2009/10/25 15:27
テーマ:アニソナ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

アニメ☆冬のソナタ☆第2話

Photo

 

 昨日の第2話です。午前中 夫が仕事でいなかったので

 頑張って書いてみました(*^_^*)

 途中で来客があったりと・・・なかなか進みませんでしたが

 やっと書けました~~~!! 慌てて書いて拙い文章ですが

 どうかお許しくださいね~(^O^)/







 

 


  爽やかな朝の町。少し高台に建てられたユジンの家から

 階段を下って バス通りまで続く まっすぐ延びた道を

 ユジンは必死で走っている。今朝も寝坊したらしい。

 息を切らして やっとのことでバス通りまで出ると

 バスは無情にも バス停を通り越して走り去ろうとしていた。

 そこで ユジンは道のど真ん中に走り出て叫ぶ。

 「アジョッシー!!」

 これは字幕では「ちょっと待って!」とドラマでも何度も訳されているのだが 

 本当はおじさん!!って叫んでいるのだ(笑)

 「ストップ!!」と手を広げて バスの運転手や乗客を驚かせて ユジンは堂々とバスを止め 

 「よし!」とガッツポーズを決めてニコニコと乗車する 肝っ玉の据わったユジン。

 バスの中を見渡すと 一番後ろの昨日の席に あの転校生のチュンサンが座っていた。

 昨夜 ユジンが酔っ払いに襲われたところを そのチュンサンに助けてもらったというのに

 ユジンはチュンサンと目が合うと ふんと顔をそらしてしまう。

 照れくさかったからだ。チュンサンも素知らぬ顔で バスに振られている。

 そして二人を乗せたバスは 学校へと走って行く・・・。

 

 道路は突然トンネルの中の風景を写す。

 車もバスではなく、日本へ演奏旅行に出かけるカン・ミヒの車だ。

 ソウル市内から 昔住んでいたこの町へチュンサンが強引に引っ越して その家から

 懐かしい町並みを走って空港へ向かうミヒ。

 車の後部座席で うつむくように座っていたミヒが

 トンネルの中で ガラスに映る自分の顔を見て 時の流れを感じている。

 もっと自分が若かった頃。この町で過ごした頃を思ったのだろう。

 そしてトンネルの中のオレンジのネオンから あの日の夕陽を連想していく。

 あの日・・・夕暮れの海の中に ミヒは沈んでいきたいと思っていた。

 画面は 若いミヒが泣きながら 海に向かってどんどん歩いて行く姿。

 その零れおちる涙の横顔と 車の中のミヒの顔が重なり 

 車はトンネルから抜け出て 明るい日の光の中へ・・・。

 そこで 眩しい光の中からタイトルが登場する。

 

      《第2話 影の国》

 

 そしてryuの歌う「初めから今まで」でが流れ 第2話が始まる。

 



 バスは 学校に到着した。

 しかしながら ユジンは居眠りこけている。

 チュンサンは当然 バスを降りるため後方の座席からと出口に向かう。

 そして寝ているユジンを見つけ ふっと笑いながらバスを降りる。

 そしてまだ起きないユジンに向かって 窓の外からコンコンと叩いて合図を送る。

 (起きろ。もう学校だぜ)という想いを込めて・・・。

 バスは走り出し そのコンコンで目が覚めたユジンは

 「アジュッシー!!アジュッシー!!」とまた叫び、降ろしてもらう。

 走って学校の門へ向かうユジンだが 門の方向からカガメのどなり声が聞こえてくる。

 そう・・・また遅刻したのだ。

 校門の前では 遅刻者を叱ろうとカガメが仁王立ちして待っている。

 どうしようかと 躊躇するユジン。

 そこへ堂々と校門を入ろうとするチュンサンの姿を見つけ ユジンは腕を引っ張って 

 驚くチュンサンに「ついて来て。」と手招きする。 

 カガメの目を盗みながら 学校の塀まで チュンサンを連れてやってくる。

 そう・・・あのシーン!!

 「上から引っ張るから 背中貸して。助け合いよ。」

 ユジンは チュンサンに「早く伏せて!」と命令する。

 素直に這いつくばって ユジンの台になってあげるチュンサン。

 「絶対に見ないでよ。」「重くて動けない。」

 まったく実写ドラマと同じに再現されている。

 ユジンが塀の上に乗っかって「じゃあ 次はあなたよ。」

 そう言って差し伸べた手をチュンサンが無視して 自分のカバンを塀の向こうに投げ入れて

 自分も軽と塀を飛び越えてしまうのも チュンサンが手を広げて 

 ユジンに「助け合いだろ?」と 抱きとめてあげようとするのも 全く同じだ。

 「結構よ。」と一度は 拒否するものの 背を向けて行ってしまうチュンサンを 

 可愛く手まねきして呼び戻し 靴を履かせてもらうシーンで 

 ほっぺたが真っ赤になったユジンが可愛い。

 ほらと手を広げたチュンサンの中に  ユジンが真っ赤になりながら飛び込んで

 チュンサンが優しく抱き止めてくれる。 ユジンは 恥ずかしさを誤魔化すために

 「今日の昼休みの放送は 当番よ。遅れないでね。」と言って 先に歩いてゆく。

 その様子に チュンサンは(可愛いな)というように微笑むのだ。

 (あのチュンサンが ユジンに「チャックが開いてる」と言ったシーンは 

 しっかりカットされていた)

 

 そしてここから 実写ドラマの中で 高校時代二人の宝石のようなシーンが

 1日のエピソードとして凝縮して 次々にアニメでは再現される。







 


 場面は朝の教室。

 ユジンが机の上にカバンを放り投げて ハアハア息をついて椅子に腰かけるのを 

 横で見ているサンヒョク。ユジンが深く溜息をついて 机のカバンに突っ伏してしまう。

 先ほどのチュンサンに抱き止められた感覚が ユジンを支配していて

 胸が苦しくて仕方がなかったからだ。そんなことは 何も知らないサンヒョクは

 「ユジン。昨日何かあったのか?」と聞いてくる。

 ユジンは顔を上げずに 「ううん。別に何もないわ。」と答え

 やっと顔をあげ「大丈夫だってば。」と サンヒョクを見れば

 サンヒョクはユジンの首の湿布を見て「その首、どうしたの?」と聞いてくる。

 「触らないで。」とユジンが湿布した首を隠していると

 チュエリンの「チュンサン。その顔の傷どうしたの?」という声がして

 チュンサンも教室に入ってくるが、チェリンを無視して自分の席に行く。

 チェリンが ユジンの怪我を目ざとく見つけて

 「ユジンも怪我?チュンサンと何かあったの?」と聞くのも同じ。

 「チャイムが鳴ったわよ。席に着きなさい。」とユジン。

 二人が行ってしまった後に ユジンとチュンサンは目が合って

 お互いの顔を見て微笑む・・・このシーンも実写とそっくり。

 

 そしてお昼の放送室。チュンサンが来ないのでイライラするユジン。

 溜息をつき 時計を見ればもう放送時間だ。

 そして学校の風景が映し出され その中にユジンの声が響く。


  実は 一緒に放送するはずの人が ここに来てません。

  おかげで私は お昼抜きで放送しています。

  誰とは名前を言いませんが もしこれを聞いていたら

  是非、反省してください。すっかり私事になりましたが

  許してください。では 最初の曲です。

  今の私の心境を表す「オー・マイ・ゴッド」

 

 「オー・マイ・ゴッド」???なんだそれ??

 とにかくその「オー・マイ・ゴッド」という曲が流れる中

 チュンサンは 昼寝していた屋上から降りて 放送室へ向かう。

 そしてドアを開け 「オー・マイ・ゴッド」で踊るユジンを発見!!

 そばらくドアの陰から覗き見するチュンサン。

 それにすぐ気がついたユジンが 椅子に腰かけようとして

 音もなくひっくり返る・・・この時のユジンは漫画ならではで笑える(笑)

 そして画面は大きくユジンが描いた静物画が・・・これも実写版と似ている。

 流れている曲とは全く違うベートーベンのレコードジャケットを手にするユジン。

 自分のスケッチブックをチュンサンが見ていることに気が付き スタジオの中から叫ぶ。

 でも 外の操作室に座っているチュンサンには 口の動きしか分からない。

 怒っているユジンを気にもしないで スケッチブックを放さないチュンサン。
 
 「見ないで!」と恥ずかしそうに叫ぶユジンが面白くて

 チュンサンは マイクの音量スイッチを思いっきり上にあげると

 「こら!!やめてってば!!」と 学校中にユジンの声が響き渡る。

 教室でお弁当を食べている ユジンのクラスメートが驚く。

 そして「ユジンだ!」と サンヒョクとヨングクが走って教室を出て

 放送室の前に辿り着くと ユジンが怒った顔でドアを開けて出てくる。

 「どうしたんだ?」「知らない!!」そのまま出て行ってしまうユジン。

 二人が中にいたチュンサンに「ユジンと何かあったのか?」と聞けば

 「心配なのか?」と逆にサンヒョクに聞き返すチュンサン。

 驚いているサンヒョクに「知るかよ」とチュンサンは冷たく言うのだった。








 

 そしてここで体育の時間。そうあのバレーボールのシーンです。

 もうここはソックリに再現されてました。

 あのグレーのダサイ体操服も 見守るユジンのポニーテールも・・・。

 サンヒョクが チュンサンに邪魔されてボールに全然触れず

 スパイクをするはずが 強引にボールを奪ったチュンサンに押されて

 情けなく転んでしまうのも アングルも全く同じで再現されています。

 そしてタイムをとって 二人が向き合うシーンも・・・。


 「カン・ジュンサン。ひどすぎるぞ。」「何が?」

 「一人でやっているつもりか?」「勝ってるからいいだろ。」

 「結果より過程が大事だ。」「教科書にそうかいてあるのか?さすが優等生。」

 「何だと?」胸ぐらをつかんだサンヒョクに「殴れよ。」とチュンサン。

 固まるサンヒョクに「どうした?殴っちゃダメって教わったのか?」

 「くだらない。」とボールを叩きつけて コートから出て行くチュンサン。

 そんなチュンサンの後姿を 見つめるユジン。

 

 そして水のみ場のシーン。二人はもう並んで蛇口に立っている。

 隣で顔を洗っているチュンサンに 大きなヤカンに水を入れているユジンが

 「サンヒョクが嫌いなの?」と聞く。何も答えないチュンサンに

 「私にはそう見えたけど・・・サンヒョクは本当にいい奴よ。」と言えば

 「だから?」とチュンサンが聞く。「だから?」言葉に詰まるユジンだが

 「あんたがひど過ぎだってこと。」と少し怒って言うと

 「お前ら 付き合ってるのか?」と冷たい顔で聞いてくる。

 「ええっ?誤解しないで、サンヒョクと私はただの幼馴染よ。」

 とユジンが弁解するのを聞き終わらないうちに 

 チュンサンは ユジンに背を向けて去ってしまうのだった。

 ユジンは口を尖らしたまま その後姿を見つめていた。





 そして いったい何時間目の授業なのか??

 体育の次の時間が音楽で ピアノの試験があるらしい。

 ジンスクが紙鍵盤を広げて 必死に楽譜を見ながら練習している。

 ヨングクに点数を占ってもらえば「5点だね。」と言われ

 「一生懸命練習したのに ひどい!」と突っ伏して泣くのを慰めながら

 チュンサンの顔を見て そうだわ!と思うユジン。

 チュンサンの元へ行き「ちょっと来て。」と彼を誘って教室を出る。

 そして連れてきたのは カーテンが閉められて薄暗い講堂。

 この映像は 窓やピアノの配置も とにかくドラマとそっくり!!

 「ここに座って。」とユジンが自分の隣にチュンサンを座らせる。

 「手は卵を掴むようにね。」と彼の手を取って 鍵盤の上に乗せると

 「何だ?」と驚くチュンサン。「ピアノを教えてるのよ。」

 ピアノの試験が今日あることを知らなかったチュンサンに

 ユジンは 昨夜の酔っ払いから救ってくれた借りを返すために

 チュンサンにピアノを教えようとしたのだった。

 「私がお手本を見せるわ。」といって弾き出したのは 

 シューマン作曲の「トロイメライ」。優しく美しいメロディーをユジンの細い指が奏でる。

 微笑んで見つめるチュンサンだったが 途中でウィンクしながら「忘れちゃった。」と

 曲を中断するユジン。 チュンサンは呆れたように笑って 

 今度は自分がスラスラピアノを弾き始める。

 「弾けないって言ってなかった?」驚くユジンに「そんなこと言ってない。」

 と言いながら弾き続けているのは 先週の第1話、フランスの街中で

 見知らぬ男が弾いていたあの曲だ。ドラマチックで美しい旋律。

 ユジンは一緒にハミングして口づさむ。「何て曲?」とユジン。

 「今 一緒に歌ってたじゃないか。」弾きながらチュンサンが答える。

 「聞いたことあるメロディーだけど 何て曲か分からない。」

 ユジンが聞くと 曲を弾き終えたチュンサンが「初めて」と言って

 立ちあがり「それが曲名だ。」と窓辺へ行き外を眺める。

 「初めて」・・・題名を知ったユジンは すぐに見よう見まねで

 その「初めて」の曲を弾き始める。(これはドラマとは全く違うところだ。

 ユジンも結構耳が良くて すぐに「初めて」を演奏できる技術を持っていた!)

 それに驚いて振りかえるチュンサン。ユジンは上手にピアノを弾き続ける。

 (これが弾けて なんで練習したであろうトロイメライが全部弾けなかったのか?謎だ。

 そしてこの長い休み時間は いったい午後のいつなのか?)

 窓からサンヒョクが ジンスク達にユジンがどこに行ったのか訊ねているのが見える。

 「問題を起こして転校してきたの?」ユジンがピアノを弾きながら聞いてくる。

 振りかえったチュンサンは「何だって?」と答える。ユジンはピアノを止めて
 
 「やっぱり違うわよね。あんなにケンカが弱いんだから・・・。

  じゃあなぜ転校したの?」黙っているチュンサンに

 「話せるほど 仲が良くないってこと?」と言えば チュンサンはふっと笑って言った。

 「ユジン。借りを返せよ。」

 

 

 そして場面は学校内の敷地に切り替わり ユジンを探すサンヒョクの目に

 ユジンがチュンサンと並んで歩いてくる姿を見つけるのだ。

 そして仲良く学校のバス停の前に着くと 到着したバスにチュンサンが乗り込んでしまう。

 「乗って。」とチュンサンに促されて 慌ててバスに乗り込むユジン。

 バスのシーンは実写ドラマと同じ。後部座席の左端に 二人仲良く乗っている。

 窓を開けるユジン。風に長い髪がなびいて チュンサンの鼻で毛先が躍っている。

 ユジンは気がついて窓を閉めると チュンサンは親指で鼻をこする。実写とそっくり!

 前の座席のシートが はがれかけているのも同じ。

 ユジンが首の湿布を剥がして繕うと チュンサンも頬っぺたの絆創膏を・・・。

 顔を見合せて笑い合うのも ドラマそのままだ。





 

 そして湖へ到着。この風景も良く再現されていて美しい。

 美しい並木道を歩きながら チュンサンが言う。

「ユジナ。知ってるか?影の国に行った男の話・・・。」

 そう。あの影の国の話をする時には もうユジナとチュンサンは呼んでいる。

 心をユジンに開きかけたからこそ 影の国の男の話をしたのだろう。

 そしてこの会話の場面は 先月のイベントの中で 

 ヨンジュンとジウが再現してくれたものと同じ。なので少し省略。

 チュンサンの影の国の男の話が あまりにも短く単純だったので笑うユジン。

 「あなたって面白いのね。・・・あなた変よ。いつも無表情で、いつも一人で。」

 歩きながら話していると あの大きな倒れた古木が現れる。

 ユジンは その木に飛び乗りながら「あなたには友達が必要なの。」と言う。

 「友達を作って損はしないわよ。」とユジン。「必要ない。」とチュンサン。

 ユジンは木の上に乗ったまま チュンサンは隣で寄り添うように歩いている。

 「作り方が分からないんじゃないの?凄く簡単よ。互いに1歩ずつ歩み寄るの。

  片方だけじゃダメなのよ。見てて・・・右足。左足。」

 両手を広げて 得意の平均台歩行を見せるユジン。

 「こうやって1歩ずつ近づくのよ。」と言った途端によろけて落ちそうになってしまう。

 「ほら。」チュンサンが手を差し出す。「練習してみるよ。歩み寄るんだろ?」

 ほんのりチュンサンも頬が赤い。そして顔を見合せ 恥ずかしそうにしながら

 ユジンもチュンサンに手を差し出して 二人の手は触れ・・・握り合うのだった。

 




 夕暮れの並木の中を 自転車に二人乗りするチュンサンとユジン。

 このシーンもドラマどうりに再現されている。そして違うのは・・・

 夕日に輝く湖に浮かぶ 帰りの船の中で 二人が会話をすることだ。

 「そうだ。探してた人には会えた?誰なの?」とユジン。

 「父親。」「生きてたの?」驚いて聞くユジンに「うん。」と頷くチュンサン。

 「会ってどうだった?」船の甲板の上で 二人の会話は続く。

 「最初は何も期待してなかった。ただどんな人なのか、僕と似てるか気になってた。」

 「それで?」「僕を見ても無反応だった。気づきもしない。あの人が憎いのかな。」

 「”あの人”じゃなくて”お父さん”よ。たとえ憎くても”あの人”はダメ。

  死んだと嘘をつくのもダメ。そういうふうに自分に嘘ついちゃダメよ。」

 ユジンの言葉を素直に聞いているチュンサン。

 「本当に憎いなら 捜しに行かなかったはずよ。あなたが羨ましい。

  たとえ憎いお父さんだとしても 生きてるから。」そう言って笑うユジン。

 そんな優しいユジンの言葉に チュンサンにも思わず笑みがこぼれた。

 「寒いね。帰ろう。」チュンサンが言えば「うん。」ユジンが可愛く答える。

 風がきつく吹く甲板から移動しようと歩けば 一人の男性が恋人の写真を撮っている。

 「可愛く撮って。」と彼女の注文に応えて 男性は必死でシャッターを切っている。

 それを見たユジンが「私達も写真撮る?」とチュンサンに聞く。

 「カメラがないじゃなか。どこかで借りる?」とチュンサンが言うと

 ユジンが笑いながら 両手の人差し指と親指でカメラを作って

 「動かないで。じゃあ撮るわよ。ここを見て。」とチュンサンを写そうとする。

 チュンサンは急に緊張した顔になるのだが「表情が硬過ぎる。もっと笑って。」

 と言われて 作り笑い。「いいわね。」とユジン。「123チーズ。」カシャッ!!

 ユジンが心のシャッターを切った。今の彼への気持ちを 心の中に残すために・・・。

 そしてもう日がすっかり暮れた中、ユジンの自宅前に到着した二人。

 暗い中、電信柱の前に人影がある。驚いて良く見れば・・・サンヒョクだった。

 「サンヒョク。」そう驚いたユジンに呼びかけられたが

 チュンサンと一緒のユジンの姿に 傷ついたように目をそらすサンヒョクだった。


                            ・・・ ここで第2話の終了となる。





 はぁ・・・こんなんで満足していただけたでしょうか?(笑)

 夫の目を盗んで 今やっと書き上げました(*^_^*)

 今日は 夕方の仕事なので これから支度して出かけます!!

 では また晩に覗きに来ますね~(^O^)/
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 


 

 

 

 

 

 
  

 

 

 

 
 

 

 

 


 

 

 


 


 

 

 

 

 

 

 



[コメント]

1.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 17:10 ayagiku

↑ご苦労様&ありがとう♪

TVの放送よりずっと詳しいしよくわかります。。。ラジオで浜村淳さんが
映画のストーリーを話す番組がありました・・・今もしてるかどうか判らな
いけど当事、映画を見るよりよく判るといわれてました、それに匹敵する
ぐらい歌姫ちゃんのレビューは素晴らしいです。

今日灯油を買いにホームセンターに行ったついでに秋植えの球根を見
てると【サフラン】のラベルが目に留まり薄紫でふっくらとしててとっても
かわいらしくて香辛料の【サフラン】とは違う感じで・・・5個で300円弱香
辛料のほうは高いからなんか違和感が、、、

買ったのは【サフラン】と【チューリップ】を

旦那様糖尿病だとか・・・低カロリーの小鉢物を1っ

キノコ(なんでもOK)レンジでチン、出た水は捨てて熱いうちにオイスタ
ーソースとお酢を1:1で和える。
素敵な小鉢に盛るとちょっとした箸やすめになります。カロリーが気にな
らないのならバターでソテーするとコクがでて美味しいです。
オイスターはあれば李錦記をSBからでてます。東京に行かれたときに
は明治屋で缶詰めのがあります、それは香港製でSBより格段に美味し
いです。

コメント削除

2.Re:ありがとうございます♡

2009/10/25 17:51 kitunyanko

歌姫さま こんばんは
お忙しいのに アニメの内容をお知らせくださって・・・
本当に 嬉しいです。
映像を観ないで 歌姫さまの解説を読んでいると、
ヨンジュンさんたちの実写版が 頭に浮かんできます。^^
新しいシーンも 自分で勝手に 映像化して楽しんでます。^^

コメント削除

3.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 18:08 saojika

先日ゴルフの事を書いて貴女からお返事を頂いたときのバックに
BYJ様のゴルフ姿が映って居ましたが今もう一度観て見たいと思い
ましたが画面に映りまん。どうしたら観れますか?教えてくださ
い。私も以前に早朝ゴルフをして居られる姿を何かの雑誌で見まし
たが。。。何でもお聞きしたすみません。ゴメンね

コメント削除

4.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 19:28 きょこまま

歌姫ちゃんゞ(´▽`*)ゝこんばんは~♪

レポ♪♪あり d(⌒o⌒)bがと~♪♪
(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン目に浮かぶようです~( ^ー゜)b

ドラマの方で2度目に恋に落ちたのが 音楽室を覘くチュンサンだったの
^^アニメはどんな風に描かれてるのかな~^^

流石にドラマのチュンサンには勝てないよね^^
でもダンシングクイーンの変わりに使われていた「オー・マイ・ゴッド」

このアニメの為に作られたのかな~^^

それから湖の公園で夕暮れの中の歩くシーンは船の上になっているん
だね~^^それに写真を撮るシーンいい感じだわ~^^

あ(^○^)り(^。^)が(^∇^)と(^O^)う(^ー^)ノ

コメント削除

5.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 21:24 雪と水

やっぱり歌姫さんだ!

忙しいのにありがとうね。それにしてもこの長い文章を打つだけでも大変。
よくこんなにささっと打てるのか感心しています。リアルタイムで見られ
ないからすごくうれしい。今のところはドラマとダブるところがあるので
解説を読みながら,あのシーンを頭に浮かべながら読んでいます。

それに,歌姫さんの描写が上手だから,すごく想像し易いわよ。

そういえば,イベントのアフレコの時に,チェ・ジュが私の方が台詞が
多いと文句を言っていたけど,あの場面をみると確かにヨンジュンの台詞は
少なかったわね。

もっと声を聞きたかったけど、アニメではどうなのかしら。やはり,
チュンサンの台詞は少ない?


6.ayagikuさん♫ こんばんは~☆

2009/10/25 21:31 歌姫ちゃこちゃん

あはは・・・歌姫は浜村淳ですかぁ?(笑) 歌姫も聞いたことあります。
まだやってると思います♫ めちゃくちゃ詳しく映画の内容を喋っちゃうの
よね・・・ほとんど最後まで(爆) あれを聞いたら映画見る気なくなるよね

サフランとチューリップの球根を買ったの?いいな~♫ 歌姫も去年は球
根を買い損ねてしまったので・・・今年は買って、チューリップを沢山植え
ようと思ってます(*^_^*)

低カロリーメニューをありがとう❤ でも残念ながら・・・夫はキノコ類苦手
なんです(T_T)ごめんなさい!! 歌姫が食べますね(笑)




コメント削除

7.きつねこさん♫ こんばんは~☆

2009/10/25 21:40 歌姫ちゃこちゃん

嬉しいです❤ 喜んでいただけて・・・!!(*^_^*)

そうなのよね・・・私も書きながらアニメじゃなくて ヨンジュンやジウの顔
を思い浮かべてしまいます♫ やっぱりこれは 実写版があってこそ!
声が本人だから 余計に実写が見たくなりますね(^-^)

透明なカメラで写したチュンサンの顔・・・joonのチュンサンだったらどん
な顔で写ったのかな?・・・歌姫もきつねこさんと同じ♫ 自分で映像化し
ています(ゝヮ∂)-☆

コメント削除

8.saojikaさん♫ こんばんは~☆

2009/10/25 21:50 歌姫ちゃこちゃん

ゴルフのjoonの壁紙ですか?
まずブログのページの【ブログカテゴリ】で 《韓国俳優》の中のペ・ヨンジ
ュンをクリックします。すると記事が並んでいるので・・・私の記事
CLASSI MOCHAの「心の中は・・・」をクリックしてみてください。すると
見えるはずです(^-^) 
今度また joonのゴルフの写真UPして差し上げますね~♫

コメント削除

9.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 22:01 まこぴぃ

アニソナの説明有り難う

今のところ、見られない私にとって

有り難い情報です

出来れば、これからも

毎回の情報、お願いしたいです

勝手なお願いですが・・・・

コメント削除

10.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 22:08 ア~ル

歌姫さん こんばんは(^0^)

忙しい中、ありがとう❤目に浮かんで来ます。

アニメのチュンサンとヨンジュンの声…素敵なんでしょうね。

チュンサンのオンマのミヒさん、もう登場したんですね。

大好きなシーン…学校の塀を乗り越えるあの一連のシーン❤

あ~ドラマ観たくなっちゃった!

コメント削除

11.きょこままさん♫ こんばんは~☆

2009/10/25 22:17 歌姫ちゃこちゃん

音楽室を覘くチュンサン??放送室ではなくて??はて??

放送室を覗くチュンサンだったら 実写版のjoonの演技のほうがピカイ
チに良かったです(笑) 

「オー・マイ・ゴッド」 ね・・・聞いたことない曲でした・・・韓国語の曲♫

そうなの・・・夕暮れの湖に浮かぶ船の中で 二人が会話をしています。
カメラのシーンも本当、実際のjoonとジウで見たかった!!

コメント削除

12.雪と水さん♫ こんばんは~☆

2009/10/25 22:28 歌姫ちゃこちゃん

ええっ?? 今日はたまたま 夫がいなかったから書けただけだよ~♫
来週は分からないからね・・・夫がいたらそんなにすぐには書けないよ!

そうでしょ・・・この長文・・・結構ハイスピードで打ちまくってます(爆)

きっと来週も 実写版とかなりダブルと思われます。なんだかね・・・以前
公式で書いてた《冬ソナ☆宝石箱》 を思い出します♫ でもあの最初の
頃は コピペを知らなかったので・・・第1話と2話もこんなに詳しく書いて
なかったから・・・。あれは はじめの方を もう一度書き直したいと思いま
した(笑)

アニメでチュンサンの台詞が少ないということは ないですよ♫ ちゃんと
ユジンと同等に張り合ってます(ゝヮ∂)-☆

コメント削除

13.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 22:29 マーブル

こんばんは
2話 ありがとうございました。忙しい中をアップしていただき感謝です
最近いろいろあり大きく落ち込んでいるマーブルですが、また1週間頑
張れそうです。頑張ってみます!!!

こちらの山も綺麗に紅葉が始まりました
でも今年は寒くなるのが早いのか、野菜たちもびっくりしているようです

コメント削除

14.まこぴいさん♫ こんばんは~☆

2009/10/25 22:36 歌姫ちゃこちゃん

どういたしまして(*´∀`*) 喜んでくださる人がいればこそ 頑張った甲
斐があります♫ コメントいただけて嬉しいです(*^_^*)

これからも続けてみるつもりですが・・何が起きるか分からないので(笑)
気長にお待ちくださいね♫ 

でも、決して嫌いな作業じゃないので(笑)頑張ります(ゝヮ∂)-☆

コメント削除

15.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 22:38 パルちゃん

ちゃこさん こんばんは^^

Dさま お留守で…アニソナ 第2回の UP

ありがとうヽ(´▽`✿)/

読ませていただいていると実写が次々に浮かんできます。

素晴らしい描写力に拍手です。

そしてその素晴らしい描写にJoonへの愛情がプラスされているから

もう、読み手はたまらないですぅ~♡

ご無理のないようにですが…次回も楽しみにいていますね^^;

ありがとうございましたm(_ _)m

コメント削除

16.じゃんだらりんさん♫ こんばんは~☆

2009/10/25 22:41 歌姫ちゃこちゃん

そうそう・・・これは自分の想像力で 膨らませて読んでいってくださいね

joonの声はとっても素敵です~❤ ジウもやっぱりユジンしてるし(笑)
二人の会話を聞いてるだけで幸せな気分になる(*^_^*)

ミヒ母さんは 先週の第1話から登場してるよ(笑) ユジンのオンマとミヒ
さんは 漫画のほうが二人とも老けてる(爆)

コメント削除

17.マーブルさん♫ こんばんは~☆

2009/10/25 22:48 歌姫ちゃこちゃん

えへへ・・・今日は 夕方の仕事を遅刻しそうになって焦りました(笑)

マーブルさん落ち込んでたの??駄目だよ~!!悪いことがあれば 
次は必ず「良いこと」があるんだから・・・そう信じて強く生きてください!

1週間 頑張れる元気をチュンサンからもらったみたいで・・・歌姫もとっ
ても嬉しい(*^_^*) マイペースで・・・頑張れ~~~!!(^O^)/

       歌姫も これからもマイペースで頑張ります!!

コメント削除

18.パルちゃん ♫ こんばんは~☆

2009/10/25 23:14 歌姫ちゃこちゃん

そうなの♫ラッキーなことに(笑) 夫がPTA行事があって出かけてたの。

やっぱりパルちゃんも 実写のjoonとジウの場面が蘇るのね♫ 正当な
家族の証☆(笑)

沢山褒めていただいて・・・木に登っちゃいそうです(笑) 夫の機嫌を損
ねないように・・・マイペースで 書き続けようとは思っています(ゝヮ∂)-☆
コメントありがとうね~❤

コメント削除

19.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/25 23:34 pmisa

こんばんは。☆

実況中継のように、詳しく教えてくれてありがとう。<(_ _)>

今日は、かねてから行きたかった「岩山漆芸美術館」に行ってきた

の~。ヨン友さんと合計5人で、片道2時間半くらいかかった~。

残念なことに、全龍福先生はお留守でだったから、お菓子とお手紙

を受付の方にお願いしたの。ソウルに行って、28日にお帰りだと

か。そして、ヨンジュンさんとも会うらしい…。帰ってきてから行

ってたら、お話聞けたのになあと…。

先生の作品、たくさん展示されていて、今年作成された作品も結構

多かった。大作は、凄~く迫力があって、感動!!

で、JOONの練習作品 「愛」 見たヨン!(^_^)v

隣りには、作品を制作しているJOONのビデオが…。

素顔のJOONが、真剣に漆と向かい合っている姿を見ていたら、胸

がいっぱいで、涙がでちゃった。今、展示している「愛」と今後、

展示されると思われる「海の朝」っていう作品を制作してた。

岩山を離れる日、先生にお別れの挨拶をしているところもビデオに

あったよ。今日でも館内は寒くて、2月だったら相当寒かったろう

と思う。

「韓国の美をたどる旅」にドラムをたたいている写真があるんだけ

ど、そのドラムも見つけて、ちょっと嬉しくなったヨン。☆

来年、先生がいらっしゃる時に、また行きたいなあ。


20.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/26 00:01 ゆき☆

こんばんは(^O^)/

土曜日、休みだったのに見られなかった私。

そして日曜日、家にいたのに見られなかった私(>_<)

明日こそ帰宅したら見るぞぉ~

だから本文、読んでません~ごめんちゃい^m^

コメント削除

21.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/26 08:21 piipi

おはようございます、
くわしい、わかりやすい描写ありがとうございますう。
アニメのシーンも、実写版シーンに想像しちゃってました。
これからも無理かからない程度によろしく、です。

前回、彼がこうせつおいちゃんのような兼業農家ありかも、と書き
込みしましたが、鉄腕ダッシュを見て、あ、これもありかな、と。
日頃の作物の世話は農村でスタッフがやってて、大変な時に彼が手
伝う。充分お仕事もできるし、植え付け、収穫も土壌改良もできる
しと、トキオのメンバーに彼をいつか重ねてました。


22.pmisaさん♫ おはよう~☀

2009/10/26 10:09 歌姫ちゃこちゃん

はい♫ 実況中継させていただきました(爆)

ちょっと今朝になって 昨日PCを叩きまくった疲れがでちゃいました(涙)
朝なかなか起きれなくて・・・夫に迷惑かけてしまった・・・(;一_一)反省

岩山漆芸美術館に行かれたんですか?良かったですね~!! 全先
生がお留守なのは残念でしたが・・・先生の素晴らしい作品とjoonの練
習作品を見れただけで 素敵な経験だったと思います。羨ましい!!

歌姫は・・・いつ岩山漆芸美術館に行けるんだろう??遠いな~♭



コメント削除

23.ゆきちゃん♫ おはよう~☀

2009/10/26 10:11 歌姫ちゃこちゃん

あはは・・・ゆきちゃんは 今日録画を見るわけね(ゝヮ∂)-☆

見てから・・・また これ読んで感想ちょうだいね~(笑) よろしく❤

コメント削除

24.piipiさん♫ おはよう~☀

2009/10/26 10:16 歌姫ちゃこちゃん

はい♫ ありがとう!! ちょっと昨日無理し過ぎて・・・肩こりしちゃいまし
た(>_<) 今朝の雨・・・これも原因!! 寒い日の雨は最悪です。

あはは・・・こうせつおいちゃんよりも・・・そりゃあトキオのほうがjoonに
近い感覚だよね♫ こうせつおいちゃん、ごめんなさい!(爆)
でも 歌姫「かぐや姫」の頃から 南こうせつ大好きなんです(ゝヮ∂)-☆

コメント削除

25.Re:アニメ☆冬のソナタ☆第2話

2009/10/26 13:08 ツインズ母

こんにちは!
有難うございます~><
こんなに詳しく><
実写を知った上で、実写と違う部分は、その方がいいだろうなぁ~
と素直に思えます。(見てないくせに><)
アニソナ~スカパーだけでしか放送しないつもり?><

コメント削除

26.ツインズ母さん♫ こんばんは~☆

2009/10/26 18:50 歌姫ちゃこちゃん

良かった♫ こんなんで気に入っていただけたでしょうか?(笑)

はい・・・これでもか!くらいに詳しく書いてしまいました(爆)

これからも まだまだ実写版の美しいシーンがアニメで再現されていくの
だと思います♫ そして微妙に違ったエピソードが折り込められていくの
でしょうね(^-^)

体力の続く限り(笑) 頑張ってみますので・・・来週もお楽しみに~♫

コメント削除


[トラックバック]

 
▼この記事のトラックバックURL
http://blog.brokore.com/utahime-c/tbpingx/5517.do

▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


TODAY 343
TOTAL 6001354
カレンダー

2021年1月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スポンサードサーチ
ブロコリblog