2012/04/29 16:51
テーマ:JYJ カテゴリ:韓国アーティスト(JYJ)

昨日のFC MEN

Photo

あんにょん^^

お天気くだり坂ですね^^;
すっかり曇っています。


昨日のジュンスたちFCMENの試合の事が、小さい記事ですがディリースポーツに載ってるんですって^^

一部抜粋

 韓国の人気芸能人によるサッカーチーム「FC MEN」が28日、東京・国立競技場で、日本での初試合となる東日本大震災の復興支援チャリティーマッチで、お笑い芸人チーム「FC GEININ」と対戦した。

 「FC GEININ」は、お笑いコンビ・ペナルティのワッキー(39)やヒデ(41)がメンバーで、鼠先輩(39)が指揮を執った。

 試合前にはジュノ(25)らがミニライブを開催。チケット売上金の一部の2000万円が被災地の福島県南相馬市に寄付された。



結果は5対4で、FCMENの勝利でした^^

どちらのチームも、そして応援に行かれたみなさん、お疲れ様でした~~旦_(。-_-。)





市船出身ヒデ国立でまさかのアウェー  日刊スポーツ
 → http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120428-942146.html 


日韓芸能人サッカー対決は韓国が勝利  日刊スポーツ

 → http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120428-942129.html 


韓流スターがサッカーで震災復興支援  デイリースポーツ
 → http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/04/29/0005011873.shtml 


JUNSUがロスタイムに劇的な勝ち越しゴール!「東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」でFCMENが勝利!!  ザテレビジョン
 → http://news.thetv.jp/article/29939/ 







久しぶりのジュンスの日本語~可愛すぎます(*^^*)

YOUTUBEからお借りしましたm(_"_)m



  

有難うございます(*'-^*)ノ 
        http://www.youtube.com/user/hoppen68?feature=watch  






innolifeから 

団長ジュンスの逆転ゴールに4万人が熱狂!震災復興支援チャリティーマッチでFCMENが勝利!


4月28日(土)東京、国立競技場にて『FC MEN JAPAN FIGHT ! VOL.1 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ』が開催された。

【FC MEN】は2011年に創立されたJUNSU(ジュンス)を団長とする韓国芸能人サッカーチームで、所属メンバーにはJUNSUの双子の兄JUNO(ジュノ)、キム・ヒョンジュン(リダ)、BEAST、2AM、U-KISS、イ・ワン、ソ・ジソク、パク・ゴンヒョンなど日本でも大人気のアーティストや俳優を擁し、絶大な人気を誇っており、その実力は2011年の芸能人サッカーリーグで年間総合優勝を飾るなど折り紙付き。

一方、対戦相手の「FC GEININ」は名門・市立船橋高校サッカー部出身のお笑い芸人ワッキーとヒデ(ペナルティー)、井本貴史(ライセンス)、村上純(しずる)らよしもとを中心としたサッカー好きな芸人で結成され、鼠先輩が監督を務めている。今回【FC MEN】の参加メンバーは KIM・JUNSU(キム・ジュンス)、JUNO、ソ・ジソク、イ・ワン、パク・ゴンヒョン,M..E..Nのメンバー等が参加し、監督にはユン・サンヒョンが登場した。

オープニング公演では選手としても出場する日本、韓国そして中国と幅広く活動し、アーティストはもちろん俳優やモデルとしても多彩な才能を発揮しているJUNOが「前向きで勇気をもてる曲です。」と新曲“Everything”(5/16発売)を披露しイベントを更に盛り上げた。ミュージカルの為、金髪に染めたJUNSUがフィールドに姿を見せると熱狂的な大歓声が上がり、観客席は「FC MEN」を応援するブルーの風船を手にしたファンや“XIAH 12”と書かれたユニホーム姿のファンも多く見られ、“ホーム”のように青一色で埋め尽くされた。

試合前にはチャリティー金贈呈式が行われ、「FC MEN」を代表してJUNSUからチャリティー金2000万円が福島県南相馬市の桜井勝延市長へ贈呈された。また、「FC MEN」の寄付を受け東日本大地震の被災地への支援に対する感謝状が贈られ、JUNSUが代表して授与した。



40,789人の観衆が見守るなかキックオフ。前半戦、23日に除隊したばかりの俳優イ・ワン(FW・7番)や俳優パク・ゴンヒョン(MF・8番)、JUNSU(FW・12番)らが果敢に攻撃を仕掛け、ゴールチャンスをつかむが中々生かせない「FC MEN」に対し開始28分、「FC GEININ」が先制点を奪取。先制を許した「FC MEN」は37分、7番イ・ワンがサッカー選手のようなパワーと機敏な動きでしかけ、オウンゴールを誘い、1対1の同点へと持ち込んだ。前半戦を終えベンチに戻る「FC MEN」選手を迎えたのは監督を務める俳優ユン・サンヒョン。

サングラスに黒いスーツ姿はドラマで演じたキャラクター“オスカー”そのまま。また「FC GEININ」監督の鼠先輩は「全力で“FC MEN”を応援します(笑)。ぽっぽっぽー!」と白熱したゲームの中、お笑い芸人らしいギャグで笑いを誘った。後半戦開始7分、16番の村上純(しずる)がヘディングでゴールを決め2対1とリードを奪うとすぐヨンファン(MF・55番)がディフェンダーを振り切りゴール、2対2の同点へ。

JUNSU、イ・ワン、ゴールを決めたヨンファンの3人は揃いのポーズで喜びを表現した。続いて、36番ソ・ジソクがゴールを決めるがオフサイドをとられ、ノーゴールに。試合は6番の団長安田(安田大サーカス)がゴールを決めるとジョンジン(FW・11番)もゴールを決めるという一進一退の攻防戦が続き、シン・キヒョン(FW 33番)がヘディングでゴール、4対3と初めてゲームをリードした。観客席から「FC MEN」コールが沸き起こり、ワッキーら「FC GEININ」の選手は“ホーム”ながら“アウエイ”のような雰囲気の中でもその実力を見せ、3分後11番加藤謙太郎(春夏笑冬)が4対4の同点へと導いた。

後半も終了を迎えたロスタイム残り1分。「FC GEININ」ゴール前で激しい攻めを見せたイ・ワンはペナルティーエリア内で倒され判定はPKへ。試合終了時間が迫るなか、逆転への期待が最高潮に達した瞬間、JUNSUがその期待に応える華麗なシュートでゴールを決め、5対4とドラマチックな逆転勝利を飾った。試合後半でブルーのユニホーム姿を見せるなどファンサービスに務めた監督のユン・サンヒョンはゴールを決めたJUNSUと抱き合って勝利の喜びに浸った。

さらに選手の健闘をたたえ、「今日は本当に素晴らしい試合だった。実力は平等で相手チームも強かったが『FCMEN』が勝ててよかった。たくさんの方が応援してくれて本当に感謝しています。」とメッセージを伝えた。キャプテン・インタビューで「FC GEININ」のヒデは「こうして『FC MEN』の皆さんが被災地の為に頑張ってくれて本乙に嬉しいし、感謝している。いつか韓国にも恩返しができたら・・・」とエールを送るとJUNSUも「(FC GEININ)は強かった。メッチャ強よくてビックリ。」と健闘を賞賛し、「心臓がやばくて45分正直きつかった。でも僕たちのチームの色を出して勝てたから嬉しいです。素敵な試合ができて気持ちよかった。しあわせです。」と笑顔で心境を語った。また今日のMVPは?と尋ねられると「MVPは監督のユン・サンヒョンさんです。」と即答し、監督を気遣う一幕も。

最後に「今日は本当に本当にありがとうございます。このような良いイベントに参加でき感謝しています。またこのような素敵なイベントで日本の皆さんと会いたいです。ありがとうございました。」と日本語で挨拶すると響き渡る大歓声と大きな拍手がJUNSUに送られた。サイン入りのサッカボールを手にJUNSU、JUNOら選手がクランドの四方に分かれ、観客席にボールをプレゼントしたり、メンバー全員で手をつなぎメインスタンド、バックスタンドとグランドを一周、最後まで応援してくれたファンへ挨拶するなど、白熱したゲーム展開はもちろん、「FC MEN」,「FC GEININ」,それぞれのチームカラーでファンを魅了した“聖地”にふさわしいチャリティーマッチとなった。

日韓の芸能人チームによるチャリティーマッチ『FC MEN JAPAN FIGHT ! VOL.1』は東日本大震災復興の支援になったのはもちろん、日韓友好の絆を更に深めるきっかけにもなったことだろう。



[コメント]
 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 902
TOTAL 4781092
カレンダー

2020年10月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサードサーチ
ブロコリblog