2007/10/17 20:59
テーマ:レター 僕を忘れないで カテゴリ:レビュー・感想(映画)

タイ映画『レター 僕を忘れないで』


 ここ数年、泣ける映画には出会ってこなかった。いや、わざわざ観ないようにしていたのだと思う。この映画を観た時、忘れられてそのままになってた地雷が急に爆発するかのように、泣いた。泣きまくった(今、改めて思い出してもそんな自分の姿にゾッとする)。

  映画というものの定義をここで問うつもりもなく、見方は人それぞれだと思うが、映画は「感じるもの」だと思って観たい。音楽がココロに染みるように、映画もココロに染みるものでありたい。私はアジア映画を観ると妙に感情移入するクセがある(私もアジア人だから?)。案の定、今回もそうだった。タイ映画は数えるほどしか見てこなかったが、この映画はとても美しくセンチメンタルになる秋にぴったりの1本だった。音楽もすごく素敵で、サントラが欲しいぞ!と思ったりもする。そしてまた、二人の会話がタイ語という言語によってよりほほえましく愛らしく思えるところも素敵だ。

 

「これからずっと先のことかもしれないけど、僕たちはまた必ず出会う」

 

 輪廻転生の考えが根深いタイならではの言い回しなのかもしれないが、自然に「そう!そうだよ!また必ず出会うよ!」とか心の中で思ったりした。完全に映画に入り込む24歳・独身(笑)。不思議と、自然に運命とか縁とかいうものを感じられる映画だった。ディウとトンの愛からそれを感じると言ったほうがいいのかもしれない。タイという土地は、人々がとても温かかったこと、笑顔が素敵だったことを思い出す。「仏像はその土地の顔をしている」と一般的に言われるが、タイの仏像は確かに笑っていた。それも、とても素敵な笑顔で。色々な仏像を見てきたが、あの時の感情は今も鮮明に覚えている。ものすごく笑顔で、でもどこか寂しそうで。見ているこっちがなぜかセンチメンタルになってしまう。映画の中のトンを見ていると、アユタヤ王朝がビルマに破れ、そのまま残されたその仏像を思い出す。素敵な微笑とその微笑に秘めた寂しげな姿、そして何かを見守り続ける温かく強い眼差し。映画の感想から多少ズレてしまったが、久々に映画を観て感傷に浸り、その日の夜はベタにインスタントのトム・ヤム・クンを食べた。そのトム・ヤム・クンの辛いったらない。私もインスタントではなく、美味しいトム・ヤム・クンが食べたい。トンのように料理をしてくれる人を見つけなくては・・・。

 

ブロコリレビュアーT子

 

 

『レター 僕を忘れないで』

あらすじ

首都バンコクでプログラマーとして働くキャリアウーマンのディウは、祖母の妹の葬儀で訪れたチェンマイで、地元の農業試験場に勤める青年トンと出会う。ふたりの遠距離恋愛が始まる。ディウは、ルームメートの親友の死をきっかけに、チェンマイへ移り住み、やがてトンと結婚する。トンの献身的な愛に包まれた温かい生活はしばらく続くが、突然、ふたりにあまりにも切ない試練が降り注ぐ。トンは、不治の病に冒されていた……。

 

 

『レター 僕を忘れないで』公式サイト

http://www.letter-movie.jp/




[コメント]

1.Re:タイ映画『レター 僕を忘れないで』

2007/10/20 03:01 Ok Yon6n3

こんばんは。タイの映画は初めてでした。タイの素朴の中にくりひろげる二人の素直な心の動き。トンの心地よい愛・・好きな人への思いやり・・自然な愛情表現。人の良い思いやりがあるトン。病は防ぎようがない事・・トンのやるせなさ・・沢山してあげたかった事が心残りと思わせる手紙に涙・・涙・・。その気持ちを受け止めることができたディウが素敵。若かったらこんな幸せ感じる恋をしたかったと思える映画に感動でした。温かい気持ちになる映画を即決で買い付けた孫社長に感謝。トム・ヤム・クン初日にいただいたインスタント美味しかったです。時々トムヤムクンの独特な味にさそわれタイ料理店に行きます。T子様映画のご紹介ありがとうございます。


2.Re:タイ映画『レター 僕を忘れないで』

2007/10/24 16:03 スタッフT子

Ok Yon6n3 さん>映画、ご覧になったんですね。レスありがとうございます!観た後に温かい気持ちになれるって、ほんとに素敵なことですよね。タイ料理の感想などもぜひ教えていただけると嬉しいです!


3.Re:タイ映画『レター 僕を忘れないで』

2007/11/01 12:36 ひみつ

ここだけの話ですが、この映画を見て、私は自分の人生においてあるひとつの「決心」をしました。そんな映画でした。


4.Re:タイ映画『レター 僕を忘れないで』

2007/11/02 01:28 Ok Yon6n3

T子様、こんばんは。タイ料理は日本に無いスパイスのきいた味にひかれます。でもトム・ヤン・クンが大好きなのでそれしか食べた事がないので・・感想できるように他の物も挑戦したいと思います。とうもろこしを練ったような蒸した料理を見た事あるような、それは一度味わいたいと思っています。「レター僕を忘れないで」先日友達誘ってまた行きました。大切な人が脳裏をかすめて、何度見ても(3回ですが・・)涙がこみあげて・・健康であってほしいと願ってしまいます。愛してると伝える事できて・・大切に思っていること伝えられて・・心残りはあると思うけれど精一杯生きたように感じ、切ないけれど幸せにな気持ちになりますね。


5.Re:タイ映画『レター 僕を忘れないで』

2007/11/02 01:32 Ok Yon6n3

↑最後のところ(幸せな気持ちになりますね。)です・・


6.Re:タイ映画『レター 僕を忘れないで』

2007/11/06 11:05 明鏡止水

昨日、大阪アジアン映画祭2007で「レター」が上映されていました!劇場に行くまでに道に迷ってしまい、間に合わず諦めました..。究極の方向音痴なんです (><)とびっきり大きいハンカチを用意していたのにぃ! いつか「レター」に出会えるといいなと思います♪朝夕少し冷え込みます。くれぐれもお体を大切にしてくださいね。


7.Re:タイ映画『レター 僕を忘れないで』

2007/11/07 11:34 スタッフT子

ひみつさん>はじめまして。コメントありがとうございます。 映画で人生が変わることって、私にもあったので、きっとそれは素敵な決心なのでしょうと勝手に思っています♪ Ok Yon6n3 さん>リピーターになってくださってありがとうございます!何度も劇場に足を運んでくださっているなんてT子感激でございます。私も、この映画はとても悲しい映画であると同時に、どこかで幸せを感じました。 タイ料理、色々チャレンジしてみてください。そしてぜひT子にもおすすめを教えていただければ嬉しいです~★ 明鏡止水さん>映画、見損ねてしまったんですね。それは残念です。ぜひ観ていただきたいので次の機会に是非!! だんだんと冬の気候に変わりつつありますのでお体ご自愛くださいね!


 
▼この記事にコメントする

コメント作成するにはログインが必要になります。

[ログインする]


カレンダー

2022年11月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ブロコリblog