2013/02/19 08:48
テーマ:向田邦子 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

マル

Photo




【BGMが流れています】

音が重なる時は上↑のタイトルを押してくださいね<(_ _)>





「字のない葉書」








最も心に残るものをといわれれば父があて名を書き、

妹が「文面」を書いた、あのはがきということになろう。






終戦の年の四月、小学校一年の末の妹が甲府に学童疎開を

することになった。

すでに前の年の秋、同じ小学校に通っていた上の妹は

疎開をしていたが、下の妹はあまりに幼く不憫だというので、

両親が手放さなかったのである。





ところが、三月十日の東京大空襲で、家こそ焼け残ったものの

命からがらのめに遭い、このまま一家全滅するよりは、

と心を決めたらしい。



妹の出発が決まると、暗幕を垂らした暗い電灯の下で、

母は当時貴重品になっていたキャラコで肌着を縫って

名札を付け、父はおびただしいはがきにきちょうめんな筆で

自分あてのあて名を書いた。




「元気な日はマルを書いて、毎日一枚ずつポストに入れなさい。」

と言ってきかせた。妹は、まだ字が書けなかった。

あて名だけ書かれたかさ高なはがきの束をリュックサックに入れ、

雑炊用のどんぶりを抱えて、妹は遠足にでも行くように

はしゃいで出かけていった。











一週間ほどで、初めてのはがきが着いた。


紙いっぱいはみ出すほどの、威勢のいい赤鉛筆の大マルである。


付き添って行った人の話では、地元婦人会が赤飯やぼた餅を

振る舞って歓迎してくださったとかで、

かぼちゃの茎まで食べていた東京に比べれば

大マルにちがいなかった。





ところが、次の日からマルは急激に小さくなっていった。

情けない黒鉛筆の小マルは、ついにバツに変わった。

そのころ、少し離れた所に疎開していた上の妹が、

下の妹に会いに行った。



下の妹は、

校舎の壁に寄り掛かって梅干しのたねをしゃぶっていたが、

姉の姿を見ると、たねをぺっと吐き出して泣いたそうな。





まもなくバツのはがきも来なくなった。


三月目に母が迎えに行ったとき、

百日ぜきをわずらっていた妹は、

しらみだらけの頭で三畳の布団部屋に寝かされていたという。









妹が帰ってくる日、

私と弟は家庭菜園のかぼちゃを全部収穫した。


小さいのに手をつけるとしかる父も、この日は何も言わなかった。

私と弟は、ひと抱えもある大物からてのひらにのるうらなりまで、

二十数個のかぼちゃを一列に客間に並べた。

これぐらいしか妹を喜ばせる方法がなかったのだ。






夜遅く、出窓で見張っていた弟が、


「帰ってきたよ!」


と叫んだ。 茶の間に座っていた父は、はだしで表へ飛び出した。



防火用水桶の前で、やせた妹の肩を抱き、声を上げて泣いた。

私は父が、大人の男が声を立てて泣くのを初めて見た。











あれから三十一年。

父はなくなり、妹も当時の父に近い年になった。


だが、あの字のないはがきは、だれがどこにしまったのか

それともなくなったのか、私は一度も見ていない。












-- 眠る盃 ・ 向田邦子 --









[1]

TODAY 125
TOTAL 365509
カレンダー

2017年12月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スポンサードサーチ
ブロコリblog