2007/10/20 00:49
テーマ:過去の旅路 カテゴリ:暮らし(ガーデニング)

ベンガル菩提樹

Photo

みなさん、こんばんは♪

一昨日、昨日と太王四神記を見て、もう、身も心もぐったりしています。毎週、毎週ストレスがたまって行くような^^;ただいま、キハに感情移入どっぷり・・・もう!最後どうなんの?

せっかちな事を考えてしまいます^^;

おまけに、まだ撮影が残っているものだから、チェジュに行きたい病でむずむずしてきました。←実際には仕事の山に埋もれて^^;11月までは休みなし??行っちゃう?がまん?旅行が好きなのー!じゃなかった、会いたいのー!が、本音ですが、あかん!この調子じゃ、まともな社会生活が送れない!

 

心を安らかにするために、今日も少し植物の話をします^^;。

 

☆本日の写真は~

The Traveller (The IMAGE VOL.ONE)のヨンジュンssiとBanyanTreeのろうそく入れと、手と手をつないだカメさん達。

ここ2ヶ月はなぜか、この写真がお気に入りで、リビングで「おはようー」と声をかけるのはこのヨンジュンssi。タムドク様は、せつなすぎて^^;みちゃーいられない^^;ということで、、いつか、撮影が終わったら、、また、旅に出るのかな?と、旅先でリラックスしている写真を選んだりなんかして、、、(やっぱり、せっかち?)

 

で、妄想に浸るべく、私の思い出の詰まった、過去の旅路(タイ)のお土産♪BanyanTreeに炎をともしてみました。(アジアのスパ好きの方なら、このマークはすぐにあそこのホテルのやね、、とわかるかと思います。)

 

植物のBanyanTreeは、タイとかインドだけでなく、ハワイの浜辺などでもよく茂っているみたいです。きょこままさんのブログで、BanyanTree=菩提樹と教えていただいて、、。

そして、、、その菩提樹の写真と、昔の旅の風景を思い出しながら、昨日、鶴橋の某食堂で出てきた、しそのような葉っぱを見て、、、、なぜだか、私の知ってるBanyanTreeは、葉っぱがギザギザじゃない、、よな~??と、

何かがちがう?と。

日本の菩提樹には、、“気根”と呼ばれる、茎からだら~んと、茎のような根っこが地面に垂れている、、その、、だら~んが、ないよね??と思い調べてみました。

 

☆BanyanTreeは、日本語では、“ベンガル菩提樹”でした~。菩提樹には、ほかに、インド菩提樹や、西洋菩提樹などがあり、、すべて学名が違っているようです。

学名:Ficus benghalensis

別名:ベンガルボダイジュ、バニヤン〈クワ科〉
英名:Banyan Tree

 

→菩提樹って五つもあるの??って感じですが、

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/seiyou-bodaiju.html

 

日本の、菩提樹は、、菩提樹と西洋菩提樹も違う??よくわかんなくなってきましたが、、

 

会いたい!と思う焦燥感は、少し、落ち着いてきました^^;ほかの事を考えればいいのね^^。

 

そもそもBanyanTreeが、菩提樹の仲間って事すらも知りませんでしたが、観葉植物として売り出されているようですし、ちっちゃい鉢を探してみます。

 

 

 


 


[1]

カレンダー

2007年10月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
スポンサードサーチ
ブロコリblog