2011/03/31 10:08
テーマ:ひとり言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

コメディーヨンジュン

Photo

おハミョンです。キャッ!使えた♪(笑)


改めておはようございます。最近またひどく夜更かしになってしまって


たし、春に向けてちょっと朝型にしなくちゃと昨夜は私にしては早寝


(それでも12時半は過ぎてたけど^^)しました。今日は仕事が11時から


なので、まだ余裕♪朝に時間があるっていいですね。

 

 



って訳で今日はこんな時間に更新です!



ネット内の記事では、どうやらヨンジュン、事務所に徒歩で通っている


らしいですね。(500メートルしか離れてないとか)ジュン調に回復して


いるとの事。嬉しいニュースです♪

 


そして、彼が被災地に送った10億ウォンの義援金。


まず、敷毛布15,000枚、医療関係の巡回用車両3台として被災地

に向けて送られるらしいです。


素晴らしい!敷毛布ってのが気が利いてますよね。


硬い体育館とかで寝ているんですもん。敷毛布は嬉しいと思いますよ!

 

 


さてさて(笑)



今日のシリーズテーマは、コメディーヨンジュンです♪



そう「パパ」のヒョンジュン先生ですね。

 


私、パパは、レンタルで見ただけで手元に持ってないんですが、

(今後の全作品を格安で揃えよう計画のひとつ^^長期的計画だわ)


こういうラブコメ、またぜひ演って欲しいです!

 


彼が演じるのが離婚した大学教授。


映画会社で働くバリバリのキャリアウーマンの元妻と、愛娘。

(KA・ZO・KUの笑ちゃんの設定は実はこれがヒント^^)


お互いに未練があるのに、素直になれない。


嫉妬が嫉妬を生んで、イライラするくらい意地を張る2人(笑)




ヨンジュン、この頃24歳くらいでしたっけ?


嫉妬に燃える目が、まさに男!でしたね。

 

でもこれ、コメディー要素が強いでしょう?


1話の冒頭とかの軽~い感じ、いい味なんですよね。


軟派な元義弟や、同居する事になっちゃった親子とのやり取りとか、


もう、ボケ突っ込みのコント風!



彼、リダ君によれば、普段もすべる冗談をよく言ってるそうですし

(すべるが前提?オヤジギャグか!爆)


ヨンジュン、次回作にコメディー・・本当にどうかしらー?^^


体にも負担、少なそうですしね。

 




そういえばあの子役の女の子、彼が抱っこしたりキス!^^したり、


可愛がってましたよね。撮影の事、憶えてるかしらね。


ずいぶん大きくなったんだろうなぁ。

 


2011/03/30 02:26
テーマ:ひとり言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

情けないヨンジュン

Photo

 

今日はこれ!!


このシーン、大好きなんです。確か、一発OKがでたんですよね。


こういう何気ない芝居が凄い!と感動したのを覚えてます~。

 




四月の雪」は私達日本カジョクにとって、初のリアルタイム


で作品が出来る過程を見られた作品ですよね。

 


ヨンジュンを知った時には、彼はもうデビュー10年^^


初来日で彼がプロモーションしたのは、撮影済みのスキャンダル。


過去作品を追いかけて、彼の事をもっと知りたくて・・

 



そしていよいよ新作の四雪の制作が発表になった時、早く作品を


観たくて長い撮影期間が待ち遠しかったですよね。


そして公開。

同じ映画を何回も映画館で観たのは、これが初めてでしたね~。

 



さて、この四雪。



何が凄いって、この主人公のインスは普通の人なんですよね。


照明監督って職業は一見華やかだけど、実は地味な裏方で。


お見合いで結婚した妻との生活に、それなりに満足していた


ありふれた男性。

 


すみません!訂正ーー!!

↑お見合いじゃなかったですね。インス達は恋愛結婚。

なのにどーして浮気したスジン!!(笑)





「こんなイケメンのインスを振って、何故ヨンググに??」(爆!)

 



っていう当然の疑問はあるけれど、妻が浮気したのは紛れも無い


事実。

 


泣いて、酒に溺れ、へたれて泥酔。


挙句に相手の妻の部屋に押しかけて、朝まで爆睡・・

 


どうみても、かっこいい人物じゃないインス。


今までの彼のキャラの中で彼は異色です。


普通のどこにでもいそうな等身大の人物。


これって、演じるのがすごく難しいと思うんですよ。


↑のシーンも、ヨダレたらして寝てましたものね。今までの


どこかスーパーマン的なかっこいいキャラじゃない。

 


ま、演じてるのがヨンジュンなので容姿がいいのは仕方ない^^


ラブシーンも切ないし、とても綺麗。


でもある種この「情けない男」インスが私、とても好きなんです。

 



ラストの号泣シーン(鼻水流してた)もいいですけど、


今回はこの何気ない寝起き顔。



その自己嫌悪の表情が、とても人間くさいんです。


素顔の彼の寝起きは・・どんななんでしょうね^^

 

 

 


2011/03/29 01:26
テーマ:ひとり言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

胸キュン♪ヨンジュン

Photo

 


ふふ、これは昨日最後まで迷った画像なんですぅ。


もう~!これ、反則技ですよねぇ。

 



冬ソナのミニョンさん。

 


ヨンジュンの代表作だし王道のキャラだけど、私はチュンサンの


方が好きで、人物的にもチャラい(そうでしょう、笑)ミニョンさんは


タイプじゃないっていうか最初に見た時はあまり興味が湧かなかった


んですよ。(あくまでも、男性の好みとしてね、笑)

 



でもね。


これには参った!!

 


6話のこのシーンを見た瞬間、胸がキュン!!



一瞬で恋に堕ちちゃったんです。

 



確かヨンジュン、メイキングでこのシーンの時、ずいぶん恥ずかし


がってたような気がしましたね。


ミニョンのモテ男伝説の一端が垣間見れる様なシーンですもの、


分かる気もしますが(笑)

 



自分の魅力や女性の好みをちゃんと分かってる男ですよね。



自信満々。イケイケミニョンさんです!

 



何度見てもこのシーンで倒れそうになる私^^



キュートって言葉もぴったりくるなぁ。


はぁ・・カッコいいですぅ。

 

 


2011/03/28 01:06
テーマ:ひとり言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

可愛い♪ヨンジュン

Photo

 


悩んだわぁ・・(笑)色っぽいウォン様の次は、可愛いヨンジュン♪と決めて


たけど、いざとなると可愛い画像の多い事、多い事!^^


チュンサンやタムドクにも候補があったんだけど、ふと思い出したんです
よ。

・・このMV。皆さん、知ってますよね?

 




もう、この音楽聴いた途端思い出すMVですね~!



最初に見たのは、ユーチューブだったと思うけど、何回も連続して


再生しちゃったのを思い出しますわ。




衝撃的なラストにガーン!!


そういえば韓国のMVって、こういう悲劇的なのが本当に多い。

えーって展開に、肝心の曲がどんなだったか思い出せ


ないなんていう本末転倒なのもありますもん(笑)

 


で、この「さよなら私の愛した人」


曲はチョ・ソンモさん。


共演は今話題のあのイ・ナヨンちゃんでしたね^^



ヨンジュン演じる新聞配達の青年に恋した少女。


自転車好きの彼の気を惹こうと、お金も無いのに高級自転車を


買っちゃって・・

 



初めは「へぇ、ヨンジュン出てるんだ」くらいの気分で見始めた


のに、ヨンジュンの演技にぐいっと引き込まれましたね。


しかも彼が演じるキャラが純粋で可愛い!


たった8分くらいのMVなのに彼、完璧な役作りで演じて


いますよね・・メガネ無しがまた良いんだ^^

 


これ、確かホテリアーの後で彼が長期休暇を取ってた時ですよね。


これがドンヒョクの後ですよー。ホント、彼って凄いわ。



今回書くのでまた見直したら、やっぱり可愛かったです♪

 
内容は超悲劇的。ラストの彼の姿に涙、溢れますよ。




まだ見てない方は、ぜひ見てみてくださいね。


ユーチューブで「ペヨンジュンチョソンモ」で検索すると出てくると


思いますヨン。


(ココに貼り付けられなくてスミマセン!力量不足・・)

 

 


2011/03/26 01:43
テーマ:ひとり言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

男・・な、ヨンジュン

Photo

 

こうやって、画像探して彼の作品を振り返ってみるのも、たまには楽しいもの♪

素顔の本物ヨンジュンは、もちろん大好きだけれど、
彼が演じ、命を吹き込んだ

キャラ達も大好きなのよね!

 




で・・今日は、これ(笑)



ウォン様を初めて見た時の衝撃、思い出してみました。

 

チュンサンに恋をしてヨンジュンを知り、


王子様は、やっばりいたんだ・・と心をときめかせた多くの


家族がわくわくして足を運んだ映画館。


始まって最初に目に飛び込んで来たシーンが、まさにこれ!ですよ。

 



びっくりしたでしょうねぇ。


あのチュンサンが、バッ○(キャッ)から・・・(笑)

 


映画館中が凍りついた(爆)という話も聞いたけれど、その衝撃は


相当だったのでは、と想像つきますわ。




私はその頃まだ家族じゃなくて、このシーンを初めて見たのは


TV放送でだったんだけど、リビングのTVに写ったシーンに心臓


ばくばくしちゃいましたもの^^


衝撃度としては物語中盤のベッドシーンよりも、これですねぇ。


彼が「男」だったんだという当たり前の事を感じたシーンでした。

(で、より彼を好きになっていくんだけど♪)

 



「スキャンダル」の映画そのものは、とても素晴らしい映画で、


今では何回も見ている名作!!


ウォン様がラストで死ぬシーンの演技では、思わず「すごい・・」


って、声をあげてしまった私でした。

 

 



・・余談ですが(笑)


彼の腿毛が超男らしくて。


それにもドキドキしちゃった私です^^

 


[1] [2] [3] [4] [5]

TODAY 457
TOTAL 3878465
カレンダー

2011年3月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブロコリblog