2010/08/01 11:24
テーマ:妄想 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

冬ソナGPSで終

Photo







案の定、わが県は…

今日の放送無さそうなんで~~~~~

ゴォォ━━(# ゚Д゚)━━ルァ!!


腹立ち紛れに妄想してしまいました↓

宜しければお付き合い下さいね♪









「僕といるんです。今日は帰りません」

 


ユジンさん…


そうですよね…

彼とは、婚約しているんだ…

あなたが本当に愛しているのが、チュンサンという人でも。


あなたは彼と結婚することを選んだんだ。

僕…僕は…このまま…あなたを諦めることが、できるだろうか?


僕とは、一晩一緒だったっていっても…

事故みたいなものだったし。

あなたが望んで、僕といたのでは無かった。


でも今あなたは…あなたの意志で。

彼と一緒に過ごしているんですね…

ユジンさん、あなたの瞳に映る僕は…

昔の彼に似ている男、それだけなんですか?


ユジンさん、苦しいです。

想像したくないのに…あなたと彼が今、…

耐えられない。

 

…ユジンさん、どうか出て下さい。


「………」


「ミニョンさん………」


「ユジンさん?!……どこにいるんです?」


「わからないんです…どこにいるのかよくわからなくて…」


「そこにいて下さい。今行きますから!」



 

 

 

 

あ、ユジンさん…やっと…見つけた。

逃げないで、そこにいて…


「ユジンさん…」


そんなに蒼い顔をして…何があったんですか?

まさか…彼に何か、強引なことをされたんじゃ…

ユジンさん…僕は…後悔したくない。


あなたが彼と婚約したままだったら…

いつ、またこんなことがあるか判らない。

さっき、本当に辛かったんです。

彼とあなたのことを考えて…

 

「ユジンさん…聞いて下さい。

僕の本当の気持ちを…

あなたを、彼に渡したくない。

彼と手をつなぐ姿も見たくない。

僕は…僕は、本当にあなたを愛しています」

 


あなたを抱き寄せる。

ああ、やっとあなたが僕の腕の中にいる。

今晩ずっと…こうしたかったんです。

わかってますか、ユジンさん?

 

「あなたも、僕を好きなんだって信じたいんだけど…

駄目ですか?」

 

「…ありがとう、ミニョンさん…

でも、私なんて…あなたにそんなことを言ってもらえる価値なんかない…」


「……」


「ただ、一つだけ…彼との婚約は、解消しようと思っています」


「ユジンさん」


「ちゃんとしたお返事がまだでしたね、ミニョンさん…

あなたに聞かれて…わたし、やっと判ったんです。

愛すべき人は彼だって、言いましたけど…

本当に愛しているのは……」


「ユジンさん、その先は…」


「まだ、チュンサンなんです…彼のこと、忘れられないのに…

自分を誤魔化していたんですね…

あなたに言われて…良かったと思っています」

 

そっとあなたの体を離して…

無理に笑顔をつくる。

 

「ユジンさん…帰りましょう、顔色…良くないです。

しばらくかかるから…遠慮しないで…寝て行って下さい」


ああ、…やっぱり。

あなたを追い詰めるようなことを言ったのは僕だけど。

聞きたくなかった…です。

 

 


「ユジンさん…着きましたよ」

 


可愛いです、あなたの寝顔…

僕も往生際が悪いな。

さっき、あんなにきっぱりとフラれたばかりなのに。

 

僕に、望みは全然ないんだろうか…

婚約を解消するなら…僕のこと、いつかは見てもらえませんか?

一人の男、イ・ミニョンとして。

 

柔らかい髪ですね…

きっと、あなたは、総てが柔らかい…

好きです、ユジンさん…


僕のこと…嫌いでは…ないですよね?

この後、あなたを誘ったら…心を動かしてくれますか?

でも…あなたに引かれるのが怖くて…

言えそうもないなあ…

 

あ、しつこく触りすぎたかな?

起こしてしまった…

 

「眠れましたか?」


「もう着いてたんですね。

 すっかり眠ってしまって…」


「コーヒーは?買ってくるから待ってて」

 

ユジンさん、部屋に誘うのは無理でも…

できるだけ一緒にいたいんです。

今日、彼とあなたが過ごした時間よりも…

長く僕といて欲しいから。

 

あれ、ユジンさん、そんな…

メモだけ残して、居なくなるなんて。

…警戒されたかな?

 

ああ、まいったな…

でも、このまま帰らせるなんて…

僕はできませんから。

走るのは得意なんです。

さっきだって、あなたを見つけたでしょ?

 

 

エレベーターにユジンが乗り込もうとするところに、ミニョンが間に合う。


「ユジンさん!」


「……」


「驚きました?

部屋を知ってるんだから、追いつきますよ」


ミニョンが滑り込んでボタンを押す。


「すみません、ミニョンさん、…ちゃんとお礼も言わないで…」


「そうです、怒ってますよ」


「あの…本当にごめんなさい、どうしていいかわからなくて…」


「なぜ?」


「だって…」


「僕にどう断ればいいか、判らないんですか?」


「そんな…」


「今日迎えに行ったお礼…まだしてもらってないです」


「…あの…どうすれば…」


「とりあえず、コーヒーを付き合って下さい…僕の部屋で。

そっちには、チョンアさんがいるでしょう?」

 

 

 

ユジンさん、緊張してる…

僕、そんなに野獣に見えるかな?

あ、そうか。

彼と何かあって…ショックだったんだろうな。

僕は…無理なことはしないつもりだけど…

こんな大チャンスに…あなたをやすやすと帰すほど…

お人好しでもない。

 


「缶コーヒーなんて…口にあわなかったかな」


「いえ、美味しいです…温まります」


「どんな味?」


「え…ミニョンさん、なぜ飲まないんです?

コーヒーを付き合ってって…」


「どんな味か。聞くためです」


「……あの…?」


ユジンがじっと自分を見ている。

その視線で…あのホテルでの夜、一途に自分を求めたユジンを思い出す…


ああ、やっぱり…ごめんなさい、ユジンさん…

少しだけなら…強引なのもいいでしょう?

 

ユジンの両肩を抱き寄せ…一瞬、ただ触れるだけのキスをする。

 

「あ…っ」


ユジンの両目に…涙が盛り上がる。


遠いあの日…こうして横並びに座っていたベンチで…

不意にキスを交わしたあの時が甦る。

 

チュンサン…やっぱりまだ…愛しているわ…

でも…この気持ちは…なに?

 

 

(いつかは続くと思われる)



あ~~~~~~赤ずきんちゃんの狼ミニョンシ~~~~~(*´∀`)❤

あなたの言いたかったことも言わせてあげたし~~~

触りたかった髪もめっちゃ触らせてあげたから~~~~

今晩はあたくしに何らかのサービスをお願いしますです~~~(0゜・∀・)ワクワクテカテカ


[1]

TODAY 623
TOTAL 3527282
カレンダー

2010年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブロコリblog