2018-03-05 01:34:02.0
テーマ:五線譜 カテゴリ:日記(ひとりごと)

おもいでの扉



ある おもいで の中に存在する愛しい人が

ある おもいで の中だけにしか存在しなくなり

ある おもいで は悲しみ色になった


その おもいで の情景が残る場所には

今も足を踏み入れることができない



思い 想い 重い

おもいでの扉





[コメント]

1.Re:おもいでの扉

2018-03-08 13:26:48.0 西の魔女

おもいでの扉を開けたくて その会に行こうと決心
そうしたなら、「ぎゃぁあ~~ん」
なんということ 違うじゃない(体形が)
でも、話をしたなら昔と変わらぬ人でした

それから18年後に、あった時は
「あれから、ダイエットしたんや」
アパレル関係にいたからか、かっこよい着こなしをしてました

私の初恋の人は  今も私の中では
どんな形であれカッコイイ

悲しいと思った おもいでも
いつまでもそこへ置いておけない
息子に「理解できへん、これでいいのか」
歳を重ねると流さねばならない記憶になります
これでいいのよと

悲しい思い出も いつかはね
訪れることを恐れたその場所もね
そっと扉を開けてみると違う景色が表れるかも
時が扉をたたくように

コメント削除

2.To:西の魔女さん

2018-03-09 19:33:28.0 ジョニー・B

こんばんは。

3月生まれの方と縁がある私は、3月そのものにも縁が深く、3月に
なるとある悲しみが私を時の底に沈めます。
まだまだ時間が必要かもしれませんが、いつかは訪れないと・・・
と思っています。

明後日は悲しみがさらに深まります。

Thank you for comment & Bye for now・・・♫


 
▼この記事にコメントする
名 前:
パスワード: パスワードを入力 するとコメント削除が出来ます。
メール:
U R L :
タイトル:
コメント:


カレンダー

2018年10月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブロコリblog