2013/08/01 02:54
テーマ:한국의아름다움을 찾아떠난여행 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

ハナヨ56 番外編:ハワイの夜空

Photo
사랑하는 용준씨 안녕하세요^^

오늘은 조금 별자리의 책과 한・아 ・여를 읽었습니다.하와이의 5월, 8월, 12월의 밤하늘을 보면 5월이라면 남십자성이나 천랑성이 보이는 것 같습니다. 8월은 남두육성이 보이기 때문에 이번 여름 사람들의 무병 장수를 관장하는 남두육성를 보는 것이 즐거움입니다.12월에는 남쪽의 지평선에 남극 노인성도 보인다든가・・・

당신은 지금 어떤 밤하늘에 지켜봐지고 있을까요?

안녕히 주무세요
.

☆みなさん、アンニョンハセヨ☆

今日もネットニュースを読んだらいろんなニュース@@;・・

とりあえず、防寒と、撤退する勇気・・・かな。。。私も車で・・・ですが、近々2800mのところと、4000mのあたりに行く予定で・・・@@;・・ドキドキ

登山ではなく、車で、気温10度以下で星空とご来光を見るツアーなので@@;
山酔い対策・・・ぐらいしかすることはないんですが、・・(冬だと0度以下になることもあるらしい)・・ヒートテックやフリースやらetc準備中・・・。(酷寒のソウルでひと冬すごしてたから、-15度対応まで備えはばっちりで@@;・・・・・・)

☆写真は全く話題と関係ないですが、モネの絵
Photo 

で、今日はハナヨと星空ウオッチングという本をヨンでみました。

ハナヨp.287

・・・北斗七星は死後の天上界を担当する役割を、南斗六星は人間の寿命を延長し、主管する役割をする。


・・・天象列次分野之図には南斗六星以外に“南極老人星(Canopus)”という星が表示されているが、これは天で最も明るい天狼星(Sirius)の次に明るい星だ。韓国では南海岸と済州島で、春分の夜と秋分の明け方に地平線辺りにかろうじて見られる星だ。この星を見れば寿命が長くなると信じることが中国の漢の時代から流行し、朝鮮時代まで続いたようだ。・・・・・

☆^^;・・撮るのに苦労しました^^;・・実は、周りは人がいっぱいで・・・。
Photo 



でハナヨを復習してから、

星空ウオッチング(新星出版社)の本をチェック・・・

ハワイの夜空(GW,夏休み、冬休み、頃の)

5月、春の大三角形に冬の大三角形・・南の地平線低くに、南十字星etc・・・南極老人星のカノープスを構成するりゅうこつ座は@@;・・ちょぴっとしか見えない。。

8月、、いて座さそり座付近の・・天の川が明るく幅広く・・・(そっちの方向に銀河系の中心があるから)・・南斗六星は北斗七星を小さくしたような形に6っこ並んでいる・・・それがいて座の目印・・・

12月、全天一の輝星シリウスが南東の空高くに輝き、南の地平線近くにある全天第2位のカノープスと輝きを競っている・・・

うーーーーん、12月に行くべしだったか・・・??が、しかし@@;・・・


ハナヨP.299

・・・・・・
・・・・・
夜空の星はあれこれ意味をつけなくても、
常にその場所から光を、そして勇気を与えてくれる。

だから今日も私は夜空を見上げる。



^^;・・ヨンジュンssiがどこにいても^^;・・どんな時でも、
たくさんの星たちに守られていますように。。


お休みなさい・・・。





[コメント]

1.Re:ハナヨ56 番外編:ハワイの夜空

2013/08/01 10:48 チェリナ

紅ちゃん、こちらにもお邪魔します^^



星空を見に 山へ行かれるんですか? エネルギッシュ!

でも素敵な趣味ですね^^



我が家は札幌の山奥ですが、住宅街の外灯で星はあまり綺麗に見えま
せん。。星を見れる山奥は相当 深くに入らないと・・。(最近はクマが出る
ので怖いし・・)

気をつけて見に行って下さい~





ところで、そうそう ハナヨに星の話 出てました!

私もハナヨを読んでから星に興味持ちましたヨン。 私の場合は

「北極星」です。 古代人が北極星を観察して そこから色々な学問が生
まれたのに興味もちまして・・。

北海道の地元に縄文人の遺跡がたくさんあるんですが、その古代人達は
 どうも舟を使ってかなり遠方まで行って 貿易までしてたようです。発掘
されてる「鉄」の原料やらを使って 鉄製品まで作ってた@@

舟を出すのに必要だったのが「北極星」です。これで縄文人は遠くまで行
き来してたわけです。

~~青森の三内丸山遺跡には 太陽の光の移動を観測する遺跡がある
らしい。 (はじめ人間ギャートルズ みたいな大石遺跡~はじめ人間ギャ
ートルズって知ってます?笑)



話しそれました(笑)

京都の弥勒菩薩 見に行った時も、その脇に「北極星」の観音様があって
 そっちばかり見たわ~(笑)

星の観測すると 色々と関連する学問があって 面白いです。それをヨン
ジュンに教えてもらいました(笑)



ながながと失礼しました~

コメント削除

2.チェリナさんへ☆

2013/08/02 00:37 紅水晶

こんばんは☆

星を見るのが趣味ってわけじゃないんですが、たまたま、南半球で星空
を見たことがあり・・@@;・・まともに説明を聞いてなかったから・・もった
いないことしたと・・・後悔。

今回はオプションですから気楽なツアーです(姉たちと行くんですが、基
本、女性1人参加とかでもOKみたい。。。)

やっぱり、夜景は山奥に行かないと日本ではなかなか無理かもしれませ
んね、夜が明るすぎて・・クマとかでちゃうんですか??ワイルドです!

チェリナさんは、北極星に興味をもたれたんですね。私、まだ北極星の
探し方がわからなくて・・^^;・・(チュンサンにレクチャー受けなきゃ)


縄文時代の人たちは鉄器をつくってたんですね。・・石器から鉄器っ
て・・・悠久の歴史の中で移り変わっていくと思うんですが、・・北極星が
より遠くに導いてくれたというか、変わらずに、自分の位置や行く先を教
えてくれるというか^^ロマンティック♪昔はGPSなんてなかったんだ
し、、、天気の悪い星の見えない日は困っただろうから、とても大切にい
つも空を見上げていたのは確かですよね。

はじめ人間ギャートルズ^^^知ってますよ。モチロン。

でも、今、本を開けたら@@;・・

北極星って2万5800年周期でかわるらしいですよ。

エジプトのギゼーにクフ王のピラミッドが建設された時の北極星は、りゅ
う座のα星ツバーン。1万2000年後は、こと座のベガが北極星になるん
ですって@@!織り姫が^^北極星・・・チュンサンのポラリス^^

あまりにも気が遠くなるような話ですね。どこに行ったら見れるかわから
ないけれど・・頑張ってポラリスをさがしてみますね。

弥勒菩薩の脇の観音様・・・そうでしたか~。・・・記憶がないか忘れちゃ
ったのか・・また見に行ってみます@@;・・。

お話聞かせてくださってありがとうございます^^



京都の弥勒菩薩 見に行った時も、その脇に「北極星」の観音様があっ

 そっちばかり見たわ~(笑)

星の観測すると 色々と関連する学問があって 面白いです。それをヨ

ジュンに教えてもらいました(笑)



ながながと失礼しました~

コメント削除

 
▼この記事にコメントする
名 前:
パスワード: パスワードを入力 するとコメント削除が出来ます。
メール:
U R L :
タイトル:
コメント:


カレンダー

2019年11月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードサーチ
ブロコリblog