2009/10/03 03:03
テーマ:独り言 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

あなたは我が羽をはた織る鶴のごとく

Photo

イベントから帰ってから、情報アップもできずレポもできなくてごめんなさい

忙しくて、バタバタしていて・・・

と言い訳すれば、それですむことなんですが・・・




でも、そうではありませんでした

今の気持ちを言葉に表すことができないのです






いっぱいの心残りを東京においてきた気がするのです

皆さんと朝まで語り明かすつもりが、なんだか疲れ果てちゃってホテルに帰っちゃうし、

30日は、最後まで見れずにドームを後にしなければならなかったし

まだ帰りの新幹線でおしゃべりしていたうちはよかったのですが

やはり帰ってから、どっと寂しさがが・・

ヨンヨンに会えたんだから、そんなことで凹んでいてはダメなんですが



今日の急遽帰国の報を聞いて、ますます凹みモードに・・・


それは予想していたことだし、むしろ早く帰って療養してくれるほうが安心なんですが・・





この寂しさは理屈じゃないですね


あなたは家族との約束を守るために、とてもステージに立てる状態ではなかったろうに

そんなことはおくびにも出さず

「皆さんにあえて元気が出てきました」と言う



まさにわが身を削って

恩返しのために自分の羽で機織る鶴だったのですね



そんながんばったヨンヨンを感じているのに、この凹みようはヨンヨンに申し訳ないですね・・・・



[コメント]

1.Re:あなたは我が羽をはた織る鶴のごとく

2009/10/03 05:53 joonsari

早く帰国されて内心はホットしました。2日間イベントに参加でき
てヨンジュンさんにいっぱい愛を頂いて^^今も余韻に
ひたっています。次回は元気な姿を家族の前に出て来て
下さると思いますかから・・・静かに待ちましょうね。

コメント削除

2.Re:あなたは我が羽をはた織る鶴のごとく

2009/10/03 10:49 アジサイ

おはようごます、29日に偶然お会い出来うれしかったです、
私も帰ってから、何か心が凹んでいます、どうしてだろうと
自問自答した結果、ヨン様が大スターになられれば
なられろるほど、回りがほっておかず大スターから韓国の代表
いや大統領的になって行くようで、そうすれば国の為の仕事も増えスト
レスも増えるでしょう、真面目な方だから病気になられたのかなと思い
ます、早く帰国された事心から嬉しく思いました。
もう一つヨン様の御輿行列の時少しでも近くでお会いしたい気持ち解り
ますが勝手に席を離れてしまい、司会者の注意にも耳をかさない家族
が多くみえました、悲しかったです、そしてイベントが終わった後アナウ
ンスの誘導で退場をするのも無視され勝手に退場された方がずいぶん
多く見えました(汽車の時間の無い人は仕方ないですが)怪我があって
はいけません、それこそヨン様に会えなくなります、昨年の京セラの時
は行儀の悪い人居ませんでしたから、気持ち良く帰れました。
長々と書いてごめんまさいね、ヨン様の一日も速い快復と、素敵な
笑顔でお会い出来る事を心から祈っています。



3.Re:あなたは我が羽をはた織る鶴のごとく

2009/10/03 22:57 幸せの記憶

少しの時間でしたがピンクのチョゴリをきたコリアさんに
お会いしました。
おぼえていらっしゃいますか?

私も「夕鶴」のおつうのことがよく頭に浮かぶんです
そして身を削る思いで私たちを喜ばせようとしているのだから
彼が私たちの言っていることが分からないなどと思わないように
誠実な気持ちで向き合っていきたいといつも思っています。

くしくも同じ思いをおたれたコリアさんに一言書きたくて・・


4.joonsari さん、こんばんわ

2009/10/04 02:12 コリアタウン

さみしいけど、オンマの元で療養されるのが一番ですよね
元気になったら、また来てくれるものと信じています

コメント削除

5.あじさいさん、こんばんわ

2009/10/04 02:21 コリアタウン

30日は新幹線の時間のため、最後の挨拶が聞けなかったのが残念で
した
スタンド席はとっても急で、ヒールなんかだったらこわいでしたね

ヨンヨンがBIGになったのはそうなる運命だったと思います
だってあれだけ母国のことを考えて、行動に移す人はないですものね
そして、そんなカレに引き寄せられたのも家族の運命

これからもずっと同じ夢を、仲間のみんなと追いかけていきたいと思いま

コメント削除

6.幸せの記憶さん、こんばんわ

2009/10/04 02:27 コリアタウン

30日にお会いしたのでしたっけ?

もうさみしくても、泣きません
カレに恥じないような家族道を歩まなくてはね
家族として懸命に生きることが、家族としてできる恩返しかなと思います

ヨンヨンは羽を機織っても、不死鳥のごとく甦る人ですものね
カレを信じて、ついていきます

コメント削除

 
▼この記事にコメントする
名 前:
パスワード: パスワードを入力 するとコメント削除が出来ます。
メール:
U R L :
タイトル:
コメント:


TODAY 396
TOTAL 2031847
カレンダー

2022年7月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スポンサードサーチ
ブロコリblog