2012/12/25 22:42
テーマ:ヨンジュン情報 カテゴリ:韓国俳優(ペ・ヨンジュン)

来年はペヨンジュンの本格的始動始まる?

Photo

ヨン様”歌手デビュー”にあった秘めた思い
 
『冬ソナ』10周年 不惑の新決意!

「もう一度 日韓の懸け橋に・・・」

 
 
’13年3月20日に発売されるアルバム『アニメ 冬のソナタ メモリアル アルバム』で、ペ・ヨンジュンが歌手デビューする。
 
「’04年に韓国のCMでアニメ『フランダースの犬』の主題歌を口ずさんでいますが、歌手として録音したのは今回が初めてです。(韓国紙記者)
 
『アニメ 冬のソナタ』は、2年前、ヨン様とチェ・ジウがドラマ同様に主人公の声優を務め、ラストには2人の結婚式シーンが実写(実際に撮影)で収録され、大きな話題を呼んだ。
 
今回のメモリアル アルバムでは13曲が収録予定。その中の1曲で、ヨン様があの『最初から今まで』を韓国語で歌いあげているのだ。アルバムにはチュ・ジフンも参加。
 
「レコーディングは秋にソウルで行われました。ヨンジュンさんの『最初から今まで』ミュージックビデオや、レコーディング風景などが収められたDVDも特典として付いています」(音楽関係者)
 
ヨン様は’11年放送のドラマ『ドリームハイ』で、歌手で実業家でもあるパク・ジニョンとプロデューサーとしてタッグを組んだ。ドラマ イベントでの来日の際、彼はこう語っていた。
 
「今日のイベントでも、後輩たちのように歌ったりダンスができれば、そういう姿をお見せできるのに、申し訳ない気持ちです」(『日刊スポーツ』’11年9月13日付)
 
常々、「歌は苦手」と語っていたヨン様がなぜ今、歌手デビューすることになったのか。
 
 
今も『冬ソナ』を愛する家族への感謝を
 
「ヨンジュンさんは共演を機会に、同い年(同じ年齢)でワイン好きという共通項もあったジニョンさんと意気投合。彼に触発されたこともあり、大株主であるキーイースト内には音楽の部署も立ち上がりました。
 
キーイーストの後輩、キム・ヒョンジュンのレコーディングの際、スタジオに応援に駆け付けたこともありました。(韓国紙記者)
 
謙虚なヨン様は音楽好きとはいえ、歌い手としてはプロのレベルではないと、これまで自粛していたようだ。
 
彼に”変化”が起きたのは、’12年に入ってからだという。
 
「ヨンジュンさんにとって’12年は40代に突入し、さらに『冬ソナ』放送から10周年目という大きな節目でした。
また、『冬ソナ』で共演したパク・ヨンハさんの3回忌に当たります。
ヨンジュンさんはいまだに『冬ソナ』を愛してくれる家族への感謝として、”歌手デビュー”を決意したのでしょう。」(韓国紙記者)
 
’05年、主演映画『四月の雪(外出)』の取材では、韓国紙に自らの”使命”を語っている。
 
「私は政治家ではない。俳優として文化交流を、心と心を結ぶ仕事をしているのです。私たちが”アジア流”を作らなくてはいけません。」
 
’12年は、竹島(takeshima・独島)問題で日韓関係が悪化した年でもあった。こうした状況だからこそヨン様は一念発起したのだろう。
 
「ヨンジュンさんはいま一度、日韓の懸け橋として『アジアをひとつに!』という熱い思いがあるのです。
 
歌手デビューはその一端で、’13年は本格的な再始動が期待できるかも知れません」(韓国紙記者)
 
歌手デビューでついに動き出したヨン様。新年こそ待望の次回作、期待しています♪



[コメント]
 
▼この記事にコメントする
名 前:
パスワード: パスワードを入力 するとコメント削除が出来ます。
メール:
U R L :
タイトル:
コメント:


TODAY 13
TOTAL 1723715
カレンダー

2020年9月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
スポンサードサーチ
ブロコリblog