2010/01/25 18:21
テーマ:「KA・ZO・KU 」シリーズ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

創作  「降り続く雪」

Photo

新作です^^

これは、昨日の記事で窓の外の雪を眺める彼の姿で妄想・・っていう文から

やっぱり妄想しちゃったお話(笑)

昨日一日で書き上げるつもりだったんですがね。

やっぱりそう簡単にはいかなかった^^久しぶりのレウォンです!


ヨンジュンスタッフとして父の下で働き出したレウォン。

仕事をやっていく事で、父のもうひとつの姿を見つけます・・






「ヒョン。何してるんですか?」

 


「ん?あぁ、レウォン。馬鹿だな、家にいる時はお前は息子だ。

ここは職場じゃない。敬語もいらないし、父さんでいいよ」

 


「・・うん。でもいつも言ってないと現場でも呼べないから。

どうしたの?ヒョン。ちょっと疲れた?」

 



書斎の大きな出窓。



ロフトのある天井の高いこの部屋の中でもそこは、


父さんのお気に入りの場所。

 


以前は父さんの机が出窓のすぐ前に置いてあって、


何か考え事をする時、父さんはヒョイっと机からこの出窓に


飛び乗り、長い足を投げ出してよく一人で外を見ていた。

 


ユキが歩くようになってからは、真似をすると危ないからと、


机は窓から離されていたんだけれど、今、父さんは以前のように


出窓に座って窓の外を見ている。

 

窓の下にはユキのおもちゃの滑り台。


多分父さんがリビングから持ち出して台に使ったんだろう。

 

 


「レウォン、見てみろよ・・綺麗だ」

 

 


窓の外は、一面の雪景色。


昨日ソウルでは、観測史上初めてと言われる大雪が降った。


すぐに降り止むと思われた雪は、街をまるごと白く包み込み、、


今夜もまだしんしんと降り続いている。

 


交通網が麻痺したソウルの街。



新しいドラマの打ち合わせが入っていた父さんのスケジュールは


急にキャンセルになり、ヨンジュンスタッフの僕も久しぶりの臨時


休暇になった。

 


さっきまでリビングの暖炉の前で、ユキに絵本を読み聞かせていた

父さん。


そのまま御機嫌で眠ってしまったユキを子供部屋に連れて行くと、


母さんの淹れたコーヒーを持って書斎に篭った。

 


頬に父さんからのいつものキスを受けた母さんは、


今、ダイニングテーブルでPCに向かっている。


きっと、明日の会議の資料を今夜中に会社に送っておくつもりだろう。


雪が収まらなければベビーシッターも呼べず、


母さんはまた一日足止めを食うかもしれないから。

 

 


「綺麗だぞ。お前も来いよ」

 



もう一度父さんは同じ事を言った。

 



高層マンションの最上階。


その出窓に座って、僕に向かってにっこりと微笑む。

 



「ヒョン、寒いだろ?そんなところにいるなんて。

また熱が出るかも知れないだろう?

待ってて、今カーディガン持ってくるから」

 


「見てみろよ、空が近い。この雪、直接俺のところに降って

くるみたいだ。白くて、真っ直ぐで、何の迷いもなくて。

なぁ・・レウォン。俺って小さいな」

 


「え?」

 


「小さいよ、俺って存在は。いや、人間なんてちっぽけなもん

だな、ってさ。ここにいて空を見てるとそれが分かるよ。

すごく気持ちがいい」

 


「・・ヒョン」

 



壁に背中をつけて空を見上げる父さん。


今にも雪を手に取るように、空に向かって手を伸ばして。

 


やがて、はぁ・・と大きく息を吐くと、


何を思い出したのか、アハッと笑い出した。

 

 


「そういえばお前、言ってたな。去年の夏、日本に行った時、帰りの

飛行機で。“やっと歓声が聞こえないところに来た”って。

そう言ってコテンと眠っちまった」

 


「急になんだよ。そんな事、あったっけ?」

 


「アハハ。初めての仕事だったし、疲れたんだろうな。緊張もしてたん

だろうし。俺も調子が悪かったから、あの時のお前に何も言わなかった

けどさ」

 

 


そう言うと父さんは、


僕にジェスチャーで机の上のタバコを取ってくれと促した。

 


まだ部屋のドアの傍に立ったままだった僕は、


そのジェスチャーを合図に歩き出す。

 


灰皿にタバコとライターを乗せて僕が渡すと、


父さんはそのままタバコの箱を振って、僕に一本取れと顎を杓った。

 

僕は勧められるまま、その中から1本を取り出し、


アジアの大スターから直接火を点けてもらった。

 


その姿を見た父さんは、ふっと笑い、


いつもにように自分も火を点ける。

 

 



僕がタバコを覚えたのは軍にいた時。


同室のドンハから吸ってみろと渡されたそれは、


父さんの吸っている銘柄と同じだった。

 

父さんの香りを感じたくて、火をつけた最初の一本。

 

豪快にむせてドンハに大笑いされたあの日から、


僕の香りも、父さんと同じになった。

 

 



「レウォン」

 


「ん?何?」

 


「今度の作品。俺に出来ると思うか?」

 


「どうしたの?弱気だね、ヒョンらしくない」

 


「いや、お前の意見が聞きたい。この半年、俺の傍にいたんだ、

お前なりの考えもあるだろう?

“雫”が頓挫した時、一番気落ちしてたのはお前だし」

 


「だって、楽しみにしてたんだ。仕方ないだろう?

あの漫画大好きだったし。僕はヨンジュンの一青が見たかったんだよ」

 


「社長が最後に何て言ってたか知ってるか?クレジット出すのが駄目

だったら、雫の設定を一青の息子ってことにして、雫をお前にやらせ

ようって言ってたんだぞ。

ワインとは別ものの親子の確執をベースに・・てさ」

 


「本当?初耳・・あの人って時々ぶっ飛んだ事考えるよね。

大体そんなんじゃヒョンのかぞくが納得しないでしょ。

恋愛もラブシーンも無いヨンジュンドラマなんてさ。僕だって見たくないよ」

 


「アハハ、そうか?俺は少し興味あったけど」

 


「僕は俳優にはならないよ。

僕があの会社に入ったのはそんなんじゃない」

 


「冗談だよ。あいつだって本気で言った訳じゃない。

残念だったんだろう?もう何年も前から準備してたんだから」

 


「うん・・そうだね」

 


「で、最初の質問。どうだ?俺に出来るか?」

 

 



そう言った父さんは、僕から視線を外す様にまた窓の外に目を移す。


少し寂しげなその姿は、仕事場では決して見せないもうひとつの姿。

 

 



俳優ヨンジュン付きのスタッフになって半年。


仕事中の父さんと身近に過ごす事になった僕は、


いつも家にいる時の姿とのギャップに初めは少し驚いた。

 


幼い時から撮影現場に顔を出していた僕は、


父さんと俳優ヨンジュンを区別して考えた事もなかった。

 


大声で笑い、家族のために泣き、母さんを愛する父さんは、


僕にとっては、当たり前の父親で。

 


その仕事に対する姿勢のために、怪我をしたり体調を崩したり。


毎回家族はハラハラさせられたけど、


そんな時の父さんはいつも笑顔だった。

 




だけど実際に同じ現場で仕事をしてみると、父さんのその本気度は


他の誰より半端じゃなくて・・


僕は何度も同じ失敗を繰り返し、その度に大声で叱られ、


やり直しをさせられた。

 



『レウォン!一度の失敗は間違いだが、二度目からは罪だ!

何故出来ないのかが、分からないのか?もう一度やり直せ!!』

 



出来ない自分が悔しくて、スタジオの外で涙を押し殺す僕に、


先輩達が優しく声を掛ける。



そして僕のそんな姿にまた父さんの叱責が飛んだ。

 




先輩達は、皆分かっていた。


父さんのその厳しさは、深い愛情の裏返しなのだと。



スタッフ一人一人にきちんと目を配り、仕事をきちんと見てくれて


いるからこその言葉・・

 


俳優ヨンジュンとしてだけじゃなく、人間としての父さんの魅力に惹かれ、


父さんがもっと輝けるようにと、皆、働いていた。

 


そうして僕は、慣れない現場におろおろしながらも、少しづつ仕事を覚えた。

 


毎日走って走って・・まるでアスリート並みの体力戦。



高校時代陸上をやっておいてよかったと、本気で思ったりもする日々だ。

 

 


「レウォン・・おい。何か言えよ」

 



痺れが切れたのか、父さんはタバコを揉み消し、


僕の方に向き直って真っ直ぐに目を見つめた。


その目は少し焦れているようで、僕はそんな父さんが急に愛しくなった。

 



「ヒョン・・いや、父さん。僕、この半年で少し分かったよ。

そして、今まで全然父さんの事、分かってなかったって言う事にも

気が付いた。・・大丈夫。父さんはそのまま進めばいいんだよ。

父さんの好きなように。

父さんが選んだ道を。

それは絶対唯一の道なんだ。父さんの選んだ物に間違いなんか無いよ」

 


「・・何だ?お前。気持ち悪いな」

 


「本気だよ。僕は本気。やっぱ凄いなって、いつも思ってる。

父さんがこんなに寡作な理由も分かったしね。

・・大丈夫。うん、これ、確信」

 


「バーカ、そんな答えあるか」

 


「うん。僕は馬鹿だよ。心底のヨンジュン馬鹿だ」

 


「ふっ、何だ?それ」

 


「ねぇ。まだ降るのかな、この雪」

 


「来るか?」

 

 




父さんが、体をずらして足を縮めた。

 


僕は滑り台の上に乗り、出窓に手を掛け、父さんの隣に滑り込む。

 

 




「・・・・・凄いね」

 



「ああ・・・凄いな」

 

 




窓の外は、白の世界。

 




見つめる父さんの横顔は、




痺れるくらいに、カッコよかった。





2010/01/24 13:03
テーマ:ひとり言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

日曜のつぶやき

Photo

 

寝ちゃいました・・^^

 

昨夜。


お返事を書いていたら、突然の睡魔・・・


久しぶりでしたね~。「駄目だ・・寝る!」って思ったのって(笑)


もうね、キーボードを見てるのも辛かった。

更新するつもりだったのに、すみませんでした~。

 



今日はとても良い天気。

仕事も今日は、珍しくお休み♪


希望出してないのに日曜休みなんて、「いいの?」って感じです。


寝坊して(笑)遅い朝食。

溜まった家事を終わらせて、PC前です。


今日は家でゆっくりしていましょうかね。

書きかけの創作が数編、サークルに再掲してる「いつか、あの光の中に」の

編集・・やることは結構あるんですよね。

さ、どのくらいできるかな?^^

 


「ヨン枯れ」なんて言葉が横行している昨今(寂しいけどね)

彼は、今何してるのかな・・なんて考える私。



大雪が降ったソウルの街。

彼はどこで、どんな風にあの雪を見ていたんでしょう。



自宅の窓から降り続く雪を眺める彼・・

そんな絵を想像するのも、ひとつの妄想材料。

それだけで完璧なシーンになりそうです。



どんな新作を彼が練っているのか。



それはきっと、私たちの期待を裏切らない。


そして良い意味で、その想像をも裏切ってくれる。



彼は、そういう人・・ですよね!

 

 

 


2010/01/23 00:57
テーマ:日記 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

個人的には・・

Photo

雪国の方の事を思えば、暖かいの寒いのって言うのは


失礼なんだけど・・2日間暖かかった後の冷気は、とても
冷たかったです。

明日も寒くなるそうで、皆さん、お気をつけて・・

 

 



ヨンジュンの話題が少ない中、今夜TVで何度か流れた


眼鏡市場のCM。

やっぱり画面に彼が出てくると、顔がにんまりしてしまいます。

 



長い髪の時は、「早くショートにすればいいのに」と言っていた


のに、ロン毛の彼に逢う(笑)と「やっぱり似合うなあ・・」などと


勝手な事を思ってしまう私^^

 

もし、前に話題に上ってた“スナイパー”の役が本当になったら、


ぜひロン毛で出演して欲しいですねぇ、個人的に。(あくまでもね)



彼も気に入ってるようだから、また伸ばすんじゃないかしら?

でも、そんな役だとまた黒の服?

最近、彼の黒以外の衣装、見たことないですからね~(笑)

 

普段は優しい微笑みを湛えた男が、いざとなると、鋭い鷹のような目で


相手を狙い打つ・・

 

彼の柔らかい雰囲気と、ドンヒョクばりの冷たさ。両方を堪能出来たら


贅沢ですよね。徹底的に悪役!っていうのも、本当は見たいんですが、


それは難しいのかしら・・


あの顔(良い意味でよ!)で、冷酷な殺し屋なんてのも、ゾクゾクモノ!


いかにも悪役!なんて人より、ずーっと怖いと思いますけどね(笑)

 




さて、このPCにも少しずつ慣れてきました。

前のPCにデータが全部残っているので、これも少しずつお引越し。


創作に関しては、ここを開いていてよかったと思いましたよ。

全作品を置いてあるので、引っ越す手間がありませんからね。

書きかけの物を除いて、向こうは綺麗にしちゃおうと思っています。

私に遠慮^^せずに使えるようになった旦那に見られたくないですか

らね(爆!)

 



そして、高校生活も、後は卒業式を残すのみとなった娘が、学校の

ロッカーの中身を全部持ち帰ってきました。3年間使ったと思えない

くらい新品同様の体育館履きにまずビックリ!

「だってほとんど履かなかったんだもん」だそうで・・^^

 


彼女も明日はいよいよ面接。


何だか珍しく緊張している娘。ぜひがんばってもらいたいもんです。

 


2010/01/22 01:07
テーマ:日記 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

新しいPCは・・

Photo

 

 

キーボードが使えない不便さに、ついに新しいPCを


買ってしまいました~。とりあえず今日は見るだけの


つもりだったんですけどね。


見たらやっぱり欲しくなって・・・お金も無いのに、ねぇ^^

 

 




娘の高校生活もあと1日になってしまいました。


明日は、最後の定期テスト。


っていっても、1教科だけで後は全部終わってるんだとか。


明日のテストの後は、3月の卒業式までほとんど登校しなくて


いいんですよ。

 

そんなテストの最中の娘と一緒に^^午後の家電量販店へ。

 




PC。いい奴は・・・いい値段(爆!)


当たり前の話だけど、超綺麗な画像のデスクトップに惹かれながら、


予算の無い私はやっぱりお手軽な方へ。

 

店員さんの説明を聞いて、気がついたらもうカウンターの前。


あはは^^買っちゃいました~。

 


これから物入りだってのにね。


しかし・・我慢できず。

 



意気揚々とと家に帰った私達なのに、


いざ!と取り掛かったら取り説片手に、頭がパニック!!


機械音痴の本領をいかんなく発揮しちゃいましたね。


どうもああいうのは、理解するのに時間が掛かるのよ・・

 

ネットも開いてると思ったら突然接続が切れちゃったりと、


1日目は、まだ手探り状態。


慣れればさくさく出来るのか、ちょっと心配ですが。

 


でも、自分専用ってのはやっぱり良いですね。


小型なんだけど、それもまた良しです(笑)

 

何だかんだで、こんな時間。


まだよく理解してないんだけど、また明日ですね。

 


晩御飯は、頼んでおいたラーメンセットが届いたので、


大盛りの野菜炒めと韓国ラーメン。


「辛い~」と言いながら^^スープを飲み干して大満足。


美味しかったです~。

 


さ、


明日も取り説、首っ引きだわ・・

 

 

 

 

 

 


2010/01/21 01:36
テーマ:日記 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

オシャレなメニュー♪

Photo

 


先日行ったお友達の家でのお泊り会。


美味しいお料理を色々頂いたんですが、中でも我が家の


子供達が絶対に好きそうだなぁって思ったメニューがあった


んです。それは・・

 




思わせぶりな前振りでしたが^^それは「キッシュ」!



よくデパ地下なんかのデリで売ってますよね♪


一切れで結構なお値段しますよね。興味はあったんですが、


4人分でいくら?なんて計算したら手が出なくて^^、いつも


素通りしてたんですよ。自分で作るなんて難しそうだって


思ってましたしね♪

 


御馳走になったキッシュは「ベーコンとホウレン草」が入って


とても美味しかったんです。冷凍のパイシートで出来ると聞いた


ので、早速レシピをもらって作ってみましたー。


私は熱い内に食べちゃいましたが、冷めたら味が落ち着いてそれも


美味しいでしょうね。

 




☆ 材料  冷凍パイシート 1枚


       ほうれんそう  200g


       ベーコン    60g


       溶けるチーズ  50g


       卵       2個


       生クリーム   カップ1/2


       ナツメグ    少々(我が家では入れなかった)


       小麦粉  (打ち粉用) バター・塩・コショウ

 

 

1      冷蔵庫で解凍したパイシートを打ち粉を振りながら

             薄くのばし、型にはりつけて冷蔵庫に入れる。


2      ホウレン草はサッとゆでてざるにあげ、冷まして水気を

             絞る。3~4cmの長さに切る。


3      フライパンにバター少々を溶かして、短冊に切った

             ベーコンをゆっくり炒め、バターを少し足して2の

             ホウレン草を加えて炒める。塩・コショウを少々。


4      1のパイシートの中に3を敷き、チーズを散らす。

             ボールに卵を入れて溶き、生クリームを加えて混ぜ

             塩・コショウ・ナツメグ各少々を振り、チーズの上

             から流し入れる。


5      4を200℃に温めたオーブンに入れて20~30分間上部に

             焼き色がつくまで様子を見ながら焼く。

 

 

美味しいので、ぜひお試しを♪


ワインにも合うんじゃないかしら?

 

 

 

・・・私ってヤッパリM体質かも。


文字が打つのが大変だって時に、長文の記事書いてるんだもん(笑)


[1] [2] [3] [4] [5] [6]

TODAY 234
TOTAL 4317050
カレンダー

2010年1月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブロコリblog