2010/05/19 15:05
テーマ:歌姫のひとりごと カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

今日も 太王四神記!!

Photo

 

 昨夜は 雨が降らなかったけど

 とっても身体がだるかったので・・・

 ウォーキングはお休みにしていただいて(笑)

 夫が いつものうたた寝タイムに

 PCをしようと思ったら・・・

 歌姫まで うたた寝をしてしまい(爆)

 このお部屋にも 来れませんでした。


 
 今朝は 雨の中 義母の眼科の通院で

 頑張って 8時半に行ったのに・・・

 また眼圧が上がってしまったので

 点滴をしたため 結局連れて戻ったのが

 11時過ぎでした(>_<)

 明日も また検査するというので

 またまた アッシーをせねば・・・。

 でも 朝の時間帯は思ったより混んでいるので

 明日は 11時くらいに出かけよう!!


 そしてあさっては 今度は義父の通院・・・。

 車の運転嫌いな歌姫が 

 毎日アッシーせねばならない この現状(涙)


 今日 病院で待っている間に

 電動の血圧計があったから 測ってみたら

 上が102で 下が65 脈拍数70だった!!

 ・・・100あったから良かったなぁ(笑)

 実は 歌姫は低血圧・・・だから朝は辛い。

 しかも 今日は朝から雨。最悪!!

 ・・・今は 雨も上がったけどね・・・(^-^)


 そして 今晩は8時に 歌のレッスンがある。

 伴奏者と一緒に 歌のレッスンをしてもらう。

 ああ・・・なんとか 気力で頑張るぞ~!!


 

 

 そして今日も タムドク(*^_^*)

 
 今 公開中の劇場版【太王四神記】

 場所によっては・・・

 平日114名入る劇場に たったの5名・・・(@_@;)

 そんな ショックな情報もありましたが(涙)

 1時間以内で通える範囲の映画館で タムドクが見れる方は

 是非、是非!! 素敵なタムドクを 

 大画面で堪能してくださいね~~~!!

 ああ・・・歌姫も観たい!!(T_T)








 初めてタムドクに出会った思い出は 昨日書いた。

 韓国MBCの放送で 言葉が分からなくても

 音楽と画像だけで 十分満たされる作品【太王四神記】(笑)

 しかしながら言葉が分かって ストーリーが把握できると

 この作品の素晴らしさは もっと鮮明になる。

 




 

 この【太王四神記】は 実在した広開土王の物語。

 4世紀末の時代に 周囲の百済や新羅を制覇し

 高句麗の領土を 神業のように広げて行った王様、談徳。

 韓国人の誰もが 尊敬して愛してやまない

 その談徳の物語に 空想の四神や

 悲しい恋愛ドラマを織り込んだ クオリティーの高い 

 時代劇ドラマが【太王四神記】だ。

 私達は どうしてもタムドクとキハやスジニの

 恋愛模様に どうしても気を取られがちだが・・・

 このドラマは タムドクがどんなに

 高句麗のために尽くした 

 偉大で魅力的な王様だったのか・・・。

 そして王子から その偉大なる王へ 

 仲間に支えられながら 

 タムドクが成長していった過程を
 
 主軸に描こうとしたドラマだと思う。

 だから 高句麗の歴史や神話を良く知らない

 私達日本人には 1度観ただけでは

 少し難解なドラマだったのかもしれない。
 




 


 それでも 今回の劇場版では

 恋愛を中心に 編集してあるようで(笑)

 とても 分かりやすいストーリー展開のようだ。

 キハとスジニ。

 この2人を 愛してしまったタムドク・・・。

 そして それに加えて

 王の座と共に 
キハを奪おうとするホゲ。

 もうみんな知ってると思うけど

 歌姫はスジニが大好きなので スジニが可愛い!!







 
 そして 四神の中でスジニと絡む

 クァンミ城主のチョロ!!

 このチョロの存在も とっても良い(*^_^*)

 
 勿論、ヒョンゴやチュムチも大好きだけど

 スジニを想いながら・・・タムドクに仕える

 美しい戦士・・・チョロ。

 劇場版の第3章からは このチョロが出てくるんだよね。

 

 




 
 で・・・実は 歌姫物凄い勘違いをしてて・・・

 劇場版って 3部に別れているものとばかり思ってた(笑)

 しっかり第1章~第4章まであったのね(*^_^*)

 

 

 


 
 


 


[1]

TODAY 204
TOTAL 5800787
カレンダー

2010年5月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
スポンサードサーチ
ブロコリblog