2011/08/05 16:44
テーマ:徒然なる カテゴリ:趣味・特技(その他)

我を愛する歌 (啄木)

Photo

砂山の裾に横たわる流木に

あたりを見まわし

物言ひてみる







東海の小島の磯の白砂に

われ泣きぬれて

蟹とたはむる

詩人が歌ったその心を解釈しょうなんて邪道だと思っていたんですが、雑学程度には知っておくべきことも多々あるようで…
本音は思い込みや勘違いでもいいと思うんですけどね^^

例えば

「赤とんぼ」

  ♪~夕焼け小焼けの赤とんぼ 負われてみたのはいつの日か~♪

御多分に漏れず、daiwa流解釈は追いかっけこしながら見てたのかと思ってましたし^^; 
♪追われて見た~♪

上の「一握の砂」の有名な一首も、初めて詠んだ小6から高校生になるまでずっと、東海地方の白浜海岸を想像してましたが、実はそこは、函館大森海岸だと教えられた記憶があります。

それが最近読んだ本には、「東海の小島」そのものが「日本」をさしている、とも@@?
ずいぶん大きな話であるけど、異国人(呉英珍)の啄木研究家のこの弁、説得力ありました。

 誰そわれに  ピストルにても撃てよかし  伊藤のごとく死にて見せなむ

                     (1910年10月『創作』誌「九月の夜の不平」)

本棚の奥にあった啄木詩集(1983.2月29版)ではこの詩が、」同じ1910・10刊の「一握の砂・我を愛する歌」の中に収録されていました(???)
やっぱりこっちの編集のほうが変だし、信頼できないもの…vv


過去記事↓
http://blog.brokore.com/daimon-wa/tbpingx/5316.do



[コメント]

1.Re:我を愛する歌 (啄木)

2011/08/17 07:32 barbie

大和さん おはようございます
夏休みも残り2週間 がんばって下さいね
最近、何かと忙しく 啄木の詩も忘れかけていましたが確認させて
頂きました 人生 詩を読んだりクラシック鑑賞したり、薔薇に
囲まれたお庭でお茶(夏は無理)したりスローな人生送りたいです
避暑から戻り暑い東南部屋でまったり・・・

コメント削除

2.Re:我を愛する歌 (啄木)

2011/08/18 00:18 daiwa

barbieさんこんばんわ^^

避暑地に行かれてたんですか?
羨ましいですね~
我が家は今日から日曜まで久しぶりにi家族が全員そろいます^^
いつも誰かが居なくて、つくづく主婦って家の主なんだなあと…
最近また地震が増え始めた蒸し暑い東京でひたすらお留守番^^;
来月の”脱走”に向け我慢です^^v



[トラックバック]

 
▼この記事のトラックバックURL
http://blog.brokore.com/daimon-wa/tbpingx/5350.do

▼この記事にコメントする
名 前:
パスワード: パスワードを入力 するとコメント削除が出来ます。
メール:
U R L :
タイトル:
コメント:


TODAY 12
TOTAL 2238382
カレンダー

2020年10月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロコリblog