2007/10/20 00:49
テーマ:過去の旅路 カテゴリ:暮らし(ガーデニング)

ベンガル菩提樹

Photo

みなさん、こんばんは♪

一昨日、昨日と太王四神記を見て、もう、身も心もぐったりしています。毎週、毎週ストレスがたまって行くような^^;ただいま、キハに感情移入どっぷり・・・もう!最後どうなんの?

せっかちな事を考えてしまいます^^;

おまけに、まだ撮影が残っているものだから、チェジュに行きたい病でむずむずしてきました。←実際には仕事の山に埋もれて^^;11月までは休みなし??行っちゃう?がまん?旅行が好きなのー!じゃなかった、会いたいのー!が、本音ですが、あかん!この調子じゃ、まともな社会生活が送れない!

 

心を安らかにするために、今日も少し植物の話をします^^;。

 

☆本日の写真は~

The Traveller (The IMAGE VOL.ONE)のヨンジュンssiとBanyanTreeのろうそく入れと、手と手をつないだカメさん達。

ここ2ヶ月はなぜか、この写真がお気に入りで、リビングで「おはようー」と声をかけるのはこのヨンジュンssi。タムドク様は、せつなすぎて^^;みちゃーいられない^^;ということで、、いつか、撮影が終わったら、、また、旅に出るのかな?と、旅先でリラックスしている写真を選んだりなんかして、、、(やっぱり、せっかち?)

 

で、妄想に浸るべく、私の思い出の詰まった、過去の旅路(タイ)のお土産♪BanyanTreeに炎をともしてみました。(アジアのスパ好きの方なら、このマークはすぐにあそこのホテルのやね、、とわかるかと思います。)

 

植物のBanyanTreeは、タイとかインドだけでなく、ハワイの浜辺などでもよく茂っているみたいです。きょこままさんのブログで、BanyanTree=菩提樹と教えていただいて、、。

そして、、、その菩提樹の写真と、昔の旅の風景を思い出しながら、昨日、鶴橋の某食堂で出てきた、しそのような葉っぱを見て、、、、なぜだか、私の知ってるBanyanTreeは、葉っぱがギザギザじゃない、、よな~??と、

何かがちがう?と。

日本の菩提樹には、、“気根”と呼ばれる、茎からだら~んと、茎のような根っこが地面に垂れている、、その、、だら~んが、ないよね??と思い調べてみました。

 

☆BanyanTreeは、日本語では、“ベンガル菩提樹”でした~。菩提樹には、ほかに、インド菩提樹や、西洋菩提樹などがあり、、すべて学名が違っているようです。

学名:Ficus benghalensis

別名:ベンガルボダイジュ、バニヤン〈クワ科〉
英名:Banyan Tree

 

→菩提樹って五つもあるの??って感じですが、

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/seiyou-bodaiju.html

 

日本の、菩提樹は、、菩提樹と西洋菩提樹も違う??よくわかんなくなってきましたが、、

 

会いたい!と思う焦燥感は、少し、落ち着いてきました^^;ほかの事を考えればいいのね^^。

 

そもそもBanyanTreeが、菩提樹の仲間って事すらも知りませんでしたが、観葉植物として売り出されているようですし、ちっちゃい鉢を探してみます。

 

 

 


 


2007/10/16 00:41
テーマ:過去の旅路 カテゴリ:暮らし(ガーデニング)

あなたのために、咲きました。

Photo

♪誰のために咲いたの~それは~あなたのためよ~♪

 

突然ですが、来月、義理で地元のカラオケ大会に出場決定~^^;、

歌の練習中です^^。なかなか歌う曲が決められないので^^;今夜は、姉が歌う予定の「ひまわり娘」を歌ってみました。

 

まともに聞いた事がない曲(私生まれていたのかな?)ですが、聞くと、歌詞がかわいらしいですよね。

♪~あなただけの~になりたい~

              それが~私の願い~♪

そんな風に思われたら、「はいはい!お世話をします」って、

ガーデニングに力が入りそう!

 

☆ということで、今日の写真は、昨年、親孝行するために無理やり連れて行かれた、

オーストラリア、ウルル(エアーズ・ロック)から30km離れた、カタ・ジュタ(マウント・オルガ)の遊歩道に咲いていた、おを紹介します。

 

名前がわからないので、、ガーデナーの皆さん、また「こんなのに似ている・・」とか、教えてくださいね。

 

お水あげる人いないのに、、、Outbackの厳しい砂漠の中にも、自然の恵み、、あるんですね。

 

いろんな花が咲いていて、感動しました。もう、ドライフラワーみたいな花がいっぱいあって、、咲いているのか?枯れているのか??さっぱり、わからなかったのですが、のような花びらの色が美しかったです。

 

季節が逆なので春になるところ、、だったみたいですが、開花の瞬間に出会えて感謝♪このお花も日本でヨンジュン家族に見てもらうなんて、考えもしなかったでしょうね(笑)。

 

ただ、そこで自然に咲いているだけ。。。

 

という事で、私たちも、どんな花を咲かせましょうか(^-^)??って、のんびりブログ書いている場合じゃなかった。。何を歌おうかな??ん~、千年恋歌はきっとカラオケが間に合わないし。冬ソナの歌は、いつもうまく歌えないし、、。

 

ん~、私の歌は、「のたからもの」(ルパン三世 カリオストロの城)に決定。何でアニメやねん?とみんなに突っ込まれそうですが、、なにせ、カラオケ大会ほとんど演歌なので、違うカテゴリーがいいかと、、

昔から大好きな曲で、歌詞もよくて、、、なんだか、朱雀みたいです^^黒朱雀じゃないですヨン(昨日11話の予告を見てしまい、もう今週まともに生活できるのかな?)

ちょっとだけ、家の観葉植物相手に?歌ってみよう、、。

♪炎と 燃えさかる~ 私のこの愛~ ♪

 

続きは、見つけたサイト、貼り付けておきますね、一人カラオケって感じで^^good。

http://homepage3.nifty.com/RuiRuka/Prv/Midi/HonooTakara/HonooTakaraIx.htm

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2007/10/02 22:53
テーマ:過去の旅路 カテゴリ:生活・日常(その他)

私も小さいけど・・

Photo

私も、先週韓国に行ってきました。孫社長も行かれてたようで。。。遊び心ムクムク。。ちょっと、真似して書いてみます。

先週発作を起こして、またまた韓国に行ってきました。関空の手荷物検査で、見たことがある??方が立っていました。搭乗口でも一緒になり、、「あっ!」K-1のとある選手でした。しっかり目が合ったのに~~、握手してもらおうかな~~と思いつつ、こんな近い距離で偶然会うなんて、ヨンジュンssiだったら~と妄想が膨らみ、ハッピーな気分で、、彼の後ろをすごすご歩いているだけになりました。

とにかく!大きいの!まるで、巨人と小人、まるで、美女(?)と野獣?くくくっ(笑)、中年ぶとり気味の私ですが、この時ばかりは、本当に、自分が小さくてかわいらしくて、私ってスリムでしょ?っと思えたほど。私も言う相手いなかったけど・・。

そして、飛行機は愛する彼のお国の仁川空港に到着。

そこでトランクを取りに行くと、目の前に~またしても巨人さんが座っています。もしや、その方、座ってちょうど私と視線がおんなじなんじゃ??

さて、その方はどなたでしょう??

いつも「握手してください!」って韓国語で練習しているのに、その時も、声が出なかった情けない私、、。何度も目が合ったのですが・・ちょっと、お名前に自信が無く~~、

2m18cmのその方は、チェ・ホンマン選手でした。ちなみに私の身長は150cmだから・・ざっと、68cm差になります。本当に大きかった!っていうか、私も標準以下の小ささだけど、、。ソウルで試合があったことを後で知りました。前もってわかっていたら「ファイティーン~!」って、言えたかな?ん~それも無理かも、、。でも、これを機会に今度から会う人会う人に声をかけて、いざと言う時のために練習しなくちゃ~と、思いました。ホント情けない、、。なんて気が小さいのかしら、、。

そうして空港を後にして、今度は道ゆくスリムな韓国女性に注目~、ホント、背が高くて、スリムで、、身長150cmでもまったくコンプレックス無く育った私ですが~さすがに、身長欲しいな~もっとダイエットしなくちゃ~~と、現実を知る、、。

 

誰かさんより小さい自分、誰かさんより太っている自分、、、その誰かさんをいつも気にしていたら、自分を見失ってしまいそうで、あんまり他人のことは気にせず、理想の自分VS今の自分の勝負だといつも思っていますが、孫社長は、あんなに大きな仕事をしているのに、あんなに素敵な人と仕事をしているのに~~、全てにおいて小さいなんて~~ん~信じられな~い。孫社長も理想の自分と戦っているんでしょうか。

身長なんて、自分の努力では解決できない問題だから、もっと小さく、もっと大きく、、なんて考えるのは、ナンセンスで、コンプレックスを感じないように育ててくれた親に感謝していますが、

小さい、、を、気にされる方には、小さきものの美しさ、とか、小さいがゆえに精密である世界とか、そんなものにもっと目を向けて欲しいなあと思いました。

☆写真は、27日韓国の満月!!星に願いを託すにはぴったりの、月明かりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2007/09/22 03:22
テーマ:過去の旅路 カテゴリ:趣味・特技(旅行)

テサギ濃度を薄めるべく・・

Photo

ここ数日、ヨンジュンssiのセリフがわからないもどかしさに、

「この2年、何をやってきたんだろう?」

って、悔しく思いつつ、去年の今頃、何をやっていたか、振り返ってみました。

本当の“廃人”になったら困りますからね!頭の中のテサギ濃度を薄めるべく、、ほかの事を考える。。

ちょうど、、別の場所で、自分のブログを一年以上書いていたので、そこから

記憶をたどると、私にとっては、去年9月21日は、とても思い出深い日だったのです。

去年のその日、私は一人、オーストラリアのメルボルンに、旅立っていました。

その時期、チェジュにいこうかどうか、姉と2人で迷いつつ、お休みだけは、確保していました。

結局、ヨンジュンssiがチェジュにいないと(当時、キルギス行きのうわさが・・)淋しいな~という事で、姉は同僚となぜかロシア、私は、どうしても行ってみたかった、オーストラリアのメルボルン近郊にある、『グレート・オーシャン・ロード』に行く事になったのです。

チェジュがメルボルンに?近くに行っても逢えないなら思いっきり遠くへ行ってみたい・・?この心理、、。人間行こうと思えばどこでも行ける!私の旅程は、下記の通りでした。

21日 夜関空発
22日 朝ブリスベン→昼メルボルン→半日市内観光
23日 早朝グレート・オーシャンロード一日観光
24日 早朝メルボルン→昼シドニ発ー→夜関空着

 

片道8000kmですよ^^。関西からソウルまでが、800kmぐらいでしょうか、ざっと10倍!の距離。

 

2週間前、発作を起こして^^ソウルに飛んじゃったけど、この旅行も無謀さにおいてはかなりのものでした。。。

こんなツアーがある事自体に驚いて、でも、公式ツアーと同じような値段だったんで、GO~となったわけです。

韓国もうでを始めたら、きっと他の国のどこにも、行けなくなる。。そう思って、最後?に選んだ旅先が、☆写真のグレート・オーシャン・ロード

インス・ジャンパーを着て、ヨン人乗りのヘリコプターに飛び乗って、写してきました。

ポスターなどでよく見る景色は、これとは逆の展望台からの眺めです。(注:午後は逆光になるので、典型的な景色を撮ろうと思ったら早朝に行くしかないんです~がっくり)

絶壁に立つ、十数個の、奇石を『十二使徒』といいます(ちなみに絶壁は約65m)。実際には、崩落もしていて、10個も無かったような?

(あの、ワインの漫画『神の雫』にも、『十二使徒』がでてきますよね。)

 

一人淋しく・・?いいえ!とっても感動して、この景色を眺めていた事を思い出します。

ポラリスも見えない^^;南半球の端っこまで行ってみて、やっぱりどんなに遠くに離れてみても、ヨンジュンssiの事は忘れられないな~!と、実感。

(写真の海は南氷洋。海の向こうは南極^^;)

彼にこんな素晴しい景色を見せてあげたい!と、思っていたのです。

ふと、一年前を振り返ってみて、私のブロコリブログ・タイトルの原点になったような写真に、再会できました。

ん~、私の頭の中のヨンジュン濃度はまったく薄まらないな~。真夜中に一体、何を書いているんだか・・・。

ん~、これからはずっと彼のそばにいよう(^-^)~!そして、韓国語の勉強に励もう~♪

 

☆私が一番見たかった十二使徒

http://www.greatoceanrd.org.au/12apostles/index.asp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2006/12/07 23:23
テーマ:過去の旅路 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

まっさらな気持ちで

Photo

2004年私のヨンゲル係数を引き上げた

お気に入りのPCが、壊れてしまいました、、

いつでもどこでも、、連れて歩いたPC、

海外に行っても、公式とブロコリから

離れられなくて、、

みんなとつながっていたくて、、

なのにぃ~~ある日、突然、、起動せず、、

ハードディスク交換の憂き目に、、、

ここ数ヶ月間の貯めていた画像が~~~

あぁ~消滅、、、

 

☆写真は。災難を逃れた去年12月の

Park BOF、初雪の翌朝です^^。

まっさらな気持ちで、、もう一度、

愛を届けなくては、、。

 

 

 

 


[1] ... [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

カレンダー

2019年11月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードサーチ
ブロコリblog