2011/04/26 19:12
テーマ:チュモン少年のヰタセクスアリス カテゴリ:趣味・特技(その他)

朱蒙二次『チュモン少年のヰタセクスアリス』

Photo

(↑イルグクさん撮影;Twiterより)




いのちの誕生とともに

古の彼方から

繰り返されてきた営みも

現実と幻が交差する刹那がある




よしや

その刹那に堕ちようと

森羅万象の全ての神々は

恋人達のために

宴を開く


そして

恋人の

開かれたからだの源の畔を

神々達は

やさしく口づけをする

新たに生れ変わる歓びに

満ちて


溢れる泉のその瀬で

恋人の秘められていた花は

さらに色づき

大輪となって

神々達の新しい命を迎えるだろう





*°..:*°..:*°..:*°..:*°..:*°..:*°



  Ⅰ <光に犯されるユファ>




暁の ころかと見紛う 明るい晩 背の君思い 月夜の散策


しっとりと 触れてる様に 纏い付く 光を浴びて 恍惚なりし 


誘われ 部屋に入りしも 隙間より 這い入る光 艶かしくも


幾筋の 光が絡み 四肢捉え 月に向かいて あかされる足 








朱蒙神話より艶短歌風に妄想を馳せてみました.
卵を産む予定はありませんが…
まずはこんなところからはじめてみました。
毎回形式は変わります。
純文学風、詩小説風、3流官能小説風…気分が変われば云々^^


[1]

TODAY 159
TOTAL 1870413
カレンダー

2017年12月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブロコリblog