2011/10/29 23:22
テーマ:学校のあれこれ カテゴリ:その他韓国関連(語学)

11月学期生徒大募集!


 今日からIMX韓国語学校の11月学期ぼ募集が始まりました。

 ある生徒さんのご家族が何で韓国語をそんなに勉強しているかと聞いたそうです。

 その生徒さんは、

 「好きな人(俳優ですが)の言葉をそのまま聞いて理解するのと
  通訳を通じて理解するのかは全然違うよ。私は私が好きな人の声を聞いて
  笑ったり泣いたりしたい。」

とおっしゃってそうです。その通りです。私も好きな香港の俳優のセリフを覚えたくて

一生懸命香港の言葉を覚えようとしていたときがありました。(笑)

 
字幕なしで韓国のドラマや映画、歌や韓流スターのインタビューを聞きたいと思って

いる方、ぜひこの機会に韓国語を始めてみてください。学校見学や体験レッスン

ご希望の方はぜひ学校までご連絡ください。

 皆さんのたくさんのお申し込みをお待ちします。


 【申し込み期間】 2011年10月28日(金) ~ 11月14日(月) 17時まで
 【開講期間】 2011年11月21日(月) ~ 2012年2月18日(土)

  (詳細は募集要項・お申込をご覧になってください。)


       *********************************************

        IMX韓国語学校

         〒105-0011

       東京都港区芝公園1-8-13 源流院ビル401号室

      TEL:03-6459-0331, FAX:03-6459-0332

      E-mail:imx-school@brokore.com

      URL http://class.brokore.com

       *********************************************


2011/10/25 15:55
テーマ:学校のあれこれ カテゴリ:韓国音楽(全般)

이등병의 편지

Photo


 지난주 토요일 상급반 수업에서 교과서에 "이등병의 편지"가 나왔어요. 교과서에서는 일본인 친구가 군대에 가는 한국 친구를 위해 불러 준 노래라고 나왔는데, 이 노래는 한국사람이면 모르는 사람이 없을 정도로 유명한 노래예요. 오랜만에 들어서인지 너무 좋아서 그날은 집에 가면서 계속 "이등병의 편지"를 들었어요.

 저는 여자라 군대가 어떤 곳인지, 남자들이 군대에 가는 심경은 어떤지 드라마나 영화를 통한 간접 경험만 있어서 잘은 모르겠지만, 이 노래는 군대에 가는 남자들의 심리를 아주 잘 나타내고 있다고 해요. 그래서 아직까지도 사랑을 받고 있는 것 같아요. 

 이 노래를 잘 모르시는 분들은 「공동경비구역 JSA」를 보시면 아실 수 있을 거예요.

 한국에는 일본과 달리 "군대"라는 제도가 있죠. 남자들에게는 의무라 연예인들도 활동중에 갑자기 군대에 가곤 하죠. 잠시동안 못 만나게 돼서 섭섭하긴 하지만, 반드시 꼭 진짜 남자로 다시 태어나서 멋진 모습으로 나타날 테니까 너무 슬퍼하지 마시고요.

 여러분들께도 "이등병의 편지" 노래를 소개해 드릴게요. 가사 번역은 제 나름 대로 해 봤는데, (전문가가 아닌 만큼) 조금 부자연스러운 곳도 있을 거예요. 그런 부분 있으면 알려 주시고요.

 그럼, 소개해 드리겠습니다.



                     <이등병의 편지>

               집 떠나와 열차 타고 훈련소로 가는 날
               부모님께 큰절하고 대문 밖을 나설 때
               가슴 속에 무엇인가 아쉬움이 남지만
               풀 한 포기 친구 얼굴 모든 것이 새롭다

               이제 다시 시작이다 젊은 날의 생이여

               친구들아 군대 가면 편지 꼭 해 다오
               그대들과 즐거웠던 날들을 잊지 않게
               열차 시간 다가올 때 두 손 잡던 뜨거움
               기적 소리 멀어지면 작아지는 모습들

               이제 다시 시작이다 젊은 날의 꿈이여

               짧게 잘린 내 머리가 처음에는 우습다가
               거울 속에 비친 내 모습이 굳어진다 마음까지
               뒷동산에 올라서면 우리 마을 보일런지
               나팔 소리 고요하게 밤하늘에 퍼지면
               이등병의 편지 한 장 고이 접어 보내오

               이제 다시 시작이다 젊은 날의 꿈이여

               
  -------------------------------------------------------------

 先週土曜日の上級クラスの授業で教科書に「二等兵の手紙」が出ました。教科書では日本人の友人が、軍隊に行く韓国の友人のために歌ってあげた歌として出たが、 この歌は韓国人なら知らない人がいないくらい有名な歌です。久しぶりに聞いたからかとてもよくてその日は家に帰りながらもずっとこの「二等兵の手紙」を聞きました。

 私は女性なので軍隊がどんな所なのか, 男性の軍隊に行く心境はどうなのかドラマや映画を通した間接経験だけでよく分からないけど、 この歌は軍隊に行く男子の気持ちをとてもよく表していると言われています。なので今までも愛されていると思います。

 この歌をよく分からない方々は 「共同警備区域 JSA」という映画を見るとよく分かると思います。

 韓国では日本と違い「軍隊」という制度があります。 男の義務なので芸能人たちも活動中に急に軍隊に行ったりします。しばらくの間会えなくなってさびしくなるのですが、必ず男らしい男として生まれ変わって素敵な姿で現われるので悲しまないでください。

 皆さんにも「二等兵の手紙」という 歌をご紹介します。歌詞の翻訳は自分なりでやってみましたが、(専門家ではないので) 少し不自然なところもあると思います。そのようなところがあったら教えてください。

 それではご紹介します。            
  
                         <二等兵の手紙>
               家を出て列車に乗り 訓練場へ向う日
               両親に挨拶をして 家を出る時
               胸の中に何か 名残惜しさが残るが
               草一株、友人の顔、すべてが新しい

               これからまた始まるんだ 若い日の人生よ

               友よ、軍隊に行ったら 必ず手紙を送ってくれ
               君たちとの楽しかった日々を忘れないように
               列車の時間が近づいてくる時、両手を強く握った
               汽笛の音が遠くなるにつれ 小さくなる姿

               これからまた始まるんだ 若い日の夢よ

               短く切られた僕の髪が 最初はおかしかったが
               鏡の中に映る僕の姿で こわばっていくんだ心まで
               裏の山に上れば 故郷の村が見えるだろうか
               ラッパの音が穏やかに 夜空に広がると
               二等兵の手紙一枚 きれいに折って送るよ

               これからまた始まるんだ 若い日の夢よ


2011/10/03 11:37
テーマ:文化 カテゴリ:その他韓国関連(その他)

개천철(建国記念日)

Photo



 오늘은 개천절입니다. "개천절"은 단군이 우리나라를 처음으로 세운 날일 기념

하기 위한 날입니다. 
 
 여러분들은 "단군신화"를 들어보신 적 있으세요? 옛날에 하늘에 계신 환인께서

항상 인간 세상을 걱정하는 아들 환웅님께 인간 세상에 내려가 널리 인간을 이롭

게 하라면서 환웅님을 인간이 사는 세상에 내려 보내셨는데, 그 소식을 들은 호랑

이와 곰이 인간이 되는 방법을 물으러 환웅님을 찾아 왔습니다. 환웅님으로부터

쑥과 마늘만 먹으면서 100일간 동굴에서 지내면 인간이 될 수 있다고 들은 호랑

이와 곰은 동굴에서 쑥과 마늘만 먹으면서 지냈습니다. 100일이 되기도 전에 싫

증난 호랑이는 동굴을 뛰쳐 나온 반면, 곰은 100일간 쑥과 마늘만 먹으면서 동굴

에서 지냈습니다. 100일이 지나 아름다운 여인  "웅녀"로 변한 곰은 환웅님과 결

혼하여 아이를 낳았는데, 그 분이 바로 "단군"이시라는 이야기입니다. 제가 어렸

을 때 들은 이야기는 이 단군께서 나라는 세우신 날이 10월 3일 개천절이라고 들

었는데, 요즘은 환웅님께서 인간 세상으로 내려온 날을 10월 3일로 보는 게 맞다

라고 하더라고요. 

 위의 단군 신화, 어디서 본 적 없으세요? 맞습니다. 드라마 "태왕사신기" 1화에

나왔었죠? 1화에서 나온 배용준 씨가 환웅님 역할, 이지아 씨는 웅녀였죠. 웅족은

곰, 호족은 호랑이를 나타내고요. 마지막에 절벽에서 떨어질뻔 한 아이가 바로

단군이시죠. 풍백, 운사, 우사는 이야기로만 들었는데, CG이긴 하지만 그 모습을

볼 수 있어서 너무 신기했던 기억이 납니다.

 학교 다닐 때 역사를 별로 좋아하지 않았던 저이지만, 한국어 강사를 시작하면서

학생분들께서 질문하시는 걸 답해 드리기 위해 여러 가지 사극을 보면서 역사에

대해 관심도 많이 갖고, 좋아하게 됐어요. 연표를 보며 외우는 역사는 아직도 별

로지만, 드라마를 보면서 그 시대에 대해 조사해 보고 인물에 대해서도 찾아보는

건 정말 재미있습니다.

 가장 최근에 본 역사물은 "성균관 스캔들"이고요, 제가 가장 좋아하는 사극은

"허준"과 "대장금", 8월에 한국에 갔을 때 보고 너무 재미있어서 일본에 돌아

와서도 인터넷으로 계속 보고 있는 드라마는 "공주의 남자"입니다. 한국판

로미오와 줄리엣이라고 할 수 있는데요, 남자 주인공인 박시후와 여자 주인공인

문채원의 애뜻한 사랑이 어떻게 결말을 맺을지 정말 궁금해서 매주가 기다려집니

다. 박시후도 문채원도 너무 멋있고 예뻐요. 둘이 끝까지 잘 됐으면 좋겠습니

다. (드라마에 나오는 역사적인 내용은 완전 무시한 극히 개인적인 발언이었습니

다.^^)

  *사진은 사직 공원에 있는 단군의 동상입니다.

----------------------------------------------------------------

 今日は韓国の開天節(日本の建国記念日に当たる)です。「開天節」とは檀君(タングン)が韓国を初めて建てた日を記念するための日です。


 みなさんは「檀君神話」を聞いたことがありますか? 昔、天にいる桓因(ファニン)が、いつも人間の世界を心配している息子の桓雄(ファヌン)に人間の世界に降り広く人間を助けなさいと言いながら桓雄を人間が住む世界に送りましたが、それを聞いた虎と熊が人間になる方法を教えてもらうために桓雄様を尋ねて来ました。桓雄様から、よもぎとニンニクだけ食べながら100日間洞窟で過ごせば人間になれると聞いた虎と熊は洞窟でよもぎとニンニクだけ食べながら過ごしました。100日になる前に飽きてしまった虎は洞窟を飛び出た一方、熊は 100日間よもぎとニンニクだけ食べながら洞窟で過ごしました。100日が経って美しい女性、「熊女(ウンニョ)」に生まれ変わった熊は桓雄様と結婚して子供を生みましたが、その方が「檀君様」だという話です。私が幼い頃聞いた話はこの檀君様が国を建てた日が10月 3日の開天節だと聞いたが, このごろは桓雄様が人間の世界に降りた日を10月 3日に見るのが正しいと言っているそうです。


 上記の檀君神話, どこかで見たことはないでしょうか?そうです。ドラマ「太王四神記」の1話に出てたでしょう。1話に出たペ・ヨンジュンさんが桓雄様役, イ・ジアさんは熊女の役でした。熊族は熊、虎族は虎を表し、最後に絶壁から落ちそうになったその子がまさに檀君様です。風伯、雲師、雨師は話だけは聞きていが、CGではあるがその姿を見られてとても神秘的に思った記憶があります。


 学生のとき、歴史はあまり好きではなかった私ですが、韓国語講師を始めてから生徒さんからの質問に答えられるためにさまざまな時代劇を見ているうちに、歴史に対して関心も高くなったし、好きになりました。年表を見ながら覚える歴史は今も好きではありませんが、ドラマを見ながらその時代に対して調査してみたり、登場人物に対しても調べてみることはとても楽しいです。


 一番最近見た歴史物は「成均館スキャンダル」で、私が一番好きな時代劇は「ホジュン」と「チャングムの誓い」、8月に韓国に帰ってたとき見たが、とても面白くて日本に帰ってきてからもインターネットを通して続きを見ているドラマは「姫の男」です。韓国版ロミオとジュリエットと言えますが、男の主人公であるパク・シフと女の主人公であるムン・チェウォンの切ない恋がどんなに結末を迎えるのかが本当に知りたくて毎週が待ち遠いです。パク・シフ、ムン・チェウォンはとても格好よくてきれいです。二人が終わるまでうまくいったらいいなと思っています。(ドラマに出る歴史的な背景は完全無視したごく個人的な発言でした。(笑い))

  *写真は「サジク公園」にある檀君の銅像です。


[1]

カレンダー

2011年10月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
スポンサードサーチ
ブロコリblog