2012/10/11 20:38
テーマ:独り言 カテゴリ:ヘルス・ビューティー(病気・薬)

山中教授を支えたウメ子先生

Photo


IPS細胞とか、盛んに言われてた頃
 
「ふうん・・難病がガンの治療にやくにたてばええなあ」と
 
漠然と考えていましあたが
 
コレって人類史上の進化を
 
また違う方向へ進めるかもしれない偉業なんですね
 
まあ、受賞すべき賞としてもらえたんやなあと
 
記者会見を見てると
 
決して、順調に研究が進んできたわけでなく
 
資金難、人材難の仲で
 
信念を持って研究をつづけている牽引となってきた山中教授
 
ほんまえらいなあと思います
 
 
 
 
 
 
だいたいこんな研究者は
 
お金のことや家のことにむとんちゃくで
 
いわゆる研究バカ
 
それを支えてきたのは、まわりの人たちや
 
教授の研究を、我が身をなげ売って研究に、と支えてきた多くの患者たち
 
 
 
 
 
そして何といっても、
 
研究がうまくいかなかったときも
 
精神的に支え
 
励まし
 
 
経済的に苦しい時も
 
それを支えていた家族がいたからですね
 
 
 
山中教授の奥さんもお医者さんだそう
 
日本のハレの場である記者会見では
 
あまり奥さんまで出てくることはないのですが
 
あの会見の時は
 
「家族に感謝」といって奥様も同席デシタ
 
 
(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?
 
 
 
どっかで見たことある
 
 
 
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
 
 
いつも見てもらってる梅子先生(女医さん)
 
すぐ近くの
 
いっちゃ悪いけどふるーい町医者
 
看板の方が大きな2階建ての普通のおうち
 
ただ先生は有能らしく全国から患者さんがくるという
 
 
 
先生は患者の話を欲聞いてくれ
 
「よくなったらマラソンだっできるよ」が口癖
 
なんで皮膚科でマラソン?
 
 
って思ってましたが
 
山中先生は研究のタメ、募金を作ってフルマラソンに望んだり
 
 
 
ウメ子先生にとっては
 
「マラソンができる」というのは
 
 
元気になって夢を叶えることができる!
 
って意味だったんでしょうね
 
今日は職場でもその話題でもちきりでした
 


[1]

TODAY 188
TOTAL 1393260
カレンダー

2017年8月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードサーチ
ブロコリblog