2011/08/17 20:13
テーマ:好きな曲 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

ワインの匂い

Photo



photo from hyororin




そろそろ誕生日…

王子と…松潤の。爆。


29日と30日で連続ですね~!

 


おいら、、去年はどんなの書いたっけ?と思って見ようとしたら、、、


最初の数行でなんか恥ずくて脱落~

 

なんでだろ?

書いてる当時は、萌え~とか思って、貼ってたのに、、、

今、読めないほど恥ずいって、、、

 

おいらも大人になったってことかな~、、、、

 

 

 

 

「今年さあ、、、多分書けない」

 

「え…」

 

「ネタないし。

イベ直前でテンパってるし。

二ついっぺんに書くの無理だし」

 

「……ふたつ?」

 

「あ……」

 

「どういう…ことですか?」

 

「えっと、、、、あの、、、

Σ( ゜Д゜)ハッ!

ヨンジュンさんを選べば、松潤が気になるし、

松潤を選べば、ヨンジュンさんが気になる…

私、どの道にも行くことはできません。

これが私の決断です。

…なんちて。

ダメ?」

 


「………」

 


「…怒った?」

 


「君が、そんなこと言うなんて…

何かありましたか?

…僕、また何か君を悲しませるようなことを、」

 


「…めずらしく鋭いじゃない」

 


「すみません」

 


「なにが悪いかも判んないで、謝ったらダメだよ…(´;ω;`)ウウ・・・

ただ、ちょっと自分の境遇が残念なだけ。

……黙ってようと思ったけど、この性格だからやっぱ無理だわ。

あたしも、、、

ありあまるほどお金と時間があったら、、、、

あなたを追いかけてどこへでも行くのに」

 


「泣かないで…下さい、、ね、」

 


「あ……おうじ、、、

さっきはバカみたいに羨ましがって泣いたりしてごめんね。

…私、もう羨ましがらないわ」

 


「……やっと笑ってくれた」

 


「強くなって頑張る。

こんな風に、あなたの〇〇〇をしっかり握って離さないからね」爆

 


「う……それは、、」握手やハイタッチより悪質

 


「だからあなたも私の手を離さないで、私に会いに来なきゃダメよ…わかった?」

 


「わか…った、から、、、う…」以下r



2011/08/17 09:41
テーマ:ドリームハイ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

運営だいじょぶ?

Photo


 

ええとー

うち、DATV通販から、ボックス買ったんですけど~

「ちゃんと本登録したんか?」って確認メールが来まして、、、、

 

検索したら、6月に申込み受付済のメールが、

イープラスから来ているのですけどー

 

これ、買うとこも3カ所あったし、、、、

申込みするとこがまた別のとこってなると、、、

……結構混乱してませんかね?

 

「申込みした?」って一斉送信するよりも、

してないヒトを洗い出して、

「しなくてええのですか?」ってメールしてあげたほうが

なんぼか親切だと思うのですが~

 

そういう気遣いは期待したらダメなのでしょうかね、、、、、

 

あ。それから、フェイスブックで投票して下さった皆様、

本当にどうもありがとうございましたーー!!!


あの後6票増えてー、現在8票ですわ!!!


今、スヒョンくんが13で、テギョンくんが12票ですね~、、、

 

どんだけ小規模なアンケート。爆

 


あ、ドリハイ記者会見の模様も載ってるやん、、、、

興味あるとこだけ抽出すると、、、

 

 


ピルクスのような女性はと聞かれたウヨンは


「可愛いと思います。

ただ、太っているのは苦手かも知れません。(苦笑)

体調管理をしっかりしている女性はステキですね」と本音をチラリ。

 

 

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

ドラマ、全否定ですか、、、、

……ウヨンくん、まだまだ青いのお~

女ごころが判っておらんわ。

 

王子の〇〇〇の〇〇でも煎じて飲みなさい。←お好きな単語をどうぞ

 

やっぱさあ、、、英語得意だっていうんならさ。

I love you the way you are!くらい言ってくれないとね。

 

 

 

 

 

 

「どうしよう…目標体重まで痩せない……」

 


「あと何キロなんですか?」

 


「……4キロ」

 


「は?……それは、目標が無謀なんじゃ」

 


「せめてあと2キロ…じゃないと、あなたに太ったって思われる…」

 


「あの」

 


「判ってる!!!

舞台からこっち、見えないってことは…

そんで、あたしのことなんか、覚えてるはずないってことも……」

 


「………話したいことがあれば話して下さい。

僕が、、、、覚えてなくても、全部聞いてあげますから」

 


「おうじ……

私、こうやって声に出して名前を呼ぶのが夢だったの。

会いたくなるたびに、声に出して呼びたかったけど、、、

呼んでも返事がないと、本当にもう間近では会えない気がして……

呼べなかったの」

 


「ん……」

 


「本当に、韓国人だなんて信じたくなかったんです」爆

 

 

こんなにアンソニーとか少尉みたいなのに、、、、

韓国人で、、、、

はいからさんの話が通じないなんて……


(キャンディは海賊版があるもんね。爆)

 


「そんなはずないのに、、、私をまた視〇する約束をしてたのに…

確かに約束してたのに、、、守らないはずないのに」

 

 

「僕が…僕が約束したんですか?」爆

 


「覚えてないんですか?

〇〇〇する約束したのに覚えてませんか?」脳内で。爆

 


「………」

 


「私、、、勝負下着も着てあげたのよ。

真っ赤な上下…

現像してくれることになってたのに、何も覚えてないんですか?

何ひとつ?」

 


「………」

 

 

「生きてるくせに…わたしのこと、全部忘れてしまうなんて。

私は何も忘れてないのに…全部覚えてるのに」@原文ママ

 

 

「……もう一度見せてくれますか?」爆

 

 

「え…や、そん…な、、、、あ、、、

破けちゃ…う」

 

 

「すみません……すみません、」@原文ママ

 

 

「や…だ、って…も…う、イタ…い」

 

 

「本当に…ごめんなさい」@やっぱり原文ママ~萌え~






↓覚えなきゃ~貼りまくる~



[1]

TODAY 563
TOTAL 4238942
カレンダー

2011年8月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブロコリblog