2010/08/13 08:41
テーマ:私はお前だ カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

日韓併合100年、管首相談話

Photo

 政府は10日の閣議で、韓国併合条約発効100年を迎えるのを機に、過去の植民地支配への反省や未来志向の日韓関係を築く決意などを柱とする菅直人首相談話を決定した。韓国が日本の植民地支配からの解放を祝う1……
≫続きを読む
≫このニュースに関連のあるブログ記事を探す

「植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに

改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明する」

としている。

そのうえで

「これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築する」
 
 
 
少し前の私だったら、こんな記事を目にしても、別段何も感じなかっただろうし、

何時までもしつこいなあ・・・・又今度は何?なんて思ったかもしれない。

たしか村山首相談話のときも、何のこっちゃ、
戦争の頃の事かな?としか気にし
てなかった。

それは単に私が無知すぎるだけではないだろう
 

イルグクさんが、「私はお前だ」を演じてなければ、

安重根という名前はすっかり忘れたままだったろうし、

安俊生という悲劇の息子のことも知らないままだったろう。
 

多くの日本人の方たちが、ソン・イルグクさんの舞台を観て感動したと聞く

しかし、その方たちの多くは、事前知識を自ら得て、

わざわざソウルまで行くほどのイルグクファンに限ってしまう。

それは、実にもったいない事だ

もっといろんな人に観てもらうべきだと思う。

日本がお隣の国に、何をしようと、何をしたのかを知る事が出来るじゃない。
 

当初、畏れた、日本や無関心な日本人を糾弾するものではなく、

事実だけを背景に、奇を衒うことも無く、誇大修飾もせず

演じ手のみによる舞台芸術を構築し、エンターテイメント性を持たせて、

そこに高いメッセージを孕ませてる様な作品かな。
 
韓国演劇は予算が少ないそうだから、日本が誘致してくんないかしら

(どうですか?ソフトバンクのソンさん?)

ようするに、私が観たいだけだね


年間いったいいくつの外国作品が日本公演を行ってる事だろう

その中には実に、取るに足らないものもある

今年の春に、国立オペラ劇場に、バレエオペラなるものを観にいった

視覚的には堪能できたけど、二幕は殆ど寝てた・・・

ずーっと以前、パルコ劇場の”空席埋め隊”(?)に何度か借出されたけど、
寝てた。



[コメント]


[トラックバック]

 
▼この記事のトラックバックURL
http://blog.brokore.com/daimon-wa/tbpingx/5125.do

▼この記事にコメントする
名 前:
パスワード: パスワードを入力 するとコメント削除が出来ます。
メール:
U R L :
タイトル:
コメント:


TODAY 172
TOTAL 2152007
カレンダー

2020年2月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロコリblog