2015/07/14 18:06
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

結婚式:公知

Photo



ペ・ヨンジュンとパク・スジンさんの結婚式について

投稿者| administrator 投稿日| 2015-07-14 17:13:00









 
ペ・ヨンジュンとパク・スジンさんの結婚式の日付と場所が決定しました。
本件に関連しまして、皆さまにご協力のお願いです。

二人は、きたる7月27日、シェラトン・グランデ・ウォーカーヒル アストンハウスで結婚式を挙げる予定で、今日の午後、結婚式場を決定いたしましたのでお知らせいたします。

挙式は両家の家族と知人だけを迎え、静かにプライベートで進行される予定です。








当日の取材および撮影などへのご協力が難しい点について、あらかじめ深いご理解とご了承をお願い申し上げます。
また、家族の皆さまにおかれましては、会場での混乱および一般にご利用されているお客様へのご迷惑となるのを避けるため、会場となるホテルおよび周辺でのお出迎えおよび待機などはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

今、人生の新たな出発を控えている二人の未来を祝福してくださることをお願い申し上げると同時に、取材へのご協力および家族の皆さまへのご挨拶については難しい旨、再度ご理解ご了承申し上げます。

ありがとうございます。


2015/05/27 11:32
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

Instagramメッセージ

Photo













たくさんのお祝いと祝福ありがとうございます~
生涯の縁に会えたことに ただ感謝するだけです。
幸せな結婚式でお目にかかります^^
良い一日を お過ごし下さい!!❤




****


直接のファンへのメッセージ。

公式じゃなくて、こういう生の形は距離が近くていいですね^^



いいんですけどぉぉぉ・・



いやあ・・いきなりLOVEな写真が飛び込んできて驚きました(^^ゞ

外国人だったんですねえ(笑)


*****



元々、交際は堂々としたいタイプに見えます。彼女の為にもね。

しかし、冬のソナタで異常ともいえる人気を得てしまい、

個人の意志ではどうにもならない状態になった。


隠したら探られる。公にしたら、ある事ない事 記事にされる。


恋人発覚では、彼女の方が痛手を負う可能性が・・。

そうさせない為に、一気に婚約発表の形にしたのかもしれませんね。









ミニョンに恋し、ユジンと結ばれるのを願った。







ドンヒョクに堕ち、ジニョンとの幸せを願った。



プライベートの彼が幸せになり、実業家ではなく俳優の姿で
また私達に”ドキドキ”を贈ってくれますように。











2014/05/10 22:20
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

神が○○を作るとき

Photo




















作成したヨン友さんのセンスに脱帽^m^






2014/04/03 18:59
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

すべては ここから

Photo









2004年4月3日


All began from here.


すべては ここから始まった。




http://www.youtube.com/watch?v=iR187WYjqI0









2013/04/15 13:30
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

チョアヨ

Photo







この頃の、少しだけ伸びた髪も 似合ってましたねえ






可愛くもあり、大人っぽくもあり・・






出国した帽子の下の髪型、 もう一回こんなの見たいなぁ








「チョアヨ」 動画は ここを見た方限定公開です。

↓ 

http://www.youtube.com/watch?v=1b2eixjxQwk



2013/03/23 01:25
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

アイアイのうた

Photo



【BGMが流れています】

音が重なる時は上↑のタイトルを押してくださいね<(_ _)>






「アイアイのうた」 C&K


別々の街に暮らす恋人。
お互いのことを想っていても、二人の日々は平行線のまま交わることもない。
距離と時間に試された二人は、逢いたい気持ちを日々募らせていく。
日々溢れる想いを伝えに、逢いたい人に会いに行く。
一緒に過ごす時間が過ぎるのは早く、また別々の日々が近づいてくる。
距離と時間に試された二人の、かけがえのない時間。
様々な"アイのカタチ"を映し出したドキュメンタリーショートムービー。






















アイのカタチ4 C&K 「アイアイのうた〜僕とキミと僕等の日々〜」より






2013/03/22 01:27
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

ロースティング

Photo






モバイル・ブログより





ロースティング①


こちらはコーヒーロースティング(焙煎)を行っているところです。
ヨンジュンさんと一緒に写っている手前の男性の方は
『ゴリラ・イン・ザ・カフェ(Gorilla in the Cafe)』の店長さんだそうです^^
※ロースティング(焙煎):コーヒー豆精製処理工程とコーヒーの液体を淹れる作業の
中間に位置する工程。


ロースティング②


こちらの写真は、ロースト機を前にメモを熱心に見ているヨンジュンさんが写っています。
家族の皆さんもご存知だと思いますが、
何事も真剣に取り組むヨンジュンさんの一面が垣間見られる素敵な1ショットですよね^^


また、今回はコーヒー作りを習ったヨンジュンさんお手製のコーヒーも
特別に公開しちゃいます!!



いかがでしょうか?
表面にアートされているハートがとってもキュートで美味しそうですよね♪♪
ヨンジュンさんの新たな才能を発見できる1枚だと思います^^




次回のスタッフブログでも残りのオフショットを公開予定です!!





*****




新たな才能・・

もし良かったら、 俳優業でも発見していただけないかと(^^ゞ





2013/03/19 22:07
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

特典DVD

Photo





注) ネタバレですので、 よろしい方だけお進みくださいませ<(_ _)>














DATVに入ってませんからね、そりゃあ直に見てませんけれども・・

それでも既に 相当ネットやCMで映像を見て来たわけですし・・

せめて、声くらい聴かせていただいても よろしかったのではないでしょうかねえ。

歌ならCDにも入ってるわけですし

「ここ上げるの? ゆっくり?」

なんてボイトレの先生との会話を聞けるのかなあ・・なんて期待してたんだけどなあ。








特典っつーのは、 そういうもんでしょ?


















2013/03/16 17:55
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

こっちは・・

Photo



【BGMが流れています】

音が重なる時は上↑のタイトルを押してくださいね<(_ _)>




同じ帽子 同じサングラス

同じ男なのに







こっちは もう少し大人






こっちは・・




たまらなく 大人




2013/03/15 18:54
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

BYJ撮影フォト

Photo



BYJ公式




ハワイでペ・ヨンジュンが撮影した写真をギャラリーに掲載いたしました。








「本当は自分が飛び込みたかったのだけど・・・」



いいですね。 写真だけでなくコメントまで・・。


これが公式の本来の姿なんじゃないでしょうか。







2013/03/13 18:35
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

サーフィン

Photo



【BYJ公式】 NEWS




ペ・ヨンジュンから写真が届きました!





 
ハワイで約2ヶ月過ごしたペ・ヨンジュンから、ハワイで初体験した ウェイクボードの写真が届きました。

 

この写真は、先日の『ゴリラ・イン・ザ・カフェ(Gorilla in the Cafe) オープン記念ツアー』の際に、ペ・ヨンジュンが携帯でお客様に お見せしたところ、お客様より公式サイトにも是非掲載してほしい! とのリクエストにより、送られて来ました。
 
このほか、オフを満喫している様子や、ペ・ヨンジュンが撮影した 写真なども送られてきております。
 随時公式サイトや公式モバイルサイトにてご紹介してまいりますので、どうぞお楽しみに!
 



2013/03/11 13:06
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

「水晶妃」のススメ

Photo





水晶妃-氷と狼の物語- :1: ボニボニ





ビデオチャットを終えた後 しばらく 彼女は脇息にもたれて 

今しがた 聞いたばかりの報告を反芻していた。




「大奥様。 そろそろお休みになりますか?」
「うん?」
そうだねぇ。 シャンパンでも一杯飲もうか。
「シャンパン・・ですか?」


やや子が 出来たそうだよ。


「まあ!ジュニ様に? それはお楽しみですね」
「いや ジウォンだ。 ジュニの弟妹ができるって話さ」

・・は・・?!







フリュートグラスが置かれると 女主人は 周りの者を払った。

華やいだ金の泡を見ながら 話をしたい相手がいたのだ。



「ひ孫を待っているはずだったけどね。 ジウォンにまた子が生まれるよ」
コクリ・・とひと口 美酒を飲み下すと 
彼女は静かに眼を上げて 間続きの書斎を振り向いた。





「ジホの所へは まだ行けぬ。 もちっとここに見たいものが出来た」





“・・・ふ・・”


お好きなように。 狼に似た きつい眼が にこりともせずにまばたいた。

好奇心の強い貴女のことだ。 見たい事物は尽きないでしょう。
“ご存分に遊ばれてから 来られるが良い”
何も 急ぐことはありません。



冴え冴えとした横顔は わずかな執着も見せなかった。


突然 置き去られた気持ちになって 彼女は気弱に問いかけた。

「・・ジホは・・・ そこで待っておるか?」

“・・・・・”


問う声の中に 愛しい人の不安を読んで 冷たい表情にひびが入った。
ため息と共に眼を閉じた男は かき消すように椅子から失せた。

「ジ・ホ・・?」


ふわりと絹の袖がまわり 女の後ろへ 気配が立つ。

狼にも例えられた獰猛な牙と 氷の瞳を持つ男が
生涯をかけて守り抜いた水晶を 背なから 柔らかく包んでいた。

「ジホ」

“・・・・・・”



男には 体裁と言うものがありますれば。 
“女々しい物言いなぞは 望まれぬことです”
薄情な言葉とは裏腹に 男の声音には愛しさがにじんだ。



「ジホは・・ 待っているだろう?」

高慢しか すべを知らない姫の問いかけに 男は諦めの息を吐いた。
結局のところ狼にとって 彼女はかけがえの無い宝石だった。



“お眠りになられるがよい”

耳元へ深い声が囁いた。 狼の気が 恋人の周りを繭の様にくるみ込んだ。
“貴女が夢の水際へ来れば 抱いて差し上げましょう”



「あぁ お前に抱かれて星の話をしよう」
“・・星?”
「ジュニに聞いたのだ。 今度は 私がジホに教えてやる」



愛しい人の無邪気な自慢に 鋼の男が 薄く笑んだ。
“それでは お教えいただきましょうか”



「ジホ」

“・・・・”

「名前を・・呼んでおくれ」

そろそろ眠くなってきた。 間違わずお前に会えるように 名前を呼んでおくれ。

彼女の身体から 力が抜ける。 つかの間の彼岸へ落ちる人を 
大きな腕で抱きとめながら 狼は 恋人の名を呼んだ。



“・・スジョン・・・”






見えない方は ここを押して見て下さいね。







-----------------------  水晶妃  -----------------------




自分はどうやら 人とは異なる姿をしているらしい。
少女がそう自覚したのは 彼女がわずか5歳の頃だった。


自分を初めて見る大人が 必ず見せる 驚嘆の表情。
それが自分の容貌に向けられたものだと気づいた時 少女は
なんだ・・と 落胆した。


― 美しさなど つまらぬ。 



自分の特質が選べるものなら 賢さか 武芸の強さが良かったのに。


スジョンは 当時の常識から見ると いささか風変わりな娘だった。

その年頃の少女が 好みそうなもの。
人形にも 着物にも 可愛らしい飾りものにも 彼女は興味を持たなかった。



彼女の胸を震わせるのは 科学のことや歴史のこと。 
遥かな 見たこともない世界だった。
この広い世の中には飛行機を繰り 海を越えて行く者がいるという。

私がもしも男であったならば そんな世界を見ることも出来ただろうに。



比類なき美貌と 自分を褒める者たちは 必ずその後に言ったものだ。 
年頃になればお嬢様には 降る星のごとく縁談がございましょう。 
“お幸せなことです”



―・・・それの どこが幸せなのだ?

彼女は無言で反論していた。 縁談やら婚姻などという話は 
何やら隠微で おぞましいもののように思えた。




少女の名前は スジョン(水晶)と言った。

宝石の名に例えられても 誰もが うなずくしかなかった。

鋭利な刀で切り出したような切れ長の眼と 
なめらかに透きとおる白磁の肌。
黒目がちの瞳は強く光り つんと笑わぬ表情が 氷の如き印象を残す。


性格は決して 傲慢ではなかったが
水際立った美貌の故に 
誰もが 彼女の前に立つと 物怖じするような気持ちになった。



10歳をいくつか超える頃になると 
この名家の令嬢は ソウルの街でも話題となった。

“芍薬も恥じるかんばせに 氷の瞳をしているそうな”
“今に 稀代の傾城となる。どれ程のご名家へ嫁ぐことか”


そんな噂がささやかれ
いつとはなしに イ家の一人娘は「水晶妃」と呼ばれるようになった。




-----





「ジホ。 おらぬか  ・・・ジホ!」

石畳の庭を 歩く娘は チマを蹴るような速足だった。



薪を割っていた青年は 呼び声を聞くと斧を置き 
うつむいたまま 口の端を ほんの少し上げて微笑んだ。
「ここかジホ。 何故 返事をせぬ?」






「薪割りに 専心しておりましたので」

一人仕事の気楽さで 青年は肌脱ぎになっていた。
主家の姫は男の半裸へ 珍しそうな眼をやった。
「ずいぶん 身体を鍛えておるな。 胸がりゅうとして明王のようだ・・」



無邪気な好奇心に輝く瞳が 突然「それ」を見て 翳った。
青年の見事な胸板には 袈裟懸けに斬られた傷跡があった。


「・・それは あの時の傷か?」
「?!」


ジホは冷たい眼をこちらへ向けると ゆっくり 袖へ腕を入れた。
「そ・・んな傷が 残ったのか?」


彼女のきらめく表情が曇ったことに ジホは ひどい苛立ちを覚えた。
狼にとって水晶は いつでも輝いていなければならない宝だった。


「良家のご令嬢が 男の身体などを しげしげ見るものではありません」
「・・だがそれは あの時お前が彼奴らに斬・・」
「姫!」


ビリ・・と 周囲の空気が振るえ 庭木の鳥が飛び去った。


狼の咆哮は一瞬で 屋敷の中庭の時間を止めた。
スジョンが並の娘だったら 泣き出すか 腰を抜かしただろう。
しかし彼女は ただ不満げに 口をへの字に曲げただけだった。


「大した傷では ありません」



「私のせいだ。そうだろう?」
意地っ張りが 怯えながらも 心配の言を繰り返す。
聞かぬ方だ。 ジホは冷めた頬をそむけて 少女の問いを断ち切った。





「御用は何ですか?」

それ以外の話題は受け付けないとでも言うように  
ジホは 襟元をパンと合わせた。
主家の姫を前にして 青年には 一片の媚びもなかった。



世にも端整な青年の 不機嫌そうな横顔を見て
スジョンは 口元をほころばせた。



“これだから 私は ジホが好きだな”

この男だけは私をほめない。 追従も言わず へつらいもしない。
つまりジホは この私を ただまっすぐに見てくれる。



「平倉洞へ使いに行く。 ジホは供についてまいれ」
うきうきと ねだるように命じる姫へ ジホは冷淡な眉を上げた。


「侍女をお連れになって 車で行かれませ」
「ジホは 運転ができるだろう?」
「車を動かす為にショーファー(運転手)がおります。私は書生だ」




お嬢様の守役は 書生の仕事ではありません。

つんと顔をそむけるジホに スジョンは頬を膨らませた。
「薪割りだって書生の仕事ではないぞ!」
知っておるぞ。ガンホ爺の腰が悪いから 手伝ってやっているくせに。



「下男の助けはできても 私の相手はできぬと言うか」
「できません。 済まさねばならぬ仕事が溜まっております」
「!」



利かん気な柳眉が 憤然として逆立った。
氷の美貌を持つ少女は 今や かんかんに怒っていた。
「ジホの馬鹿!」



ちっとも 私の言うことを聞かん。 お父様に讒言するから憶えておれ。
怒りに頬を紅潮させ スジョンは踵を返して行った。
ぷりぷりと怒り 去ってゆく後姿へ 狼は柔らかな微笑を浮かべた。




・・変わらぬな・・



深窓のご令嬢が 書生風情を連れ歩いて 噂にでもなれば困ると言うに。
姫はご自分が乙女さびられたことに まったく 無頓着でおられる。




静かに息を吐きながら 狼は 胸を温めていた。

スジョンはこの時16歳。 軍靴の響きは まだ遠かった。










主家の姫君、比類なき美貌の水晶(スジョン)を、命がけで護るジホ。
動乱の時代に、透きとおるようにまっすぐな愛を、貫いた2人の物語。
【Dal0044 ボニボニ 全51話:完結】 






 天を恨まず、

運命に耐え、

助け合って生きていく物語。




貴女に 希望を贈ります。






























2013/02/24 17:42
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

仁王立ち

Photo




【BGMが流れています】

音が重なる時は上↑のタイトルを押してくださいね<(_ _)>






46 パフ ー僕の風を追いかけてー  by ボニボニ 抜粋





仁川空港の到着ロビーで ジェイは 鬼のように怒っていた。


ビジネスエリートを絵に描いたような 上質のスーツで仁王立ちするジェイは
気弱な部下なら近寄る代わりに辞表を出したくなる程 威圧的に見えた。




「忙しい時間を割いて迎えに来たのに 何をグズグズしているんだ」

「?!」










「具合は大丈夫か?」
 
「ぇ?」
 「乱気流だったんだろう? 揺れたんじゃないのか飛行機」
 「えぇ。 それはまあ 少し」
 
「気分は 悪くない?」
 「平気」
 
「・・そうか」
 
 
 
話は済んだと言わんばかりに ジェイは先を歩き出した。
しっかり パフの手を握ったまま。




パフは大股で歩いて行く彼に 呆れ顔で歩調を合わせながら
 
ひょっとしたら ジェイは随分と心配したのかもしれないと思った。










46 パフ ー僕の風を追いかけてー  by ボニボニ  抜粋

Dal0044 にて絶賛連載中です^^





2013/02/21 01:16
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

ティファニーで

Photo










見えない方は ここを押して見て下さいね。






















2013/02/18 12:32
テーマ:BYJ カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

未来色

Photo










見えない方は ここを押して見て下さいね。












いいですよね・・ こんな感じ。

何年も前のCMで ネットで公開されたものですが、 本物はこちらです↓







JOONで見てみたいなぁ なんて思ったんですよね。

出来れば、 この動画全部使って作りたかったんですけど

ブロコリの資料室にUP出来る容量2MB内で

字幕が読めて画質が綺麗なのは30秒くらいが限界(^_^;)

30代の彼で、 こういうCMが見たかったなあ。















[1] [2]

TODAY 123
TOTAL 333501
カレンダー

2017年6月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
スポンサードサーチ
ブロコリblog