2010/06/30 19:16
テーマ:徒然なる カテゴリ:韓国俳優(パク・ヨンハ)

辛いですね

Photo

朝、Yhooブログのマイページで、お友達のブログ新着記事のタイトル見てビックリ!

最初は新作に対する彼女流コピーかと思いました

イルグクさん以外は、韓流に疎い私でも知っている俳優さんです

その方のブログの書き込みにもありましたが、大スター故の孤独・・とも 

韓国の俳優さん、一時期自殺相次ぎましたよね。その後、一般の人達の後追いも・・・

自ら命を断つなんて許せませんが、そうなっていく人たちにとっては、

もう他の選択肢が見えなくなっていくんですね、たぶん。

家族で末期がんの人が居たなら、尚更その命の尊さも身にしみてるはずだから・・・

周囲の人が、変化に気付いて救ってあげるしかない・・・・・

ベンさんたちのやり場のない悲しみ・・・

残された人たち・・・

さぞかし、つらいでしょう・・・
 


パク・ヨンハさんが自殺か 自宅で遺体を発見
2010.6.30 08:05  
韓国人俳優、パク・ヨンハさん(32)が30日、ソウル市内の自宅で遺体で見つかった。
聯合ニュースなどによると、同日午前5時半ごろ、パクさんが自宅の自室で携帯電話充電器のコードで首をつった状態で死亡しているのを、母親が見つけた。パクさんは、末期の胃がんを患っている父親の看病をしていたという。
パクさんは人気ドラマ「冬のソナタ」で主役のペ・ヨンジュンさんの恋敵を演じたほか歌手としても活躍し韓流スターの一人として日本国内でも人気を集めていた。


実は、私にも辛い記憶があります。
恋人の自殺・・・・克服するのには、十年近くの歳月を要しました
その間に親友(異性ですが)の自殺と祖父の自殺・・・・


2010/06/29 08:17
テーマ:徒然なる カテゴリ:日記(今日の出来事)

Happy MyBirthday

Photo
6月29日 = ムッ ちゃん ニク い  

古い友人はそういって覚えてくれました。むっちゃんは私の幼い頃の呼び名です。


(結構長く生きてきたもんだと・・・・)

ちょっと前までは余り嬉しくなかった誕生日

無駄に生きてきた焦りと、たいてい雨・・・

そして今日も雨

センチを通り越してドドーーーンでした

いったい何が辛かったのか・・・慟哭の二十代

変化の三十代

安寧が戻った四十代

最近、人生なかなか愉快だと知りました


今日はこれから髪を染め、睫毛エクステでもしましょうか


午後から仕事を抜けてくるという昨夜のメール


14年ぶりのデート?

あの頃はお腹に新しい命が宿ってました


直後、離れ離れになっちゃったっけ・・・

出会ってたった16年しか経ってないのに


髪もすっかり白く薄くなった紳士と、


貌も心もふっくら丸くなった淑女、


二人の目元、口元にはしっかりと幸福の八の字線

雨の日のテラスで、ランチデートもいい
 
ところで銀座辺りに屋根付きテラスってあったっけ?

ま、職場のアガシらにきいてくるでしょ・・・
 


2010/06/28 17:26
テーマ:私はお前だ カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

私は君だ

Photo
 ↑ 渋くなったその後のヒョンシクのようです。かっこいい・・・・

人生画報」がいっこうに届かないので、

月ぎめは順番無視にして、あとはR社のスポットレンタルにしたら
人生画報、34,42、44、45、46、51、52
朱蒙メイキング、1,2,3,4、
ホジュン、1,2,5,6
 
余りにも順番ばらばら・・・
13枚は10日以内に返さないと延滞になるし、
うっかりしちゃった・・・
 
下手すると24枚同時に届くところだった
人生画報これが限界のよう
ホジュンもなんで? 3,4 飛んでんだろ?
 
 
8月8日の団体観劇ほんっとにうらやましいです!
ファン優先席だって・・・
合間にお時間も取ってもらえるそうだし
あああああ~んっ!うらやましいぞーーーっ!!
でも、前日の夜の部も観劇する人も多くいるようで。。。。。。。。

言葉が通じなくても、お芝居は表現の世界だから伝わりやすいかも
イルグクさん筆頭に
イル友さんまでみんな人見知りだそうで・・・!?(笑)
でも、イルグクさんの「素敵」が解る者同士だから、
きっと良い旅になるんでしょう
私はファンサイトを覗きながら、
帰国後の報告を楽しみに待つ身かしら・・・

核家族で、子供がまだ小さく、
母である私は自分の家族を置いては行ず・・・・・
もっとも、私、まだ諦めたわけじゃありませんが・・・
一人でも!日帰りでも!何としてでも!どうしても
(ファンサイトで作ったカンタTシャツ着て・・・)
行こうとしてますけど

『宮』みたいにミュージカル観劇ツアーがあればな~
家族全員で行けたのに、安くて安全安心ツアー
チケット滞在費込み、2泊3日=8万円前後からだって!
単独だと交通費だけでもそのくらいになっちゃうのに・・・
極端な人見知りのクセに怖いもの知らずみたいで・・・
本気になれば何とかなる! 
といっても、当日券ってあるのかな・・・・?
 
それと、もう一つの不安
お芝居本来の趣旨がいまいち良く見えてきません
というか、サッパリ解からなくなってきました・・・
ジュングン?ジュンセン?感情論?人生論?世界史?同族史?
親日?反日?日韓併合?独立運動?南北戦争? 
敵は日本 ?北 ? ソ連 ?
 
↑こんなこといってる訳じゃないんだよね
警戒しながら観る物じゃないよね
日本人にとっては、
それ如何によって、観る心構えが違ってきますし・・・
 
公演紹介文より

「生きる為に死のう」・・・独立運動家・安重根の死去から100年 いつの時代でも、ヒーローは偉業成し遂げ壮烈な死を遂げる。
その業績は後になるほど光り輝き、人々に一層尊敬の念を
抱かせる。
だが、そのヒーローの偉業の為に、屈辱と苦痛の中で悲惨な人生を生きねばならなかった誰かの悲しみと苦悩は、誰の記憶にも残らない。
ヒーローである以前に「人間」だった安重根(アン・ジュングン)と、人間である以前に「売国奴」の烙印を押された息子・安俊生(アン・ジュンセン)を描きながら、「私は誰なのか」「何処に向かっているのか」を問いかける。


2010/06/28 15:57
テーマ:私はお前だ カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

 しぶい!

Photo
↑ しぶい!かっこいい!!その後のヒョンシクの様です


8月8日の団体観劇ほんっとにうらやましいです!

ファン優先席だって・・・

合間にお時間も取ってもらえるそうだし

あああああ~んっ!うらやましいぞーーーっ!!

でも、前日の夜の部も観劇する人も多くいるようです。

言葉が通じなくても、お芝居は表現の世界だから伝わりやすいかも

イルグクさん筆頭にイル友さんまでみんな人見知りだそうで・・・!?(笑)

でも、イルグクさんの「素敵」が解る者同士だから、きっと良い旅になるんでしょう

私はファンサイトを覗きながら、帰国後の報告を楽しみに待つ身かしら・・・

核家族で、子供がまだ小さい、母である私は自分の家族を置いては行けず・・・・・

もっとも、私、まだ諦めたわけじゃありませんが・・・

一人でも!日帰りでも!何としてでも!

ファンサイトで作ったカンタ(神と呼ばれて男)Tシャツ着て・・・

行こうとしてます

『宮』みたいにミュージカル観劇ツアーがあればな~

家族全員で行けたのに、安くて安全安心ツアー

チケット滞在費込み8万円前後からだって!

単独だと交通費だけでもそのくらいになっちゃうのに・・・



極端な人見知りのクセに怖いもの知らずみたいで・・・

本気になれば何とかなる!

といっても、当日券ってあるのかな・・・・?



2010/06/28 12:40
テーマ:徒然なる カテゴリ:日記(ひとりごと)

PC禁断症状?

Photo

PCが余りにも鈍く、直ぐ固まってしまったり、突然消えたり・・・

データーの保存やバックアップするまで触んない方が良いかと思っ

たんだけど、何時になることやらで・・・

PCに触ってもストレスが溜まるんだけど、一週間離れてたら、

いよいよ禁断症状が・・・

直すより新しいのが欲しい・・・・だけど、家族の反対がーーー

13年物のブラウン管TV!こっちは全然ビクともしてません

ひかりTVのチューナー繋げてるから時代にもついっていけるし・・・

レンタルDVDがVHSにもダビィング出来ちゃうし、

古いのでおバカさん。信号が読み取れないらしい(笑)
 
イメージ 1
 
PCをはじめてから、家計簿も日記も書いてないので、

ここで一週間分のまとめ
 

6・21(月)  小学校の保護者茶話会  
        
於 ; 「梅の花」 会費 3200-
      
薄味で美味しかったですがやわらかいものばっかでした。
      
お客様の年齢が高いのもこれで納得           
 

6・22(火)  中学校運動会   
        
於 ;  東京体育館
    
12歳~18歳の女子中高生
    
私にはみんな似たり寄ったりの、AKB 1000人に見えます
 

6・23(水)  息子の個別面談 
      
 どうしたものかこの成績!先生ともども笑うしかない!
 

6・24(木)   ハングル教室   
       
今はこれが一週間の楽しみです。今のところまだ楽しい
       
十二指腸潰瘍ピロリ菌除去後の内視鏡検査結果と検診    
              
     
キレイに治ってるそうです
    
おかげで(?)でおぶちゃんになってきてます・・・どうしよ
       
癌リスクが無くなったわけではないので

今後も内視鏡検査をと・・ゲッ・・
 

6・25(金)  PTA教養委員会  
        
講演会講師は茂木さんか乙武さんで進めるよう・・・・
 

6・26(土)  中学校の保護者茶話会  

会費 1650ー 
場所と名前と地図を記したお手紙忘れ、
        
ウロウロ・・・誰かいないかな~
麹町駅一分日テレビル隣B1F・・・・
        
何とかなるだろうと思ったが、???
                     

6・27(日) 絶対填め無いだろう指輪二つリフォームに出しました。
       
合計カラット約0・7Ct位かな? サイズ直すよりかネックレスに。


2010/06/20 21:56
テーマ:ソン・イルグク カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

偶像崇拝

Photo

正直いって

いい大人がヨンジュンさんに嵌まっていくのが全く理解できなかっんです。

5,6年前、ごくごく普通のママ友たちが次々と・・・・

いいから見てみて・・・と、皆からDVDを渡され・・・

何故私に? ・・・ 

でも、やっと解ったこと

周囲の人は、私自身より私のコト知ってたんですね~


こんなにも、触れることさえ出来ない、
生で見ることさえ儘ならぬ人に入揚げるなんて・・・


ヨンジュンさんではなかったことに友人は少し不満そうですが、
段々引いてきてるらしい昨今、
韓流のヨサに気が付いてくれただけでも嬉しいわ、と、
いろいろ誘ってくれます。


よくよく考えてみたら、

ここまで熱くはなってなかったと思ってたけど

少年隊のヒガシくんのファンだった頃、
彼のお母様の美容院に毎月通ってました(渋谷にあったころ)

独立したと聞いた二日後から!


松井秀喜くんも大好きで
甲子園で、何もないヒーローとして有名になる2年前から応援してました。

それが縁で夫と出会い結婚した様なもの・・・


4年前斉藤祐樹くんにも萌ました

その為、当時5歳の息子をWJ小に入れる為、お受験の世界に=3!!


そんな自分に今更気が付きました


       ちょっとアブナイかも・・・・

 


2010/06/20 17:18
テーマ:創作・小説 カテゴリ:趣味・特技(その他)

ゆきずり

Photo

              
イメージ 1
 
 
孤独とは
 
幻を求めて
 
満たされない
 
渇きのことである
 
阿部公房「砂の女」より


2010/06/18 14:32
テーマ:私はお前だ カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

日韓100年「安重根」考

Photo

アン・ジュングン考其の3です。いろんな所からあつめて纏めてみました

日韓に於いて、安重根と伊藤博文に対する評価は正反対す。


日本に於いては、
伊藤博文は日本の立憲政治確立の功労者であり、
安重根はその伊藤氏を暗殺したテロリストと言う認識でしょう


一方、韓国において、
伊藤博文は韓国侵略の元凶であり、
安重根義士は、豊臣秀吉の朝鮮出兵に際して日本軍を打ち破った
李舜臣将軍と並ぶ二大英傑とさえ言われています。
(そういえば”不滅のイ・スンシン”途中だった・・・これ企画当初イルグクさんがキャスティングされてたんだよね)

歴史認識の難しさを象徴する典型的なケースであり、
冷静な目による歴史的事実の究明が必要だろうと思います。


「伊藤博文は日韓併合に反対してた。(併合後の投資金額が膨大であるとの理由によって)伊藤博文が暗殺されたことにより、結果として併合が早まった、もしくは可能になった」  と多く聞かれます。

しかし、暗殺の実行された日よりも3ケ月も前に、
「日韓併合」は閣議決定され、既成事実として進められていたのです


安重根・アン・ジュングン義士が伊藤博文を殺害した理由として次の
「15の罪を」抜粋してきました。

     
1.  韓国のミン皇后を殺害した罪です。
     
2.  韓国皇帝を廃位させた罪です。
     
3.  5条約と7条約を強制的に結んだ罪です。
     
4.  罪のない韓国人たちを虐殺した罪です。
     
5.  政権を強制的に奪った罪です。
     
6.  鉄道,鉱山,山林を強制的に奪った罪です。
     
7.  第一銀行券紙幣を強制的に使った罪です。
     
8.  軍隊を解散させた罪です。
     
9.  教育を邪魔した罪です。
     
10.  韓国人たちの外国留学を禁止した罪です。
     
11.  教科書を押収して燃やしてしまった罪です。
     
12.  韓国人が日本人の保護を受けようと思うと世界に
   嘘をまき散らした罪です。
     
13.  韓国と日本の間で競争が休みなく殺戮が絶えないに,      
   泰平無事なように天皇を欺いた罪です。
     
14.  東洋平和を破った罪です。
     
15.  日本天皇陛下の父である太皇帝を殺した罪です



安重根は極めて正義感に富んだ高潔な人物であり、また、
韓国のみならず東洋の平和を希求していたとされています。

事件後、逮捕されて旅順監獄に収監されましたが、
その姿は日本人の検察官や判事、看守にまで深い感銘を与えました。

一方、こちらは明治維新、初代の総理大臣が松下村塾の塾生だった長州の
伊藤博文。

列強の圧迫の中、世界に学んで日本の自立を成し遂げ、
列強との国力の
差もよく理解している。

日本の自立・安定、東洋の平和のためにこそ、周辺国の自
立が必要。

だから朝鮮半島は清国の影響下の従属国であってはならないと考えた。

朝鮮半島が清国の物であってもならないし、ロシアの物になってもいけない。


今やってる、NHK大河ドラマの影響もあり
日本の幕末・国民国家とし
て自立の道を目指す日本の当時の志士たちと、アン・ジュングンが重なって見えます。
韓国での英雄視、無理ないな~と。


先に近代化を成し遂げた日本が、親切心から、自立、近代化を進める為にと、韓国
のためにやったアレコレも、親子の関係みたいに見えます。

子どもは年頃になれば
、親の心配や思いやりは鬱陶しい干渉に思いますし、
失敗してもいいから自分
でやってみたいと思うものです。

伊藤博文の立場がなんだか子ども思いの過保護な
親のようにもみえて、反発、されるよな~と、
思ってしまいます。


2010/06/18 08:29
テーマ:創作・小説 カテゴリ:趣味・特技(その他)

一万の夜を越え~流連~

Photo
いつもあとからやってくるのね。」

彼女が初めて(の様な気がした)僕に声をかけてきた。

レイちゃんが席を立ち、その後ろから覗き込むようににっこり微笑んで、
”コンニチハ”といった風な会釈をして、今空いた席を促した。

                 <Ⅲ>

「これで久しぶりに面白くなりそうだ。なっ!好みだろ?
 あ・・エツコちゃんもユリちゃんもスッごく可愛いんだけど、
でもね、
 津川君とヨシオカヨシオは女に関しちゃライバルなんだよねえ・・・
 わかるんだなあ、
これが!」

得意気にマスターが言うと、
 
「やけに楽しそうだねマスター。
 だけど、悪いけどもうそんな遊び止めたよ。
 これからは真面目に女の子と付き合うことにしたんだから。
 頼むからチョッカイ出さないでくれよな。」

と、津川君が言った。
 
それは俺の台詞だ!と言いそうになり、慌てて言葉を呑み込んだ。

危うく皆の思惑に填りそうだった。

俳優を目指す彼には、恋のゲームも修行か何かだと考えていた。
 
「おっ、始まったよ、それも殺し文句だね。」

「マスター独りで盛り上げってるだけじゃない
の。 だいたいねぇ、
 ナゴムには誠実な彼氏がちゃんといるんだからね。」

レイちゃんがそう言うと、彼女の顔が少し翳ったように
見えた。
 
「そりゃあこんだけ可愛いんだから彼氏の一人や二人いるでしょう。
 そんなこと関係ないじゃん、楽しければいいんだよ!」

「この店は安くて気楽だから来てるんで、あなたたちがいつも
 遊んでる女達と一緒に しないで欲しいものだわ。
 ナゴムが変な事に巻き込まれたりしたら、彼に責められんの
 私なんだからね!」

「それは、ナゴムちゃんと彼氏との問題であって、レイちゃんには
 関係ないことだよ 。」
「こんないい加減なところに連れて来た事が、私にも責任が
 あるって言ってんのよ!」

マスターとレイちゃんの言い争いが始まった。

何時もの事なのか、アツシだけがオロオロしながら取り持とうとしていたが、皆、面白がって聞いていた。

何かと何時も仲裁役の順一郎君も相手にせず、
口論の原因である彼女さえ、
口を挟もうともせず、ついには、
パーティーゲームを始めていた。
 
「なんで貴方はそーなわけ!」
ドンとグラスをテーブルに叩き付けるように置くと、レイちゃんが、
店から走り出ていった。
直ぐにマスターも謝りながら追いかけて行く・・・

一瞬は呆気に取られていたが、主のいない店で、勝手に飲んで遊ぶのは、僕等には別段珍しい事ではなかった。

彼女にとっても、友人のその行動は珍しいことではないらしく、
「あらま、」と言っただけで、再びゲームに戻り陽気に燥いでいた。

三十分ほどしてから電話が鳴った。
マスターからだ。

仲直りしたらしく、近くの小料理屋「いがぐり」にいるから、
店を閉めて皆で来いという事だったが、僕等は其の儘ゲームを続け、
切りのいいところでお開きとした。

この店のアッシーでもある19歳のアツシが、女の子たちを車で送って行ったが、彼女は、レイちゃんのバックを届けに行くと言うので、僕とヤツモト君も一緒に、
<いがぐり>に行く事にした。

                                  つづく


2010/06/17 21:23
テーマ:私はお前だ カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

8月8日団体観劇ありますよ~

Photo

                   ( 詳しいことは是非ファンサークルを除いてみては・・・・・)


イルグクさんより大事なコト忘れてた・・・?

まだ、私を何より誰より必要とする9歳の息子がいることを

みんなにこそっと付いてくつもりだったけど、8日は無理かなあ・・・・

夫も使えないしで・・・・

12日からなら夏合宿で3日間父子いなくて自由だと思ってたど・・・・

そしたら今度は娘が一人になる

娘も一緒に連れて行くか・・・・

旧盆は航空券が高そう!

どうしたもんかなあ

今まで、韓国一人旅(日本からも出たことないくせに・・・)

か、団体のお世話になろうか・・・で迷ってたんだけど

それ以前の問題があった
 
実は、私は相当な人見知り

親しくなるのには2,3年かかる・・・・

素面では全くしゃべれないんです。

団体はきついかなあ・・・・とは考えてたんだけど・・・・
 
絶対諦められないよ~~!! 


パソコン直ったかも~~~アップできるかなァ?
                                  ポチ。。。


2010/06/17 15:41
テーマ:創作・小説 カテゴリ:趣味・特技(その他)

一万の夜を越え~流連~

Photo

   <Ⅲ>


「いつもあとからやってくるのね。」

彼女が初めて(の様な気がした)僕に声をかけてきた。

レイちゃんが席を立ち、その後ろから覗き込むようににっこり微笑んで、

”コンニチハ”といった風な会釈をして、今空いた席を促した。


「これで久しぶりに面白くなりそうだ。なっ!好みだろ?
 あ・・エツコちゃんもユリちゃんもスッごく可愛いんだけど、でもね、
 津川君とヨシオカは女に関しちゃライバルなんだよねえ・・・わかるんだなあ、
 これが!」

得意気にマスターが言うと、

「やけに楽しそうだねマスター。だけど、悪いけどもうそんな遊び止めたよ。
 これからは真面目に女の子と付き合うことにしたんだから。頼むからチョッカイ
 出さないでくれよな。」

と、津川君が言った。

それは俺の台詞だ!と言いそうになり、慌てて言葉を呑み込んだ。危うく皆の思惑に填りそうだった。

俳優を目指す彼には、恋のゲームも修行かなんかと考えていた。


「おっ、始まったよ、それも殺し文句だね。」

「マスター独りで盛り上がってるだけじゃないの。
 だいたいねぇナゴムには誠実な彼氏がちゃんといるんだからね。」

レイちゃんがそう言うと、

気のせいか彼女の顔が少し翳ったように見えた。


「そりゃあこんだけ可愛いんだから彼氏の一人や二人いるでしょう。
 そんなこと関係ないじゃん、楽しければいいんだよ!」

「この店は安くて気楽だから来てるんで、あなたたちがいつも遊んでる女達と
 一緒にしないで欲しいものだわ。
 ナゴムが変な事に巻き込まれたりしたら、彼に責められんの私なんだからね!」

「それは、ナゴムちゃんと彼氏との問題であって、レイちゃんには関係ない
 ことだよ。」

「こんないい加減なところに連れて来た事が、私にも責任があるって言ってん
 のよ!」

マスターとレイちゃんの言い争いが始まった。


何時もの事なのか、アツシだけがオロオロしながら取り持とうとしていたが、
皆、面白がって聞いていた。

何かと何時も仲裁役の順一郎君も相手にせず、口論の原因である彼女さえ、
口を挟もうともせず、ついには、パーティーゲームを始めていた。


「なんで貴方はそーなわけ!」

と、ドンとグラスをテーブルに叩き付けるように置くと、
レイちゃんが、店から走り出ていった。
直ぐにマスターも謝りながら追いかけて行った。


一瞬は呆気に取られていたが、主のいない店で、勝手に飲んで遊ぶのは、
僕等には別段珍しい事ではなかった。

彼女にとっても、友人のその行動は珍しいことではないらしく、
「あらま、」と言っただけで、再びゲームに戻り陽気に燥いでいた。


三十分ほどしてから電話が鳴った。
マスターからだ。

仲直りしたらしく、近くの小料理屋「いがぐり」にいるから、
店を閉めて皆で来いという事だったが、僕等は其の儘ゲームを続け、切りのいいところでお開きとした。

この店のアッシーでもある19歳のアツシが女の子たちを送って行ったが、
彼女は、レイちゃんのバックを届けに行くと言うので、僕とヤツモト君も
一緒に、<いがぐり>に行く事にした。


2010/06/16 11:13
テーマ:私はお前だ カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

"私はお前だ”

Photo
安重根(アン・ジュングン) について

アン・ジュングン
は現在の北朝鮮・ヘジュ(海州)に生まれ、生家は両班(ヤンバン)

という知識階級で、17歳でキリスト教に入信。

「弱肉強食の時代」・半島を脅かす重大な脅威を認識していた。

それゆえ、1904年の日露戦争での日本の勝利には「何と痛快!」と感激している。

アン・ジュングン、15才である。

  
せっかく、そんな良い(?)テーマのお芝居を、ソウルまで観にいくつもりなら、

きちんと勉強してからが良いよ・・・という、

ハングル教室の先生の助言を受けて、
私なりに調べ始めました。
  
まず本を探す為に、ネット情報から・・・・

もう此処でその衝撃につまずきます

日本人には重過ぎるかな・・・なんてもんじゃありません!

うっかり2チャンネルに入ってしまったこともあり、
真実は解りませんが、

(日本では確かめようが無いかも・・・・)

伊藤博文に関する書き込みは、余りにも酷いものでた。

私が知らなさ過ぎるのでしょうか?

真実の有無に関らず、すぐに削除されるっでしょうし、

当然ここでもその内容は書けまんが ・・・・・・ 

所詮2チャンネルネタです。。。。
                  
ただ以前、新紙幣が出来た時に、ニュース番組で意味深な発言だな~と

感じた事がありました

偽札対策と思ってたのに、誰か忘れましたがその方は、

「いつまでもお札にはしとけない人物だから・・・」
と、言ってたのを憶えてます。


2010/06/16 07:34
テーマ:創作・小説 カテゴリ:趣味・特技(その他)

一万の夜を越え~流連~

Photo

<Ⅱ>
 彼女とは一ヶ月ほど前、わざわざ迎えの車まで寄越し
絶対好みの娘が来てるからと言われて、呼び出された合コンで
初めてあった。


その居酒屋<紫雲>は、
駅から右手にまっすぐ伸びる富士見通りを、

十五分程歩いた場所にあり、しかも、深夜にも拘らず込んでいた。 
この街は都下の高級住宅街という触れ込みだが、
学生街でもあり、夜遅くまでも人が行き交っている。
 
その時は、もう既に出来上ってしまっている酒宴に入り込めず
早々に帰った。
 
 彼女とは帰り間際に、軽く挨拶した程度だったとおもう。
それ程好みじゃないという事もあったが
誘い出しの口実を真に受けて、
夜中にノコノコ出向いていく、自分の愚かさに、情けなく、
腹が立っていた。
 
それから、二日後の土曜日の夜、又誘いの電話。
ジャムマスターからだった。

カフェ<じゃむ>は、
駅から左側に伸びる旭通りを少し行った所にあった。


「最近冷たいじゃないか。ちっとも顔出さないしさあ・・・」
「ゲンバ工事がめちゃくちゃ忙しくってね、それに、
遊んでられる身分じゃないヨ、稼がなきゃなんないしね」

僕は、少し前に流行ったポーカーゲームで作った借金の為、
八王子の住宅開発の現場でアルバイトをしていた。

「水臭い事いうなあ。飲み代なら気にしないでよ。借金なら地道に
払ってれば無くなるさ。なっ!来いよ!
明日は休みなんだろう?
一昨日<紫雲>に行ったろ?
レイちゃんが、その女の子達連れて来てて、もりあがってっぜ!
アッシーが今そっちに迎えに行ったからさ、待ってるよ~」
 
 暫くは、こういった仲間達とは距離を置こうと思っていた。
が、きっぱりと断れる意志の強さは僕には無かった。

ありとあらゆる誘惑に弱く、
この先、何年か何十年かの人生に於いて、
自分自身の軟弱さに振り回されながら、生きていくのだろう・・・

 
この時の彼女は、<紫雲>で会った時とはまるで別人の様だった。
美人で華やかなレイちゃんの横に並んでも決して引けを取らず、
  
------というより、相乗効果というか、
     他にもいた女の子たちは全く憶えてないが、
     小さなカフェスナック全体を
     二人で華やかなものにしていた------

周りの男たちに笑顔を振り撒いていた。


一昨日の、深夜の居酒屋には余程似つかわしくにない、
垢抜けないボーッっとした小娘と同一人物だと言われても、
俄には信じ難く、からかわれてると思ったくらいだった。

もっとも、漠然とした印象だけで、顔まで憶えていなかったが。
ポニーテールだったか、おさげ髪に度の強そうな眼鏡をかけ、
セーターとデニムのオーバーオールを着ていた。

そうだ”アラレちゃん”だ
 そんな全体像を思い出し何だか愉快な気分になっていた。
今にして思えば、美人ぶった今の姿より、あの時のほうが、
ずっとチャーミングだったかもしれない。


「ツガワが今彼女を狙ってるんだよ」
とアルバイトのヤツモト君が言った。
「誰を」
「何だよ、決まってんじゃん、あの中の狙い目と言えばさ、
レイちゃんは、マスターがあの通り、仕事もせずもう夢中なんだから」

聞かなくとも、一目瞭然の光景だが、彼女に気を奪われていた事を
覚られない為に、つい出た言葉だった。

「おーい、ヨシオカヨシオ!こっち来いよ!何でそんなとこで一人で飲んでんだ?ヤツモト君もこっち来てていいよ。」
マスターが奥のボックスの方から叫んだ
 
今までなら、直ぐに女の子の取り合い合戦に参加していたが、
僕は、彼女にとって、”その他大勢の中の一人 ”になるのが嫌で、敢えて、入口付近のカウンター席に座っていた。

 
ここは、店にやってくる女性客を、マスターが目星を付け、
独特の人なつっこさで引き止めて常連にさせる。

そして、ここに集って来る男達は、その女の子を落とせるかどうか、
又は、誰が落とすかに賭ける・・・
それは、この店のお決まりのゲームの様になっていた。

僕が彼女に関心を持ったかどうかなんて、
彼らには殊更問題ではなく、誰かが名乗り出たからには、
他にも候補がいた方がより、ゲームは楽しくなるというわけだ。


「いつもあとからやってくるのね。」
彼女が初めて(の様な気がした)僕に声をかけてきた。
レイちゃんが席を立ち、
その後ろから覗き込むようににっこり微笑んで、
”コンニチハ”といった風な会釈をして、今空いた席を促した。


                  
                                   つづく


2010/06/15 09:56
テーマ:徒然なる カテゴリ:日記(ひとりごと)

どうしちゃったの西武

Photo

            東京芸術劇場    


野球のことじゃありません

先週、もうとっくに副都心開発も終ってる池袋西口に行ってきました。
浦島太郎状態でした

20歳の時、ラブホが林立する西口公園で、中学生の家出娘と間違われ補導され、
近くの警察署まで連れて行かれそうになった事が・・・

東口や南口は行く機会は多いけど、西口はとんと縁がない
目白から池袋西口にかけて遊び場だったんですけどね。
もう遠い昔です。。。

芸術劇場も始めて見ました

で、右も左も分からず散策かねて、目的のお店を探す事一時間


以前、西武百貨店に入ってた「チャコット」が、5月いっぱいで退店との事。
インフォメーションで、若く可愛いお姉さんに、訊ねた。
他にこの近くで、レオタードやハーフシューズを扱ってるお店はないかと、

「すみません。。。芸術劇場の前あたりにチャコットが移店したとしか・・・」


いよいよ足も痛くなってきた時にひらめいた!
そうか!芸術劇場の目の前は、東武だ!
ライバル店を紹介するわけにはいかなかったのか・・・・


東武百貨店のインフォへ==3
ベテランぽい女性(私と同じ位?)と、優しそうな子に賢そうな子、4人・・・
にっこり微笑んで
「なにかおこまりですか・・・」と

「チャコットはこちらに入ってませんか」
「私どもには入っておりませんが、先日”丸井”さんの近くに路面店が出来たか出来るようですよ」
ここまではふつうに親切丁寧・・・

そのあと、お時間はあるかと確認し
チャコット本店への問い合わせから、路面店の出店状況まで調べて下さいました
電話番号と営業時間更に詳しい場所まで記したメモまで!、
これぞサービス!!

私はずっと西武びいきで東武は初めて行きましたが
この徹底したサービスと社員教育が、
あんな巨大なお店に成長させたんですね
つくづく感謝しながら実感した日でした。


(チャコットとは、バレエ、ダンス、新体操など総合舞台衣装を扱うお店です)


2010/06/13 21:32
テーマ:ソン・イルグク カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

朱蒙三昧

Photo

今、あっちこっちでチュモンやってますね~

いよいよ日本でも知名度アップしてきたかしら・・・・

もう10回ぐらいは見てるんですが、イルグクさんしか見てなかったので

けっこう新しい発見があります         イメージ 1

今日アジドラで、第4話見ました

泥沼のあとのイルグクさん、きれいなお肌がかぶれたようですね

荒れています、すぐ治ってた様だけど・・・・

なんかのインタビューでは、「タダで泥パックしてもらいました」

なんて言ってたのに・・・

GyaOでは第2章に入りました       イメージ 3

36話でしか出てきませんが、イエソヤのパパはヒョンシクのパパだったんですね~

気がつきませんでした

イルグクファンとしてはいまさら~なのかしらね

 

明日はアジドラで、最終章63話あります

どんな発見があるかしら・・・・


[1] [2]

TODAY 238
TOTAL 1724736
カレンダー

2010年6月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ブロコリblog