2008/06/13 11:13
テーマ:個人的な日記 カテゴリ:台湾映画(全般)

ピアノを弾くカリスマとイケメンピアニスト


台湾のカリスマアーティスト、ジェイ・チョウの初監督作品『言えない秘密』(8月中旬より新宿武蔵野館ほか全国順次公開)の試写会に、「GO!GO!華流エンタメでおなじみのアンナ・リーちゃんと行ってきました。

 

アーティストとしてだけでなく、俳優としてもチャン・イーモウ監督作品『王妃の紋章』など数々の話題作に出ているジェイ・チョウですが、初監督作品である『言えない秘密』も、台湾をはじめ中国、香港、韓国で大ヒットしたとか。いやはや、なんとも多才な方ですね。

 

そんな前置きはさておき、ジェイ・チョウが自身の出身校を撮影場所に使い、自伝的要素を盛り込んだ淡く切ない青春ラブストーリーである本作。後半、全く予想もつかない衝撃の展開を見せるのですが、詳しくは後日、レビューブログでお届したいと思います。(アンナちゃんいわく、作品にはジェイ・チョウと親交のある歌手やタレントが多数出演しているのだとか。そのあたり知っていたら、もっと楽しめるんでしょうね)

 

それにしても驚いたのは、ジェイ・チョウの超絶技巧的ピアノ演奏!学校でのピアノバトルのときなど、ものすごい勢いで指が回ってます。普通にクラシックやってたんですねー。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番やショパンのワルツなど、おなじみの曲をいともたやすく弾いております。卒業式のシーンではコンチェルトも披露。個人的にピアノコンプレックスがあるので、ピアノが弾ける殿方にはめっぽう弱いのですが、本当に鼻血が出そうなくらいかっこよかったです☆

 

「春のワルツ」のソ・ドヨンさんも素敵でしたが、『戦場のピアニスト』『シャイン』『私のちいさなピアニスト』などなど、ピアノを弾く殿方(?)が出てくる作品は古今東西いろいろありますよね。皆さんはどんな作品が記憶に残っていますか?

 

ところで来週17、18日に中国が誇る若手天才ピアニスト、ユンディ・リさん(イケメンです☆)とロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演があります!

ユンディ・リさんと言えば、ショパン国際コンクールで優勝した時のニュースが今も鮮明に記憶に残っていますが、今回はプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番(17日)とラヴェルのピアノ協奏曲ト長調(18日)を演奏されるのだとか。“リアル”イケメンピアニストの演奏を生で聴くチャンスです!興味のある方はぜひ!!チケットは電話:03-5433-4456 (平日10:00~18:00 土日定休)にて受け付けております。詳細はこちら

 

…アンコールでショパン弾いてくれないでしょうか^^

 

 

ブロコリスタッフ 関島



[コメント]
 
▼この記事にコメントする
名 前:
パスワード: パスワードを入力 するとコメント削除が出来ます。
メール:
U R L :
タイトル:
コメント:


カレンダー

2022年12月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロコリblog