2013-11-20 07:34:13.0
テーマ:キム・ジェジュン カテゴリ:韓国アーティスト(JYJ)

『www』はまさに始まろうとしている愛

Photo
「『WWW』はまさに始まろうとしている愛について表

現したもの」


JYJのキム・ジェジュンは、ルールにとらわれるアー

ティストではないことはよく知られている。


東方神起のメンバーだったユチョン、ジュンスとジェ

ジュンは、2010年に


彼らの所属事務所であったSMエンターテイメントと

の契約紛争によって、グループを脱退。

それにより、彼らがかつて味わっていたような人気を

再び得る可能性は

低いように思われた。





しかし、その年から3人によって形成されたグループ

JYJは、数々の障害や批判に

遭いながらも、今日のK-POP界において最も人気

のあるグループの一つになっている。


今回、ジェジュンは10月29日に新しいソロアルバム

『WWW』をリリースした。

新たにロックの領域に踏み込んだトラックについて、ソフトな口調で語った。


KpopStarzがジェジュンと会うのは昨年以来で、今

回、日本でのソロツアー中

だった27歳のポップスターは、

『WWW』の制作過程や彼のこれから目指す音楽に

ついて語った。




■ 新しいアルバム『WWW』は、どんなア

ルバムだと言えますか?


ジェジュン:

このアルバムは、まさに始まろうとしている愛につい

て、愛の“誰、いつ、なぜ(WWW: Who, When,Why)”

について表現しています。

それがアルバムのタイトルを思いついた理由です。

アルバムはロックテイストの曲で構成されています

が、ロックにあまり馴染みのない

ファンにも聞きやすいトラックになっています。

もちろんその他の曲も含めて、誰もがそれを楽しん

でくれるよう願っています。






■ (今年1月にリリースしたソロミニアル

バム『I』に続く)2枚目の

ソロアルバムを作る上で、どんなことがあ

りましたか?



ジェジュン :

このアルバムの制作過程のすべてが楽しかったで

す。

ハ・ドンギュン、(BEASTの)ヨン・ジュンヒョンを含

め、このアルバムの

ためにとてもたくさんのアーティストの参加があった

ので、自分だけでなくて、

彼らと一緒にレコーディングするのが楽しかったで

す。





■ 曲を作る上で、このアルバムでやりた

かったことは何でしょうか?


ジェジュン:

ほとんどすべての曲に、メッセージを込めて自ら制

作、あるいはプロデュースを

しています。多くの曲でメロディーを何度も繰り返し

聴きたくなるようにしています。

聴く人と繋がりたいと思って、中毒性の強い歌にし

ようと思いました。

そこで歌詞を非常にシンプルにしました。

同時に、いくつかの歌詞については、聴いた人がそ

れを理解するために、

歌詞を見て、また曲を聴いて、ということをして欲しく

て、そういう曲も作ってみました。




http://japanese.kpopstarz.com/articles/10758/20131119/jyj

-jaejoong-www-interview.htm






【独占インタビュー】 JYJジェジュン(2)

「インスピレーションはピアノか

ら」「ずっとJ-POPが好き」


掲載日時: 2013-11-19 12:41


■ 作曲をしている時、どこからインスピレ

ーションを得ますか?


ジェジュン:

私は、ピアノの音から多くのインスピレーションを得

ます。

ピアノで遊んでいると、メロディーのタイプに応じて、

作詞をする時の助けになる特定の思い出や瞬間を

思い浮かべることができます。

ピアノが大好きなので、ピアノさえあればいくらでも

遊べます。




■ ピアノ以外にもできる楽器はあります

か?


ジェジュン:

正直なところ、ピアノ以外の楽器は弾けません。

今、ギターを弾けるように習っているところです。



■ どんな種類の音楽を聴くのが好きです

か?


ジェジュン:

ずっとJ-POPが好きです。

たとえば、ラルク・アン・シエルなどのようなバンド音

楽をよく聴きます。

もっと若かった頃は、X-JAPANをよく聴きました。




■ 『WWW』ではいくつかのコラボレーショ

ンがありましたが、

コラボしてみたいアーティストはいます

か?


ジェジュン:

今回多くのアーティストとコラボレーションをしました

が、次回は女性アーティストとコラボできたらいいな

と思っています。

歌手のGUMMY(最近、C-JeSエンターテイメントに

移籍)といつか

コラボできたらと思っています。




■ ソロ活動と、JYJとしての活動の違い

は?


ジェジュン:

JYJでのボーカルは、ポップミュージックのスタイル

を踏んでいますが、

ソロアーティストとしての私は様々な異なったスタイ

ルの音楽に挑戦することが

できます。

私はロックのジャンルを多くやっているので、JYJの

活動のときとは全く異なる、

叫ぶようなスタイルの音楽をやったりします。

それと、ソロで活動する時は、すべてを自分が負わ

なければならないけれど、

JYJの活動の時は責任を共有できるということです。




■ ファンにどんな風にライブを楽しんで

欲しいですか?


ジェジュン:

ロックをテーマにしたコンサートを楽しむために、ジャ

ンプしたり、

頭を揺らしたりして音楽を感じて欲しいです。

身体が音楽を感じるままに任せることをお勧めしま

す。

恥ずかしいことではないです。

目と耳を開いて、周りのことを忘れて、ただコンサー

トを楽しんでください。





■ JYJとしての最近の関係はどのような

ものでしょう?

ユチョン、ジュンスと親密にしています

か?


ジェジュン:

JYJのメンバーは、私にとって家族のように特別な

存在です。

オフでは私達は大声でしゃべりあったりして楽しむ

のが好きですが、

ステージ上での私達はプロで、別の側面を披露して

います。

ステージ上とオフとでは私達は明確な違いがありま

す。




■ ソロアーティストとして、またはJYJとし

て、これからの予定は?


ジェジュン:

ソロ活動では、私自身が歌を楽しむため、さらにそ

れを聞く皆さんが楽しむために、


このアルバムを作りました。

残念なことに、JYJは、今年アルバムをリリースする

ことはないのですが、

来年にはアルバムをリリースして、トップを狙う予定

です。



http://japanese.kpopstarz.com/articles/10759/20131119/jyj

-jaejoong-interview-2.htm




掲載日時: 2013-11-19 12:41

JYJ, Jaejoong, WWW, Interview









[コメント]
 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 59
TOTAL 294752
カレンダー

2018年6月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロコリblog