2009/01/15 01:27
テーマ:ヨンジュンssiと乾杯! カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

TV神の雫第1話 感想^^

Photo
ヨンジュンssi~、みなさん、こんばんは☆


昨日は、TV・神の雫 第一話見られましたか??


ヨンジュンssiも~いずれチェックするのかな??

という事で、私も見ました、感想をまとめます^^




ちなみに、私、コミックの19巻までと、現在発売中のモーニングの

♯193「誰がために涙は流され」までを読んでるので・・・



☆写真は、日本語版と韓国語版(第1巻)










ここから先は、思いっきり・・ネタばれ・・してますので、、

読まれる方は、ご注意を~~


第一話 感想で~す♪

まず、連載の段階でまだ、第6の使徒のお話だから、

テレビも6つの使徒と、神の雫の展開になってますね。


なんといっても、あまりにも早い、詰め込み過ぎ?の
展開にビックリ!

ストーリーが漫画の第3話ぐらいまで・・のものなので、

漫画を読まずに見た方には???話について行けるものなのか

心配になってしまいました~。


雫とみやびちゃんとの出会いから、いきなりファミーユに行って

いきなり・・・道端で、偶然・・ロベール先生に出会う??

竹中直人のロベール先生も・・想定内の風貌だけど・・

やりすぎ!! オマケに・・ロベール先生の・・

おわびに、アワビ」・・・・って、ものすごいダジャレ・・



(ヨンジュンssi・・ここは、あははって・・笑うところですよ・・・

・・・しーん・・(苦笑)・・しょんぼり・・・)


ロベール先生と雫が、フランス語で歌いながら踊るか??


という序盤で、、なんとなく、軽めの、パロディっぽい部分もあり、
いろんなシーンをつなぎ合わせすぎて、中途半端で終わりそうな
気分になりました。

どうせなら、もっと内容をバッサリ減らしたほうがいいかなとか??
ファミーユに、サンコムに、、あっという間に、、話終わっちゃった。


じっくり見るにはきついというか、本格的なものは、ヨンジュンssiに
作ってもらうしかない~~!!、、と、思いました~。

なんか、漫画がおもしろいからじっくり作らないともったいないなと。

見出しだけ?見てるみたい・・。であれば、短い時間で作る意味は??

とか、考えてしまいそう。。


ただ、嬉しかったのは~、やっぱり、スカパーのCMですね(^-^)

ヨンジュンssiと会えると思ってなかったから、それだけで、
うれしかったです。



そして、注目の雫・・亀梨君は、、初めて演技を見たので、、

良さとかは、よくわかりません、、。

先月行きつけの美容室で読んだ女性美容雑誌に、原作者と

亀梨君の対談が載ってましたが、、、雫がワインを通じてだんたん、

大人になって成長していく過程を、若い亀梨君に期待している

みたいな事が書いてたので、、あんな感じでいいのかな。。


ワインの香りを嗅いで、ワインを飲んで、何かを思い出していく、、

そのシチュエーションは、良いのではないでしょうか。。




で、肝心の、一青ですが、、確かに、確かに、、マンガの

一青に顔立ちとか、雰囲気とか、似通わせているのは、

わかりますが、、何か物足りない。。。。


ヨンジュンssiのかっこよさとか、魅力とか、そういうものまでは、

求めてはいないんですけど、、私的には、やっぱり、、、

ヨンジュンssiの一青を想像してしまった!!!

ヨンジュンssiにやってもらうしかない(><)~って気持になりました。

ヨンジュンssiならどう作る??



あと田辺さんて、、微妙に、、、滑舌が悪くないですかね??
私の耳が悪くなったのか??

ワインの解説(表現)が多いから、もう少し、聞きとりやすく、、

見た目にもわかりやすく、、CGを使うならもっと

グレードアップして欲しいな!

一本のワインのイメージがもっと頭に残るように。。。




圧倒的に、時間が足らないのは、わかるけど。。

制作している方々・・詰めすぎて、ストレス溜まってませんか??

って、気分になりました。。




☆もっと、もっと、頑張ってドラマを作ってほしい~~☆

写真は、、漫画の第一話、次のページにミレーの「晩鐘」が
出てきて、シャトー・ムートン・ロートシルトが登場~!!


・・・だったけど、、テレビではなんかパワー不足・・


演出をもっとドラマティックにして~☆と思った次第です。。



Photo





では、今日はこのへんで。。お休みなさい☆


















[1]

カレンダー

2009年1月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサードサーチ
ブロコリblog