2011/01/12 00:45
テーマ:妄想 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

冬ソナ7話で❤して終了(下)

Photo

gif from hyororin


いつもありがとうございます~~~~~♪

美しいです、、、、、







 

 

 


ああ、、、、、

何てことをしてしまったんだろう?

 

ごめんなさい、ユジンさん……

 

気を失うなんて。

 

 

どうすればいいか迷ったけど、、、

部屋に戻るのが一番早かったから。

 


チョンアさんに連絡して。

あなたは暫く部屋で休むことになった。

 

 

強くキスした時、、、、

これで、

振り向いてくれるんじゃないかって……

期待したのが莫迦だったんだな。

 


あなたは、すぐに気が付いたけど、

本当に一瞬意識をなくして……

僕に倒れ込んできた時、、、、

 

もの凄く不謹慎だけど、

このまま、僕の部屋に連れ帰りたい……と

 


あなたが気がついて泣き叫んでも、

決して帰したくないと思った。

 


そんな最低男なのに、

 


なにがあったのか、心配して尋ねるチョンアさんにも、

あなたは、、、、、

 

「疲れてたから。

ここのところゆっくり眠れてないし……

迷惑かけて本当にごめんね、オンニ」

 

とだけ言って、、、、

 

 


やらなければならないことは、沢山あるのに……

仕事なんか手につかない。

 

 

今、一人の部屋で何をしていますか、ユジンさん。

 

眠ってるのかな?

 

僕のこと、もう大っ嫌いなんだろうな、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 


「い…や!!

離して…っ、、、何を……するんですか?

誰なの?

あなた……顔が、見えない……

私には、、、、チュンサンが」

 

 

「……やっと、思い出したんだな。

俺の事なんかすっかり忘れて、

サンヒョクと結婚するくせに」

 

 

「違う、違う!!

忘れてなんかないわ!

あなた、だって、、、、」

 

 

「死んだら、、、いないのと同じか?」

 

 

 

 

 


……………また、、、この夢……


ミニョンさんを知ってから、頻繁に見る。


顔がそっくりだから、、、、

動揺してるだけ、、、だからこんな夢を……って

思ってたけど。

 


さっき、、、、キスされた時の、、、、


あの感覚って……


誰としても、、、同じなの?

わたし、キス以上のことは、まだ誰とも……

 


キスだって、チュンサンとだけだったから、

わからない。

 

唇が触れただけで……

その人と、一つになりたい…って、、、

思ってしまうものなの?

 

この人となら、、、、

ずっと一緒に生きていけるって、、、

感じるものなの?

 

 

どうしたらいい?チュンサン、、、、、

ミニョンさんがね、、、、

私のこと、好きみたい。


チェリンの恋人なのに。

 


ねえ、私、どうしたらいい?

 

 

 

 

 

 


「……ユジンさん?!」

 


「入ってもいいですか?」

 


「大丈夫ですか?

気分は、、、

あ、、、、僕のせいなのに、、、

申し訳ありません…でした。

 

え…と、、、お茶でも?」

 

 

 

ユジンさん、、、、

顔色がまだ、あんまり良くない。


まだ寝てたほうがいいんじゃ、、、、

 


「あ、とにかく座って下さい」

 

 

 

 

 

 

 


「………チュンサンの…夢を見るんです」

 


「………」

 


「死んだからって、、、忘れないで欲しいって、

彼が言うの。

ミニョンさん、、、

もしかしてあなた、彼の…双子の兄弟か何かなの?」

 

「僕には、、、兄弟はいません」

 

「じゃあ、どうして同じ顔なの?

おかしいわ、、、、

その髪の色って……染めてるんですよね?

眼鏡はいつから?

いつ、目が悪くなったの?

………ねえ、眼鏡を外してもらえますか?」

 

「ユジンさん、、、、僕は、

チュンサンって人のことは全然知らないし…

関係ないんです」

 

「ずっとアメリカにいて…

初恋も覚えてないなんて……

 

………ミニョンさん、、、、、、

もしかして……

チュンサンなんじゃ……?」

 


「え……ありえませんよ、ユジンさん。

ごめんなさい、僕のせいで、今、きっと、、、、

混乱してるだけだと。

だって、、、落ち着いて考えてみて下さい。

死んだ人間がなぜ……僕なんですか」

 


「眼鏡を外して!」

 


ユジンさんが大きい声を出すなんて。

 

でも、、、、

すごく真剣な目で僕を見てる。

 

僕だって、、、

自分がチュンサンならいいと思う。

 

そうしたら、、、、ユジンさんに愛してもらえるんでしょう?

 

 

嫌がるあなたを抑えつけなくても…

自分から、心も、からだも、開いてくれるんですよね?

 


今、僕の部屋に二人きりで、、、

さっき、強引なキスをした男のこんなに傍で、、、

涙目でそんなに見つめるのって……

 

あなたの匂いが、、、、

こんなに近くで、僕をくすぐる。

 


ああ、なんだろう、僕を…試しているんですか?


どこまで我慢できるのか。

 


「どうして……僕の部屋に?」

 


「……………」

 


「教えて下さい、どうして?」

 


「……あの……さっき、、、

気を失った時に、」

 

 

「……」

 

 


「……チュンサンに、ううん、何かとても、

すごく……すみません…

大切な人?に…抱かれている感じがして…

それで、、、、」

 

 

「…もう一度、確かめたい?」

 

 

 

 


よかった、、、、、、

ユジンさん、少なくとも……嫌じゃあなかったんですよね。

 

僕だって、、、あんなの、初めてだったんですから。


自分から目を瞑るような女ばっかりで。


欲しくて堪らないキスなんて…初めてでした。

 

 

 


「…そんなつもりじゃ……」

 

 

もう何も言わないで……

 


「あなたが望むなら……

僕は…何にでもなります。

イ・ミニョンでも、カン・ジュンサンでも……」

 

 

眼鏡を外して……


ユジンさんに向き直る。

 


「呼んでみて…僕の名前を」

 

 


「チュンサン、、、、ねえ、チュンサンなの?」

 

 


「そうだよ、ユジン」

 

 

 

 

 

 

 

 




…あの。

迷ったんですが、この後、ひどすぎてムリです。

さっき、サークルにアップしてきたので、そちらでお願いします(人><。)


なにしろ、孫さんのそばですし~~~~



ちょとだけ↓




「もっと×××」

 

 

「え……やっぱり、無理……

そんな、、、、こんな××って」

 


「可愛いな、、、

ユジンは……

ほら、また……<自主規制>」

 


「や……××××!」

 


「右足から××……」爆、以下略

 


 


[1]