2013/04/08 10:32
テーマ:ミニョンさん・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「イ・ミニョンです..」

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)





前回のお部屋に温かなコメントをくださった皆様~


本当にありがとうございました!!^^




お返事がまだなのに、申し訳ないのですが~(^_^.)


このMVだけアップさせてくださいね^^



のちほど、スマホからお返事させてね~(^○^)








パパが今日から連休なので、


病院に行ってる隙に、娘のPCから更新しています(苦笑~)




私は高校生チュンサン(眼鏡なしチュンサン)に恋にオチたけど・・


3話から登場するミニョンさんも決して忘れてはいません^^











大人な風格、優しさ、明るさを持つミニョンさんなのに



ユジンを好きだと自分で気づいてから



彼女を好きすぎて戸惑うミニョンさん&恋する可愛いミニョンさんも



だ~~~~い好きです(*^_^*)







なので、今回はミニョンさんオンリーのMVに挑戦してみました^^








「ミニョンさん大好き家族の皆様」にも


気に入ってもらえるといいのだけど~(汗・・)












≪BYJ~「イ・ミニョンです..」≫







2012/02/23 20:52
テーマ:ミニョンさん・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

氷の男・・


(BGMが重なる方は↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)










氷の男・・



イ・ミニョンの視線にゾクゾクします・・





「ユジナ・・」



この声に、心 射抜かれます・・













 こちらで、MVをご覧になる場合は・・

PC画面上部(アドレスの右隣)の・・「×」を一度クリックして

お部屋のBGMを消音にしてから観てくださいね^^




≪BYJ~射抜く・・≫











                           BGM♪~「冬ソナ2話」より・・


2011/07/17 19:12
テーマ:ミニョンさん・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

やっぱりミニョンさん~^^

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)

































≪BGM冒頭のミニョンさんの言葉・・≫









右足から動かすんですよ・・














右足・・


左足・・





右・・・



左・・・















こんな風に一歩一歩集めると・・・何になると思いますか・・
















時間です・・

















僕がサンヒョクさんを、うらやましく思うことがひとつだけあるんですが



なんだと思いますか・・

















・・・・時間です。






ユジンさんと一緒に過ごした・・・長い時間・・・



















一度に二歩は進めないじゃありませんか・・
















サンヒョクさんのこと・・・凄く心配でしょう・・?
















会いにいきたくありませんか・・?




































昨日・・


映画「ハリーポッターと死の秘宝PART2」を観に行きました^^




思えば、第一作目の「ハリーポッターと賢者の石」
が上映されたのは

今からちょうど、10年前のことなんですね~





映画の主人公ハリーたちと我が家の長女は

ほぼ同年代で、ハリーを演じたラドクリフくんとも一歳違い^^



そんなせいもあってか・・

「ハリーポッター」シリーズ8作・・

気がつくと全て娘たちと制覇してしまった我が家です・・(^^;






うちのパパは

「どこが面白いんだ~」と、いつもボヤきますが・・(笑)






あれから10年・・


時が過ぎ・・

どんどん大人になっていくハリーたちを観ていると・・

何だか、妙に・・親心か、感慨深いものが・・(シミジミ~)







今回のハリーが最終章なんですよね~?^^






ハリーが10年をかけて決断した最後の選択・・


ネタバレになるといけないので具体的にお話できないのが残念ですが

私は・・最後のハリーの決断が

突飛に聞こえるかもしれませんが

最終話のタムドクの姿に重なり・・


ジーンと胸にくるものがありました^^






次の世代へと・・


明日へとたしかに繋がる「未来」を感じることができましたし・・^^










とっても素晴らしい作品でした。。






















ところで・・








良い作品を観ると・・いつも想うのはヨンジュンさんのこと・・^^






私にとって「冬ソナ」は、何度繰り返し観ても


決して色褪せることはなく・・


作られた架空の世界でのお話なのに


今も、この胸の中に、イ・ミニョン・・


そして、カン・ジュンサンが、しっかりと生きています^^







5年前の6月・・

「冬ソナ」に出逢って・・


「真夏」と「真冬」・・

季節はずれな物語だったのに、そのひと夏・・

結局、私は「冬ソナ」に明け、「冬ソナ」に暮れました・・(^^;





そして、この5年間・・

「冬ソナ」の中に鏤められた「魔法の言葉」に

何度も勇気づけられ・・

救われ・・癒され・・

折れそうな心を支えてもらいました・・^^











7年後の冬季オリンピックに選ばれた平昌・・^^


このスキー場といえば、思い出すのは・・


私にとっては、チュンサンではなく、ミニョンさん・・です^^







イ・ミニョンだった彼は・・


このスキー場で、精一杯・・ユジンを愛し・・


彼女の幸せだけを、いつも祈ってた・・









時には、自分の想いに、静かに蓋をして・・


ユジンの笑顔のため一生懸命だったね・・
















そんなミニョンさんがいてくれたから・・







この9話のミニョンさん


いつも私の傍にいてくれたから


私は、自分の心に素直に・・


そして、想いのままに自分の足で歩くことができたのかもしれないなぁ・・








彼が、そっと手を引いてくれたから・・







「ケンチャナヨ・・」って・・







優しく・・包み込んでくれたから・・・





























じっとしててください、寒いから・・
















生きていると・・



いつも、分かれ道に立たされている気がします・・
















こっちの道に行くべきなのか・・・
















あっちの道に行くべきなのか・・・

















決断しなければなりません・・


















決めかねたら・・



引っ張られる方に行くのも悪くありません・・



















今みたいに・・


















                                     By イ・ミニョン
























そして、そして~~







ロシアンくん・・



センイル チュッカ ハmニダ・・・









僕たち・・



いつまでも、こうして・・手を繋いで歩いていこう・・







たとえ僕が・・











たとえ君が、いくつになっても・・






                                   




















                

BGM♪~「右足から・・」&「手を引かれる方に・・」


2010/10/17 13:02
テーマ:ミニョンさん・・ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「ミニョンさん・・」・・

Photo

(BGMが重なる方は、↑タイトルをポチとしてください・・騒がしくてすみません・・)























なぜか私は・・


「イ・ミニョン」のことを語るとき・・

彼のことを




























Photo







「ミニョンさん」・・








そう呼んだことしかない・・






























カン・ジュンサンは・・「チュンサン・・」

シン・ドンヒョクも・・「ドンヒョク・・」


「ジェホ・・」「インス・・」「タムドク・・」「ヨソク・・」


みんな呼び捨て・・

「・・・さん」をつけたことはないのに・・。












どうして、いきなり・・こんなことを話しているのかと言えば・・

昨夜、私は・・娘と一緒に・・

東方神起のジェジュンが主演した映画

「天国への郵便配達人」を観たからです・・。





DVDを貸してくれたお友達の予言通り(?)・・

後半は、涙、なみだ・・の私でしたが(^^;)・・

この作品を観ながら、ふと・・

思い出したのは、3話のユジンの「走り書き」・・

いえ、天国にいるチュンサンへの「手紙」のことでした・・。































私があなたを見たのは夢だったのかしら・・































Photo










私は今でもたくさんのことを覚えているわ・・







































Photo











あなたが弾いてくれたピアノの音・・








































Photo











あなたと一緒に歩いた湖のほとりの夕焼け・・






































Photo









あなたが私の手を握ってくれたとき・・







口元に浮かんだ微笑も・・








































私はまだ・・覚えてる・・






































Photo












いつも祈ってた・・








































Photo











私の記憶の中で生きているあなたの笑顔を・・











































Photo











もう一度見せてほしいって・・












































Photo












初雪が私の願いを叶えてくれたのかしら・・










































あの日・・テハンノで降った初雪の中で


私だけが夢を見ていたんじゃないわよね・・?









































Photo









チュンサン・・









































あなたは今・・どこにいるの・・?


































Photo











どこにいるのか教えて・・








































この手紙が、もし・・・

ジェジュンの手によって、天国へと配達されたなら・・

どうなったかな・・?なんて想ったんです・・。




「ここには、カン・ジュンサンなんて人はいないよ」

そう言って、地上へと返送されてしまうのかな・・?とか・・。





そしたら、ユジンは、もっと早くに

ミニョンさんをチュンサンだと気づいてあげられたのかな?・・とか・・。













思えば、4話のミニョンさんは・・


































Photo











他のどの回にもないくらいに・・






















Photo







屈託なく明るい笑顔で笑ってる・・










何も知らずに・・


































私は、冬ソナに初めて出逢って・・

高校生のカン・ジュンサンに心惹かれ・・

彼の寂しそうな横顔や・・

抱きしめてあげたくなるような儚げな背中に・・

ストンと恋におちました。。

































Photo





ミニョンさんに出逢う前に、








私は、



18才のカン・ジュンサンに恋をしたんです・・




































でも、皆さんの中には・・

カン・ジュンサンではなく・・イ・ミニョンに「おちた」という方も

たくさん、いらっしゃいますよね^^






忘れもしない4話・・冒頭のマルシアンでの撮影で・・

ヨンジュンさんが、「うまく笑えない・・」と

あの「笑顔」に苦労していた姿を思い出します・・






























Photo






高校生チュンサンと・・



10年後のミニョンさんとの違いは・・






この「笑顔」だから・・と・・






























Photo








ミニョンさんの「笑顔」・・



























私も監督同様、とっても素敵だと思うのに・・

ヨンジュンさんは、なかなか納得できませんでしたよね・・





彼が、あそこまでこだわった「イ・ミニョンの笑顔」だったからこそ

冬ソナは、私の胸の中で永遠の物語になったのかもしれません。。






笑えないチュンサン・・

自然な笑顔のミニョンさん・・




この二人をこうも対称的に演じきれたのは・・

ヨンジュンさんしかいなかったんじゃないかとさえ今でも想います。。























今更ながら・・ですが・・^^;





















Photo













ミニョンさんって・・凄いっ!!^^


































4話のミニョンさんの表情を切り取ってみただけで

ここに載せきれないほどの、た~くさんの素敵なミニョンさんがいます。。



1話分なのに・・気がつくと何十枚ものフォトの中・・

「どれも素敵なのに~数枚だけなんて選べないよ~~~」

・・と叫んでいる私がいました^^;


































Photo












ミニョンさん大好きな皆さん・・







































Photo







ミニョンさんに「おちた」皆さん・・










ミニョンさんのことを、どうぞ話してください・・^^

















































普段、チュンサンのことばかり語っている私ですが(^^;)・・


「明るくて、よく笑い、いつも堂々と歩く」ミニョンさんがいたからこそ・・

私の目には・・

「いつも肩をすくめ、どこか危うい孤独な」チュンサンの姿が、

より愛しく映ったのかもなぁ・・と、やっぱり想いました。。












あの日・・


ユジンがテハンノでミニョンさんを見かけていなかったら・・


チェリンが放送室にミニョンさんを連れてこなかったら・・


二人は出逢うことはなかった・・?




何に対しても自信満々で・・


笑顔溢れるミニョンさんのまま・・


チュリンと結ばれていたのかな・・?





そして、ユジンは、そのまま・・


サンヒョクと幸せな結婚をしていたのかな・・?





「天国への郵便配達人」を観ながら


またまた私の心には「冬ソナワールド」が広がっていました・・^^;



































Photo








ミニョンさん・・







































あなたはまだ・・



ユジンの隣りで微笑むチュンサンの中に









































Photo







ちゃんと生きてるんだよね・・?


























                  

 BGM♪~「r.~Wedding Special Version」



[1]

TODAY 41
TOTAL 1691946
カレンダー

2019年3月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブロコリblog