2008/01/21 12:57
テーマ:北の暮らし カテゴリ:地域(北海道)

ナナカマド

Photo

今日の旭川は、少し暖かで、氷点下8度です(*^。^*)

 

           「 赤い実の洋燈 」

私は、17歳の、この町で生まれ、いま、百歳の、この町を歩く。

すべては、大きく変わったが、ただ一つ、変わらぬものがありとすれば、

それは、雪をかぶったナナカマドの、あの赤い実の洋燈。

一歩、一歩、その汚れなき光りに、足元を照らされて行く。

                 ・                                      

                 ・

明治40年に旭川で生まれた井上靖氏の詩の一部です。

旭川開基100年の式典の為に、帰郷した時の思いを詩にしたものなんですよ(*^。^*)

ナナカマドは市のシンボルツリーですので、どこででも、この雪をかぶった

赤い実のランプが見られますよ~~(*^。^*)

でも、2月になると、渡り鳥の黄レンジャクが実をついばむので、

ほとんど、なくなるんですけどね・・・^^;

緑橋通りのナナカマドの並木は、

実に見立てた赤い光りでライトアップされて、可愛いですよ!

ヨンジュンさんは、井上靖氏の作品をご存知でしょうか?

映画化されたものも多いのですが・・・

おろしや国酔夢譚・敦煌・蒼き狼・氷壁・風林火山・・・・

私は、作品はあまり読んでないのですが・・・^^; 

 


[1]

TODAY 276
TOTAL 1825055
カレンダー

2008年1月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードサーチ
ブロコリblog