2010/10/31 18:36
テーマ:タムドク・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「44・・」

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・^^;)






















「44」・・


この数字にこんなにドキドキしてしまう自分が

何だか・・おかしくて・・。



そんな少女みたいな気持ちが

まだ、私の中にも残っていたんだ・・なんて・・ね。





「君に逢える日」まで・・


今日で、「あと44日」・・だね・・









今日のBGM「青春の影」・・


今から20数年前・・

まだリアルに青春してた頃(笑)・・

この曲をカセットテープ(その頃にはCDなんてなかったもんね)に入れて

私に贈ってくれた人がいた・・




その人の好きな音楽は・・

オフコースであり・・

チューリップであり・・

ビートルズだった・・




私は、その頃からミーハーで(^^;)・・

「トシちゃ~ん!」「マッチ~~!」だったから・・

彼に贈られた一本のテープに録音された

その曲の素晴らしさに気づくことができなかった・・




まだ・・

子供だったから・・

その頃の私は・・








だから・・冬ソナを初めて観た時に・・

チュンサンがユジンに

彼女が好きだと言ったからと・・

自分が弾く「初めて」を

カセットテープにいれてプレゼントするシーンで

実は私は・・

本当の「初恋の君」のことを思い出していた・・






若すぎて・・

子供みたいな恋だったけど・・

でも、今、振り返ってみても・・

とっても純粋で

どれだけ月日が過ぎても

決して忘れられない記憶・・






あの頃の「どきどきした気持ち」・・

その人の姿を見ただけで胸が高鳴る想い・・

そんな素直な「ときめき」は・・

もう感じられないと諦めていた・・


この年になって・・


もう二度と・・














でも・・

私は出逢ってしまったんだ・・









あの初恋の日から数十年の時を越えて・・


私に再び・・「ときめき」を運んできてくれた人・・



































Photo




その人の名は・・





ペ・ヨンジュン・・








































朝早くから自転車を漕いで・・

雨に降られながらも電車に乗って・・

ヨン友の車に乗せてもらい・・


それでも・・






































Photo






何度でも逢いにいきたい!と・・




心から想わせてくれる人・・












































久しぶりにスクリーンで逢えたタムドク・・




































Photo







その姿を見ただけで、




この胸をキュンとさせてくれる人・・














































彼が笑えば・・



































Photo










私も笑顔になれる・・










































彼が泣けば・・



































Photo








私の胸も痛くなる・・









































彼の声を聞いただけで・・
































Photo








不思議と心が落ち着いて・・









































彼の姿を見ただけで・・



































Photo









今でも、こんなにドキドキする・・









































そして・・「あと44日」・・


「44」の隣りで彼が笑っている・・


それだけで


私は今日も幸せだ・・









私の「初恋」は叶わなかったけれど・・


でも・・






























Photo










彼との恋は永遠に続く・・





































何の根拠もないけれど・・


でも・・


そう信じていられる私は・・



本当に幸せだ・・





































Photo







そう想わせてくれる人・・






ペ・ヨンジュン・・








































あなたがいるからだよ・・



























                                

BGM♪~「青春の影」



2010/10/19 11:50
テーマ:本音・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

どうしてなんだろう・・

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)























今朝早く・・


ヨン友さんからのメールに驚いた・・






12月のイベント時に・・

家族を招待して、彼が「フォトセッション」・・


マスコミの皆さんのように、彼の写真を撮り放題・・?!





これまた凄いことを考えたもんだ~~

・・と感心したその瞬間

私の目に飛び込んできたもの・・



それは、またしても・・

「DATV加入者」・・

そして、「アニソナDVD購入者」・・








はぁ・・・


また・・・ごく一部の家族の皆さん対象なんだね・・










私が彼に出逢った頃・・


どうして、私がこんなに彼のことを好きになったのか・・




私が彼に出逢った頃・・


彼が話してくれた言葉、ひとつひとつ・・


今でも全部覚えているのに・・








彼がなぜ・・


有料のファンクラブをつくらないのか・・







彼がなぜ・・


無料で自分の着ていた衣装などを展示していたのか・・








彼がなぜ・・









































Photo







私達、ファンのことを・・




「家族」と・・









そう呼んでくれるのか・・















































どうしちゃったの?






あなたのすることには、ちゃんと「理由」があると・・



いつでも、家族のことを想っていてくれるのだと・・



今でも信じているけれど・・







でも・・







でも・・















ヨンジュンさん・・






あなたの姿が見えなくなりそうで




何だか怖いよ・・













・・・・・・凄く・・こわい・・


























「素顔のペ・ヨンジュン」の頃のあなたや・・



家族に挨拶もできないと・・寂しそうにうつむくあなたや・・



満面の笑顔で私達全員に手を振ろうと・・



一人残らず、家族みんなの目を見たいと・・



優しく微笑むあなたを・・











そんなあなたを見てると・・





無性に泣けてくるよ・・
















どうしてなんだろう・・





















                                   

BGM♪~「Love」




2010/10/17 13:02
テーマ:ミニョンさん・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「ミニョンさん・・」・・

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)























なぜか私は・・


「イ・ミニョン」のことを語るとき・・

彼のことを




























Photo







「ミニョンさん」・・








そう呼んだことしかない・・






























カン・ジュンサンは・・「チュンサン・・」

シン・ドンヒョクも・・「ドンヒョク・・」


「ジェホ・・」「インス・・」「タムドク・・」「ヨソク・・」


みんな呼び捨て・・

「・・・さん」をつけたことはないのに・・。












どうして、いきなり・・こんなことを話しているのかと言えば・・

昨夜、私は・・娘と一緒に・・

東方神起のジェジュンが主演した映画

「天国への郵便配達人」を観たからです・・。





DVDを貸してくれたお友達の予言通り(?)・・

後半は、涙、なみだ・・の私でしたが(^^;)・・

この作品を観ながら、ふと・・

思い出したのは、3話のユジンの「走り書き」・・

いえ、天国にいるチュンサンへの「手紙」のことでした・・。































私があなたを見たのは夢だったのかしら・・































Photo










私は今でもたくさんのことを覚えているわ・・







































Photo











あなたが弾いてくれたピアノの音・・








































Photo











あなたと一緒に歩いた湖のほとりの夕焼け・・






































Photo









あなたが私の手を握ってくれたとき・・







口元に浮かんだ微笑も・・








































私はまだ・・覚えてる・・






































Photo












いつも祈ってた・・








































Photo











私の記憶の中で生きているあなたの笑顔を・・











































Photo











もう一度見せてほしいって・・












































Photo












初雪が私の願いを叶えてくれたのかしら・・










































あの日・・テハンノで降った初雪の中で


私だけが夢を見ていたんじゃないわよね・・?









































Photo









チュンサン・・









































あなたは今・・どこにいるの・・?


































Photo











どこにいるのか教えて・・








































この手紙が、もし・・・

ジェジュンの手によって、天国へと配達されたなら・・

どうなったかな・・?なんて想ったんです・・。




「ここには、カン・ジュンサンなんて人はいないよ」

そう言って、地上へと返送されてしまうのかな・・?とか・・。





そしたら、ユジンは、もっと早くに

ミニョンさんをチュンサンだと気づいてあげられたのかな?・・とか・・。













思えば、4話のミニョンさんは・・


































Photo











他のどの回にもないくらいに・・






















Photo







屈託なく明るい笑顔で笑ってる・・










何も知らずに・・


































私は、冬ソナに初めて出逢って・・

高校生のカン・ジュンサンに心惹かれ・・

彼の寂しそうな横顔や・・

抱きしめてあげたくなるような儚げな背中に・・

ストンと恋におちました。。

































Photo





ミニョンさんに出逢う前に、








私は、



18才のカン・ジュンサンに恋をしたんです・・




































でも、皆さんの中には・・

カン・ジュンサンではなく・・イ・ミニョンに「おちた」という方も

たくさん、いらっしゃいますよね^^






忘れもしない4話・・冒頭のマルシアンでの撮影で・・

ヨンジュンさんが、「うまく笑えない・・」と

あの「笑顔」に苦労していた姿を思い出します・・






























Photo






高校生チュンサンと・・



10年後のミニョンさんとの違いは・・






この「笑顔」だから・・と・・






























Photo








ミニョンさんの「笑顔」・・



























私も監督同様、とっても素敵だと思うのに・・

ヨンジュンさんは、なかなか納得できませんでしたよね・・





彼が、あそこまでこだわった「イ・ミニョンの笑顔」だったからこそ

冬ソナは、私の胸の中で永遠の物語になったのかもしれません。。






笑えないチュンサン・・

自然な笑顔のミニョンさん・・




この二人をこうも対称的に演じきれたのは・・

ヨンジュンさんしかいなかったんじゃないかとさえ今でも想います。。























今更ながら・・ですが・・^^;





















Photo













ミニョンさんって・・凄いっ!!^^


































4話のミニョンさんの表情を切り取ってみただけで

ここに載せきれないほどの、た~くさんの素敵なミニョンさんがいます。。



1話分なのに・・気がつくと何十枚ものフォトの中・・

「どれも素敵なのに~数枚だけなんて選べないよ~~~」

・・と叫んでいる私がいました^^;


































Photo












ミニョンさん大好きな皆さん・・







































Photo







ミニョンさんに「おちた」皆さん・・










ミニョンさんのことを、どうぞ話してください・・^^

















































普段、チュンサンのことばかり語っている私ですが(^^;)・・


「明るくて、よく笑い、いつも堂々と歩く」ミニョンさんがいたからこそ・・

私の目には・・

「いつも肩をすくめ、どこか危うい孤独な」チュンサンの姿が、

より愛しく映ったのかもなぁ・・と、やっぱり想いました。。












あの日・・


ユジンがテハンノでミニョンさんを見かけていなかったら・・


チェリンが放送室にミニョンさんを連れてこなかったら・・


二人は出逢うことはなかった・・?




何に対しても自信満々で・・


笑顔溢れるミニョンさんのまま・・


チュリンと結ばれていたのかな・・?





そして、ユジンは、そのまま・・


サンヒョクと幸せな結婚をしていたのかな・・?





「天国への郵便配達人」を観ながら


またまた私の心には「冬ソナワールド」が広がっていました・・^^;



































Photo








ミニョンさん・・







































あなたはまだ・・



ユジンの隣りで微笑むチュンサンの中に









































Photo







ちゃんと生きてるんだよね・・?


























                  

 BGM♪~「r.~Wedding Special Version」



[1]

TODAY 84
TOTAL 1507849
カレンダー

2010年10月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブロコリblog