2012/01/15 20:58
テーマ:冬のソナタ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

うぬぼれ自慢の妄想部屋

Photo




 

 


illustration by emerald

 

 










eme様~素晴らしいです!!!!!

お借りしました~

本当にどうもありがとうございます♪

 

 








 

で、、、、、

朝鮮人参を買わなきゃいけないのか、

心配してましたがー

 


……なんか、買うとヨン様フォトプレゼントらしく~


今んとこ、私的には買わなくてええのでホッとしました!

 

 

 


まあ、こおゆうことはハッキリ言っておきませんとね。

じゃないと、テコ入れで来日イベとか計画してもらえませんから!!!

 

正官庄さん!

よく聞いて下さいね!!!!


わたし、グッズには一切興味ありません!!!!!!!!

 




しか~し!
 

王子と至近距離で会えるのでしたら、

十年分くらい、定期コース先払いする用意がありますから!!!!!!

 

 

 

 

あ!そう言えば、某katudonさんに、申し訳ないことを~><

 

なんか言いがかりをつけたかったので、

「ヘボン式も知らないのですか?

パスポート取る時、恥をかかんように」とか書いちゃったんですが~

 

馬鹿は私のほうでして~汗~

 

 


 

外来語又は外国風の名を子に付ける例が多くなる等

表記の例外を希望する申請者が増えていることから、

その氏名での生活実態がある場合には、

非ヘボン式ローマ字表記であっても、その使用を認める@外務省

 

 


みたいな感じに、世の中変わっていたのですねー!!!

ぜんぜん知りませんでした~><

 

なんか、「愛」さんだと「love」でもいいとか?爆

「理恵」を「RIE」じゃなく「LIE」にしたら…

「嘘」だから、学校でいぢめられたとか、、、

 

プチトラブルもあるようですけど、、、、、

知らんうちに、世の中進んでいるのですね~

 

katudonさんも是非!

「katudon」表記での生活実態を示す届けを(略

 


それで、

「ただ色情狂みたいに追い回すのはもうやめましょう」との仰せですが、、、

 

 

あ、ちなみに、なぜあなたの「非承認の※」を私が知っているかというと。

非承認の※でも、ぐぐるのキャッシュに残るからです。

けして、ブログ主さんが裏で公開しているのではありません。

その辺はお間違いなきよう。

 

 

そうですね~私も、私生活まで追い回すのは反対ですが

イベントの時くらいはね、、、

熱狂的に追い回すファンもいないような俳優ってどうなのかな~、、、、

 


あ、それから「ばあちゃん」さんも。

遅レスで申し訳ありませんが

 

 

「参加者からは一部ひんしゅくあきれた言動との声もあります。

うぬぼれ自慢の妄想部屋には入ったことありません。

韓国フアンの中には

<J00Nは日本のキャーキャー中高年のごきげんばかりとってがっかり>

という声もありますよ」

 


「ばあちゃん」なんてハンドルネーム、逆説的にお付けになったのでしょうが

かえって老け込むといけませんから、考え直したらいかがでしょう?

 

 


…なんか気分が荒んでるなあ~

こんな時は、冬ソナで反芻するに限る、、、、

 

 

 

「何で戻って来ないんだ?

 
……今まで思いもしなかったけど、

やっぱり王子ってミニョンさんに似ているよ」

 


「どこがよ?」爆

 


「ここって言えないんだけどさ…」

 


「そうね、あのうんうんする感じ。 

まるでミニョンさんだわ」

 

 

「その感じってのを超えてるよな。 

自信ないけど…

でも、もし本当に王子がミニョンさんだったら、ユジンはどうするんだ?」

 


「もし本当だったら…あの二人は運命で結ばれているとしか思えないわ。爆

 
そうなったらもう、katudonだって止める事はできないわよ。

あんたもよ、ばあちゃん」

 

 

「ばかな事言わないでよ!!

ペヨンジュンさんは韓国で育ったのよ。 

どうして、日本のアジュンマの王子になれるのよ!

行くわ」はい、何処へなりとご自由にpp---            



[コメント]
 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 174
TOTAL 4199551
カレンダー

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブロコリblog