俳優)は初めてでした。











































イベント会場を見て

「本当に大きい!」と感激しながらも



「中に入れない人は・・?」


まず・・家族を思いやる彼・・








「帰るしかないよ・・」


そう言われても・・








































Photo






「モニターを設置するとか・・」






なんとかならないか・・


どうにかしようと最善を尽くす彼・・










































結局・・「無理だな」と却下され

遠い目をする青年・・






































Photo









「ああ・・胸が痛いよ」












































この横顔が語るもの・・


私には、彼の「真実の姿」にしか見えません。








































Photo





「目を合わせたかったけど・・


皆さんの目が見えませんでした・・」






「もっと大きな会場にすれば良かった・・」















































いつ、どんなときも・・


彼が想うのは、家族の皆さんのこと・・。



































Photo





大きな仕事(イベント)を終えて




ほっとする気持ちよりも、まず、


「大切な皆さん」のことを気にかけ



ため息をつく青年・・








































こんな俳優が、今までにいたでしょうか・・

















去年の彼のお誕生日に

「アジアツアー2005」のDVDに出逢ってから・・


私は、彼との絆を確かめたくなるとき

まず・・この「アジアツアー」の彼に逢いに行きます。。








画面の向こう側の彼の声は

どこまでも優しく・・

果てなく澄んでいます・





そんな温かな彼の声に酔いしれながら・・

いつしか、私は笑顔に戻っていけるのです・・








































Photo




「いろんなときに幸せを感じます・・


おいしいものを食べたときや、


人と逢ったとき・・


人の温かさにふれたとき・・



応援してくれる


家族の方々にお逢いするとき・・








































Photo






一日一日を素直な気持ちで過ごし・・



些細なことでも学べれば幸せなのです・・






今日も一日、がんばったと思えます・・」










































Photo








「皆さんと出逢った喜びを・・




心に大切にしまっておきます・・


















































Photo




また、お逢いできる日まで・・


お元気で・・



これからも、一生懸命がんばります・・」














































そして・・


最後のナレーションで、



私の胸は、どうしようもなく熱くなる・・(涙)













≪人から愛されるとは・・

より多くの愛を与えねばならない・・



ペ・ヨンジュンにはできる・・



今回の滞在中・・

彼は、大事な家族たちの「心」をカメラに収めた・・


帰国してから、写真を見て思い出すだろう・・

彼が家族と分け合った「特別な幸せ」を・・≫





































ヨンジュンさん・・



私があなたの表情の中で


一番好きな顔・・



それは・・


家族の皆さんを見つめているときの眼差しです・・







































Photo






こんなに優しい顔のできる人・・










































Photo








こんなに切ない顔のできる人・・













































Photo





こんなに・・












































Photo









こんなに・・











































こんなに何もかも温かく包み込んでくれるような


表情のできる人は・・


どこにもいない・・








と、私は想うよ・・




























Photo



「家族の皆さんは、


温かい気持ちをくれます。





でも僕は・・




そんな家族の方々に・・


お返しができていない・・」
















































Photo








「まだ・・足りないんです・・」










































Photo





「料理を習い・・



レストランを開いて・・



家族の皆さんにもてなしながら、



話をしたい・・」















































「ただのファン」に・・


そこまで想いを寄せてくれる俳優・・



あなたしかいない・・



きっと・・どこにもいない・・








あなたのかわりには誰もなれないと・・


このDVDを見ながら、いつも想います・・









そして・・


私があなたに出逢って唯一、後悔していることがあるの・・





それは・・


「どうして、もっと早くに・・


私は、あなたに気づくことができなかったのか・・」



「どうして・・もっと早くに・・」












2005年・・8月・・


埼玉アリーナのペ・ヨンジュン




あなたに逢いたかった・・



































Photo






ピアノを見つけて






子供みたいに、はしゃぐあなたに・・







































Photo




最後の最後まで・・



名残惜しそうに手を振る



優しいあなたに・・













































逢いたかったなぁ・・






































Photo





こんなにかわいいあなたにも・・^^







「飴玉ヨンジュン」~~



何回見ても、か・わ・い・い・・・











































 
         

BGM♪~「アジアツアー2005」より~&「BYJピアノ」


<前 [1] ... [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84]

TODAY 145
TOTAL 1802438
カレンダー

2020年7月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブロコリblog