2010/04/20 23:38
テーマ:好きな曲 カテゴリ:日記(ひとりごと)

モノクロ

Photo

う~ん…
妄想も、行き詰って参りました❤

これ、ヨンジュンに見せられるの?
…見せられない…

母親としてどうなの?
…どうしようもない…

で、この後の展開は、××=伏字活用に決定~!
パチパチパチ♬


そういう問題かな~…(不安)


で、とりあえずサークルになら、まだちょっと、ましかな…と思えたので
かなり敷居が高いんだけど
思い切ってアップすることにしました~^^

そのうち、覗いて見て下さいね~❤




モノクロ@HY

♪君が頭から離れない

普段見ないテレビも見るようになって(DONとか?)

もし逢えるのなら、ちゃんと目を見て話せるのかな♪
(こんなコアな妄想書いてるようじゃ無理!)



http://www.youtube.com/watch?v=IU696dl5LQs&feature=related



2010/04/20 08:54
テーマ:妄想 カテゴリ:日記(ひとりごと)

<妄想6>萌え病院

Photo

写真の人物と文章は、一切関係ありません。

R16くらいでしょうか?

気持ち、大人な表現があります。

ご不快な方は、スルーよろしくお願いいたします。

















「あ、おはよう、藤川くん!どうだった、昨日の人?」

 

「…おはようございます。無事です。今からオペなんで、俺らの手は離れますけど」

 

「なんか、顔色、悪くない?寝れなかったの?」

 

「(この…誰のせいだと!)…はあ…昨日、すみませんでした…」

 

「あ、やだ、そんなことないよ。しょうがないじゃない…じゃっ!」

 

「あ、先生、今日は時間ありますか?」

 

「えっと…(これ、OKしたら、今日こそ…されちゃうのかな?なんか、考えただけで…)」

 

「駄目ですか?(…昨日の続き、したいです)」

 

「じゃあね、今日は、現地集合にしよ。まだちゃんとデートしたことないよ。

 私、拘束だから飲めないけどね」

 

「あ、ごめん…なさい、昨日、嫌でしたよね…」

 

「ううん、そういう訳じゃないんだけど…ちょっと恥ずかしかった。

 だって絶対誰かに見られてるよ。宿舎だよ」

 

「すみませんでした(あそこじゃなければ…いいってことかな)

…じゃ、場所、考えときます」

 

「えっ…何の!」

 

「(笑)晩飯の…じゃ、予約です。忘れないで下さい」

 

きゃっ。不意打ちで手をぎゅっと掴まれる。いやだ、ここ、医局…

 

 

「おお、その辺にしとけ」

奥のソファから声がかかる。

 

「…黒田先生」…いたのか。

あ、涼子先生逃げてった。

 

「お前なあ。神聖な医局でなんだよあの会話はよ。

俺の田辺ちゃんによ」

 

「はあ」

 

「はあ、じゃねんだよ。まさかもう、やっちゃったんじゃねえだろうな」

 

「…」

 

「あの子、多分処女だよ。研修医の時から知ってるけど、男っ気が、まあ、全く無くはないけど

 いつ呼んでも家にいるし…土日も、すぐくるし。

何よりあの清純な色気でよ、俺なんかピンとくるわけ」

 

「先生、神聖な医局で、止めてください」

 

「あ~あ俺、狙ってたのに。お前に先越されるとはな」

 

「あの、外来始まるんで」

 

「どんなだったか教えろよ」

 

「…遠慮します。じゃ、失礼します」

 

なんだあいつ。気分悪い。

俺は純愛なんだよ。

まあ、肉体交渉を伴う純愛が希望だけど。

 

それにしても、…処女?32歳で?

ああ、涼子先生ならあるかもなあ。

ヘンなとこ天然で…でもそうなら、初めての子にちょっとやり過ぎたかな。

 

万一のこと考えて、ちょっとソフトタッチに行こう。

うん、それだ。

でも俺、年上で処女、初めてだな…

う~ん…あ、マズ、顔が…ダラシナイ。

 

だめだだめだ。

こんなことで興奮してたらあいつと同レベル。

しばらく清い付き合いにしよう…できれば。

涼子先生のこと、大切にしたいしな…

よし、今日は飲まないんだし、車でどこかへ行こう。



 

 

 

近所の無国籍料理屋で軽く食事した。

自称香港で修行してきた親父さんがやってるところ。

病院のそばだから、誰かに会うかなと思ったけど、幸い知った顔はなく、

俺も涼子先生も、アルコールなしでもすごくリラックスして話ができた。

 

最近読んだ本、好きな曲、趣味のこと、休日どんなことをして過ごしているか…

涼子先生とはいつも仕事の話ばっかりだったけど、

いいな、こういうの。

 

「ああ、やっぱり少し飲みたいね」

 

「ふふ、さすがですね…少しくらいいいんじゃないですか?」

 

「う~ん…でもさあ、救外に来て、よっぱの医者が出てきたら訴訟もんだよ、

…でも私たち、これ、デートよね?」

 

「もちろんです。何だと思ってました?」

 

「何か、デートで敬語って…おかしくない?私だけタメ口でしょ」

 

「ふふ。急に変えられない…かな。4年も、敬語だったので」

 

「やだなあ、何か年上もろだしだもん」

 

「嫌ですか?」

 

「どうしても嫌って訳じゃないけど…ま、いっか、そうだよね、急に変えられないよね」

 

「そろそろ出ませんか?連れていきたいところがあるんです」

 

「わ、どこどこ?」

 

「秘密です」

 


[1]

TODAY 260
TOTAL 3626969
カレンダー

2010年4月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブロコリblog